smoking blog

手巻きタバコが好きで趣味として喫煙を楽しんでいます。

手巻きタバコ

TSUGE GERMAN VIRGINIA -ツゲ ジャーマン ヴァージニア-

TSUGE GERMAN VIRGINIA -ツゲ ジャーマン ヴァージニア-

今回紹介するシャグはこれです。

TSUGE(ツゲ)のGERMAN VIRGINIA(ジャーマン・ヴァージニア)


GermanVirginia1


アクロポリス以来のやや高級な部類の缶シャグだと思います。

高級って言っても、”kagayaki”程ではありませんが

他のシャグと比較するとグラム単価は高いですよね。


偏見と言われれば偏見かもしれませんが

「グラム単価の高いシャグ=高級=美味しい」と連想してしまい

つい期待値が高くなってしまいます。

アクロポリスが美味しかっただけにね。。


今回のジャーマン・ヴァージニアはどうでしょう。


期待を胸に、パッカンしたいと思います。


缶は普通のパイプの缶を開ける場合と同じ要領で開けます。

GermanVirginia2

GermanVirginia4

開けた時には特にシャグの香りはありませんでした。

ツーンとするようなヴァージニアによくある

酸味を連想するような香りもありませんでした。


シャグだけ取り出してみました。

GermanVirginia3


結構明るめのシャグですね。

やや太めで毛足の長いシャグです。



乾湿の状態は乾燥気味で加湿が必要だと思います。

とりあえずはこの状態で巻いてみましょう。


今回はマスコットの「EXTRA THIM」と

Smokingフィルターチップの「Brown」で巻いてみます。

GermanVirginia5


巻いてみました。


GermanVirginia6


今回はローラーを使用して巻いてみましたが

毛足が長いことと、乾燥していることもあり巻きやすかったです。



肝心の喫味のほうですが・・・・

乾燥している状態だと、少しプエブロのような牧草感と

若干のえぐみがあるように感じました。

正直、ヴァージニアの甘味は遠くのほうにもいません。

とても美味しいとは言えない状態に思えたので

1週間程、加湿することにしました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
1週間の加湿をして、もう一度同じペーパーとチップで巻いて

吸ってみたところ、加湿前と比べると少し甘味が出てきましたが

どうも、パッとしないというか尖った特徴は見つかりません。



ヴァージニアだったら、甘味がすごいとかそういうのがありますが

このシャグは、これといった特徴が無く「普通」。


個人的にはリピートしたいと思えるような部分が無いです。

わざわざ巻いて吸うだけの理由が・・・。


逆に、手巻きを初めて間もない方には良いかもしれません。

これから始めるという方にも。


しかし買ったシャグを無駄にはしたくないですし

なんとか美味しく堪能できるようにしたいので

コーンパイプで試してみたいと思います。


それはまた別の機会に報告します。


今回はここまでです。

GermanVirginia7


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。 Rank33.com
フランドリアのバージニア 終売品

フランドリアのバージニア 終売品

9月に入って気温も下がり涼しいと思っていましたが


ここに来て気温が上昇し雨も降って湿度と不快指数が高め。。。


シャグには良くない環境ですね。


自宅に立派なヒュミドールなんて無いので


クーラーボックスで何とか湿度管理を頑張っています。




そんな私の最近のお気に入りのシャグはチェとフランドリアですが

チェはこの前、記事にしたので今回はフランドリアを。


IMG_20170911_233036_848



Instagramでもアップした画像です。


このシャグ自体は、だいぶ前に終売になっていて


今は別のフランドリアが発売されています。


終売になった時、在庫が豊富にあるお店から


1カートン購入して細々と楽しんでいるわけです。



そんなフランドリアですが


2、3年前に初めて購入したときは


シャグがめちゃくちゃ乾燥していて


辛みの強い苦手なシャグの


イメージを植え付けられましたが


ちゃんと加湿して吸ってみると


甘みと少しの苦みが丁度よくて気に入りました。



プエブロのような牧草感はあまりなく


そこそこ吸いごたえもあったので


場面によってコニカルで吸ってみたり


フィルター付けて吸ってみたりと色々楽しめました。



コレを書いていると終売になったのが惜しいですね。


もう1カートン買っておいても良かったかもしれないです。




今のフランドリアはどうですかね?


サンプルでスパニッシュバージニアは試しましたが


結構良かった印象(覚えてないww)だったはずなので


今の分が吸い終わったら買ってみます。








動画ではコニカルで巻いていますが


ペーパーはSmokingBrownで巻いています。


付属のPayPayのペーパはフリーバーニングでダメダメなので。


ダメな割には包装されてましてけど。。



Brownで巻いている理由は


この組み合わせがこのシャグには合う気がするので。


動画だペーパーが分かりにくいのが残念です。


次はもう少し鮮明な動画に出来るように頑張ります。

Rank33.com
浅草のタバコ屋さんに行ってきました

浅草のタバコ屋さんに行ってきました

浅草にあるタバコ屋さんの「丸金」さんに行ってみました。

画像は一切ありません・・・スミマセン。。




会社の帰りに寄れるタバコ屋さんはないかと調べたら

帰宅方向とは逆になりますが、比較的近くにあったんです。



場所は東京都台東区西浅草のほうで

浅草駅から浅草ビューホテル方面に向かって歩いていくと

浅草という土地柄にはピッタリすぎるほど

和テイストのガッツリの丸金さんが見えてきます。

浅草ビューホテルを過ぎてすぐですね。



お店の見た目からは、タバコ屋さんとは結び付かない感じですが

歩道に面したお店のカウンター越しに中を見ると

タバコや喫煙具が所狭しと棚に陳列されているのがわかります。



中に入ってみると、レジの後ろの棚にはシャグや紙巻きたばこが陳列されていて

レジのショーケースには手巻きのペーパーなんかが並んでいました。

レジと反対側のショーケースには葉巻、シガリロ、パイプや水タバコが

ギッシリと並んでいて、見ているだけでも楽しめる感じでしたね。

もちろん煙管もありましたよ。確か八久保煙管の取り扱いもあったと思います。



地元のタバコ屋さんだと紙巻きやシャグ、パイプ葉等の取り扱いは少なくて

こういった喫煙具も豊富にあるお店だと、想像が膨らんで楽しめますよね。




お店自体は、そこまで広くはないものの楽しめる空間だったと思います。

いろんなメーカーのノベルティグッズも展示されてて良かったです。

一緒にお店に行ったタバコを吸わない同僚も、目新しいものを見て

タバコのイメージが変わったし面白いと言っていました。

シーシャも置いてあったのですが、同僚の食いつきは良かったですね。




帰宅方向とは逆なので、そんなに頻繁には行けていないのですが

また時間を見つけて行ってみようと思います。




そういえば、「浅草 丸金」でWeb検索すると

スミスコーポレーションのサイトでも写真付きで紹介されてましたね。

先にこれを見てから行けば良かった。。。




また、新しいお店に行ったら報告したいと思います。



Rank33.com
Twitter プロフィール
Instagram
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