魔女と煙の魔法

パイプ煙草に嵌ってしまった魔女です。香りには色々な作用がありますが、パイプ煙草の香りで魔法が使えたらいいなと思っています

ヴィンテージシガーと石のムアッセル?

久しぶりの更新です。

昨日、7月27日はTSCの例会でした。

嬉しいことに、新しいメンバーが加わり、平均年齢もグッと下がり(笑)
ロングスモーキングにも熱が入りました(平均年齢を上げているのは最年長の私ですwww)
IMG_4933











いや、、、私、パイプを間違えて大会用パイプではなく小さいのを持って行ってしまったので、3gのMARLIN FLAKEがこんもりです(笑)

しかし、ここで自分に課題を与えることにしました。
湿気を含んだフレークタバコを小さいパイプに詰めるとどうしても底が硬くなる。
そうなると消えやすくなります。
タンパーで押すたびにどんどん硬くなり消えるリスクもあがってしまうわけです。 

今回は湿気の多いフレークに最小限のタンパー使いで火を消さない。
それが課題でした。


上にたまった灰をそっと落としながらタンパーを入れるのを我慢する代わりに、息を吹き入れたり吸ったりして下に固まったタバコ葉を上に持ち上げるイメージで火を回す。
今回はパイプの径が小さいのでタンパーで火を回すなんて無理だったから、息加減で調整するしかなかったのです。


これは良い練習になりました。

結果としては22分ちょっとだったですが、ロンスモの中では第2位です。

大会まで息とタンパー使いの練習はちょっとでもしていこうと思います。




新メンバーが持ってきた 555 International をいただいてみます。
IMG_4936












IMG_4941






う~~ん、、、
これは美味い!!

火をつけて第1服目に入ってくるのが古いヴィンテージタバコを吸ったときの独特の香り。
そして、とてもやわらかく甘い。

soburani









例えるなら、頭の中に浮かんだ第一番目のタバコ。
ソブラニ・ブラックロシアン

上品で高級感があり、香りもツンとしない。


これと同じ感じでもっとストロングなのが
sinsei









しんせいを煙管で吸った感じ。

バージニアの甘さがなんとも美味しい。
ただし、紙の臭いがちょっと残念。


これらの中では一番美味しいと思った 555 International でした。


そして、またまた美味しい葉巻をいただきましたよ。
Romeo y Julieta Petit Coronas の90年代前半のヴィンテージもの。

IMG_4970





良い状態の葉巻でした。

私は数少ない葉巻経験の中で Romeo y Julieta Petit Coronas は3度ほど吸いましたけど、「すんごい美味しい」なんて感じたことはありませんでした。
イメージとしては3回とも「やんちゃ姫」
なんか味も煙も暴れる感じのものにしか当たったことがありませんでした。

ところが、このヴィンテージ葉巻は「しっとりした大人の女性」といったイメージ。
中盤以降にはちょっと煩いけれども度を越えない大人・・・みたいな(笑)

葉巻も人間と同じで良い時を経れば、素敵に変化するといったところでしょうか?(笑)


美味しい葉巻をいただいたところで、今回のテーマのシーシャ。

Pierreさんが石のムアッセルを持ってきました。
ムアッセルっていうのはジャム状のタバコのこと。

それがタバコでなくて石だっていうのです。

IMG_4962









本当に石だ!(笑)
しかも、鼻を近づけると人工的アップル臭(笑)
アップル味のガムの容器に鼻を突っ込んだときの3倍ほど強い臭いです。

が、しかし・・・実際に吸ってみると、従来のムアッセルよりも薄いしニコチン感がない。
普段タバコを吸わない娘には好評だったみたい。


石は電子タバコ用のリキッドで再度使えるみたいだけど、ニコチン感がほしいと思うし、なんだろ・・・タバコって燃やして無くなるから今の香りや時間を楽しもうっていう美学が私にはあります。
だから、タバコのリサイクルってなんか抵抗がある(笑)

