正座している時間が長いせいか、
(っていうか椅子より正座の方が楽なんで)
最近何となく左膝の調子が思わしくありませんでした。

左足を下にして足を組んで、一人お団子食べつつお茶を飲んでいた時の事。
そのままの体勢で、左側にあるものを取ろうとした途端!

何と表現したらよいか分かりませんが、
いまだかつて経験したことのない、
スルッというか、なんだか滑らかな感じで、
膝の骨がずれた感じがしました。

よくぎっくり腰のように、グギっとかズン!と言った感じではなくて、
ゆっくりとスルンとした感じで・・・
というのは一瞬のことで、
やがて激痛が走りました。

膝が右側に向かってくの字に曲がって、戻りません。

痛いのなんのって!!!

そもそもお団子で手がベタベタしているので、とりあえず手を洗いたいのだけど、
すぐそこの流しにも行けない、
仕事に出ている夫を呼ぼうにも、スマホまで手を伸ばせない・・・

痛いけれども、何とか膝をさすって、じ~っと耐えるより他ありません。

やがて少し痛みが和らいだので、そうっと立ってみました。
右足で立ってみるものの、痛む左足が宙ぶらりんになって、
さらに痛みが激しくなります。

右にくの字に曲がっているので、
思い切って、痛みをがまんして左にグッと曲げてみました。

今度はゴギっと音がして、関節が入った感じがします。

あれ?
痛みは収まり、足も伸ばせます。。

え?こんな簡単なことでいいの?

とりあえず心配になったので、翌日整形外科に行ってみました。

レントゲンを撮って貰った結果、
「半月板がずれたのかと思います。時々ずれることがありますから。
でもちゃんと元通りになっていますから、心配ありません」
とか。


折しもパラリンピックの真っ最中。

こんな膝の痛みだけで動けないのに、彼らはどんだけの苦痛を背負って、
ここまで来たのかと思ってしまいます。


これから年を取る一方で、こんな事が頻繁に起こるようになるのかしら。。