ブログネタ
情報提供 に参加中!


「大学ノートはなぜ大学ノートと呼ばれてるの?」

・・・と、中1の次男の素朴な疑問。

確かに、大学生しか使わないわけじゃない。
さらに学生限定でもないのに、
なぜ「大学」という名がついているのか?

疑問に思った母は調べてみました。


大学ノートは、横罫線の入ったノートのこと。

1885年 (明治18年)に現在の東京大学、
当時の東京帝国大学の近くにあった松屋という洋書屋が
輸入の筆記用紙を綴じ合わせてノートを作った。

それが、大学ノートの始まり。

そのノートは学生の間ですぐに人気の商品となったが、
「大学ノート」と呼び始めたのは
大学生か松屋かは定かではないようだが、

このノートの評判を聞きつけて、
神田の丸善が「大学ノート」という名称で
ノートを大量に製造販売したのがきっかけだと言われている。




・・・というわけで、
「大学ノート」の大学は東大のことだったんですね~。

次男のおかげで、ひとつ勉強になりましたm(__)m