IMG_4963











師匠はシーシャのMIXを楽しんでいました(笑)
ダブルinホースは、かなり怪しいwww


タバコって不思議ですね。
大人が集まって、薀蓄語ったり無邪気になったり、笑ったり、真剣になったり。

そして、そこの空間にいる誰もが心から楽しんでいるのです。



そんなこんなで、今回の例会も楽しく終わり、新宿の学校で例会に来れなかった夫と合流。

原宿のカフェで飲んだソーダは・・・なんと900円!!
たっけえええぇええ~~(給料前だから余計に高く感じる)
IMG_4982











しかしながら、このカシスの炭酸加減がなんともタバコによく合います。
微ミントが爽やかで暑い夜の外気を少しだけ忘れさせてくれるようです。


うちらがお店やるときは、もうちょい手軽な価格にしたいな・・・なんて思うのでした。




大人だって無邪気でいいじゃないか!
タバコで大人しくも無邪気にもなれる人はクリックお願いします(大人か無邪気、どっちか一つでも可w)


↓↓↓

人気ブログランキングへ 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
にほんブログ村 

ニコチンは毒なの薬なの?

昨日に引き続き戯言です(笑)

hanatabaco






愛煙家の喫煙、あるいは非喫煙者のタバコに対する不安に「ニコチンって毒じゃないの?体に悪いでしょう?」ってあると思うんです。

世界的な禁煙ブームでタバコはすっかり「健康被害」「悪者」「癌になる」「依存が強い」「タバコを吸うやつは頭が悪いし貧乏」・・・あげればキリがないくらいタバコだけではなく、タバコを吸う人までも悪者扱いですw


じゃあ、ニコチンってどんな毒物なの?とwikipediaを見てみると

ニコチン (nicotine) は、アルカロイドの一種の有毒物質である。揮発性がある無色の油状液体で、化学式は C10H14N2。主にタバコ属(ニコチアナ)の葉に含まれる。

天然由来の物質であり、即効性の非常に強い神経毒性を持つ
半数致死量は人で0.5mg~1.0mg/kgと猛毒で、その毒性は青酸カリの倍以上に匹敵する。

人体に対して神経毒としての有害性は持つが、ニコチン自体に発癌性はなく、ニコチンの身体依存性はきわめて弱く、それに基づく精神依存の増強は認められない

ほぼ全ての生物に対して毒性を発揮するため、殺虫などの用途で使用されている。しかし人間に対しても毒性を発揮するため、近年は害虫などに対してのみ選択的に毒性を発揮するよう改良されたネオニコチノイドなどが開発され使用されるようになった。


「ニコチン」の名前は1550年にタバコ種をパリに持ち帰ったフランスの駐ポルトガル大使ジャン・ニコ(Jean Nicot, 1530年 – 1600年)に由来する。


さて、毒性についてですが、0.5mg/kgということで、体重50kgの人に対して毒性を発揮するのが25mg、70kgの人だと35mgですよね。

そして、現在販売されているタバコ1本あたりに含まれるニコチンの量は0.1mg~1.4mg

ニコチンは「ニコチンは体内で急速に代謝され、コチニンとなって主に尿中から排泄される。」とも書かれていますので、体重50kgの人がニコチン含有の多いタバコだと18本、軽いタバコだと250本を銜えて一気に全部の煙を吸い込み体内に取り込んだときに、もしかしたら死んでしまうかもしれません。


というか・・・18本~250本のタバコを銜えて副流煙も併せた全部の煙を体内に取り込んでニコチンも取り込むとか・・・考えただけで無理な気がします。


<ニコチンの薬理作用> wikipediaより


ニコチンは主に中枢神経および末梢に存在するニコチン性アセチルコリン受容体 (nAChR) に作用することで薬理作用を顕すと考えられている。
nAChRは中枢神経の広範囲に分布しているため、ニコチンは脳の広い範囲に影響を与える。
依存性薬物の中で唯一、精神毒性がない

