BuzzGirls 女性のためのニュースやエッチな体験談 | 媚薬感想

最新トレンド情報からゴシップニュース、エッチな体験談まで。 オンナゴコロを刺激するガールズライフスタイルブログ(バズガールズ)。官能小説や出会い系、媚薬の体験話、無料動画、感想もあり



    20140217p3N46Ktk





    日曜昼間に出会い系で知り合う。

    ちなみにここね⇒サイトに移行 いつも俺はここを使ってるのだが、今回出会ったのは、

    新婚だけど、だんなとのHに不満らしい。もし、会って見ていい感じならHしようってことで会う。

    相手の仕事が営業なんで、こっちが昼から休みを取って京都へ、営業中なら時間あるとのことで。

    とある駅の近くで待ち合わせ。相手は車なんだけど、ちょっと遅れると連絡。

    仕方なく駅周辺をぶらぶらしてると、営業車らしいセダンが横付けされる。

    車の中をみると。シャメどおりのめがね女の子が! といっても、営業なんで、ちょっとシャメよりも濃い化粧。

    十分にやれる範囲内。

    よし!って感じで車に乗込む俺w 

    乗ってから話をするが、運転してないとき(停車中とか)も、こっちを見ない。 で、敬語。 

    嫌いなタイプなのかな~と心配になり、それとなく聞くが、そうではなく、単に緊張してるだけの様子。

    ファミレスでパスタを食べながら、お互いのことを話す。

    新婚だけども、もうだんなに不満とか。 新婚1ヶ月ですよ!あなた。 

    しかも営業先の人が好きらしい。 

    それは結婚前からで、その人と1回Hしたけど(誘ったのは彼女)それきり・・・と。 

    その話を聞き、どう考えても相手はやるだけやったんだろうなって思ったけど、そうは言わずw

    変わったやつだね~とか言ったと思うw

    だんなのことを悪く言いすぎるので、ちょいやる気はうせるが、

    新婚1ヶ月と仕事中のスーツ姿の子だってことを考えるとやらない手はないw

    相手も俺のことを気に入ったみたいなので、

    「じゃあ、行こうか?」というと、恥ずかしそうに「・・うん」 

    よし!新婚さんいらっしゃ~い、ですよ。


    部屋に入っても恥ずかしそう・・・。 

    恥ずかしいそうな姿により興奮して、そのまま やりたかったが、

    風呂に入りたいというので、仕方なく待つ。

    個人的にはスーツがすごい好きなので、バスタオルだともったいないなあw

    って思ってたら、 風呂上りもスーツをまた着て出てきた!! よしっww

    俺も風呂に入り、H開始!!

    ベッドで隣に座って、優しくキス。 

    今までの態度と違って、舌動きまくり~。 キタ~~~!

    俺もスーツ姿に反応して、めっちゃ興奮。 着たまま、はだけて胸をもむ。

    大きさも手ごろ(あんまり大きすぎるのはちょっと・・・)、乳首がすごいきれい。

    その乳首を触るとびくってすごい反応。 感じやすいらしい。

    スーツのスカートに手を入れる・・。 これがすごいやらしくていい! 

    太ももあたりを触ると、声が出る出る。そのままタイトスカートに頭をw

    でも、結局、捲り上げないと、中には当然入らないw

    捲り上げて、ふともも舐めから、焦らして焦らして指&クンニ。
     
    すっごい洪水状態でしたw 指が好きみたいで、栗を転がすとすごいよがる~

    おもしろいので、そのまま転がすとすぐにいってしまったw

    俺はまだなにもされてないのに 一人でいくなよ~ってことで、フェラ。

    でも、要求してないのに、自分からしてくれた。 さすが人妻w

    フェラはうまい!人妻歴1ヶ月なんで、それ以前からの仕込みの成果かな~。

    それに、フェラ以上に手コキが最高!こんなにうまい手コキはなかなかないよw

    フェラはその吸い付きにやられそうになったんで、そろそろってことで正常位で挿入。

    うーん。これがまた 吸い付く感じでイイ! 

    ゴム通してもかなりイイ! 濡れ具合が絶妙なのか?

    それに、腰使いがエロい! お互いかなり感じる。

    かなり動いてから、バックに変更。 

    これは相手もさらにいい様子。 俺もよすぎるw

    しばらくして、お互いいってしまい、1回戦終了~。

    2回戦はお風呂にあったバスマットとローションで! これはやばいくらいよかった。

    結局、2時間で2回。へとへとです。

    Hはよかったのでメールは続けていたが、自然消滅へ。

    またここで⇒サイトへ移行 若妻狙いで探そうと思います。


    c24646d1
    30d5a235
    8b7c88b5









      253s



      私みたいに30歳を過ぎているとギャル好きだと公言することすら出来なくなりますし、ギャルと知り合うチャンスすらありません。 
      もちろん風俗やキャバクラに行けばいくらでもギャルと出会えるチャンスはあるのでしょうが、金銭的にそんな余裕もありません。
       
      そこで私が利用しているのが出会い系サイトです。出会い系サイトであれば、ぶっちゃけいくらでもギャルとエッチな体験ができてしまいます。
      なかにはお金を要求するギャルもいますが、そんな援交厨は無視してOKなので、タダエッチさせてくれるギャルを探しましょう。 
      今回遊んだギャルはここ⇒http://2ch-eroita.jp/ で知り合った10代の黒ギャルでした。
      やっぱり大手は間違いないですね

      今回タダエッチさせてくれたギャルとの体験談を書いていきます。
      本人は18歳だといっていましたが、実際の年齢はわかりません。
      こっちも未成年だったらと考えると怖いので、本人がいう18歳を信じることにしましたw
      黒ギャルって結構ガリガリでスレンダーな女の子が多いんだけど、今回のギャルは俺が好きなムチムチ豊満でした。
      とりあえず腹が減ったというので、ご飯をご馳走してあげるといってホテルに連れ込もうとしました。






      もしココで嫌がるようなら、飯だけおごってもらって帰るつもりだろうから、無理なら無理で無駄なご飯代を奢る必要もないくらいに思い強引に行きました。
      すると「え?いきなりホテルなん?」と少しビックリしていたけど、「どうせ後から行くのも今行くのも一緒でしょ?出会い系なんだから変な探りあいは時間の無駄じゃん」と言うと、なんとなく納得したような感じでノコノコとホテルの部屋まで付いて来ました。
       
      この時点で今日セックスできることは100%確定したようなものです。
      そしてご飯を注文する前に「俺はどっちでも大丈夫なんだけど、今日泊まる?帰る?」と聞きました。
      もし帰るというのであれば、フリータイムが終わる前には出たいからです。
      するとギャルちゃんは「ウチもどっちでもいいよ」と言うのです。
      まさかいきなり泊まりOKしてくるとは思っていなかったので、こっちがちょっとビックリしました。


      この時点で夜の20時過ぎだったから、泊まるとしてチェックアウトの明日12時までセックスやり放題も決定しました(笑)
      こういうヤリマン女は是非キープしておきたいので、当然ながら食事も奮発してご馳走しましたよ。
      私の勝手な解釈ですが、セフレになりそうな女に子に会ったときは、その日一日だけでもお金をケチらずに奮発しておくことです。
      この一日のお金は絶対にカラダで取り返すことができます(笑)


      夜の20時〜翌日の12時まで16時間でセックス6回はしました。いやもしかするともっとしているかも知れません。
      正直、何回もクチで抜いてもらったりしたから正確な数字は覚えていないですw
      今でもこのヤリマンギャルとはちょいちょい遊んでいますし、一回会うたびにご飯を食べさせて、ホテルにお泊りして約1万くらい掛かりますけど、12時間くらいセックスし放題なことを考えれば1万円なんて安い出費です。
      だってデリヘルをホテルに呼べば60分コースでもホテル代合わせて2万軽く超えますからね。



       【話題沸騰】★☆★ナンパ師がついに暴露!!女を落とすのに、媚薬を使っていた件!!! 



