今回は、非着香系のシャグばかりの日々に

少しアクセントを加えようと購入したシャグです。

それは「KEITH EXOTIC TASTE」 

キース・エキゾチック・テイストってことですが

名前からは味の想像ま難しいですね。。

keith_exotic1

正直言いますと、このシャグが欲しかったわけではなく

なるべく少量ですぐに消化できそうな着香系で探したら

これになってしまい、流れで購入しました。

少しと言いますか、このKIETHのシャグは

試喫したときに良い印象が無かったので

期待値はかなり低めでしたね。。


まぁ、まずはシャグの状態から。

keith_exotic2

パウチを開けるとバニラの甘さとは違った

ちょっとフルーティーな甘さが広がります。

加湿の状態はすぐに吸えるぐらいになっています。


では早速巻いてみます。

keith_exotic3

最近はチュービングが多いのですが

はやり味を楽しむなら手巻きですね。

ここは譲れません(-。-)y-゜゜゜

さて喫味のほうですが、かなり甘いですね。

でもバニラの甘さではなくフルーティーな甘さに思えます。

後味のほうはエクセレントのプラムに似ていて

ややくどい甘さが残ります。

ここに関しては人それぞれだと思いますが

個人的には苦手ですね。。


正直なところ、このシャグをストレートでは吸えません。

ですが、ブレンドなら良いかもしれませんね。

これから試すつもりですが

このシャグとメンソールシャグをブレンド予定です。

またそのレビューは後日アップしたいと思います。