そのうち、特に依存性の形成に関与する部位として中脳辺縁系のドーパミン神経系が挙げられる。
中脳の腹側被蓋野、側座核などの nAChR にニコチンが結合すると、直接的あるいはグルタミン酸の放出を介してドーパミン系神経の脱抑制を起こす。
このドーパミン神経系は「報酬系回路」として知られており、快の感覚を個体に与えるため、強化行動をひき起こす。
この中脳辺縁系のドーパミン神経の興奮を介した依存性の形成メカニズムは他の依存性薬物(コカイン、ヘロイン、アンフェタミンなど)と同じとされるが半数致死量の低さと他細胞系への薬理作用の点から、麻薬とはされておらず、毒物に指定されている

末梢においては、中枢神経からの間接的な作用と、末梢の nAChR に作用することで毛細血管を収縮させ血圧を上昇させるが、ヒトにニコチン 1.5 mg/分を5分間静注すると脳血流が増すという報告もあり、縮瞳・悪心・嘔吐・下痢などをひきおこす

中毒性があり、通常量でも頭痛・不眠・苛立ちを感じるなどの症状、過量投与では嘔吐・振戦・痙攣・死亡を起こす

ニコチンは体内で急速に代謝され、コチニンとなって主に尿中から排泄される。ニコチンの血中半減期が20~30分であるのに対し、コチニンの血中半減期は30時間以上と長い。この長い半減期の差を利用して、喫煙(受動喫煙含む)者・非喫煙者の判別テストなどが行われる。

ADHDの認知障害を軽減したとする報告がある

強迫性障害を改善したとの報告がある。 



なるほど、上記を読むと、ニコチン依存っていうのではなく中脳辺縁系のドーパミン神経の興奮を介した、快の感覚を個体に与える作用による、作用依存ってことみたいですね。


ヒトにニコチン 1.5 mg/分を5分間静注すると脳血流が増すという報告もあり、縮瞳・悪心・嘔吐・下痢などをひきおこす。

なんて記述もありますが、たしかにタバコをチェーンすると、「さすがに気持ち悪い、吸いすぎだ」と思いますが、自分のことを思い出すに、灰皿が山のような吸殻の状態のとき、徹夜麻雀で遊んだり、徹夜で仕事をした、或いは徹夜でお酒を飲んだ翌朝によく感じました。


趣味喫煙にしてからは、一般的に言われている「ニコチン酔い」をしたことがあります。
レビューを書くのに連続で何本もシガレットを吸ったときに感じます。
そんな特別なこと以外はニコチン酔いは殆どありません。
なぜならチェーンしないからです。

まあ、いずれにしてもニコチンには毒性があるようです。
ただし、毒性が発揮される摂取量があるようです。
ニコチンに依存は殆どないものの、ニコチンが引き起こす作用に対する依存性はあるみたいです(これは自分でも実感がある→タバコを吸うと落ち着くしホットするから、イラついたらタバコがほしくなる)

医療で使われている薬も量を間違ったり用途を間違うと毒であります。

タバコも同じ。

ただし、タバコに気にするほどの毒性がなくても、それを毒だと強く思う人には毒なんですよね。
匂いがしたり煙を見ただけで恐怖や嫌悪を感じるからです。

けれども、毒だとあまり感じてない人に毒だ毒だと浴びせることも毒なのじゃないかと思います。
強い否定をされることに大きなストレスを感じるからです。

両者は上手な距離感を持って、どちらにも平等に快適な社会であってほしいと願うばかりです。


また、マナーの悪い喫煙者はマナーを守る愛煙家へ大きなストレスを与えることも忘れないことです。


愛煙家の方はクリックしてね~


↓↓↓

人気ブログランキングへ 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
にほんブログ村 

なんでシガレットから手巻きタバコに移行しないのか?

