2007年02月12日

買い物

今日もいい天気であった。それで、買い物に行くことにした。

車で1時間足らずの県庁所在地。これまで何回も書いてきたが、峠超えの日光のいろは坂に負けないくらいの山道(といっても地方の幹線国道)を下っていく。途中、峠に手前の工事現場で大型クレーン車が、崖の横でミキサー車を吊り上げていた。そこは車が落ちるとは考えられないようなところだが、走っている車からミキサー車の前の方だけが、崖の上にその姿を見せているのは、大げさに言うと、地平線の上に宇宙船の一部が見えているようで、奇妙な感じがした。ひょっとしたら、交通事故ではなく工事関係で、何らかの理由で上げていたのか、下ろしていたのかとも思った。そして、買い物を済ませて数時間後に帰ってきたときにも、クレーン車はもうなかったが、ミキサー車は相変わらずの姿であった。私には理解不可能な不思議な出来事であった。

釣りと食糧関係以外で、買い物に行くのは本当に久しぶりである。今の状況では、できるだけ外にでないほうがいい。使う無駄金なんかない。しかし、それはそれでいい。たとえば、大型テレビが出始めに50万円も100万円もするものと買う人もいたけど、仕事をしおり家族と住んでいたときだって、そんな高いものはほしいと思わなかった、というよりもったいないと思っていた。だから、今、小さなテレビしか買えなくても、決して負け惜しみでもなんでもなく、それで満足できる、というよりそれを選ぶ私であるから、それはそれでいい。

まあ何とか無職無収入で6年間は過ごしてきたが、年金を支給されるまで後2年あまり。。仕事を辞めたときは、それなりに何とかなる計算であったが、年金関係の法改正で何とも心もとない限りであり、果たして生活していけるかどうか分からない。一度使ってしまったお金は、決して返ってこない。だから、出費はできるだけ抑える必要がある。だから、どうしても数百円の買い物にも慎重になってしまう。でも、それもあまり苦にはならないことだが。

買うべきものは、普段から思いついたときにメモをしておく。わざわざ車で1時間もかけて行くのだから、一度に済まそうというわけである。ガソリン代だってもったいないし、環境にもよろしくない。

まず、100円均一にいく。生活用品を仕入れる。A4ファイルケース(3)、料理ストッカー(4)、ロープ、絨毯クリーナー用替テープ、レンジクリーナー、台所洗剤(2)、ビニルテープ(2)、バンド、風呂用タオル、水切りポリ袋、キッチン用ビニル袋(2)、ガスコンロマット、歯間ブラシ(2)、乾電池(2)、カミソリ、瞬間接着剤(2)

これだけ買って3,150円。大きなゴミ袋に一杯の量である。下に書くが、プリンタ用のインクカートリッジ5個で4,780円に比べれば、驚くほど安い。本当にありがたいことである。

次にヤマダ電機に行く。10時過ぎだというのに、広い駐車場は、ほぼ満杯。みんな、お金を使わされているのだろうなと少し気の毒なような、その反面、市民のささやかな夢というか楽しみなのだろうなとか思う。ここで、インクのカートリッジを買う。食物を保存できる冷凍庫のコーナーにも行ってみるが、数万円以上でありパス。

次は、レディ薬局。大正漢方胃腸薬の一番ビン入りの錠剤を買う。これは結構高い。仕事をしていたころは、神経を遣う性格のためか、一日に数回飲むこともあった。人より神経を遣う性格のためか、神経性のものであったと思う。トイレに行きたくなる。その兆候があると、すぐに3錠ほど飲む。すると、なおるのである。もし、神経性胃腸炎で悩んでおられる方がいたら、超お勧めである。だまされたと思って、試してみるといいと思う。仕事を辞めて6年ほど経った現在では、ほとんど飲まなくてよくなった。思ったとおり、やはり神経性のものだったようだ。それでも、ほんの時々は今でもお世話になっている。

