SMILE RYOのつぶやき日記

アロハ〜&まいど〜 池原量です。 日々のつぶやきを・・・ Aloha!池原量です。 ★☆★2016年3月の星空★☆★ 3月1日(火)月と火星が接 3月2日(水)下弦の月 3月7日(月)細い月と金星が並ぶ 3月8日(火)木星が衝 3月9日(水)木星がしし座で衝 部分日食 新月 3月16日(水)上弦の月 3月17日(木)彼岸の入り 3月20日(日)春分の日 3月22日(火)月と木星が接近 3月23日(水)半影月食 満月 3月24日(木)水星が外合 3月25日(金)土星が留 3月29日(火)月と火星が接近 3月30日(水)月と土星が接近 ★☆★SMILE RYO★☆★



最近の郵便事情
なかなか難しい


ポストに投函したら
"翌日必ず届く"
 
そんな時代は
もう終わり


ポストに投函したら
平日は最低3日
土日を挟んだら4.5日は
届くまでにかかる。

急ぎのものは
速達に限る。
もしくは日にち指定に限る。



日にち指定は、
土曜日・日曜日・休日も含め、
指定した日に配達してくれる


平日指定は 料金切手+32円
土日休日指定は 料金切手+210円
(差出日の3日後から起算して10日以内の日)


しまった!
姪っ子1号のお誕生日は今年は月曜日
土日を挟むから早めに日にち指定で郵送と
思っていたのに!
気がつけば金曜日。


郵便局のお姉さんと相談をし、
速達にすることに。
月曜日に届くためには、
前の日の日曜の朝一のポスト投函だと
速達のパワーで日曜に届く可能性があるとのこと。

日曜のお昼ごろの回収を狙ってポストに投函
IMG_5117

果たして、
無事 月曜日に届くのか??
(お誕生日前にカードが届いても良い気がするけど、半分は意地)

4日後、今年は平日の金曜日にお誕生日を迎える姪っ子2号は 日にち指定(平日)で+32円で郵便局に投函済み。

いやぁ、昔はそんなこと気にせず
前日の午前中にポストに投函すれば
翌日には必ず届いていたのになぁ。
ほんとに、ありがたい配達事情でした。


最近の郵便事情
ほんと難しい



SMILE RYO

雨降りです。

梅雨だから雨が降っても当然ですが、雨はやはり外に出るのが憂鬱になる。


けれど、雨の日も悪くないなぁと。


山科にある勧修寺(かじゅうじ)

色々なお花と出会えました。

IMG_1559

中門をくぐると、

宸殿前の美しい"青もみじ"

IMG_1554


"プロペラ"が出来てました。

もみじの種、"翼果(よくか)"です。

この姿がなんだかかわいくて好き。

IMG_1548



進んでいくと庭園が広がります。

庭園は"氷池園(ひょうちえん)"と呼ばれ、真ん中に"氷室池"があります。

IMG_1543


氷室池には

白い"睡蓮""花しょうぶ""半夏生"

IMG_1544


大きな鯉や鴨、

池の沿いの木にはサギが!

よーく見ると鳥の巣が木の上にいくつも出来ていました。

IMG_1558


そしてウシガエルの音色も(苦笑)



庭園内に咲く"紫陽花"はすべて青系。

唯一、中門の受付側に白いカシワバラアジサイが見事に咲いていました。

IMG_1547


IMG_1552

水戸黄門様が寄進した灯籠のまわりには、樹齢750年の"ハイビャクシン"

低い低い位置に、地面を這うように成長しています。

IMG_1546


そして勧修寺灯籠と呼ばれる四角い灯籠が!

水戸黄門さまが寄進された灯籠だそう。

そして、水戸黄門さま オヤジギャグ炸裂?!です。


〜〜〜勧修寺灯籠〜〜〜

水戸黄門さまのご寄進で

京都へこられたら

必ず見て"(とう)ろう"

と言われた灯籠

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ほんとに、そうお話しされたのであろうか??



樹齢350年という桃の老木にも出会いました。

ぱっかり木の幹がふたつに割れているではありませんか!

落雷で割れても元気に健在です。

IMG_1553




そして、庭園の真ん中にある"氷室池"

その昔、毎年12日、氷池園の池に張った氷を

宮中に献上し、その氷の厚さによって、 その年の五穀豊凶を占ったそう

IMG_1556


(観音堂)

その池で色々なお花をたっぷり楽しめました。

雨も悪くない。

IMG_1545




★SMILE RYO★




■□■□■□■□■

勧修寺(かじゅうじ)

