2020年12月27日主日礼拝説教要約「幼子の出エジプト」マタイ2:13-23

 ベツレヘムにいる幼子をメシアとして礼拝した博士たちは「別の道を通って自分たちの国へ帰っていった」(12節)。マタイは言うことを聞かずに帰国したことに激怒したヘロデがベツレヘムの二歳以下の男の子を虐殺するという凄惨な出来事を記録している。

 救い主がお生まれになった。しかし、世界はヘロデ的な暴力の嵐がなおも吹き荒れていることをこの出来事は私たちに突きつける。メシアが誕生して世界が激変したというのではないのだ。なおもヘロデ王の暴力的な力が確かに存在しているのだ。不正義、不条理によって奪われる命がある。「激しく嘆き悲しむ声」がいまも世界で響いている。

 私たちはしばしば言う。「なぜ神はこのような悪を許すのか」と。しかし、幼子を殺害したのは神ではなくヘロデである。それをなぜ私たちは神のせいにするのか。私たちはしばしば人間の罪をいとも簡単に神のせいにしたがる。これは大いなる的外れであり、これこそ人間の罪を認めない私たちの罪ではないか。

 ヘロデは非常に自己保身的な王であったと言われる。愛する妻や息子さえ殺害したと言われる。私たちはそこまでのことはしないかもしれない。しかし同じ根を持つことを認めないわけにはいかない。私たちの内側にも「ヘロデ的なもの」が確かにある。

 クリスマスの直後に重たい記事が記されているが、この中にも希望の光を見出す。直接的に神は登場しないが、主の天使がヨセフの夢に現れて、幼子イエスをエジプトに逃し守るのだ。ヘロデがいかに力を振るおうともついにイエスを殺すことはできなかった。「この子の命をねらっていた者どもは、死んでしまった」(20節)。人間がどんなに力を使おうとも神の救いの計画を妨げることはできないということだ。
どんなにこの世の王がキリストを亡き者にしようと企てても、キリストをこの世から奪い取ることはできない。たとえキリストを十字架につけて殺しても、キリストを亡き者にはできなかった。主は生きて、私たちと共におられる! マタイは、まさにそれを「福音」、よき知らせとして書き記した。私たちはそのことを信じる群れである。

 今もこの世の力が不条理に襲いかかってくることがある。香港から台湾に逃れた友人を思う。しかし、主が共におられることを信じる。あのナチス時代にボンヘッファーが獄中で記した「善き力にわれ囲まれ」という詩がある。1944年の年末に新しい年を待ち望む中で記したと言われる。香港を覚えての祈祷会で、その讃美歌をいつも繰り返し歌う。「善き力に守られつつ、来たるべき時を待とう。夜も朝もいつも神はわれらと共にいます」。私たちの現実の中にはなおヘロデ的な出来事がある。その中で失望ばかりが私たちを襲うかもしれない。悩みに押しつぶされそうになり、心騒ぐ時がある。それでもなお希望を失わず、来たるべき時を待つものでありたい。なぜなら、「嘆き悲しむ声」を聞く方がおられるからだ。

 「わたしは、エジプトにいるわたしの民の苦しみをつぶさに見、追い使う者のゆえに叫ぶ彼らの叫び声を聞き、その痛みを知った。それゆえ、わたしは降って行き、エジプト人の手から彼らを救い出だす」(出エジプト3:7-8)。この痛みを知り、叫び声を聞かれる方が、私たちの間に来てくださった。それがクリスマスのできごとなのである。

【説教動画】



【説教録音】



↓一日一回応援よろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村