      【オススメ】☆★☆水着ギャル、チラリ・ポロリ画像特集! 消される前に見とけww 

      c24646d1

      30d5a235

      8b7c88b5





         


        俺spec

        24歳 理系院生

        身長:170cm (17.5cm)

        顔:フツメン(と思いたい)

        性格:真面目なクズ

        ちなみに行ったのは7月の話

        事の成行きは

        6月に1か月後の夏休み中の大学の行事をサボることに決めた俺

        友達がその行事にいってる当日に何をするか考えた。

        ほんの少しして得た俺の結論は

        当月のバイト代握って、ソープに行こう。

        だった。

        ちなみにソープにはまだ行ったことがなかったが

        以前にひとりでピンサロに行ったことはある

        その時は嬢が頑張ってくれたおかげで




        時間ギリギリでイケた

         10分ぐらい時短されてた気はしたがな

        そして当日,俺は嬢のブログを見て

        夕方には出勤することを確認。

        朝一で店に電話した。

        ガチャ

        男「はい、○○○です。

        俺「あ、あの、よ予約したいんですけど

        男「はい、ご指名は?

        俺「○○さんいてます?

        男「あー、お休みなっちゃいましたねー

        俺「休みっすかー。じゃあまた考えて電話しまーす

        ガチャ

        俺「・・・

        でまあ適当な店をチョイスして

        嬢の評判等も確認して準備万端

        2週間前には嬢の出勤が予定されていることを確認

        俺朝から風俗サイト見てガッツポーズ

        チョイスした店は店は普通の大衆店で120分3万ぐらいのところだ

        普段の俺ならここで慌てふためき

        マウスをカチカチしながら総合サイトと

        2chをマルチタブで開いていただろう。

        しかし、俺は動じなかった。

        なぜなら、Bプランはすでに準備完了していたからだ。


        Bプランはこうだ。

        高級店へ行こう。

        連休明け+地方という悪条件だったため

        大半の大衆店で優良な嬢はお休みを取っていた。

        初めてが「安かろう悪かろう」じゃ洒落にならん、

        だったら「高かろうまあ良かろう」にしようというのが結論だった。

        そういうわけで、速やかに高級店にTEL、予約。

        ちなみに、110分だと嬢の事前予約は無理で

        お店到着後にアルバムから選ぶ形式だった。

        駅についたら電話して駅まで迎えに来てもらった。

        怖いとかはなかったが恥ずかしかった。

        地元民なら車に乗った俺がどこ行くかわかるだろうからな(´・ω・)

        まず着いたら何飲むか聞かれたので烏龍茶を飲んだ

        この時点で心臓バクバクww

        プランを尋ねられてどもる俺wwヘタレww

        そしていよいよアルバムと対面

        出された3枚のアルバムには考えていた嬢がいなかった。

        というか、写真に名前のってないからわからん!

        そこで焦ってネットで見て覚えてた写真の嬢をとっさに指名した。

        この嬢は事前情報無しで、完全なる賭けだったが

        3つの写真の内だと顔が一番良かった。

        嬢スペック

        年齢:俺と同じぐらい。

        身長:160程度

        体型:スリム(お腹も引き締まってた)

        顔は誰に似てるってわけでもなかったけど、

        雰囲気はっぽかったかな?まあそういう系統

        待ち時間3分ぐらいで男店員が迎えに来て

        嬢とエレベーターでご対面

        エレベータ入って、なんだかニヤニヤしてしまう俺

        嬢「何?

        俺「いや別に

        キモかったかな、と思った瞬間

        嬢が俺にキス。あざっす(´・ω・)

        トイレを速やかに断り部屋へ

        とりあえずでかい風呂が目に入った。

        そんで部屋に入ってボーッとしてると

        嬢「そこの椅子座っていいよ

        言われるがままに座る俺。

        なにか適当な世間話してたんだが

        トロンとした目で嬢が俺の股間をさわさわしていた。

        とりあえずなんか叫びだしたいほどの衝撃だった

        半勃ちからのディープキス。

        そのままするすると脱がされ興奮度マックス

        そうして嬢が俺のものを咥えた

        そして、嬢が

        嬢「脱がして脱がして-♡

        俺「あっ、ハイ。・・・どうやったらいいの?

        キャミワンピースの脱がし方を聞くマヌケな俺。

        嬢「こうこう(ジェスチャー

        スッスッ

        嬢「ブラも♡

        嬢の背中に手を伸ばす俺。

        手間取るかと思ったが普通に外す

        そんなに言うほど難しくなかった

        理系バンザイ

        ブラを外すしたあと堪らなくなって

        嬢を思い切りハグした。

        その後、もう一度嬢が加えてくれたあと、ベッドへ。

        ベッドに寝そべると、上に乗ってくる嬢。

        再びディープキスして、また嬢を抱きしめる俺。

        とりあえず童貞は告白した。

        俺の上で嬢は爆笑した。


        なんだかんだとやり取りしたあと

        嬢が「けどよかった」だと。

        聞くと嬢曰く童貞・非童貞にかかわらず緊張で勃たない人は多いらしい。

        しかしこの1ヶ月、マカを飲み続けた俺に死角はない。

        更にオナ禁10日目だ。勃たないわけなかった。

        そうして、その時はきた

        ここは高級店、二人を隔てるものは0.02mmすらない。

        嬢が上でゆっくりゆっくりと俺のモノが入っていく

        そして、ついに全部入った。

        その時の感想は「すげぇ熱い!」ってことと

        こんなもんか」ってことだった。

        嬢は俺の乳首を舐めたりしながら、腰を振ってくれる。

        しかし、入ってるというのは感じるがいまいちあそこの感覚がない。

        というか、ちゃんと勃ってるかどうかすらわからなかった。

        とりあえず、Bカップ(と思う)をサワサワする俺。

        嬢が前かがみになった時には、とりあえず引き寄せてキスしたり

        抱きしめたりして、下手くそながら突き上げたりした。

        ベッドの横に鏡が貼ってあって、それ見てマジでやってるんだなぁと実感した。

        客観的に見るとやっぱ興奮した

        そんで、嬢に「俺が上になっていい?」と聞いて上下交代。

        AVみたいに上半身立てて腰振りとか無理って思ったんで

        嬢に覆いかぶさるようにして腰振ってた。難しかったが(´・ω・)

        嬢が上よりも自分が上のほうが気持ちよかった。

        いつでもキスできるし。

        この時気付いたが、みたいだ。

        ソープ行く前は胸揉んだりとか超憧れてたんだが

        ぶっちゃけ嬢はペッタンコだった

        だから俺が上だと、キツイ体勢になってまで胸触る気にならなかった

        そこでキスしまくってたんだが

        その時、俺は何を思ったか鎖骨付近を舐めるという謎のフェチを発揮した

        別に鎖骨好きじゃなかったし、今も好きじゃない(´・ω・)

        今思っても、城端にやってんだこいつって感じだったと思う

        ちなみにその間嬢は俺の耳元で息遣い荒くしたり、ちょっと喘いだりしてた。

        あの反応は今思い出してもちょっと興奮するww

        そんでまた攻守交替

        嬢が上で頑張ってくれて俺は徐々に高まりつつあった。

        けど、前のピンサロでも思ったんだが

        どうも俺は独りでするみたいに、適当にやってるだけだとイケないみたい(´・ω・)

        ぶっちゃけあと30分でもそのままでいてられる気がしたが、

        嬢をみて、大変な仕事だなぁと思い

        ちょっと集中してイク準備に入った。

        そして!

        その時がきた!

