2020年9月27日主日礼拝説教要約「思い直される神」出エジプト32:1-14

 「金の子牛事件」。出エジプトの中で有名な出来事の一つである。シナイ山に行ったモーセがなかなか戻ってこないことに不安になった人々はアロンに「さあ、我々に先立って進む神々を造ってください」と願い出た。アロンはその要求を聞き入れ、人々に金の耳輪を集めさせ、アロンはそれで若い雄牛の鋳造を造り、「イスラエルよ、これこそあなたをエジプトの国から導き上ったあなたの神々だ」と言い、人々は熱狂な礼拝をささげた。

 これまでイスラエルの民を導いてきたモーセの不在が人々を不安にさせたことはよく分かる。そして不安の中で神を求めることは自然なことだ。私たちも大きな不安の中でいつも以上に神に祈ることがある。しかし、問題は「神々を造ってください」ということだ。神を求めるのと、神を造るというのはまったく違う話だ。しかも、ここでは「我々に先立って進む神々」という人間側の願望、条件がある。人間の手の中に神を置こうとする。そこに「偶像」が生み出されるのだ。

 しかし、生ける神は決して私たちの願い通りの動かれる便利な神ではない。イスラエルの民を導いた「雲の柱」「火の柱」は先立って進むこともあれば、「彼らの前にあった雲の柱も後ろに立ち、エジプトの陣とイスラエルの陣の間に入った」(14:19-20)。神は自由に動き、働かれるのだ。それを人間の願いの中に閉じ込めようとする。そこに偶像礼拝の一つの特徴があるようだ。

 先週、香月先生が、ペトロが十字架へと進まれる主イエスの前に立ち、いさめた場面から説教された。ペトロはメシアが十字架につけられるなどということは受け入れられなかったのだろう。強いメシア、戦うメシア。そのペトロの願いだっただろう。しかし、それはペトロの「金の子牛」なのだ。主イエスはそのペトロに「わたしのあとに」とペトロを招かれた。

 私たちは文字通り「金の子牛」を造り出して礼拝するということはないだろう。しかし、自分の願う神を求める。時に熱心に、敬虔に振る舞い神を礼拝しつつ、礼拝そのものが非常に自分たちの思いだけで礼拝してしまうことがあるということを金の子牛の礼拝は私たちに告げていると思う。主は繰り返し、「わたしのあとに」弟子たちを招かれるのだ。

 非常に重要なことだが、この金の子牛の礼拝において決定的に欠けていることがある。それは「対話」である。7節以下にはモーセと神様との非常に激しい言葉のやり取りがある。しかし、アロンと金の子牛の間には対話は一切ない。偶像は言葉を持たないのだ。偶像は自ら動くことも、語ることもない。それが聖書の伝える偶像の特徴だ。生ける神は言葉をもって私たち出会われるのだ。「あなたはいかなる像も造ってはならない」(20:4)。十戒の第二戒の心は、神は生きておられるからなのだ。神への信仰は何よりも、神の言葉を聞くということなのだ(申命記4:9-20)。

 金の子牛を造ったイスラエルの民に対して神の怒りは燃え上がった。滅ぼし尽くすとまで言われた。しかし、モーセが必死に執り成した。その執り成しによって「主はご自分の民にくだす、と告げられた災いを思い直された」(14節)。この神と人々の間に立って執り成しをなされた決定的な出来事があのイエス・キリストだ。私たちは、神ならざるものを神とし、神の子を十字架にかける愚かな者だ。しかしキリストが「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」(ルカ23:34)と執り成してくださったがゆえに、私たちは救いを与えられたのだ。

【説教動画】



↓一日一回応援よろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村