2012大神田式・演奏会ベスト10さあ、今夜こそ、最大最高のチャイコ5番登場!~NHK-FM「ブラボー!オーケストラ」~尾高忠明&東京フィル

2013年01月03日

第56回NHKニューイヤーオペラコンサート 雑感~期待通りと、期待外れと…。

いきなり福井敬さんのシェニエってのが凄いですね。彼の、伸びないカラフよりはいいでしょう。ただ、音色の問題で、私が知ってるシェニエの実例より、どうしても低く聴こえる。

音色の問題で言えば、村上敏明さんも随分逞しくはなったな。ただ、砂川涼子さんのミミは、伸びが強くなったと絶賛しようと思ったけど、あの最後の吠えた様な声は何?

モチさん(望月哲也)の“女心”は失敗。曲が求める弾力がないし、最後は地震の様に揺れてしまった。

大村博美さんのシチリア島は良かったんじゃない。無理に頑張ってる様子もなかったし(笑)。

林美智子さんはしばらくお会いしてないけど、相変わらず思い切り作ってましたねえ、カルメン(笑)。実際にお話しすると、むしろ素朴な方ですけどね。素朴と言えば、私は大澤一彰さんのホセの方が好ましかった。声の伸びもベスト。

皆さん、ガーッていう感じで伸びるのは偽物ですからね(笑)。

中嶋彰子さんのハンナは上はいいけど、中から下の音色が暗くないか。あれじゃ腹黒な女に見えなくもないぞ(笑)。

バランシェンヌの小林沙羅さんは貴重だね。今までの日本のスブレットにいなかった舞台映えじゃない。あれだけじゃ声は分からんけど(笑)。

黒田博さんの芝居は、ちょっと棒だなあ(笑)。

井上圭子さんのパイプオルガンは変わらないねえ。フォルテがガーガー言ってる。カヴァレリアの情緒の無さも信じられない。ローエングリンのあれなんか、パイプオルガンでやる曲じゃないでしょう。

ワルキューレの時、ちょっと下野竜也さんが映ったけど、最高の脱力。女戦士は全員最高。平井香織さん、今日は蹴りは無いのね(笑)。金子美香さんは、先日のコバケン第九より明らかにいい。第九は、音域違いじゃねえか(笑)。

妻屋秀和さんのヴォータンはちょっと意外だった。あの役の音色のイメージじゃないのだ。ちょっと柔らか過ぎるのだ。勿論立派だけどね。ちなみに、佐藤路子さんが黙役なのは酷い。この人、凄い声なんですよ。

「フェドーラ」からの水口聡さんと木下美穂子さん、素晴らしかったじゃないですか。水口さんは昔は喚きだったし、木下さんは完全にチリメンだった。今や立派なもんじゃないですか(ほんのちょい、まだチリチリするけどね)。

オテロの冒頭、下野さんの安定した迫力が最高だ。もう力んでないこの人。福井さんのオテロいいなあ。昨年実は、秋谷直之さんという最高のオテロを聴いたんだけど、福井さんで全幕見てもいい気がした。

堀内康雄さんのヤーゴ、顔にもう一つ表情が欲しい。

藤村実穂子さんは相変わらず倍音がいいねえ。ただ、下野さんのテンポなのかは分からんけど、ちょっと速いぞ。溜めが全然ないじゃないか。“世界!”と言ったとこで、藤村のアクートが破裂してるではないか。事実上失敗。下野さん、少し考えて欲しかった。

だからという訳じゃないが、ランスで終わったのは良かった。モチさんも黒田さんも、ここでは失点を取り返している。我らが高橋薫子さん、コンテッサですか。いいねえ。あと、森麻季さんが意外に良かった。大エース清水華澄さんは、やはりソロが聴きたかったねえ(笑)。

司会の二人は、ちいとしゃべり過ぎじゃない。まあいいか(笑)。


smj_ohkanda at 21:01│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2012大神田式・演奏会ベスト10さあ、今夜こそ、最大最高のチャイコ5番登場!~NHK-FM「ブラボー!オーケストラ」~尾高忠明&東京フィル