2012年05月27日

めぐりめぐる


ロックラックに舞い戻ったスモーキーオウルですが、
復帰前とまったく同じでは面白くもなんとも無いので
久し振りに真剣にボウガンを組んでみることにしました。

思い描いたコンセプトは「量産型カスタム」

また変なコンセプトを思いついたものですが…

モンスター素材をふんだんに使い、ワンオフで作られたような、
モンスターハンターならではのボウガンもいいんですが、
もっとシンプルな…例えばロックラックで「ヘビィボウガン」を
店買いで購入したガンナーが、「ヘビィボウガン」を扱っていくうちに、
狩りとヘビィボウガンに慣れてきて、
「ここはもっと改善できるんじゃないか?」
なんて工房のおやっさんと、かけあったりして、
「お前がそこまで言うならやってやろうじゃないか!」
っておやっさんを説き伏せて…

「ヘビィボウガン」から改良に改良を重ねて、
スモーキーオウルというハンターの好みに合わせて
「ヘビィボウガン・カスタム」として作ったような…(ややこしいですか?(笑)

まぁ、とにかくそんな感じのボウガンが欲しくなったわけです(笑)




hide携帯画像 312

<Chatty Beak?>
F:へビィボウガン B:トロペクルガン S:海造砲【火刃】
重量:55 攻撃:180 会心:10 スロ:○ 飛距離:0.90
リロ:普通 反動:中 ブレ:左小(弱軽減)
【中折型】 回復1速射

通常 5/6/5  火炎 3
貫通 3/0/2  滅龍 3
散弾 1/0/0  鬼人 2/0
徹甲 2/0/0  硬化 1/0
拡散 2/0/2  捕獲 2
竜撃 2/1/0   ペ弾 2
回復 2/0    
毒弾 4/0    
麻痺 2/0    
睡眠 6/0    
減気 1      

“「ヘビィボウガン」から軽量化を図り、バレルを調整してブレを無くし、
スモーキーオウルがよく使用している回復弾に速射機能を付加したもの。
軽量化のため、シールドを廃し、若干威力を落としたものの、
拡散弾lv1、竜撃弾lv1の装填数を底上げして2発装填として、
実用に耐えうるように設計されたセパレート・ミドルボウガン。”

と、まぁ、攻撃力300程度のボウガンを組むのに
大変な騒ぎですが…(笑)
想像力フル回転でございます。

デザイン的にも、3パーツの接合部がキチンと合っていて、
色合いも破綻の無い、一体型と見まがうような
スマートなボウガンが組みあがったと思います。

1発の攻撃力などは、今まで使っていた384ボウガンとは
比べるべくも無いですが、ボウガンとしての楽しさは、
弾種の豊富さもあり、負けていません(笑)
一人で狩るには力不足かもしれませんが、
そこを補うよう撃つ弾を考えるのも今は楽しいです。


さて、ここからがこのボウガンの本題(笑)
ボウガンの銘のところに何故だか「?マーク」が…あります。

復帰後は、ほぼこれ1本で狩りに勤しんでおりましたが、
ある日、私が建てていた街に、正直村の仲間である
白狼さん御一行が訪ねてきてくれました。

久し振りの再会ということで話も弾んでおりましたが、
丁度、私の新ボウガンが話題にのぼりまして、
「ちょっと格好良いでしょ」
なんて軽く自慢するつもりだったのですが…

白狼さん曰く
「それククルホーンじゃ?」

「!?」
聞き覚えのある、ひどく懐かしい銘…
MH2の頃から「双門」というコンビを私と組んでくれていた、
現在は休猟中の山猫イコンが一時期手にしていたボウガンと
私のボウガンが同じアセンブルだったのです。

銘は憶えていたものの、アセンまではさすがに忘れていました…
調べてみれば、確かにイコンのククルホーンそのもの。

白狼さん本当にグッジョブ!(笑)
相棒のボウガンアセンを忘れている私トゥーバッド…

全く意図していなかっただけに
なんだかもう、びっくりするやら感動するやら…
照れ隠しが大変でしたよ…もう…(笑)

正直村は個性的なガンナーが揃い、アセンも
被ることは殆ど無かったのですが、まさかここで被さるとは
思いもよりませんでした。

イコンは「教練用」
私は「量産型カスタム」
コンセプトは全く違うのに、同じアセンというのも
なかなかドラマチックな感じ(笑)
ククルホーンという銘が私がつけたチャッティービークよりも
シックリくるので、イコンに敬意を表する意味でも、
改めて、「ククルホーン」としました。
いいよねイコ?

今まで組んだボウガンの中で、最も印象的なボウガンが
この時期に出来るとは、分からないものです。

ロックラックが拓かれて数年、やりつくして飽きてもいい
この時期に、手前味噌ではありますが、これだけ
盛り上がれるというのも、何だか幸せな気がします。


少し恥ずかしい気もしますが最後に一言。

「イコ…笑っちゃうだろ。私ククルホーンを皆に自慢してたよ(笑)」


smokyowl at 17:35│Comments(2)TrackBack(0)Foot foot Hunting 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by aki@ヌンチャク先生   2012年07月02日 01:16
5 昨夜は課金最後の夜にご一緒できて楽しかったです。
街門でククルホーン担いでてよかったーww
またいつかロックラックに戻りますので、ぜひ声かけてください。
どうもありがとうございました♪ヽ(´▽`)/
2. Posted by フクロウ   2012年07月02日 20:33
いらっしゃいまし。

ククルホーンをその身で受けるのも、なかなか楽しかったです。
私も経験しましたが、休猟後のMHは休む前より充実したものになることも、あると思います。
ヌンチャク先生もそうである事を願いつつ…

またいつか、ロックラックでご一緒いたしましょう!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字