Bon Appetit(ボナペティ) ! な気分で。

「Bon Appetit(ボナペティ)!」は、フランス語で「召し上がれ」という意味です。“「読んでください」という気分で書こう”という意味でつけたタイトルです。 何か、読んでよかったと思う情報付きで書いていこうと思っています。

ベランダ菜園

image久しぶりにベランダ菜園 はじめました
トマト、ナス、ウリ、レタス、大葉、唐辛子、ハラペーニョ
渋谷近辺で苗を、たくさん売っていたのは 意外や意外、東急百貨店の屋上でした。

ガリガリ君値上げのCMがいい

https://www.nttdocomo.co.jp/service/search/続きを読む

NHKのイベントにて。 楽しく食を学ぼう!

image
土曜日は渋谷のNHKで開催された「ふるさとの食 にっぽんの食」に行ってきました。
https://www.nhk-p.co.jp/event/detail.php?id=475全国の食べ物が食べられるエリアは、長蛇の列。母は足が悪くて行列に並ぶのは難しいので、そこは横目に素通りしました。
syokuikuそんな中、私たちが楽しんだのは「楽しく食を学ぼう」のコーナーでした。
いくつかブースがありますが、参加したのは、「食べ物パズルをつくろう」
赤、青、黄、白の4色の粘土を混ぜ合わせて、色を作りながら、段ボールの台座に張り付けてパズルを作ります。
ニンジン、枝豆、魚、卵焼き、トマト 
粘土を触るのは、2,30年ぶりでしたが、この2,30年の間に粘土は、進化しており、カラフルになっていました。
image1時間で、こんなパズルができました。

母、彦坂木版工房の一日短期講座に出席

以前、書いた事のある彦坂木版工房(→過去の記事へ
彦坂木版工房のFacebookで三越カルチャーサロンで1日講座がある事をしり、キャンセル待ちの末、母が出席しました。
KakaoTalk_20160306_220710817今回は、いちご大福。版を彫るところから、2時間半かけての講座です。
楽しんできたようです。
KakaoTalk_20160306_220709560
私は、いちご大福を買って帰りを待ちました。 
母が撮った写真を見て、気が付きました。 母よ、いちごが版画と同じ縦割りではなく、輪切りになっていますよ(T T)

ブログ再開

すっかり書けていませんでした。
昨年(2015年)10月から1歳の息子は保育園で見てもらい、仕事復帰しました。
普段であれれば、朝、保育園に送り、9時〜18時で働き、保育園に迎えに行き、夕飯を作って、食べさせ、お風呂に入り、寝かしつけ(21時に、そのまま 意図せず一緒に就寝してしまう日々・・・)、なんとか、かんとか生活できますが、子供がノロや風邪などで数日間休むと 途端に 大変になってしまっていました。
主人の母にも助けてもらいつつ過ごしていましたが、今年(2016年)3月からは 私の母が近くに住むことになりました。
帰ると、夕飯が作ってあるという幸せ・・・ そのまま疲れ果てて寝てしまわなくなりましたので、
母との生活も書きたく、ブログ再開します(^^)

キュッパのびじゅつかん

93e928571250cff1f99265a2a0abba9c1
上野の東京都美術館の「キュッパのびじゅつかん」を観てきました。
http://kubbe.tobikan.jp/
キュッパのはくぶつかん (福音館の単行本)
オーシル・カンスタ・ヨンセン
福音館書店
2012-04-11

この絵本を元に企画展です。原画を展示しているようなものかと思ったら、まったく違う内容でした。そして、それが おもしろい。
image
吹き抜けに ものがたくさん まるで無秩序に並んでいます。
image
入場者は箱に入れていきます。そして分類してテーマを決めていくのです。
絵本の中でも 主人公の「キュッパ」は たくさんの物を集めて、分類をして、あまりにたくさんになったので、展覧会を開催したり、図鑑を作ったりしていました。主人公になったつもりで体験できる企画だったのです。
image
分類をタッチして、展示物をみれる大きな画面もありました

吹き抜けの部屋以外には、絵本に出てくるものではなく、国立民族博物館や 様々な博物館からの展示が並べられています。同じようなものも 集めて並べることで 違いがわかるようになるという事が しみじみ実感できました。

