smoking blog

手巻きタバコが好きで趣味として喫煙を楽しんでいます。

TSUGE GERMAN VIRGINIA -ツゲ ジャーマン ヴァージニア-

今回紹介するシャグはこれです。

TSUGE(ツゲ)のGERMAN VIRGINIA(ジャーマン・ヴァージニア)


GermanVirginia1


アクロポリス以来のやや高級な部類の缶シャグだと思います。

高級って言っても、”kagayaki”程ではありませんが

他のシャグと比較するとグラム単価は高いですよね。


偏見と言われれば偏見かもしれませんが

「グラム単価の高いシャグ=高級=美味しい」と連想してしまい

つい期待値が高くなってしまいます。

アクロポリスが美味しかっただけにね。。


今回のジャーマン・ヴァージニアはどうでしょう。


期待を胸に、パッカンしたいと思います。


缶は普通のパイプの缶を開ける場合と同じ要領で開けます。

GermanVirginia2

GermanVirginia4

開けた時には特にシャグの香りはありませんでした。

ツーンとするようなヴァージニアによくある

酸味を連想するような香りもありませんでした。


シャグだけ取り出してみました。

GermanVirginia3


結構明るめのシャグですね。

やや太めで毛足の長いシャグです。



乾湿の状態は乾燥気味で加湿が必要だと思います。

とりあえずはこの状態で巻いてみましょう。


今回はマスコットの「EXTRA THIM」と

Smokingフィルターチップの「Brown」で巻いてみます。

GermanVirginia5


巻いてみました。


GermanVirginia6


今回はローラーを使用して巻いてみましたが

毛足が長いことと、乾燥していることもあり巻きやすかったです。



肝心の喫味のほうですが・・・・

乾燥している状態だと、少しプエブロのような牧草感と

若干のえぐみがあるように感じました。

正直、ヴァージニアの甘味は遠くのほうにもいません。

とても美味しいとは言えない状態に思えたので

1週間程、加湿することにしました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
1週間の加湿をして、もう一度同じペーパーとチップで巻いて

吸ってみたところ、加湿前と比べると少し甘味が出てきましたが

どうも、パッとしないというか尖った特徴は見つかりません。



ヴァージニアだったら、甘味がすごいとかそういうのがありますが

このシャグは、これといった特徴が無く「普通」。


個人的にはリピートしたいと思えるような部分が無いです。

わざわざ巻いて吸うだけの理由が・・・。


逆に、手巻きを初めて間もない方には良いかもしれません。

これから始めるという方にも。


しかし買ったシャグを無駄にはしたくないですし

なんとか美味しく堪能できるようにしたいので

コーンパイプで試してみたいと思います。


それはまた別の機会に報告します。


今回はここまでです。

GermanVirginia7


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。 Rank33.com

「加熱式タバコ」が増税?!?!

喫煙者はどう反応すれば良いんでしょう・・・。



今現在の税率についてですが


日本で販売されている主な紙巻タバコで


1箱440円当たりの税負担額は


たばこ税 → 244.88円

消費税 → 32.59円

合計277.47円


半分以上が税金ですね。


つまり、紙巻タバコの税負担率は


約63.1%です。

 


一方の加熱式タバコの税負担率は

企業により大きく異なります。


・IQOS → 49.2%
 (定価460円/税負担額226.30円)

・glo → 36.0%
 (定価420円/151.10円)

・PloomTech → 14.9%
 (定価460円/税負担額60円)



個人的には


これはこれで良いのではないかと思いますが


紙巻きタバコの税収が減ったから


増税なんて愚策を考えたんでしょ?



では、なぜ紙巻きタバコの税収が減ったんですかね?



ヒステリックな嫌煙家のせいで


あーだこーだと健康促進だのオリンピックだの


しょーもない理由を付けて増税しておいて


蓋を開けてみたら、税収厳しいから


電子タバコ(加熱式)を増税して補填しようって


愚策に次ぐ愚策とだよ。。ホント。


Rank33.com
Twitter プロフィール
Instagram
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