昨日、礼拝が終わった後にTMさんから「陣内さんがラジオに出ていましたが聴きましたか」と尋ねられた。神学校時代からの友人である陣内大蔵牧師がNHKラジオの「宗教の時間」に出ていたとうのです。聴き逃していたので、さっそく「聴き逃し」サービスを使って聴きました。便利な時代ですね。

https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0424_01

 聞き手は、鈴木健次デレクター。鈴木さんとは2005年に香港に一緒に旅をした。ホテルの部屋で屁の臭いを一緒にした仲です^^ 聞き覚えのある二人の声がラジオから聞こえてくる。不思議な感じでした。

 インタビューは聞いたことのあるエピソードもありましたが、お母さんとのやりとりが最高でした。子どもの頃に「神様はどこにいるの?」という質問に対する母親の答え。小教理問答ですね。その答えが秀逸。また陣ちゃんが按手を受けた後に母親からもらったはがきの話には思わず目頭が熱くなりました。

 ミュージシャンとして一線で活躍してきた陣内大蔵さんのインタビューをぜひお聴きください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

僕んちは教会だった / 陣内大蔵 【本】
価格:1080円(税込、送料別) (2019/2/4時点)







ランキング参加中!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