80年代J-POPレビュー倉庫 

大好きだった80年代のJ-POPの曲を ランダム&気まぐれに綴っていきます。

17歳の地図~卒業では 少年が言葉にできない

大人との軋轢や摩擦を尾崎は確かに代弁していた。

そんな尾崎も87年には大人に近づき 今度は社会の縮図に牙を向けていた。


『Bow!』の詞を前に 大人になることを拒んだ人たちも もう充分なくらい大人になってしまった。。。













 


回帰線
尾崎豊
SMR
2013-09-11


このページのトップヘ