今週は病院にお見舞いに行くことが続いている。病室で一緒に聖書を読み、ひとこと語り、短く祈る。

 「前から知っていた御言葉だけどこんなにも心にドーンと届いたのははじめだった」と別れた後に一人の友はLINEをくれた。河野進牧師の「病まなければ」を思い出した。

「病まなければ 」
病まなければ ささげ得ない祈りがある 
病まなければ 信じ得ない奇蹟がある 
病まなければ 聴き得ない御言葉がある 
病まなければ 近づき得ない聖所がある 
病まなければ 仰ぎ得ない聖顔がある 
おお 病まなければ      
私は人間でさえもあり得なかった
河野進 「祈りの塔」より

 「病まなければ 聞き得ない御言葉がある」。病むなかでこそ聞こえてくる、響いてくるみ声があるのだ。その御言葉の響きを一緒に聞かせていただけるのが、病室での恵みだ。悲しみ、痛みの中になお主の恵みがある。病を共に負ってくださる主が病室に共にいてくださる。


ランキング参加中!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