昨日の礼拝はとくに疲れた……。ライブ配信がうまくいかなかったからだ。のぞみ教会ではFacebookで配信予約を利用して礼拝の配信を行っている。日曜日の10:20になると自動的に配信が開始される。

 礼拝前にチェックすると配信準備は問題なくできているので、あとは10:20になればいつものように配信されるはずだ。礼拝5分前に前奏が始まる時に、スマホでチェックすると「配信が開始されました」といういつも出てくるお知らせが出ていない。教会のページをチェックしても配信されている様子がない。それでも、セッティングはできているように見える。

 焦る。嫌な汗が出てくる。その日、配信で礼拝をささげいる方にLINEで状況を確認するとやはり配信が始まっていないとのこと。このままではまずいと思い、聖書朗読が終わり、説教に移るところで、礼拝を一度中断した。

 設定をしなおし、改めてライブ配信を開始することで、うまくつながった、、、。

 なんとか説教からは配信ができ、最後まで無事にすることができたが、なんともストレスフルな礼拝になってしまった。ライブ配信で礼拝をささげていた方々、申し訳ありませんでした、、、。

 原因は、予約した日時が間違っていたという超基本的なミス。確かに先週はスキマ時間に、急いで設定した。慣れからくるミスだ、、、。

 時間の設定が違うのだから、自動配信されないはずだ、、、。来週は出張で他の他の教会にでかけることもあり、原因がわからないと不安だったので、解明できたことはよかった。

 これもコロナ禍の礼拝の現実。きっと同じような嫌な汗をかいた牧師、配信奉仕者は大勢いると思う。だんだん、配信されるのが当たり前と思われるかもしれないが、見えない苦労、気疲れがある。特に奉仕者の方が配信に心を奪われて、礼拝に集中できないことが続くようだとそれは大きな問題でもある。配信は、ミニマムに、シンプルにがいいように思う。複雑になればなるほどミスも増えるし。

 配信設定をしっかりとチェックして、来週に備えよう。

↓一日一回応援よろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村