2018年05月29日

梅雨入り前の渓

180525_1

ゴールデンウィークに訪れた我がカーティスクリーク。今日は単独釣行でやってきました。

空は晴れ渡り、いつものように清らかな流れが・・・と言いたいところですが、やや様子が変。今までに見たことのないくらいコケが発生し、流れのゆるいところでは藻が大繁殖。流れの中の石の水際線は帯状に白くなっており、明らかに何かが大量に流れ込んでいる気配が濃厚です。

この渓、最上流部は牧場があり、そこからの排水が怪しそうですが、河畔の別荘の住人に聞いても、「いやあ、何かが流れ出たような話は聞いてないけど・・・」とのこと。

にも関わらず、やはりポテンシャルの高いこの渓。ここぞ、というポイントではフライへしっかりと反応があります。

180525_2

ただ、中々フッキングできずやっとのことでランディングしたのは、重い引きを味わわせてくれた8寸ほどのきれいなイワナ。

こんな美形イワナを目にすると、いつまでも見とれちゃいそうです。




smilesmiledays at 21:41|PermalinkComments(0)clip!FLYFISHING 

2018年05月02日

2018GW

2018GW_01

気持ちよく晴れ渡ったゴールデンウィークの釣行。毎年訪れるこの渓は、数日前の大雨の影響もなく今日も陽光を受けて、キラキラとクリアに流れています。

2018GW_02

どのポイントも魚が付いていそうで、気が抜けません。さあ、フライに出てくるか!?

2018GW_03

とは言え、中々渋い反応の中を釣り上がります。とあるプールでの水中写真。う〜ん、やっぱり渓魚の姿は見当たりません・・・

2018GW_04

そんな中でもフライに出てきた8寸程のイワナ。頭がでかくてかっこいい、野性味のある魚体です。

2018GW_05

そんなイワナを釣ったのは、上のハンプバックのウィングを持たせたCDCフライ。コロンとしたハンプバックのCDCは浮力も抜群で、釣り上がりでも使いやすいフライです。使用後なので、CDCが乱れちゃってますが・・・

2018GW_06

おチビなアマゴもちらほらと。それにしても昨年の同じ時期と比べたら、雲泥の差の反応でした。気温も上がって、条件的には良かったと思うのですが・・・後から分かったのは、当日も先行者がいたらしい、ということ。加えて、当日は日曜日だったので当然前日も釣り人が入っていると思われ、そう思うとこの反応の渋さも納得ですね。

よい思いをするには、釣り人の少ない平日に休みを取って行くしかないのか(笑)

smilesmiledays at 06:30|PermalinkComments(0)clip!FLYFISHING 

2018年04月22日

春フライ 2018

180422_ミッジメイフライシート

ここの所のタイイングのマイブームは、CDC+ウィング系の小さなフライ。

ここでは、ミッジ&メイフライシートを使ったタイイングをご紹介。このシート、化学素材ではあるものの虫のウィングに似せたハリや煌めきが特徴です。

180422_フライ2

ポストのCDCは、空気抵抗を減らすべく、ストークを入れないようにして束ねて、先端をアイ側に向けて巻き留めたら、残った部分をテーパー状にカットしてアブドメンの形を作ります。

180422_フライ1

肝心のミッジ・メイフライシートは、一番最後にCDCのポストの根元にたすき掛けで留めるだけ。CDCやジーロンでウィングを作るよりも簡単にスペントウィングが作れちゃうこのミッジ・メイフライシート。では実戦での効果はいかに?

追って、またレポートしたいと思います。

smilesmiledays at 20:48|PermalinkComments(0)clip!FLY TYING 

2018年04月15日

タイイング リハビリ中!

180414_フライ1

前回の記事がお正月だったわけで、もう今年も1/4が過ぎ去ってしまい、気が付けば渓流釣りシーズンに突入しているんですね・・・

なので、来るべき釣行に備えて少しずつフライを巻いている近頃です。先日訪れたフライショップでみた完成品フライの美しさに目を奪われ、自分もあれ位のフライを巻きたいものだと一念発起し、試行錯誤を重ねていますが、すっかり鈍った腕は簡単に戻るものでもなく、まあ元々がそれなりなので、それが気持ちだけでどうにかなるべくもなく、巻いては意気消沈、巻いては意気消沈の繰り返し・・・

しかも、おのれの腕も顧みず、#18シバリなんかをするもんだから悪戦苦闘の連続。1本巻くのにどんだけ時間掛けてるのっていう位、時間が掛かっちゃったりします。

180414_フライ2

なので、気分転換でこんなレオンパラシュートなんかも巻いてみたり・・・
徐々にフライ気分も頭の中では盛り上がりつつあり、昨年の低調振りを何とか挽回できるような釣行を願ってやまないばかりです。

smilesmiledays at 20:57|PermalinkComments(0)clip!FLY TYING 

2018年01月03日

あけましておめでとうございます!

180103_フライ2

今年の初巻き、っていうか、もう何か月振りかに巻いて、勘も鈍りに鈍りまくって、思うに任せない一巻きでしたが、何とかふうふう言いながら完成・・・

新年も明けて、初日の出も拝み、おせち料理もいただいて、めでたいお正月に巻くフライとして、何となく思いついたのがロイヤルウルフ。

180103_フライ1

白く、すっくと立ったカーフテイルのウィングは、年の初めに心に抱くやる気や闘志を表し、ピーコックのアブドメンの間に巻かれる真っ赤なフロスは、一年の始まりの正月という時節の格調や気品の高さを表しているような・・・

ゴールデンウィーク釣行以外はまったく撃沈した2017年のリベンジを、密かに、そして熱く祈りながらこの秋、冬を過ごしております。

何はともあれ、この2018年の公私共の無事と繁栄を祈りつつ、今宵もビールを飲みつつ、フライ魂に徐々に火を入れつつある今日この頃です。


smilesmiledays at 21:17|PermalinkComments(0)clip!CASUAL LIFE