昌泰(しょうたい)3(900) 醍醐天皇が勅願寺(ちゃくがんじ)として建立。 

IMG_1557

応仁の乱では燃え、そのうえ秀吉が伏見城を築城する際には、寺域を献上させられたりしたが、天和(てんな)2(1682) になって再興した。 

そのときに、下賜された本堂、書院、宸殿(しんでん)などは現在も遣っている。 

IMG_1555


宸殿は、元禄10(1697) 御所より賜った。 

書院は、江戸初期の書院造で、一の間にある勧修寺棚は珍しい。

襖絵は土佐光起(みつおき)筆といわれる。 

光起は、 狩野派が江戸へ行き、 全盛期を築き上げていく中で、京都にあって、土佐派の灯を守った。 

土佐派は、大和絵(やまとえ)の伝統の上に立つ絵画の一流派だったが、そのころの土佐派は、狩野派の影響を受けた画風になってしまっていた。


庭は氷池園(ひょうちえん)といわれる。 

平安時代、 氷室(ひむろ)の池だったところからこの名が ついている。

その昔、毎年12日、この池に張った氷を宮中に献上した。 

そして、その氷の厚さによって、 その年の五穀豊凶を占ったといわれる。 

池を中心に展開する雄大な池泉舟遊式(ちせんしゅうゆう)の庭園で、池の中には大小3つの島が浮かび東山を借景に15の景勝が設けられている。 

春には梅、桜、夏に は池の睡蓮そして菖蒲が咲き誇る。 

書院の前庭には、樹齢750年のハイビャクシンが目を奪う。 

かつては静かだったこの寺も、今では近くに名神高速道路が走って、車の音が庭の中ま で侵入してくる。


また、庭には、薄く広くて角のある屋根の燈籠があり、 その名を勧修寺燈籠という。 

水戸光圀(みつくに)の寄進である。  

現在、 庭園のみ公開されている。

■□■□■□■□■

普段、入れない場所に入っちゃった!

なんだか、"特別感"を感じちゃう!

IMG_1148


博物館や美術館は月曜日が、お休みというところが多い。

京都国立博物館も月曜日がお休みなんだけど、そんな月曜日がお休みの京都国立博物館に入った!

IMG_1151


なんだか、ワクワクしちゃう!


普段の展示の時には立ち寄らない地下の会場へ。

階段状のステージだ。

あっ、ここは展示前の説明会などで使われてるところだ!(未だ足を運ぶ機会に恵まれてない)

まだまだ、未知の世界が広がる。


帰りはせっかくだから、お庭をテクテク探索ていこう!

夙川権現平桜のチェリーはその後どうなったかもみたい!

IMG_1152


と、思ったら

『今日は工事のトラックが入っているのでまっすぐお帰り願います』と。

残念。


"特別感"を、さらに感じたかったのになぁ。


横目でチラッと眺めて…。

今日は残念だけどテクテクはあきらめます。

またね。


と思ったら、普段から休館日の月曜日

お庭だけ楽しめることを知りました。

IMG_1147



はぁ、桜が咲いてる時に中に入れるのを忘れないようにしなくては。


お休みの日は、お庭のお手入れも丹念にされているのも見られて、やっぱり"特別感"を感じちゃう。

IMG_1146


IMG_1145

お隣りの豊国神社さんでは、月曜日でしたが結婚の契りがとりおこなわれており、これまた"特別感"

IMG_1143


幸せのお裾分けを頂戴いたしました。

お幸せに。


豊臣秀吉さんと言えば瓢箪。

瓢箪もスクスク成長中。


IMG_1150




★SMILE RYO★

今年(2023)は、花や木の植物の成長が早い!と感じることが多い。

そんな中、つばめの到来も早い気がする!


昔から『ツバメが家に巣を作ると縁起がよい』とされていましたが、我が家にはツバメの巣が今まで出来たことが残念のがらない。


いつもツバメの姿出来た場所・場所で"ツバメの観察"を楽しませてもらってます。


ツバメの巣が出来ると、フンの被害で困っている人がいるというのも聞いたことはあるのだけれど、可愛いところだけ眺めるという、いかにも"良いとこどり"のツバメの観察をさせてもらってる。


いつもだと、ツバメの姿を5月末や6月頭に 良く見かけるようになるのですが

今年はもう4月の末には、スワローズがビューーーン

IMG_0782
(2023年4月28日 ツバメのパパ・ママの姿を発見)

飛んでる姿を見かけても、果たしてどこに巣を作ってくれるかが問題。

どうぞ、観察しやすい場所にお願いしまーす!!


ツバメの姿を見かけても、巣を作る準備し始めたと思っても翌日には姿を消していることもしばしば。

何か居心地が悪かったのか?

人間世界が阻止したのか?

何が起こったかはわからず。


そん中、去年はじめてツバメの巣が出来た、BOSEスピーカーの上に、今年もツバメのツガイがやってきた!


早い、4月の末でした。

去年 ツバメ家族が作って残していった巣をリノベーションです。

IMG_0780


(2023年5月5日 ツバメのパパ・ママ 忙しく飛びまわってます)

店頭の前で音楽が流れているスピーカーの上。

去年同様、うるさくないのか?

と心配しつつ

ツバメの巣が出来て以来、スピーカーからの音量は下げられ、そして巣の下にはフンキャッチのシートが敷かれて、見守り体制バッチリ!


