今日の午前中、初めての試みだが「国立市内牧師会@Zoom」が行われた。先生方もZoomは使い慣れており、時間通りスムーズに始められた。Zoomを使い始めた頃は「音がでない」、「聞こえない」ということがあり、会議が始まるのに20−30分かかることもあったが、この半年で随分と変わったところではないないか。

20201002国立牧師会

 
 毎年11月と12月に国立市内にある教会が集まり「合同祈祷会」と「合同キャロリング」を行っているが、今年はコロナのこともあるのでどうするのかを検討することと、4月に同盟国立キリスト教会に赴任された小川先生との顔合わせも兼ねた会とした。

 祈祷会やキャロリングは同盟キリスト教会の前任者であった嵐牧師と私が出会いを与えられて、嵐先生のリーダーシップでこれまで続けてきたが、嵐先生が北海道へ転任となり、バトンが私に渡されたというわけだ。

 キャロリングを巡っては様々な意見がかわされ、今日の時点で結論は出なかった、合同祈祷会は人数的にも例年それほど大きくはないので、大きな教会を会場にして今年も行うこととなった。
 
 国立市内の教会では東日本大震災の時には陣内大蔵さん(東美教会牧師)を芸小ホールに迎えてチャリティコンサートを企画したこともある。同じ地域に遣わされた牧師たちが祈りを合わせつつ「共同の働き」を展開することができたら幸いなことだ。当然、教派的の違い、神学的な相違点などもあるけど、それを踏まえ、またそれを乗り越えながらながらどのように福音宣教を担っていけるか今後の大きな課題だと思う。

 また新しい出来事、出会いがあることを主に期待しつつ。


↓一日一回応援よろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村