次、メガネのアイアイエーに行く。前にも書いたが、6年前に買ったメガネの縁にある右枠が欠けてなくなっている。今日、息子の結婚式に、これで出たと言ったら、店員がびっくりして笑っていた。その時は、ブログも休んだくらいのある事情があり、自分でも気がつかず、後で気がついたのだが。そうして、先日、鼻の横のほほでメガネを支えるものもなくなってしまった。6年前に、もうメガネを買うことはないだろうと考えていたが、まあ数年のうちに死ぬこともなかろうから、買うなら速い方が得だと思い、フレームだけ替えることにした。今のフレームと同じようなものなら、レンズはそのまま使えるという。6年間無職無収入だから、安いのがいいというと、今のフレームに似たのを出してきた。値段を聞いてみると、13,000円だと言う。フレームだけなら5〜6千円だと思っていた無知な私であった。もっと安いのはないかと言うと、金属のフレームだけのものなら7,300円だと言う。私は気弱で、みじめったらしいのが嫌いだから、これまであまり値切ったことはない。しかし、今は無職無収入だからと言って、堂々と値切ることができるようになった。けち臭いと思われるのは嫌だが、無職無収入なのだから値切っても恥ずかしくないという、まことに奇妙な理屈のようで、自分自身おかしく思うのだが、変なもので、あまり恥ずかしくないのである。安い方にしようと一旦言ったが、考えてみると私には似合わない。それは、金属のフレームだけのもので、細くラグビーボールのような感じ。今のものは、やや大きく、四角で、金属の枠に黒褐色のプラスチックの枠がついている。今の時代では、流行おくれだが、私にはこちらが似合う。それで、やはり高い方にしたい、がまけてもらえないだろうかと言った。言ってみるものである。1,450円まけての11,550ということで、それにした。前に買ったときは、メガネなど半永久的に使えると思って、手入れもあまりしなかったが、もう買わないでもすむように、これからは丁寧に扱おうと思った。11,550円。

次、釣具屋に行く。いつも行くところではなく、少し遠い(約10Km)が、品物が揃っており、安いところにいく。今の私には、安いことが一番。昔は、あれもこれもと買っていたが、今は十分吟味して買う。そうして、値段と相談しながら。その結果、思ったより少なく、2,110円。ただ、目当てのウキやカゴは、いいのがなかった。

帰り際に、別の釣具屋に行く。ウキなどを買った。1,365円。

その帰り、少し贅沢であったが、何年ぶりかの外食をした。といっても、正に大衆向けの食べ放題のうどん店。食べ放題といっても、ただ、うどん玉を何個入れても同じ値段というだけだが。一度、6個入れたときもあったが、今日は4個。トッピングは有料で、セレクトできる。今日は、キツネ揚げと野菜のかき揚げ、ネギ、テンカス。それで、520円。

計 24,445円

普通の正社員の人にとっては、そんなに大きな額ではないかもしれないが、今の私にとっては、久しぶりとは言え、結構な買い物となった。私の両親の時代には、こんな買い物はめったになかった。それに比べれば、買い物ができるというだけで、まだまだ私は恵まれていると思っており、自分が情けないとか、惨めだとかとは全然思わないのは、そういうことを見てきており、自分の人生を冷めた目で見ているせいかもしれない。または、やや客観的に自然に受け入れているからかもしれない。うまく、書けないが。

 



smryms at 17:38コメント(2)生活雑感  

コメント一覧

1. Posted by たんぽぽ   2007年02月13日 00:07
私も今日インクカートリッジを買いました。ぼやいても仕方ありませんが、値段が高すぎますよね。
ケチという意味ではなく、極力お金を使わないで済ませることのできる生活は、できるかどうかわかりませんが私の理想でもあります。
2. Posted by smyms   2007年02月14日 06:08
>たんぽぽさんへ
もう20年くらい前だったか、仕事の関係でプリンタを自費で買ったことがあります。
たしか、黒一色のドットプリンタだったと思いますが、50万円くらい(?)だったと思います。
それに比べると本当に安く、ありがたいことなのだろうとは思っていますが、
それでも、今の私にかなりの出費には違いないことです。
今日は春一番(?)で荒れそうです。
では、また。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
  • ライブドアブログ