1週間に1度か2度しか観察出来ない場所ではありますが、ツバメの観察スタートです。


巣の中の様子が見えないのがもどかしい。

どうなってるんだろう?


と思ったら、ピーピーとヒナの鳴き声が聞こえはじめました。

通りすがりのみなさんも、ツバメの巣を見上げたり写真をおさめたり、会話がはずんだり。

IMG_0785


(2023年5月19日 ツバメのヒナたち5羽 ふわふわっの産毛)

かわいいヒナたちは5羽。


毎回、観察の課題の1つは"ツバメの鳴き声"

『土食って、虫食って、口渋ーい』

これを早口で言うとツバメの鳴き声に似ている

と昔から言われていますが、まだ一度もその鳴き声を確認出来たことがない!!

IMG_0790


(2023年5月26日 大丈夫?巣からはみ出そう)

ヒナたちは、ピーピーとかわいく鳴くのでこの鳴き声には値せず。


巣から見えるヒナたちの姿もだんだん大きくなり、あふれんばかり。

落ちやしないか!と心配していたら

IMG_0791


(2023年5月26日 ご飯タイムは大賑わい)

バイバイ👋言うことなく、

ツバメ家族は、巣立っていきました。

IMG_0792


(2023年6月2日 大雨の中 巣を眺めに行ったらツバメ家族の姿がありませんでした)


残ったのは、スピーカーから流れる音楽のボリューム。

大きくなっていました。


また、BOSEスピーカーの上に帰ってきてね。


★SMILE RYO★

いつぶりだろう

毎月 毎月、必ず楽しみに出かけていたプラネタリウム。

コロナ禍ですっかりご無沙汰でした。

今日は全く夜空の星は見えないお天気ですが、プラネタリウムでしっかり星空楽しめました。



そして今年(2023)は、プラネタリウム100周年という記念の年だそう。


近代的な光学式プラネタリウムは、1923年ドイツのカールツァイス社で誕生。


19231021日、

ドイツ博物館でカールツァイス社制作の近代的な光学式プラネタリウムが関係者向けに試験公開しました。

"イエナの驚異"と絶賛されたのだとか。
なので、今年(2023)"イエナの驚異"から100周年!


ドイツではじめてプラネタリウムが披露された1923年から改良が加えられ、192557日 ドイツ博物館にプラネタリウムが常設されることになりました。

その後プラネタリウムは世界中に広まりました。


日本で初めてプラネタリウム投影機が導入されたのは大阪。

1937年、当時 大阪・四つ橋にあった『大阪市立電気科学館』に日本で初めてプラネタリウム投影機『カールツァイス型投影機』が導入されました。


その86年前の投影機。

今現在、大阪市立科学館のなかに展示されてます。

なんとなーく、望遠鏡のような、バーベルのような、そんな形。

IMG_0734


そして、今は4代目の投影機『インフィニウムΣ(シグマ)OSAKA 』が活躍中。

IMG_0732


ーーーーーーーーーー

✴︎ 1937年『カールツァイス型投影機』

✴︎1989年『インフィニウムα

✴︎2004年『インフィニウムLOSAKA 

IMG_0733


(11年前、 2012年に撮った写真。なかなか画像が粗い(T . T))

✴︎ 2019330日『インフィニウムΣ(シグマ)OSAKA 

ーーーーーーーーーー

2019年春に光学式投影機が更新され、

さらに20222月リニューアルオープン時に、宇宙の彼方の光景も再現できる 全天周映像システムが導入され、なんとプラネタリウムの座席も フランス製のふわっふわなシートに新しくなりました。



久しぶりのプラネタリウム。

今日(2023.6.1)から新たなプログラムが公開です。

ーーーーー

「シン・宇宙望遠鏡 〜ジェームズ・ウェッブ〜」

宇宙望遠鏡としては史上最大の6.5m反射鏡を備えている新・宇宙望遠鏡ジェームズ・ウェッブは、地球の大気や熱の影響を避けて、地球から150万厠イ譴人想的な位置で暗黒の宇宙を観測しています。圧倒的な集光力と解像度をほこる新型望遠鏡は、これまで人類が見たことのない奥深い宇宙の姿を明らかにしてきました。驚異のジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影した深宇宙の真の姿を見てみましょう。

ーーーーーーー


はぁい、やはり石坂千春さん(学芸員さん)の時間帯を狙って行ってきました。

IMG_0745


ひと座席おいてお隣りのおじさま。

いびき全開で快眠タイムでした()



プラネタリウム100周年にちなんで、『カールツアイス型投影機』の写真を表紙にしたオリジナルノート、そしてクリアファイルなどが登場してました。


美術館・展覧会で必ず買って帰ってしまうクリアファイル。

やっぱり、科学館でも買っちゃいました。

IMG_0746


最近購入したクリアファイルの中では、断然お手軽価格(クリアファイル1150)でした!


曇り空やお天気が良くなくて、夜空に星が見えない日にプラネタリウムで星空を眺められたら、むちゃくちゃ贅沢な気分になるなぁ。



★SMILE RYO

↑このページのトップヘ