        嬢に「イキそう」と伝える俺

        嬢は「いいよ…そのままイッて

        数秒後,つながったまま俺はすべてを放った。

        あの感覚は例えられません(´・ω・)

        少なくともあの瞬間は独りでするより絶対に良かった

        俺が中にはなってる間、女は俺に覆いかぶさってた

        それを抱きしめる俺に嬢は「あったか~い」って言ってた。

        今でも耳に残ってるww

        そして合体を解くと、嬢の股からすごい溢れてたww

        ちゃんと見てなかったが、俺すごい出したみたいwww

        そんで上は何事もなかったかのように世間話。

        結構よく喋る嬢だった。俺は話下手だから助かった

        そんでソープなんだから体洗いタイムがあるわけで

        スケベ椅子とご対面。こないだネットで見たら超高いんやねアレwww



        嬢は喋りながら石鹸泡立てて、喋りながら体で俺の体洗ってた。

        さっきも言ったが嬢はペッタンコだったから特に感動なかった

        ごめんよ嬢(´・ω・)

        そんなこんなして一人で風呂はいってると

        嬢がマットとローションの準備を始めた。

        寝るよう支持されたので、とりあえずうつ伏せに寝る

        いったい何がどうされてるのかよくわからんが

        やっぱはローション気持ちよかった。

        そんでまったりしてると急に嬢が尻穴舐め

        ビクビクと腰を反応させる俺

        ちょっと恥ずかしかった。

        最終的には玉舐めまでしてくれた。

        タオルを引いて再び合体

        気持ちは良かったが

        マットは自分が上になれないし、滑るから嬢が大変そうで

        イマイチ俺に向いてない気がした。

        一回出して俺の感度も良くなってたこともあって、ちょっと早めにイッた。

        もちろん中で。

        本番はこれで終わりです。

        それからはゆっくり嬢とお風呂入って

        お風呂上がって、服着てまでずっと話してた。

        ぶっちゃけ10日もオナ禁してたこともあって

        まだまだイケる気がしてたんだが開始時間を確認してなかった(´・ω・)

        結局は風呂入ってから30分ぐらいあった気がするので

        あと一回やろうと思えばできた気がするので若干後悔してたりもする

        でまぁ、何が感動したかって言うと

        ソープひいては高級ソープにも当然感動したわけだが

        何よりセクースは素晴らしいなと。

        嬢の好感も良かったので、僕もそれなりに感情移入してしてたわけですが

        これが好きな人とだったら天にも昇る気持ちかなと思った。

        性的な気持ちよさなら独りでするほうが断然いいわけで

        こりゃまぁすごいなと感動した次第です。

        結局これが言いたかっただけです(´・ω・)

        童貞の戯言ですな。






        物価が高いのは問題ですが、何処に行くにも凄く便利!
        そしてケツの軽いギャルが多い。
         
        その為出会い系サイトでは何人ものギャルと出会いヤリまくりました。
        ちなみに私がいつも使うのがここ⇒http://www.pc-max.jp/ 
        エロいくせに意外とピュアなので可愛いんですよね~^^
         
        都心のショップ店員ってみんな凄くスタイルが良いんですよね~
        可愛いかどうかは別としても。。
         
        特に夏はヤバイ!
        レディースフロアに行くだけでエロイ気持ちにさせられてしまいます。
        露出がハンパないですからね、お尻なんか半分見えているようなショートパンツを履いているのでいつも凝視しちゃいます(汗)
         
         
        そんなショートパンツが似合いそうなギャルを今回もここ⇒http://www.pc-max.jp/ で見つけたので、
        うまい事会う約束+セックスする約束を取り付けました!
         
        ショップ店員は立ちっぱなしの仕事なので意外と大変・・・
        1日終わると足もパンパンになってしまうそうです。
        さらには9:00~20:00という激務のようです!!
        正直そこら辺のサラリーマンよりも肉体的にはよっぽど大変だと思います。
         
        そんな肉体的にゆとりのあるサラリーマンである私と出会ったので、
        ショップの仕事が終わっても休む暇なんて与えませんでしたよ(笑)
         
        20:00にお店が閉店するので実際に会うのは21:00頃でした。
        会ってからお腹がすいたというので軽く食事してからラブホテルに向かいました!
        エネルギー入れたのでビンビンで元気いっぱいの私は
        お風呂上りにそのままレイプするかのごとく襲い掛かりました^^
         
        ヤリマンのくせに綺麗なマンコしていたので舐めまわし、
        良い感じに濡れてきたので指を入れてみました。
        とてもゆるそうなマンコでした・・・
        締まりは微妙そう・・・
         
         
        それでも感度は抜群だったので濡れまくりでした。
        ギャルも我慢できなさそうだったので挿入しました。
         
        もちろん案の定といった具合のマンコです。
        締まりがないわけではないですがユルユルのマンコ・・・
        締まりがなければ激しく腰を振り擦りまくるしかないと思ったので思い切り腰を振りまくりました!
         
        どうやらマンコはユルユルのクセにマンコ自体は小さいようで奥に当たりまくっていたそうで、
        狂ったように喘ぎ声をあげながら感じまくっていました。
        あん!あん!喘ぎながら何回もイキまくりでした。
        わたしも我慢できなくなったので顔面に精子を大量にかけてやりました。
         
        精子を拭いている隙に再び挿入!
        ユルマンを堪能するべく腰を振りまくったのですぐに疲れてしまいましたが、
        連続で顔射をしてあげました^^
        今度は拭かずにゴックンさせましたけどね~。
         




            3


            34歳の人妻です。
            今日、ここの⇒http://www.pc-max.jp/で知り合った年下の男の子。
            始めはご飯食べる約束で会ったんですが、
            これからどうしようかってことになり、
            すぐ裏にあるホテルで何もせずにDVD見ることで決定。
            少し期待して付いて行きました。

            私、実はもしここでHしたら4年ぶりなんです。
            だからもう緊張して…
            部屋に入りソファーでDVD選んで、
            始まったら彼はベッドに行って見出しました。
            私はソファーにいたんですがクーラーで寒くなってきて、
            そしたらベッドに招かれました。
            布団をかけた瞬間キスされ、
            舌が入って来て首筋、
            耳と舐められ、
            もう私もスイッチが入ってしまい、
            息が上がってしまいました。 





            胸を触られながら「脱ごっか」と一言。
            全て脱がされブラは慣れた手つきで片手で外されました。
            乳首やらお腹とか体中舐め回され声が抑え切れなくなりました。
            ショーツの上から触られ、
            「すごく濡れてるね。濡れやすいんだ」
            と言ってきました。
            ショーツを脱がされ、クリを触られまた声が出ちゃいました。
            すぐに舌がやってきてぐちゃぐちゃにされ、
            「フェラして」と言われトランクスを脱がせて大きくなったものを目の当たりにしてビックリ。
            すごく大きくて両手で握っても頭が出てました。
            太さも初めて見る位でした。
            口に含んでも苦しくて慣れるまでに時間がかかりました。
            私が夢中でしたフェラは気持ち良かったみたいです。
            喘ぎながらイッちゃいました。
            また、私をいじりだして復活。
            ゴムを付けて後ろから入れてきました。
            4年ぶりなんで入り口は狭くなっていますし、なんと言っても大きすぎます。
            痛くて入りません。
            少しずつゆっくりと入れてくれました。
            慣れてくると激しく突いてきます。
            正常位、騎乗位とお互い夢中になり、最後は正常位で二人とも果てました。
            その後、「またフェラして」と。
            私のフェラがお気に入りな様子。
            最後に口でイかせて飲んであげました。
            その後解散。
            楽しいひと時が幸せでした。
            それからというもの、あの大きさが忘れられず、
            再びここの⇒http://www.pc-max.jp/ で、
            大きなものを持ってる人を探してしまいます・・・
            また、彼に会えたら会いたいですね・・・















                h_792ghat00018jp-6




                知り合ってすぐに電話で話してみると、凄くかわいらしい声の女性でした。
                なんでも子育てに少々疲れ気味で、息抜きに遊びにいきたいとのこと。
                電話の後ろで、子供たちの声がします。
                旦那が当直のときに、子供たちを寝かせた後で会う約束をしました。
                彼女の家の近くの駅まで行き、わくわくしながら待ってました。
                ちなみに出会ったのはこのサイト⇒http://www.pc-max.jp/
                向こうから黒っぽいコートを着たちょっと髪の長い色っぽい女性がやってきました! とても子持ちには見えず、足が綺麗でミニスカートがよく似合います。お互いちょっと照れながら、手をつないでカラオケに行きました。
                ボックスの中で結婚生活のことや、子育てのことなど色々話を聞いていました。
                メールではそんなにエッチな話はしなかったのですが、こうなるとやっぱり男と女です。
                僕のほうから自然とキスをすると彼女も受け入れてくれます。
                キスしながら彼女の胸を揉むと、恥ずかしそうな反応をします。
                他人の妻の唇と胸を、自分が侵してるのだとおもうと股間はビンビンです。僕が思い切って、「ホテルいこうか」と言うと、「それはだめ」とのつれないお答え・・・。
                実は、駅の近くのホテルを調べておいたので、カラオケを出てからそちらの方面に何気なく向かっていました。その間もずっと口説きながら、ホテルの前まで来ました。




