IAFアジア大会2018(大阪)において、私はタイのグラフィック・レコーダーであり、建築家のTul Lekutaiさんの「環境デザイン〜もしファシリテーターが3時間でデザイナーになったら」のセッションをグラフィック・レコーディングをする機会をいただきました。

Tulさんは、IFVP(International Forum of Visual Practitionors, 国際ビジュアルプラクティショナーフォーラム)という世界のプロのグラフィックを行う人たちの集まる世界的な組織で理事をつとめています。タイを拠点にアジアは言うに及ばず、世界でグラフィックを使って場を作るだけでなく、本業は建築家でありエクステリアを専門とする人でもあります。

そのTulさんがIAFのムービーを作成されました。大会のダイジェストでもあり、その雰囲気もわかります。そして、私もグラフィックを描いたことから、その様子やインタビューでコメントをさせていただきました。誇らしい仕事になりました。