2021年9月5日礼拝説教要約「公平をもって養う羊飼い」エゼキエル34:1−16

 「首相辞任」という大きなニュースが流れた。秋の選挙も含めて、国のリーダーが変わる節目に私たちはいる。コロナ禍という非常時を経験する中で、私たちは改めて指導者たちのリーダーシップの重要性を思い知らされている。危機的な状況においてリーダーがどのような振る舞いをするのか、それはいつの時代も問われることだと思う。

 預言者エゼキエルが活動したのは、イスラエルの民が「バビロン捕囚」となり、神の都エルサレムが陥落するという非常時であった。その時に神の言葉がエゼキエルにのぞんだ。「災いだ。自分自身を養うイスラエルの牧者たちは」。イスラエルの指導者たちは、民を養わず、自分自身を養っていると糾弾される。「お前たちは弱いものを強めず、病めるものをいやさず、傷ついたものを包んでやらなかった。また、追われたものを連れ戻さず、失われたものを探し求めず、かえって力ずくで、苛酷に群れを支配した」(4節)。これが非常時のイスラエルの指導者たちの現実だった。

 このような指導者はいつの時代も、どこの国にも、どんな組織においてもいる。大変残念だが「日本の牧者たち」はどうだろうか……。暗澹たる気持ちに私はなってしまう。しかし、そのような絶望的な状況の中でエゼキエルは生ける神の言葉を聞いたのだ。「牧者が、自分の羊がちりぢりになっているときに、その群れを探すように、わたしは自分の羊を探す。わたしは雲と密雲の日に散らされた群れを、すべての場所から救い出す……わたしは失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くする」(12−16節)。

 イスラエルが滅びを経験する中で、しかし、預言者は、主なる神がなお自ら、羊たちを導かれることを告げる。そして、あのエジプトの奴隷であった民をモーセを通して神が働かれたように、この羊飼いとして導かれる主は、主イエスを通してわたしたちの歴史において明らかにされたと私たちは信じるのだ。主イエスは「わたしはよい羊飼いである」と自ら語られた(ヨハネ10章)。「人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである」(ルカ19:10)。見失われていたザアカイを主イエスは捜して救ってくださった。主イエスこそ、私たち一人ひとりを命をかけて捜し、救い出してくださる羊飼いなのである。

 「わたしは公平をもって彼らを養う」。「公平」が、神が羊を養う原則だ。辞書には、「判断や行動が公正でかたよっていないこと。特定の人のえこひいきをしないこと」などとあった。しかし、「神の公平」は、しばしば人間の目には「えこひいき」のように映る。99匹を残してでも1匹を捜し求める羊飼いはどうだろうか。放蕩息子を赦す父を見て兄は憤慨した。主は、弱い者を強める! 「しかし、肥えたものと強いものを滅ぼす」。滅ぼすとは「監督する」という意味がある。弱い者を強め、強い者を監督する。それが「神の公平」だ。神の公平は、決して平等でもないし、中立ということでもない。むしろはっきりと立場を取るのだ。ますます富む者は富、貧しい者は貧しくされているのが私たちの社会だ。「えこひいき」の世界はどちらなのだろうか。

 私たちはいま、羊飼いの姿を見ることはできない。しかし、「羊はその声を聞き分ける」。多くの声が私たちの周りに響く中で、まことの羊飼いの声を、「公平をもって養われる羊飼い」の声をしっかりと聞き分ける耳を持ちたい。


↓一日一回応援よろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

↓チャンネル登録お願いします。200人達成❗ 目指せ300人❗