                 
                口では拒否していますが、ちょっと強引に手を引くとホテルについてきました。
                部屋に着いてまだ渋っていますが、服を脱がせ優しくキスをすると観念したようでした(笑)
                子持ちですがスタイルがよく、乳首に吸い付くと「あ、あああ~ん!」と色っぽい声をあげます。試しにパンティの中に手を入れてみると、もう洪水状態でした!
                旦那とは子供が生まれてから、ほとんどエッチしてないらしく久しぶりとのこと。
                本当に他人の女とエッチするというのは興奮しますね!
                全身を舐め回し、お尻の穴も舐めてあげると「恥ずかしいよ~!!」と言いながら、マン汁を垂れ流します。中に指を入れてかき回すと「ビチャビチャビチャ!!!」と潮を吹いてイってしまいました。
                「初めて会った男に潮を吹く人妻か・・・。このことを旦那が知ったらどう思うんだろう?」などと考えると僕のチンポははちきれんばかりでした。
                話を聞くと、なんでも結婚前に付き合っていた彼氏の子供をおろしたことがあるということ。
                今の旦那とも初めてのエッチで子供が出来てしまったそうです(笑)
                つまり子供が出来やすい体質だそうです。
                となれば、僕も生で入れるしかありません。
                「ニュピ! ジュプ! ニュプニュプニュプ!」とチンポを入れると、「はああああ~! いい~あああああ~!!」と声にならない声を上げます。
                僕のチンポはかなりビッグサイズですが先ほど潮を吹いているので、それが潤滑油となって意外にスムーズに入りました。
                「あああ~、気持ちいい~!」という彼女に僕は容赦なく腰を振ります。部屋の全体に鏡が張ってあり、僕たちの結合している姿が見えさらに興奮させます。パンパンパン!! と卑猥な炸裂音が部屋中に響きわたります。
                僕が「旦那とのエッチとどっちが気持ちいい?」ときくと、恥ずかしそうに「あなたとの方がいい~!」と言ってくれました。
                正常位、バック、騎乗位等一通りの体位をこなすと、もう彼女は快感でぐったりしていました。
                そろそろ僕もイキたくなって、「中に出しちゃおうかな~」と言うと「え~、それはだめ~」とのこと。
                「できちゃったら、旦那さんとの子供として産めば大丈夫だよ」と言うと「だめだよ~」って二人で笑っちゃいました。
                「じゃあ、顔に出すから出た精子ちゃんと飲んでね」と言うと「うん!」といい返事。
                「あああ~、出すよ出すよ! ああ~、イク~!!」と彼女の顔に大量発射!
                顔中ザーメンまみれのまま、しっかり最後の一滴まで搾り取ってもらいました(笑)
                僕のザーメンの量は半端じゃないので凄く驚いていました。結局この後も、シャワーも浴びず朝まで4回もしてしまいました!
                この日以降もたまに会って危険日と言われても、構わず生ハメエッチしていました。
                最近旦那に浮気がばれたらしくもう会えなくなってしまいましたが、たまにメールしているので、また機会がないかな~って密かに考えています(笑)
                旦那は浮気を知っても、「それでもお前のことが好きだから」って言ってくれたそうです。夫婦愛ですね!(笑)旦那さんは凄くいい人のようです。
                しかし、人妻って恐いですよね~。
                家では旦那さんに貞淑な顔を見せて、子供たちを育てているのに初めて会った男に潮吹かされて、顔射されて、ザーメンごっくんまでしちゃうんだから!
                さすがにこんな濃いエッチしたって旦那が聞いたら離婚だったかも。
                とりあえず、チンポ洗わないで4回も生ハメして多分ちょっとは中に精子出ちゃったでしょうが、妊娠はしなくてよかったです。


                【今回使ったサイト⇒http://www.pc-max.jp/








                   


                    


                  118har00002jp-5


                  美人メッセンジャーに、女性用バイアグラを飲ませてみたら、
                  人目をはばからず、自転車のサドルでオナニーしたり、
                  欲情して、公園のトイレでオナニーしたり、
                  レズにまで発展したりと効果が強すぎて大変そうですw

                  仕事中にも関わらず、
                  性の欲望に溺れ崩壊していく美少女メッセンジャーたちをご覧下さい!
                   
                  5ceb7042








                      cap_e_0_230orep-058



                      九州は博○在住です、保険加入と言う権利を乱用致しました。

                      色気のある生保レディを物色していましたが、会ったのは中年の女性レディでした。

                      積極的に売り込む女性ではありませんでしたが、中年の割にスリムで背が高く好みの顔でしたので何度か話を聞きました。

                      しかし出来そうな感じの女性ではなかったので、別の会社を探そうと思い断ったら、

                      「もう計算に入れていて断られると困る」

                      と言って来たのです。

                      駄目で元々と思い

                      「エッチしてくれたら入るよ」

                      と言うと、案の定

                      「それではお断りします」

                      と話は終わったかに思いました。

                      ScreenShot_20150913233330

                      しかし1ヶ月が経ち、久々にその人から連絡が来ました。

                      「エッチは出来ませんが入って頂けないか?」

                      との事で、再度会うと困った顔で、

                      「年末で苦しいんです、お願いします」

                      と言うので

                      「じゃー、フェラしてくれたら入るよ」

                      軽い気持ちで言いました。

                      すると今度は少し考えてから、

                      「ではそれでお願いします」

                      と言うのです。

                      私は驚き、あっさり契約に応じました。

                      約束の日にホテルに誘うと、ホテルは困るとの事でカラオケBOXで合意してくれました。

                      カーテンを閉め、ボックスのソファーでズボンを下ろし、セールスレディにいきなりキスをすると驚いて顔を背けましたが、私が

                      「ムードくらい作らせてよ」

                      と言ったような覚えがありますが、再度頭を抱き寄せキスをすると抵抗はしませんでした。

                      キスをしながらブラウスの上から胸を触ると、私の手を振り払いました。

                      今度はキスをしながら彼女の手を私の息子に持って来ると、勃起した私の息子に手を当てていました、

                      「摩って」

                      と言うと、パンツの上から優しく摩ってくれ、なかなか上手いと思っていたら徐々に手の動きが激しくなり気持ち良くなってきました。

                      さすが元人妻と思っていたら、キスを止めて私の息子に顔を持って行きフェラを始めてくれたのです。

                      それが結構上手いのです、

                      「何だ慣れてるじゃない」

                      と言うと、フェラを止めて

                      「何年もこんな事してませんよ」

                      と言いながらまた咥え始めました。

                      胸を触りながらフィニッシュまで行こうと思いましたが、スカートから出ているハイソックスを穿いた長い足を見たら急にセックスをしたくなり、彼女を抱き起こし再度キスをしました。

                      そして私の手は彼女のスカートをたくし上げ、強引にパンティの中に手を入れました。

                      勿論、彼女は驚き

                      「約束が違いますよ!駄目です!」

                      と言って私の手を払おうとしましたが私は力では負けません、パンティの中の割れ目を責めていました。

                      陰毛が濃そうで思っていた通り結構濡れていました。

                      一生懸命クリちゃんを責めていると、強く握っていた彼女の腕が弱くなり、チャンスと思い私は強引にパンティを下ろしました。

                      勃起していた私はソファに押し倒し、足を開きヌルヌルに濡れた割れ目に入れようと思いましたが中々足を開きません。

                      彼女は

                      「駄目、駄目です!」

                      とだんだん怒った言い方になっていました。

                      「印を押すから、頼む」

                      と言ったか言わないか口論をしている隙に、私の腰が彼女の足の間に入る事が出来、あっと言う間に彼女の割れ目に挿入する事が出来ました。

                      後は押さえつけて無我夢中でただ腰を振っていました。

                      ふと気がつくと、さっきまでうるさく抵抗していた彼女も黙っていました。

                      ad_creative

                      感じてきたのか徐々に小さな声を上げ、深く息子を差し込むと

                      「うぅぅぅっ」

                      と声を上げました。

                      更にキスをしようとしたらそっぽ向かれ、顎を強引に正面に向け強引にキスをしました。

                      強引に舌を入れると舌で返して来ました。

                      すると徐々に彼女の腰が動き始め、手も私の背中に回し興奮して来たのを覚えています。

                      彼女の腰が早くなり、私は我慢が出来ず慌てて息子を抜き、お腹の上にたっぷりと精液を出してしまいました。

                      グッタリとした彼女に対し私は急いで携帯で写真を撮りました。

                      それに気づいた彼女は慌てて

                      「やめて!」

                      と携帯を取ろうとしようとしましたが渡しませんでした。

                      最後まで画像を消してと頼まれましたが、消さずに"誰にも見せないから"と約束した上で契約書に印を押しました。 

                      まぁ、ここに⇒http://www.pc-max.jp/ そのもろ画像はアップしておきましたのでご安心をw

                       









