2017年06月17日

付け合わせ

付け合わせは、料理の味や彩りを引き立たせるために添えます。

同様に、婚活においても、自らの行動に添える一言が、
その行動を引き立たせてくれます。

初対面のお二人が連絡先の交換をしました。

目的はお二人でのやり取りをするためですよね。

このやり取りを行うために添える一言が、
今後の命運を決めてしまうことだってあります。

連絡先の交換は「はじめの第一歩」ですから、
ここで転んでしまうと先はありません。

▼連絡先をお相手に渡し、「連絡ください」。

一見、スマートにも思えるのですが、
連絡は来ないことが多いです。

最初の連絡をお相手に任せていることにより、
消極的な印象を与えてしまいます。

何より、お相手が「絶対連絡したい」と思わなければ、
連絡をしないからです。

▼連絡先を交換し、「また連絡します」。

Aさん、Bさんが交換をし、
Aさんがこう言ったとします。

最初に思うのは、「『また』って、いつ?」ではないでしょうか。

Bさんとしては、自ら連絡をしたかったとしても、
Aさんからの連絡があるまで、待たざるを得ない気持ちになります。

Aさんからの連絡が遅くなればなるほど、
Bさんの気持ちも離れてしまいます。

▼連絡先を交換し、「連絡しますね」。⇒当日にすぐ連絡。

約束をしたことをきちんと守り、
直ちに有言実行。

真摯で誠実なお人柄が感じられますよね。

これが一番よいパターンだと思います!

当会でも、ランチ後に、私を介して交換をされた方々には、
その日のうちに必ず連絡をするよう、お願いしています。

この場合、以下の流れになります。

連絡先の交換依頼⇒お相手の方に確認⇒
お相手の方が了承⇒お互いのメールアドレスのみを同時にお知らせ

せっかく交換を希望して了承してもらい、これが叶ったのに、
いたずらに日にちを空けていては、「何のための交換?」と疑われます。

料理も気持ちも冷めないうちに。

smilelink_lunch at 11:18│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