よく耳にするのが「タバコのポイ捨てはマナーが悪い」って話。

「喫煙者のマナーはぜんぜん向上しない」なんてことも聞きます。



しかし、実際どうでしょう?
私が子供の頃は喫煙率が80%を越えていました。
バスの中でも喫煙可能な時代は、 バス停にも道路にも道の脇にも側溝にもあらゆるところに吸殻が落ちていました。

今はタバコの匂いしないどころか吸殻が落ちていない場所はあの頃よりも格段に増えています。
分煙を守る、吸殻を捨てない喫煙者が増えて、喫煙マナーは明らかに良くなっているのも事実と思います。

しかし、悲しいかな・・・「マナー、マナー」と言われる時代に一部の喫煙者がポイ捨てするおかげで、喫煙者全体のマナーと言われる始末です。

ポイ捨ては全体のマナーが向上したおかげで、あの時代よりもはるかに目立ちます。 

これはキチンとマナーを守ってタバコを楽しんでいる愛煙家にはとても迷惑な話ですよね。
みんな同じことを感じているのではないかしら?



先日の「大煙会」でかなり残念な話を聞きました。


「シャグを散らかすから、最近は手巻きタバコお断りの居酒屋さんもあるよ」 


これは私としては嫌です。 

「紙巻のポイ捨ては迷惑」と言いながら同じようなことをしているってことです。

タバコを吸うなら、灰を散らかさない、ポイ捨てはしない・・・これ当たり前です。
つまり、タバコを吸う者の立つ鳥跡を濁さず が基本ですよね。 


どうでしょう?
あなたの部屋に遊びにきた友人がシャグを巻き散らかしたまま帰る。
「散らかすな!」って思うでしょ?

マナーって自分がされて嫌なこと、或いは相手がされたら嫌だろうなと予測できることに気遣い必要なことを実行することではないですか?

S__2179156







シャグは巻紙に巻くときに必ずはみ出したぶんはこぼれてテーブルに落ちて散らかります。
 また、パウチに戻すときにもこぼれます。

私が巻き始めの初心者の頃はA4コピー用紙を持ち歩いてその紙の上で巻いたりしたものです。
今はこぼれたシャグはすべて手で集めて灰皿に入れています。


こぼれたシャグが多すぎて集めるのが面倒という方には紙を一枚持ち歩くことをお勧めします。
畳めば小さくなりますし、ローリングベースペーパーなんてカッコイイんじゃないかな?
自分でデザインして印刷したものを持ち歩くのもよりカッコイイと思います。

簡単ですが私もローリングベースペーパーを作ってみました。

ryopaper







ryopaper2






↑良かったらこれを上手いこと印刷してお使いいただいてもいいです。 


手巻きタバコはカッコイイ喫煙と言われるように、シャグを持ち歩くときのマナー向上にどうかご協力お願いします。 


こちらもご協力お願いします(ぺこり)
↓↓↓

人気ブログランキングへ 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
にほんブログ村