                          n1217p


                          十年前ですが、この⇒http://www.pc-max.jp/ で知り合ったミヨコという36歳の人妻がいました。

                          13歳年上で、かわいらしい巨乳の女性でした。

                          エッチも本当にスケベって感じで、フェラチオも上手かったし、

                          はめても「チンポ硬い!」と恥じらいもなくて興奮させられた。

                          そんな彼女と時間を見つけてはセックスしてました。

                          飲み会後、迎えに行った時には途中で股間を触りだしてヤバイから運転を止めたら

                          チンポ舐めたい

                          とチャックを開けて咥えられた。

                          凄く激しくしゃぶりつき、

                          出ちゃうよ

                          と話すと

                          いいよ!

                          と彼女の口の中で発射。

                          濃い

                          と笑うミヨコはそのまま飲んでいた。

                          そしてホテルでまたセックスしてたり。

                          だけどミヨコとはゴム付きが前提で、生でした事は無かった。

                          そして、ある時にミヨコとセックスした後に

                          中出しってしてみたい?

                          と聞かれ

                          した事ないからしてみたい

                          と話すと

                          タイミング合ったらしてみる?

                          と言われた。

                          どうしても週末とかになるので、出すタイミングはなかなか無い。

                          それから一週間くらいした時に

                          明日は仕事だよね?

                          と聞かれ、仕事だと返すと

                          そっか・・・明日か明後日なら安全日だから

                          と言われた。

                          平日だけどなかなか無いチャンス。

                          翌日、明日は午前中で私用で休む届けを出して翌日に昼から早退し、ミヨコと会いました。

                          いいの?

                          と聞かれ

                          大丈夫だよ届けてるし

                          と話すと

                          緊張する

                          とミヨコ。

                          正直俺も女性の中でそのままなんて無いし、中出し前提で会うことに興奮しました。

                          ホテルに入り、いつものようにシャワーを浴びてベットに入り、ミヨコとセックス。

                          大きな胸にしゃぶり付き喘ぐミヨコ。

                          下半身を撫で回しながらあそこを触るといつもより濡れててビックリ。

                          舐めて

                          と脚を開くミヨコの濡れたあそこを舐め回しびっちょり濡れたあそこ。

                          入れていいよ

                          と言われ、生で挿入。

                          やっぱり生だと感触は別格でした。

                          ゆっさゆっさとミヨコの胸が揺れ、ミヨコも

                          あんっ!チンポ熱い!

                          と声を上げていく。

                          グチょグチょと音が出るくらい濡れていて興奮しました。

                          中は濡れていて滑りが抜群で、ミヨコの感度も抜群。

                          今日は中に出すのか

                          と思うと興奮してしまい、早めに限界になって休めては動かしてたら

                          出したくなってるんでしょ?

                          と言われ、バレてました。

                          我慢しなくていいのに

                          と笑うミヨコ。

                          いいの?出しちゃうよ

                          と話すと

                          いいよ、あたしに出して

                          と言われ、更に興奮してしまいました。

                          激しく突き上げオッパイも激しく揺らし

                          凄くいい!

                          と顔を歪めるミヨコ。

                          高まりが来て「出すよ!」と話すと「ちょうだい!」としがみつく。

                          イクッ!

                          俺はヌルヌルのミヨコの中で溜まってたものを放ちました。

                          生の快感は格別でした。

                          ああっ!来てる!ドクドクしてる!

                          ミヨコも興奮していました。

                          抱き合ってキスしたら

                          気持ちよかった、凄い熱いよ

                          と笑うミヨコ。

                          その後も夕方まで二度射精をしました。

                          それからミヨコとは2年くらい付き合い別れましたが、幾度か出させてもらいました。

                          あの初の中出しの快感は今も忘れられないです。

                          そして、最近、再び中出ししたくなってきたので、

                          もう一度ここの⇒ http://www.pc-max.jp/ にお世話になろうと思います!!!

                          やはり、生の中出しの気持ちよさは、そう簡単に忘れられませんからねwww














                              cap_e_0_261ara-012



                              ある女の子と話していると、彼氏とのセoクスではイケないと嘆いていました。
                              やっぱそういう女の子は多いんだと、改めて実感!。

                              俺もいろんな女の子から気持ちいい所とか感じる方法とかを聞いて、
                              試行錯誤しながら技を磨いてきたけど、
                              まだまだ研究の余地ありと思い知らされました。

                              まぁ、そこそこテクに自信はありましたが・・・

                              そんなとき、ここで⇒http://www.pc-max.jp/ 九州地方の女の子マイと知り合った。
                              マイは28歳独身。
                              例によって、これまでどんなセックスをしてきたかリサーチ。
                              俺「イッたことあるの」。
                              マイ「あるよ」。
                              俺「連続でイケるの」。
                              マイ「ウン」。

                              でも実際に会おうという直前になって、それらは真っ赤なウソだったと判明。
                              本当は、いまだ処女とのこと。

                              セックスには凄く興味あるけど
                              二人きりになると突然抱きついてくる男が過去にいたりして
                              怖い思いもあるらしい。

                              俺はこの年まで処女とはしたことがないので正直あせった。
                              28歳まで処女だった子の初めてがこの俺なんて責任重大だ。
                              いくら何でも処女をイカせるのは無理かもしれない。

                              すると俺の満足感は…。いろいろ考えた。
                              でもマイは処女であることをとても悩んでいたし、
                              わざわざ九州から飛行機で会いに来るという。
                              そこまで言われたらやるしかないだろう。

                              マイは、色黒でスレンダーな見ためかわいい巨乳っ子だった。

                              とにかく一緒に俺の自宅に向かった。 
                              部屋に入り、まずは俺の手料理をごちそうした。
                              簡単な丼ものだったが、とてもおいしいと喜んでくれた。

                              お腹が膨れたところでいよいよ開始。 
                              マイを抱きしめ、優しくキス。すぐに舌を入れた。
                              マイはされるがままだ。俺はマイに舌のからめ方を教えた。







                              10分ほど続けただろうか。
                              マイから「ウッウッ」と声が漏れ始める。
                              感じてきたようだ。

                              そこで俺はマイの服を脱がせ、俺も裸になった。
                              まずは裸でしばらく抱き合った。
                              早くマイの不安感を取り除きたかった。

                              マイに「どう」と聞いた。マイは「なんか安心する」と言った。
                              気持ちがほぐれてきたようなので、マイの胸を揉み始めた。
                              最初はなるべく力を抜いて柔らかくなでるように
                              乳首に触れないようにゆっくり丁寧に乳房全体をなで続ける。
                              やがてマイから声が漏れ始める。

                              しばらく続けると、マイのあえぎ声が大きくなってきたので、乳首責めに移る。
                              中指で触れるか触れないかの強さで先端をちょんちょん突く。

                              マイはカラダをくねらせ始める。

                              続いて、片方の乳首を指で強目に押しながら、
                              もう片方の乳首を舌で転がす。
                              マイのあえぎ声が大きく早くなる。

                              これはイカせることが出来るかもしれないと指も舌も動きを早める。
                              でもすぐにはイカない様だ

                              そこで少しスローダウンすることに。
                              乳首の周囲を円を描くように軽くなでる愛撫に変更。
                              頃合いを見計らい、また乳首に早くて強い刺激。交互に繰り返す。
                              マイのあえぎ声は間断なく続いたが、やはりイクのは無理な様。

                              俺「何%くらいまでイッた」。
                              マイ「わかんないけど80%くらい」

                              あと少しだが、やはり処女でいきなり胸でイクのは難しいのかもしれない。
                              俺はいよいよオマ○コに手を伸ばした。
                              とはいってもいきなりは触れない。
                              太ももの外側から内側へかけてマッサージの要領で丁寧になぞっていく。

                              それから少しずつ手をオマ○コの方へ移動させる。
                              試しにオマ○コに軽く触れてみる。十分に濡れそぼっている。

                              これなら大丈夫。指での愛撫も問題なさそう。
                              濡れていないと指で触るのも痛いからね。

                              まずビラビラの外側を軽くなでてみる。
                              マイは息を殺している。徐々に真ん中の方へ指を移動させる。
                              するとクリ発見!

