POINT OF VIEW

島田直季の日本画制作過程から発表まで。日々の出来事、思う事。

大阪と神戸を中心に各地の絵画・日本画・子供絵画教室の様子。 自身の絵画制作日記。

八尾子供絵画教室、火曜

実家の一室を使った教室です。
屋号「アトリエ6畳間」というのは、この教室の部屋の広さの事。○○アートラボとか、○○アートサロンとかは何となくよくある名前だし、この際、ちょっとダサい名前にした方がインパクトがあるのでは…。と思い命名。

今日はそれぞれの高さ、大きさを比べて描いていく。という内容。


image

image

image

image

image

image

Sちゃんのカラフル松ぼっくり


後半17時〜の小学生。
image

image


最近は、厳しく言い過ぎないよう手伝わないようにしています。
多少ふざけても、下手でも良いので、楽しく描くような環境にするようにしています。

(現在、火曜は満員です。)

200号制作

これから200号描こうと思ってるけど、割りパネルにしてもマンションの階段上がれるか不安す。(入るのかどうか)
一人で上げ下ろしキツそう。
だいたい200号を四畳半で描けるのか?
と、気持ちがマイナス気味でなかなか、行動に移せません。
最終的には春までにはやると思いますが…。
写生とエスキースをしっかりしたいと思います。
image

娘はハロウィンの絵を描いているようです。
娘の描いた絵の隅に、割りパネルの寸法を書いてしまった。
怒られそうなので消します。

七道カルチャーセンター絵画教室

南海本線七道駅から近くの、七道カルチャーセンターでの絵画教室。
絵画全般、大人から子供まで教えています。

子供絵画教室の様子。
長く通っている子には、いつもと違う画材を試してもらったりしています。
image

パステルで制作。
image

アクリルで制作。

image



七道カルチャーセンターへのアクセス








垂水、イオンジェームス山、土曜日

隔週土曜は垂水、ジェームス山イオンのカルチャーで、
子供絵画教室と日本画を教えています。

神戸に引っ越してから垂水が近く感じます。
大阪の教室は遠くなりましたが…。
最近は車通勤が多くなりました。


子供絵画教室
image

image

ユリのスケッチです。


日本画教室です。
image

image

image

image

初心者のかたから展覧会出品者まで。

八尾子供絵画教室、金曜

ユリ、ワレモコウのスケッチ。
前半の園児。
image

image

image

「ワレモコウは難しかったら描かなくてもいいよ」と言いましたが、j君は頑張って描いていました。
何も言わなくても、モチーフを自ら興味を持って見ています。
「この花、いい匂いがする」
「花びら何枚やろ」
「葉っぱの線が…。」
と発見(分析)をしていきます。
描く時も、自分で形をとる事ができるようになりました。
自転車の練習でいうと、補助輪が外れ、一人で自由に走り回れるようになった感じです。

後半は…
image

姉妹で習いに来てくれています。
image

妹のYちゃん(年長)

image

二人は紙芝居合作。

1日講座報告

8月2日に行われた1日講座の報告
プラカップを使った蝶々作り。
30名で満員でした。
ありがとうございました。

自然総研(泉州池田銀行ホールディングス)
泉州池田銀行本店
池田市城南2-1-1

image


image
image

image

image



http://www.toyro.co.jp/newsdetail.php?id=1934


場所、日時などが合えば1日講座(短期講座)も受付ております。

smdnaoky@gmail.com
TEL 090-2047-6335
島田直季
まで

舞子

image

image

先日は淡路島ですが、今日は舞子です。
スケッチできる場所が沢山あります。

制作中

描きかけの作品です。

image

image

image

image


10月末にある神戸新聞文化センターの展示(子供絵画教室としてなので、出して良いのかわかりませんが)や連盟展に出せれば…。と考えています。

他にグループ展、個展のお誘いあれば、いつでも連絡ください。
広告と、画集作りませんか?の営業はお断りです。

smdnaoky@gmail.com

最近は板に描いています。アクが出るので淡い色を使うと鈍くなります。それが良いという人もいます。
が、アクと反りをもう少し考えます。
アク止めにドーサは使っていますが…。
他に和紙を上から貼ったりと色々試しています。

さよなら「いいね」Facebookの扱いについて

ここ4、5年、スマートフォンに変えた頃です。
Facebookが知られるようになり、これからはブログからSNS(Facebook)かな?と思い
登録していきました。
ミーハーで、こういうの、とりあえず試したくなるんです。
ツイッターにはじまり、ミクシィ、Facebook、LINE、インスタグラムと全て登録しています。

最初、Facebookとミクシィに関しては、ブログに書けない家族や地元の話、政治観や制作や教室での悩みなど「ここだけの話」をと思い登録しました。
そして投稿していきました。淡々と投稿していくだけで良かったのですが、いつの間にか、それを見ている人の「反応=イイね」が気になるようになり、「イイね」を押されない、押してもらえない→関心ないんだね。
と、マイナスに捉えるようになってきました。
じゃあ、イイねを押してくれる人だけに本音をと思い、閲覧できる人を限定したりして、壁を作り始めました。
で、またイイねを期待してしまう自分がいて…。

イイねを押してもらいたい理由を考えてみました。
共感してくれていると安心する。
コレクションのように数が増えるとテンションあがる。
押してくれないと…イジケル、卑屈になる自分がいたりします。
そして知り合いに「イイね」が沢山ついていると、変なところで負けず嫌いというか、見栄を張り合いたくなっている。


距離感が解りにくい。
会って言葉で伝えないので、ニュアンスや捉え方によって誤解がおきやすい。
互いの本心がわからない。



けど、自分で自分を客観的にみると、まあ、小さい男やなぁ。カッコ悪いなぁ40歳越えでアホやなと思うようになってきました。
たかが「イイね」のクリックにそんな必死ならんでも…。と思うようになりました。

で、Facebookのアカウントを何度か削除を試みましたが、
Facebookがマイナスばかりではなく、
新しい人脈や知人との再会…と良いこともありました。
それに、作品のページ、教室のページがあり、これを削除したくないのもありアカウント削除していません。

で、前向きな考えをしました。
Facebookをブログと同じ扱いにする。
不特定多数が自由にみる事ができるよう、Facebookの投稿は基本「公開」にします。
「イイね」を気にしないようにする。
無関心になる。鈍感になる。
(これがなかなか難しいかもしれませんが)

全て公開しよう。
隠すから、自分が壁を作るからダメなんだと考えるようにします。

みたい人は見ればいい。
僕は不特定多数が好きなときに好きに見られるツイッター、インスタグラムが合います。

「いいね」はその人の採点ボタンじゃない。
さよなら「いいね」ボタン。

僕はタバコも禁煙できました。
今度は禁Facebook「いいね」です。

ロハス 淡路

image

娘に淡路島行こうと言うと、
「淡路島 かよふ千鳥のなく声に 幾夜ぬざめぬ 須磨の関守」
と覚えた百人一首をよんでいました。
QRコード
QRコード





感想・問合せなど

人気blogランキングへ










  • ライブドアブログ