こちらのサイトでも詳しく書かれていますので、こちらもどうぞ
http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/1372

石巻への家族旅行

ぶれない 歴史好きな旦那の家族旅行。 何かと武将つながりです。
今回は、伊達政宗が支倉常長に命じてメキシコ、スペイン、ローマに船を出した慶長使節がらみの石巻。復元したサン•ファン•バウティスタ号は震災にも流されず、400周年の節目の2013年に修復された船です。
仙台から石巻の中間にある松島を基点にしつつ全線開通したばかりの仙石線で行きました。
石ノ森漫画館にも行けました。松島にある伊達家の菩提寺 瑞巌寺も。
戦国時代、船、列車、漫画 とそれぞれ 深く掘り下げられる内容の濃さ。
ちなみに、石ノ森漫画館では、石ノ森章太郎の日本の漫画を懐かしがる 旦那さん。ぶれない。

11ヶ月の息子は、息子なりに動く009の展示で喜んだり、息子なりに楽しんでくれたかな。いや、一番の笑顔は、旅館で仲居さん達に話しかけられた時か(´・_・`)
明日は、仙台城址へ寄って帰ります。

うちわ

久しぶりの記事になりました。
先日、知人と一緒に 東京大学駒場キャンパス近くの日本民藝館に行きました。
http://www.mingeikan.or.jp/

「民芸」とは、民衆的工芸という意味で、芸術家の作品ではなく、日常で使う手仕事用品に美しさを見出した 柳宗悦(やなぎ むねよし)さんの言葉です。
日本民藝館は、大原美術館創設で有名な大原孫三郎のバックアップの中、柳宗悦さんに創設されたそうです。
途中、息子の 柳宗理さんも館長を務め、2012年からは、無印良品のデザインなどでも知られる 深澤直人さんが館長です。

建物自体にも味があります。展示物も。
でも、入ってすぐ 楽しんでしまったのは、ミュージアムショップ(^^) いい品が揃っています。

2015-07-18-05-24-55今回、購入したのは 「うちわ」
手元の丸い柄を持っただけで「おっ」と思う違いです。あおぐと風が気持ちがいいのは、もちろんです。

このうちわは、日本3大うちわの1つ 房州うちわです。
日本3大うちわの解説は、こちらのホームページ
http://www.bosyu-uchiwa.com/nihon3dai_uchiwa/nihon3dai_uchiwa.html

写真のうちわは、張られている絵は、柚木沙弥郎(ゆのき さみろう)さんのデザインです。
http://www.samiro.net/index1.html 現在93歳になるそうなのですが、新作を毎年出していらしゃるぐらいお元気だそうです。
波の絵の書き方が斬新です。大切に大切に使っていかないと。

目黒川通り沿い桜

目黒川通り沿いの桜が咲きはじめました。
目黒川に近い町内会で、ぼんぼりが出せることがわかり、今年は息子の名前で出しました。
2月末に申し込み期間があり、20文字までの希望文字を入れ、1口2000円でした。

息子の名前がわかっちゃうので その写真は置いておいて・・・
代わりに好きなサンドイッチ屋さん シャポードバイユさんのぼんぼりです。2015-03-25-10-32-522015-03-25-10-32-34

シャポードバイユさんに関する 以前 書いた記事はこちらです。
住宅街にある小さな店舗ですが、週末は昼頃に売り切れる事がほとんどだったりと、相変わらず人気です。
http://blog.livedoor.jp/smileandfood/archives/51746249.htmlhttp://blog.livedoor.jp/smileandfood/archives/51746249.html

各個人で開催する料理教室

レシピサイトで有名なCookpadが、面白いビジネスをしています。
CookPad料理教室
https://cookstep.cookpad.com/

料理を教えたい人が、このサイトで生徒を募集して、自宅で 料理教室を開催します。
会費は、1回4800円のようです。

それぞれ得意な内容で単発開催しています。受講する側も興味があるものを選んで受講できるので、気軽ですね。
企業の料理教室のような一定のレベルの担保はできないため、当たりはずれがありそうですが、なかなか、面白そうです。

友人が参加したのですが、彼女が参加したケースでは、先生の家で少人数で開催していることから、アットホームな雰囲気だったそうです。
記事検索
Recent Comments
Archives
訪問者数

  • ライブドアブログ