今日はまたまた手巻きタバコの記事ですが、戯言です(笑)

S__2236431






手巻きタバコにはたくさんのメリットがあります。
このBlogでもメリットについて何度か書いていますが、

1.美味い
2.安い
3.タバコ臭がきつくない
4.1本で高い満足度がありチェーンしない
5.カスタマイズ可能なタバコ

なんといっても、1箱430円を一日で吸う人なら、1週間で1140~2280円くらいにタバコ代を抑えることも可能です。

ここまでだと、「おおっ!手巻きタバコすげ~~手軽なら変えてみようかな?」なんて思えるはずなんです。

ところが、私がお勧めして手巻きタバコに移行される方って、4~5人に1人くらい。


じゃあ、勧めている私はすぐに手巻きになったかというと、そうでもないんですよ(笑)



初めて手巻きタバコを知った4年以上前のことを思い出してみると・・・

「確かに美味しいけど、巻くのが難しいし面倒」
「ええ~~っ、ロールマシーンってどうやって巻くの?巻き置きなんて面倒」
「加湿?管理面倒」

面倒×3でシガレット9割以上でした。

しかし、シャグは煙管でもOKってのがあるので、買ったシャグを巻くのが面倒で煙管で吸っていました。
シャグは刻みと違って何度も着火したり、掃除しないと詰まったりするんですよね。
しかも、フィルターがないなんて、健康に悪そうってイメージが強くて吸うのがなんか気が引けちゃう。

100526-01
 




初めて煙管で吸ったシャグです。

50gを煙管で吸いきれるわけもなく、ロールマシーンとフィルターで巻いて4~5本吸ってみる。


やっぱり、巻くのが面倒になり、シガレットに戻る。


そんなときに手巻きの達人に巻いてもらった1本を吸う。
IMG_0180






Drum original + Zig-zag 1.25

なんて美味しいんだろう?

手巻きタバコは面倒でも自分で巻ければいつでも美味しいタバコが吸える。
手巻きの練習1時間・・・なんとか巻いて吸えるレベルになった。
そしてここから少しずつ手巻きタバコに移行していったわけです。

手巻きタバコを知って1年くらいでシガレットは殆ど吸わなくなりました。
本当に徐々にです。


なぜ、多くの人が手巻きタバコに移行しないのでしょう?

シガレットって吸う銘柄が決まっているとアレコレと吸わない。
手巻きタバコを紹介されても心が動くほど「美味しい」と思えないから、巻くのが面倒だからいつも吸いなれているシガレットに戻っちゃう。


たったそれだけのことなんです。

知り合いのtomokazu氏が「手巻きタバコを好きになってほしい」なんてBlogで言っていましたが、要するに心が動くほど美味しいと思えるタバコに出会えば、多少面倒であろうが値段が高くなろうがそのタバコを吸うようになるんですよね。

決して、巻くのが面倒だからだけではないんです。

シガレット以外のタバコを試喫してみて、少しでも美味しいと感じた方がいましたら、次は自分の心が動くほど美味しいタバコ(葉巻でもパイプタバコでも)に出会ってみましょう。
試しに吸う機会はいくらでもあります。

試喫用のタバコを置いているたばこ屋さんもあれば、サンプルを渡してくれるたばこ屋さんもありますし、シガーを置いているBARやカフェで1本吸うのもいいかもしれません。
また、パイプクラブにゲスト参加してみるのもいいですし、パイプ愛好家が集まる場所に出向いてもいいかもです。

タバコはコミュニケーションツールです。
タバコ好きが集まるところには、きっと貴方にお似合いのタバコもあると思います。




美味しいタバコに会えますように!!クリックして願掛け~~(笑)

↓↓↓

人気ブログランキングへ 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
にほんブログ村
 
livedoor プロフィール
応援してくださいね!
記事検索
おすすめリンク
Big Smoke in Japan
大煙会


Pierre
Pierre smokes every day.


フミノス・デ・ラ・ツジャータ
EL CUERVO LADRÓN


Syl
煙時々酒.

愛煙家でつながろう!
愛煙家通信

大人なんだから堂々とタバコを吸っても良いのです
Go Smoking

天邪鬼
パイプ喫煙が好き

文化スモーカー~たかゆき~
嗜好文化~煙草、時々酒~


Eiko
EIKOのおみせばん日記
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