                              中指の腹で軽ーくなでてみる。マイのカラダがビクンとなる。
                              円を描くように刺激を続けてみる。
                              力は込めないようにあくまで優しく優しく。

                              このまま続けてもいいんだけど、
                              俺はあえて指を放して今度は膣内へ突っ込んだ。

                              アウー。マイがうめく。
                              中指を内側へ折り曲げてGスポットを探し当て、刺激をした。

                              「気持ちいい?」俺はマイに聞いた。
                              「気持ちいい」

                              さらに刺激を続けると、「アッ、アッ」とマイはあえぐ。
                              イクかもしれないと思ったが、どうも無理のよう。

                              指を抜くと、そこには血がべっとりと付いていた。
                              やはり処女というのは嘘じゃなかったんだ。

                              またクリへの刺激を始める。そしてまた膣内へというように交互に繰り返した。
                              マイのあえぎ声はずっと続いたが、イクまでには到達しない。
                              やはり無理なのか。
                              「痛くない?」とマイに聞いてみた。
                              「ちょっと痛いかも」

                              やはりこれ以上は無理のよう。そこでクンニに変更。
                              指での刺激と同じように、ビラビラの周辺から中心に。
                              クリへの刺激もちょんと舐めるのから始めて、
                              ベローンと強く舐めるのに徐々に移行する。

                              一定それを続け、今度は膣内へ舌を差し入れる。
                              そしてまたクリへいうように、舌を縦横無尽に動かす。
                              アッアッ。マイのあえぎ声も復活した。

                              20分くらい舐めただろうか。やはり最後まではイカない。
                              そこでクンニを中断し俺のカラダをマイにぴったり重ねた。
                              マイを強く抱きしめた。

                              俺「やっぱイケないね」
                              マイ「うん、もう少しなんだけど」
                              確かにイク寸前までは来ている。でもあと少しが…。

                              しばし休憩した後、俺はまたマイの乳房を丹念に揉み始めた。
                              オマ○コを十分に濡らしてから、指でクリの刺激に移った。
                              マイの口からあえぎ声が漏れ始める。それを確認してから

                              「マイきれいだよ」「マイ登ってきて」「マイ、イこうね」
                              と優しい言葉をいろいろ掛け続けた。

                              するとマイは「イキたいよ」「あと少しでイキそう」と応えてきた。
                              そのようなやりとりを続けていると、
                              マイのオマ○コから以前にも増して愛液がほとばしってきた。

                              いよいよかと思い、俺は指の動きを早め「マイ、行こう」と繰り返した。
                              すると遂にマイは「イックー」と声を上げて果ててしまった。

                              でも喜ぶのは早い。
                              すぐさま続けてイカせることに神経を集中し、
                              俺はクリへの愛撫を続けた。

                              するとマイもそれに応えて「またイキそう」
                              と声を上げたかと思うと、まもなくイッてしまった。
                              続けること3回。マイはクリの愛撫でイッた。

                              さすがにクリが痛くなるだろうと思い、今度は膣内に指を入れ、
                              Gスポットでもイカせようと試みた。
                              そこでもマイは3回イッた。
                              計6回もイッたことになる。

                              続ければまだまだイケるような感じもあったが、
                              この日はここで打ち止めとした。俺はマイを強く抱きしめ
                              「どうだった」と感想を聞いた。マイは「凄く幸せ。ありがとう」
                              と言った。

                              俺は感動した。
                              この日は俺の家で一緒に寝て、
                              次の日は朝からセックス三昧だった。

                              最終的に何回イカせたのか分からないほど、マイをイカせた。
                              マイは「頭が真っ白になった」と言っていた。

                              始めてのセックスでこれだけイケれば
                              マイにとっても幸せなことだろう。 

                              参照URL⇒http://www.pc-max.jp/








                                 

                                惚れ薬が存在!?

                                22

                                先日、会社の先輩に、「惚れ薬 」と言うようなモノをもらい、
                                機会があるときに、実際に使ってみろ!
                                と半ば、半強制的に渡されました。

                                「惚れ薬ってなんですか?」
                                と、聞き返しても、
                                「それはダイエットサプリで、その副作用に、惚れ薬の効果があるんだよ!」
                                以外は、なにも教えてもらえず、
                                本当にそんなのあるのかよ?
                                と思い、再度質問しようとしても、
                                「いいから!飲ませてみればわかるから!」
                                としか教えてくれませんでした。

                                惚れ薬とかバカバカしいと思いながらも、
                                もしも本物なら・・・。と少しの希望を期待して、ポケットに。

                                なぜなら今日は、会社終わりに同僚と合コンに行く予定だからだ。

                                会社も終わり、前から楽しみにしていた合コンへ。

                                指定された居酒屋に行くと、
                                すでに女性陣がちらほらと集まっていた。

                                ことなく合コンが始まり、席に着くと、
                                目の前の女性が、ドストライクという奇跡・・・・。

                                これは絶対に今日お持ち帰りしたい!!と心の中で決心した俺は、
                                合コン開始と同時に、その女性に喋りかけます。

                                しかし向こうは俺のことをタイプではないのか、
                                返答に覇気がない。。。

                                彼女の興味がある話をしても、
                                「はい、まぁ。ええ。。。」
                                 と、返事は3パターン・・・。

                                それでもめげずに話を振ること30分・・・。

                                一切距離が縮まらない・・・。

                                精神的にもだいぶ追い込まれていたときに、
                                ふと思い出したのが、ポケットの惚れ薬だ。 

                                冷静だった頃の俺は、1ミリも信用していなかったが、
                                今の俺は藁にもすがる思いでこの惚れ薬に助けを求めたていた!

                                そして、話題がお仕事なにしているんですか?の時に、
                                「俺は、薬品会社で薬作ってます!(中略)今、ちょうど、新しいダイエットサプリあるから飲んでみてよ!」 

                                ええええーーーー

                                と、最初は拒否気味でしたが、ダイエットという言葉には勝てず、
                                一つだけならと、飲ませることに成功!

                                そこからダイエットの話で盛り上がっていると、
                                徐々に徐々にボディータッチをしてくるように・・・。

                                あれ?マジか?
                                と、惚れ薬なんて信用していなかった俺が、
                                目の前で効果を見せられて、すこし動揺している、、、。。

                                そんなこんなで話をしていると、合コンはお開きに。

                                2次会に行くよー!みたいな流れになっていたが、
                                惚れ薬の効果か、その子にコッソリ誘われ、俺らは2人でホテルに駆け込んだ。

                                惚れ薬の効果でなのか、部屋に入っても居ないのに、大胆にキスをしてくる彼女。

                                部屋に入るなり、性獣のように襲いかかって来て、
                                それはそれは、、、
                                大変でしたw

                                結局5回はしたのかな?
                                最初2回はゴム付けてやったけど、
                                3回目からは生中出しでもOKだったので、
                                そのまま合体しちゃいましたね〜。

                                まさに惚れ薬の効果!と言った感じで、
                                とても楽しい夜になりました。

                                 そのことを、効果を、惚れ薬をくれた先輩にいうと、

                                「まじで!?効果あったの!?なら俺も使ってみよう!」 

                                と、まさかの返答が。。。。

                                どうやら先輩たちは、
                                ネットで惚れ薬を探していて、
                                この燃焼系ダイエットサプリの副作用が惚れ薬の効果を持っていることを知ったようです。

                                しかし、自分たちで使うのが怖かったので、
                                俺に使わせて、その効果を見たとのこと。

                                本当にクソみたいな先輩しか居ない会社で、
                                とても楽しい会社ですよホント・・・。

                                ちなみに、俺もきちんと調べてみましたけど、
                                ガチでダイエット効果のあるサプリで、
                                副作用で惚れ薬的な、興奮作用があるみたいです!

