アナル度チェックー4

アナル度チェックー4
続編です。

先回、書いた「指サック」と「手袋」が、これです。
事務用の指サックよりは、大き目サイズです。
爪は、どっちにしても短く整えてないと、大変。
ゴムだって破れちゃうし、何より傷つけたらタイヘン
それでなくても、ビンカンな部分ですから、痛いし
爪の間に、なんかが入ったりしたらとるのも一苦労。

サックはひょっとした拍子に、中に吸い込まれる恐れもあるので、
十分気を付けて。
それを考えると、やっぱり、手袋のほうが、安全確実?
薄手の、薬局で売ってます。
まあ、これすると、手術か、トイレ掃除かってな
見た目、かっこわるいのですが・・・
そんなこと言ってる場合じゃない。
けっこう実際、清潔一番、安全一番ですからね

備えあれば患いなし、なんで、これだけ装備したら、
思い切ってできますね。
ただし、触感が大事なのは確か。
特に、初心のころは、やっぱり直接触って、
ツボを体得することも必要かも・・・

BeautyPlus_20161223202505_saveBeautyPlus_20161223202742_save

アナル度チェックー3

アナル度チェックー3
続編です。
前回までは、前戯を中心にみてきました。
そっと「なでなで」したり、「すりすり」したりして周囲を
柔らかに愛撫しながら、抵抗感をなくしリラックス、相互理解と
信頼を確かめ合いながら、いよいよ本戯に移る、大事な前段階でした。

さあ、ではいよいよ、本戯ですよ。硬くならずに、固くしないで、はじめましょう。
女性のそれを、いくつもの川筋が流れ込む湿原に例えるとするならば、
対して、アナルは、乾いた地面に掘られた掘り抜き井戸みたいなもので、
敢えて探し求めて進んでいかなければ、なかなかたどり着くことの難しいものです、案外。

まして「愛液」のように、歓迎して導いてくれるような、誘い水もありません。
なにしろもともとそこは、出口専用で、前提としては、侵入禁止領域
まあ、だからこそそこに入る意義も快感もあると言えるかも、ですが。

ゆえに、自然な流れで入り込めるところと違い、前戯も必要なら、本戯でも注意が必要なんです。

舌でなめなめして潤いを与えて、抵抗を弱めたり、指でほぐしたりしましょう。
唾液を潤滑剤代わりに使うことも。
ローションもよく使いますが、シーツがぬれたりするのと、舌が使いにくくなるのを覚悟しましょう。
ローションなしで唾液だけの人もいます。なめなめも継続しやすいので。

指が痛い、爪が痛い、衛生や病気予防のためにゴム(コンドーム、スキン)をつけてと
言う人もいます。薄手のゴム手袋を使う人もいます。
ただ、直接接触のほうが、体温も伝わり、また形状探索がしやすいので、生の方がいいという
人もいます。
フェラの場合もそうで、直接でないと、まるでゴムをなめているようで、味気ないだけでなく、ツボがわからず、
舌技も封印されて、無味乾燥で不毛な気分になる人もいます。
このあとお話しする、大切なGスポット、前立腺などの究極の性感帯ポイントを察知するには、
指先レーダーに頼るしかないので、指にゴムをはめてしまうと、それこそ盲運転になってしまいます。
(つづく)
みみ14509134_1743069625953741_1731891901_naaa88ココー22

アナル度チェックー2

アナル度チェックー2

続編です。
前回は、

まずは、ソープで泡立てながら、そっとなぞってみます。
痛かったら、いってくださいね、どう?

洗うだけで、進めない人もいます。
でも、たいていの方は、もう少し・・・
まずは、そっとなぞってみます。(つづく)

「あ、ここですね、こんへん、大丈夫そうなら、
ちょっとだけ、指先入れてみていいですか?
痛かった言ってくださいね。ゆっくりゆっくり・・・」

このゆっくりが、とても大事なんですね。
「あ」とか「う」とかの反応を見ながら進めます。
人によっては、かっちり、アイリスシャッター状態で
全くうけいれられない方もいます。
その場合は、なでなでして終わります。
少しでも、ニュルンとなったら、ずりずり、指を這わせます。
「どうですか、入ってますよ。もう少し大丈夫みたい?」
だったり
「あら、すごい広がってて楽にはいっちゃいますよ」
だったり、千差万別です。
もともとのこともあったり、
普段からすっかり調教済だったり・・・
どちらもOK、進みます(つづく)
11share_image_temp (1)
プロフィール

smjukai

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