※ヒーラー解説記事です。
基本的なことばかり語ってるので知ってる方はスルーしてください。

***

歴戦、歴戦王……
またはそれ相応の高難度クエスト(ベヒーモスやレーシェン等)

いずれもモンスターたちは高火力で、
ひとたびダメージを受ければ体力の7、8割は軽く持っていかれます。

大抵は秘薬を食べれば即時全回復となりますが、
運が悪いと気絶してしまったり、モンスターが自分ばかり狙ってきて
秘薬を食べるのもままならない時があります。

そんな時、頼りになるのがヒーラーの存在

  • ヒーラーとはなんぞや?
    そのままの意味ですね。回復や補助専門の人。
    体力が低い仲間を回復させたり、状態異常を直したり、アイテムで攻撃力や
    防御力を上げたり……とにかく仲間を守る人のこと。

私自身、ヒーラーがいてくれたおかげで救われた場面は多々あります。
ヒーラーって聞くと回復魔法を使って仲間をスタイリッシュに回復…が定番ですが、
モンハンの世界では魔法とかそんなものないので、じゃあどうするかというと
回復薬グレートをがぶ飲みします。

現実に考えればお腹がたぽたぽになること間違いなしなのですが(;˘ω˘)
しかし、仲間を助けるムーブがしたい人にとってはヒーラーはおあつらえ向きですね。
ただ初めてヒーラーやる方はまずどんなスキルをつけたらいいのか、
武器は何がいいのか迷う方もいらっしゃるのではないかと思います。
  • どんなスキルをつければいいの?
    個人的には「広域化Lv5」と「早食いLv3」の2つのスキルがついている人は
    ヒーラーだと思っています。上記の2つはヒーラーをやる上で大前提です。
  1. 広域化 Lv5
    例えば回復薬グレートならそのままの回復量が仲間にも入ります。
    4以下だと仲間に対する回復量が減ってしまうため、あまり恩恵が得られません。
    幸い装飾品の友愛珠はそこまで入手難度も高くないため、ヒーラーをする方は
    是非広域化Lv5までつけてください。

  2. 早食い Lv3
    早食いはその名の通り、アイテムの使用スピードが早くなるスキルです。
    しかし、早食いは自分にしか影響せず、仲間がアイテムを使うスピードはそのままです。
    それじゃ意味がないんじゃないの?と思うかもしれませんが、それは違います!
    例えば回復薬グレートをヒーラーの人が飲む場合、グレートを飲み干してようやく仲間にも相応の回復量が入ります。
    つまり早食いスキルをつけることによって、ヒーラーの人が早く飲み干す→
    →グレートの回復が確定する
    、といった感じですね。
    一分一秒の遅れが死を招くといっても過言ではない歴戦王ないし高難度クエスト。
    ヒーラーが回復薬グレート飲むのが遅いと、せっかく回復できるものも回復できなくなる恐れがあります。
    装飾品である早食珠の入手難度もそんなに高くないため、必ず早食いLv3はつけましょう。
  • おすすめ武器
    やはり抜刀中でもアイテムが使える片手剣を推します。
    機動力があり、納刀も早い。私だけでなく大多数が片手剣を推すでしょう。
    片手剣以外だとライトボウガンや双剣でしょうか?
    少しでも回復が遅れると仲間が死ぬかもしれないので、納刀が比較的早い武器を
    個人的にはおすすめします。

スキルの例
D-IvrCRUIAEdS6_
D-IvphwU8AASbU1
綺麗な夜空と共にご覧ください。
この中でヒーラー向きスキルは「広域化Lv5」「早食いLv3」「満足感」「キノコ大好き」です。
  • 満足感
    満足感とは、“一定の確率でアイテムの消費がなかったことになる”スキルです。
    高難度クエストになってくると、恐らくヒーラーは大量の回復薬グレート等の消費を強いられます。
    ここで満足感スキルとつけておくと、確率でアイテムの消費を抑えられるため、
    ヒーラーにとっては大変ありがたいスキルとなります。
    ※満足感が発動するアイテムは食べたり飲んだりするアイテムのみです。

  • キノコ大好き
    こちらをつけるかどうかは好き好きです。
    キノコ大好きとは、“普段は食べられないキノコ系アイテムが食べられるようになるスキル”です。
    多くは語りませんが、Lv1の場合はアオキノコが食べられるようになります。
    キノコ大好きのスキルをつけた状態でアオキノコを食べると、生命の粉塵と同等の効果が得られます。
    生命の粉塵は3個しか持てないのに対し、アオキノコは10個持てます。
    更に使うスピードも恐らくアオキノコのほうが早いため、自分の場合は生命の粉塵代わりに
    アオキノコで運用しています。
    ただし、装飾品の茸好珠はかなりレア度の高い装飾品のため、入手にはかなりの苦労を強いられます。
    持ってる人はラッキー! そのため、つけたい方はつけてねといった感じのスキルです。

ショートカットの例
D-IvoUcUEAAE3v3
あくまで私の場合はです。一例にすぎないので自分が使いやすい位置に配置して下さい。
ショートカットはその名の通りすぐ使えるため、緊急性の高いアイテムを置いています。
回復薬グレート、アオキノコ、秘薬(自分の回復用)、アステラジャーキー……
砥石の部分は特に置くものがなかったので砥石にしてますが、場合によってはウチケシの実や
解毒薬とかでもいいかもしれません。
例えばヴァルハザク相手に瘴気浸食状態になってしまった仲間を治すならなおのことウチケシの実は
ショートカットに入れておいたほうがいいでしょうね(*ΦωΦ)


▼ヒーラーの立ち回り
ヒーラーはとにかく火力<仲間の生存を考えないといけないので、
仲間の体力ゲージには常に注目しておかないといけません。

戦闘が始まる前には鬼人薬や硬化薬等で攻撃力や防御力を上げ、
仲間の体力が減っているようだったら回復薬グレート。
属性やられになっていればウチケシの実。

…他にも、モンスターごとに求められるロールプレイとして
極ベヒーモスによる防御力DOWNでは忍耐の種。
ヴァルハザクによる瘴気浸食状態ではウチケシの実。
ナナ・テスカトリによるヘルフレアではアステラジャーキー等。。

もちろんヒーラーである自分が死ぬと元も子もないので生存スキルもしっかり積んでください。
例えば、ナナ・テスカトリのヘルフレア対策に風圧無効スキルをつけるなど。
自分がダメージを食らって倒れていては、とても仲間を回復することはままなりません。

他にも、レーシェンや歴戦王ヴァルハザク等のスリップダメージが大きい相手に対しては
近接武器の人はあっという間に体力が減っていきます。
もちろん回復薬グレートを飲んでもいいですが、キノコ大好きをつけている場合は
こまめにアオキノコを食べて回復してあげるのもいいと思います。

さ・ら・に
味方がモンスターに乗ってる最中、場合によってはモンスターが激しく暴れることにより
スタミナをごりごり削られるかもしれません。その結果、乗りに失敗という事態も。
そんなとき、ヒーラー(広域持ち)の方は携帯食料を一かじりしてあげると、
なんと乗ってる味方の削れたスタミナが全回復するんですね〜!
私も乗りに失敗しかけたとき、味方の誰かが携帯食料を食べてくれたらしく、
スタミナが全回復したときは「神か…」となりましたね。これは是非ヒーラーの方は意識して頂きたいです。


考えることがいっぱいのヒーラーですが、その分仲間が頑張って戦ってくれると嬉しいですよね。
皆様も是非、ヒーラーいかがですか?( ◠‿◠ )