                                まぁ、俺が説明しても、なんの説得力もないので、
                                惚れ薬に関する詳しいことはこちらの記事を見てください。
                                http://惚れ薬.xyz/

                                でも使った感じ、ダイエットサプリってことで、女性に飲ませやすいし、
                                きちんと効果のあるものなので、女性も喜ぶし、
                                副作用で女をだけるから、男も嬉しいし、
                                最高のダイエットサプリじゃないかな?という印象でしたね!

                                みなさんも、マンガやアニメの世界でしか見たことのない惚れ薬を、使ってみてはいかがでしょうか? 





                                  otsuki_hibiki-601-024s





                                  場所はS県H市の駅でドキドキしながら待っていたら、服の上からでも大きいと分かる胸に短めのスカートの女性が歩いてきて、試しに手をさり気なく手をふったら駆け足で寄ってきた



                                  サイトにて22時頃車内エッチで募集したところ、22歳の女性とアポが取れた。彼女のサイト内のプロフはキャバ嬢となっていたが実際あってみたら、黒のスーツに近い服を着ておりとてもキャバ嬢には見えなかった

                                  顔は中々綺麗で上物といっていい女性だった

                                  (心の中でガッツポーズ)一瞬こんな子が、本当に車内エッチに付き合ってくれるのか不安になったが特に深く考えるのをやめた

                                  ちなみに出会ったのはここ⇒http://www.pc-max.jp/


                                  車の中で話をしながらいい場所を探してぶらぶらしていたら、彼女は普通のサラリーマンらしく上司の秘書的な仕事をしているらしい

                                  上司とは体の関係もあるらしく、出張先などでは割り切った関係でいるらしい



                                   それなのに本命は社内の別の男性ということまでぺらぺら喋って、結構口の軽い女の子だった

                                  車内エッチは市営の水泳場の駐車場ですることとなり、小さな川を挟んだ向かい、側にそこそこ大きな工場があり上の階では明りがまだ付いており、ひょっとしたら見えてしまうかもしれなかったが、あんまりだらだらしたくなかったのでここに決めた



                                   とりあえず座席をフラットな状態に持っていくと早速彼女が服を脱ぎだした

                                  会ったときから分かっていたが大きな胸がブラジャーから飛び出るのではないかと思う勢いで現れた

                                  それでいて胸は垂れ下がっていなく、程よく張りががあり大きな胸が好みの男性には堪らないものだと断言できる



                                   かなり欲求不満だったので下着姿になったらそのまま覆いかぶさり大きな胸をとにかくモミしだいた

                                  彼女は胸が結構感じるのかいきなり色っぽい声をあげて”もっと優しくして”と言ってきたがそんなのお構いなしにむしゃぶりついた



                                   案の定、彼女もまんざらではなく行為に没頭しはじめ、結構大きな声でよがりはじめた

                                  車内エッチで他から見られるかも知れない状況なのだけど、彼女はそんなこと忘れてエッチにのめり込みこちらにしがみ付いてきた



                                   しがみつかれると胸と胸が接触して感触がめちゃくちゃよく脳味噌がとろけるような感覚になり、彼女の唇を自分の唇で塞ぎかなり長いディープキスをした

                                  お互いが求め会い呼吸が苦しくなってから、ようやく唇をはなし再び胸を愛撫した



                                  たっぷり胸を堪能した次はお○んこを頂くことにし、下着の上から触れてみたらもう既にぐちゃぐちゃになっていて、中に指を入れるとエッチな音がしてきた

                                  もう既に十分出来上がっていたのでクンニをするとより一層彼女は声を出して感じ始め、"もう入れて"とお願いしてきた






                                   そこから意地悪をしたくなり、さらにクンニを続けると足が一瞬大きく震え、次の瞬間にはいきなり力を失いイッテしまったようだった

                                  彼女はイッタにも関わらずまだ物足りなそうで、いきなり起き上がると自分の上にきて、自分の反り返った一物をおまんこにあてがい一気に腰を落とした



                                   一物の先端が彼女のおまんこの奥に突き刺さると、これまでで一番大きな声を出して体を硬直させた

                                  それから一息ついて腰を上下させ騎乗位の体勢で自分の一物を締め上げてきた

                                  彼女の中は思い切って締まるわけではなかったが、自分の一物に絡みつくような感じがありめちゃくちゃ気持ちよく一気にイッテしまいそうになった



                                   彼女は"出そうになったら言って"と言ってきたが、自分の中の悪魔が目覚め中出しをしてらる事に決めた

                                  こんなにいい女相手に遠慮をしていてはお金を出しているので損だし、彼女なら責任とってあげても問題ないかなと思った



                                   自分の一物はどうやら普通のサイズより大きめで、彼女には丁度いいらしく絶え間なく腰を上下して絡みついてきた

                                  そこで自分はまだイキそうも顔を作り、彼女を逃がさないようにさり気なく腰に手を当て自分の腰を突き上げた



                                   おまんこの一番を奥に到達した時点で、一気に溜まっていたものを解放して中に注ぎ込んだ

                                  4日位は何も抜いて無かったので結構な量の精子が解き放たれて彼女のおまんこの中を一杯にした

                                  さすがに中出しされてことが分かったのか"えっなに!!"と声を上げたが、がっしり彼女の腰をロックしておいたし、

                                   彼女自身エッチに没頭して感じまくっていたので直ぐに力が入らず、逆に中に出された瞬間彼女もイッテしまい腰がくだけ深々と連結した状態になってしまった

                                  彼女の腰を引きよせ力が入らないうちに上下逆転して彼女の上に覆いかぶさり抱きしめ、しばらく繋がったまま余韻を楽しんだ



                                   当然彼女は中出しされるとは思っていなかったので"イヤッ 早く退いて"、"中に出したの!!"と声を出して抵抗してきたが、覆いかぶさった時点で既に逃げることなど出来ず自分の腕の中でゴソゴソ動いていた

                                  ゴソゴソ動くのが逆に気持ちよかったので一滴残らず中に注ぎ込んであげました



                                   その後は"何で中に出したのよ"と詰め寄ってきたが、もともと金額と車内エッチをするとだけ約束してゴムをつけることは約束していなかったのでそのことを言ったが、それでも食い下がってきたので、そのまま押し倒して2回戦を行うことにした



