ブログネタ
大河ドラマ篤姫 に参加中!
岩手・宮城内陸地震で被害にあわれた方々大変でしょうけど頑張ってください。


篤姫の本当の戦いが始まりそうですね。
原本を読みたいのですが、じっと我慢しています。色々空想して毎週見るのも楽しいですね。

篤姫を見て西郷吉之助がなぜ島津斉彬に気に入られたのかが、少し分かったような気がします。

篤姫の発想は面白いですね。
黒舟来襲時の戦も奇妙な実践手段は篤姫の案だったのだろうかと・・・?楽しみです。

本寿院(高畑淳子)篤姫との嫁と姑の戦いも面白そうですね。


今回のあらすじ
ハリス(ブレイク・クロフォード)との会見を控えた家定(堺雅人)は、篤姫(宮崎あおい)に不安を打ち明ける。家定が相談してくれたことがうれしい篤姫は、将軍としての権威を失わない対面の方法を、はりきって考えはじめる。

一方、本寿院(高畑淳子)は篤姫への反感を募らせていた。篤姫が慶喜(平岳大)を次の将軍に推すため、家定にとりいっていると考えたのだ。滝山(稲森いずみ)は慶喜の世継ぎに反対している井伊直弼(中村梅雀)が江戸に戻ってくることを本寿院に伝え、心強い味方になってくれるから心配ないと告げる。

会見が間近に迫ったころ、ハリス側が将軍と立ったままで対面したいと申し入れて来た。篤姫はその無礼に怒りつつも、ある妙案を思いつく。

会見当日、会場に入ったハリスは仰天する。家定が何枚もの畳を重ねた上に待ち受けていたのだ。座った姿勢でも頭がハリスより高くなるようにと篤姫が考えた作戦は大成功。家定の将軍としての威厳は保たれ、会見は無事に終了する。

しかし本寿院は、篤姫が慶喜を会見の席に同席させていたことを知り、ついに怒りを爆発させる。ぎくしゃくしていた嫁と姑の関係は、この時、決定的に決裂してしまう……。