                                   さすがに驚いたのか"やめて"、"お願い"などと先ほどの強気が嘘のように反転してしまった

                                  結局は2回戦も行い彼女は涙目で服をを着て身なりを整え始めた

                                  かなり激しく2回戦をやったので最初彼女は腰が軽く抜けてうまく動けず、服がうまく着れなかった



                                   最後は彼女も無言になってしまい、約束のお金を渡して車で送っていくと何も言わず車を降り、自分の体を抱きしめるようにしながら小走りでいってしまいました


                                  PCMAX公式サイト⇒http://www.pc-max.jp/













                                      cap_e_0_ezd-127



                                      二ヶ月くらいメールをして、

                                      ここで⇒http://www.pc-max.jp/ 出会った男性(Aさん)とグループ3人と私達3人の計6人で温泉へ行き、旅館に泊まった。

                                      部屋は1つで、温泉に入った後に部屋でお酒を飲みながら海の幸を満喫。

                                      ほろ酔い気分になった後、

                                      「寝る前に、もう一度お風呂に入ろう」

                                      という事になり、温泉に浸かって部屋に戻った。

                                      私達は布団に入っても少し話をしていた。

                                      そのうち、Aさんが唇を求めて来るので、ちょっと布団を被り気味にしてキス。

                                      浴衣のそでから手を差し入れてくるので、

                                      「ダメよ」

                                      と小声で言ったのに、彼は止めない。

                                      私の固くなった乳首を指先で弄ぶので、段々息が荒くなり他の人にバレそうになってきたので、再度

                                      「ダメだってば…」

                                      と小さく言ったのに、帯を解こうとする。

                                      結局、浴衣の帯を解かれてしまい、指先で脇腹から下腹部を撫でられると、もう感じちゃって大変。

                                      息が荒くなるのを必死に抑えていたけどもうダメ。

                                      堪らずAさんの方に背中を向け枕に顔を埋めた。

                                      そんな私の背筋や腰をAさんの指先が撫でていく。

                                      まるで、羽か何かでくすぐる程度のソフトタッチなのに、私は声を押し殺してのけぞった。

                                      そのうちAさんが舌で背筋からヒップにかけて愛撫してきたのでもう堪らず、枕に顔を押しつけながら声を上げないように耐えていた。

                                      後ろから手を回されて、オッパイをモミモミされると、アソコから熱いお湯が沸き出すような感じだった。

                                      「もうこれ以上はダメ…声が出ちゃう」

                                      と言う私の言葉には何も答えず、とうとうAさんの指は私の熱くなったアソコへ…。

                                      すーっと割れ目にそってAさんが指を滑らせた途端、

                                      「あっ!」

                                      と小さな声を上げてしまった。

                                      アソコに指を入れられた時、Aさんの指先から全身に向かって電流が流れたように痺れた。

                                      彼が膣内で指を動かし始めると、もう声を上げないでいられる自信が無くなってきた。

                                      「お願い…止めて…ダメ…」

                                      と言う私の手を取ると、Aさんは自分のものを握らせてきた。

                                      「凄い…熱い」

                                      Aさんのモノはいつになく熱く、硬く、大きかった。

                                      先の方はもう、少しヌルヌルしていた。

                                      「入れていいだろ…」

                                      Aさんが耳元で囁く。

                                      横向きのまま、後ろから入ってきた。

                                      私は挿入された瞬間、下半身が溶けそうになるような快感を覚えた。

                                      彼は挿入した後、腰を動かさずに後ろから手を回してきて、私の敏感な粒を指で弄んできた。

                                      私はあまりの快感で声を押し殺すのに必死だった。

                                      息苦しくて呼吸困難になりそうだった。

                                      彼が挿入したまま腰を動かさないので、気が付くと私が腰を前後に動かしてしまっていた。

                                      物凄い快感…。

                                      私は掛け布団を被り、必死で声を殺しながら腰を振っていた。

                                      振っていたというより、自然に腰がうごめいてしまっているような感じだった。

                                      熱い愛液が溢れ、太ももを伝わるのが分かった。

                                      必死で声を殺しているうちに、自分でもちゃんと息をしているのかどうかも分からなくなってきた。

                                      相変わらず、腰はクネクネと勝手に動いていた。

                                      そのうち、彼は私の腰を掴むと激しく腰を動かしてきた。

                                      私もそれに応えて腰をくねらせているうちに、津波に飲み込まれるような錯覚を覚えた。

                                      そこから、ストーンと落ちるような感じでオーガズムに達した。

                                      イッた後は、まるで海老が腰をピクつかせているような感じで、腰をAさんの方に突き出していると、Aさんも

                                      「うっ!」


                                      と言って、腰の動きを止めた。

                                      膣の中にAさんの熱い液体が噴射されるのが分かった。

                                      声を出しちゃいけないのは辛かったけど、

                                      今までのセックスの中でも最高に感じちゃったセックスの1つだったと思う。 

                                      それからも、何度かここ⇒http://www.pc-max.jp/ でやり取りをして、また同じメンバーで旅行に行こうと盛り上がっているが、私達だけは、別の意味のドキドキを楽しみにしている。

                                      しかも彼は次回は乱交に持って行きたいとか・・・

                                      一体、次の旅行はどうなるのか、今からドキドキです!【衝撃】寝取られた・・・みんなで雑魚寝していたら彼女の喘ぎ声が・・・ 









                                          47



                                          最近、なんにもエロいことないなーなんて思っていたら、
                                          超ミニスカの女性がしゃがんだ時にTバックが見えて興奮してしまいました。

                                          あと少しでアナル丸見えだったんですよ!

                                           

                                          と、言うわけで、興奮したら、抜きたくなるのが男の性なので、
                                          今回はPCMAX
                                          http://www.pc-max.jp/を利用しました。

                                          出会ったのは20歳のスタイル抜群の女子大生!
                                          しかも、愛用の下着はTバック! 

                                          20歳の若い体をおじさんである私がいやらしくいただいちゃいました。

                                           

                                          この女子大生なかなかのヤリマンのようでセフレも3人いる女性でした。

                                          セフレと都合がつかなかったから出会い系サイトでセックス相手を探していたそうです。

                                          しかも経験人数は20歳なのに30人越え!!

                                          見た目は大人しそうだったのですがかなりのヤリマンのようです。

                                           

                                           

                                          即会うのが目的だったので日時をすぐに決めて会うことに。

                                          待ち合わせには車で来てほしいというので車でお出迎え!!

                                           

                                          しょうがないので車で迎えに行ってそのままラブホテルコースです。

                                          なんかテンションが高いなと思ったらちゃっかりお酒飲んでいましたよ。

                                          酔っぱらっている為恥じらいもなく洋服を脱いでいき全裸で私の洋服を脱がしてきてお風呂場に連れていかれました。

                                           

                                          せっかくのTバックもあっさり脱がれてしまったので楽しみが半減してしまいましたよ・・・

                                          お酒の匂いをさせた口でキスしてきたと思ったら、

                                          さらに女子大生は浴槽でチンコをしゃぶり始めてきました

                                          あっけなく精子を搾り取られてしまいました(汗)

                                           

                                          やっとベッドに移ったかと思った矢先にいきなりの挿入!

                                          仰向けになったのが間違えでした・・・

                                          個人的にはマンコを責めて濡らしまくろうと考えていたのですが、

                                          簡単に騎乗位で食べられちゃいました^^

                                           

                                          自分で動きながら「あん!あん!!」感じて喘いでいました。

                                          それを見て興奮したので私もテンポに合わせるように下から突き上げまくりました!!

                                           

                                          そこから私がメチャメチャ責めまくりました。

                                          それが相当気持よかったみたいです。

                                           

                                          「あーーーーー!!イクイクイク!!!!!!」

                                           

                                          雄叫びのような喘ぎ声をあげて絶頂してしまいました。

                                          少し休憩すると私も冷めてしまうと思ったのでイッタ女性大生をよそに責め続けて2回目の絶頂!

                                          お腹を精子まみれにしてあげました。

                                           

                                          普通に可愛い若いことのセックスって気持ちいい!!

                                          また、PCMAX⇒http://www.pc-max.jp/ のお陰で、性処理が出来ました!

                                          ありがとう!PCMAX!

                                          PCMAX公式サイト⇒http://www.pc-max.jp/

                                          qAp2uEW0
                                          c24646d1

                                          30d5a235

                                          8b7c88b5






                                             





                                            140126



                                            僕(A)は某大手自動車ディーラーで営業をしています。
                                            26才になりますが大した趣味もなく、ここ数年彼女もいません。
                                            今年の3月の事です。
                                            仕事が定休日だったので、昼間から自宅のアパートでDVD(AV)を一人で観ていました。
                                            すると携帯電話が鳴りました。
                                            Tさんからです。
                                            Tさんは会社の先輩で29才、一昨年結婚して子供はまだいません。
                                            Tさんは面倒な事や雑用、都合の悪い事は僕に押し付ける僕にとって結構嫌な人です。
                                            電話に出ないとまた後からうるさいので渋々出ると、
                                            「相談したい事があるんだけど・・・」
                                            と深刻そうに言いました。
                                            僕はとりあえず借りてきたAVを全部観たかったので、夜の7時にアパートに来てもらうことにしました。
                                            6時45分頃、Tさんがやってきたのですが、なんと奥さんも一緒でした。
                                            Tさんの奥さんは何度か見かけたことがありますが、名前はサトミさん。
                                            27才で薄く茶色がかった長い髪が良く似合う凄く綺麗な人です。
                                            体型はスリムで胸とお尻は小さめです。
                                            何でこんなに綺麗な人がTさんなんかと?と思いましたが、性格はともかくTさんもかなりカッコいい人です。
                                            1DKの狭いアパートですが、2人に上がってもらい、Tさんの差し入れのビールを飲みながら話し始めました。
                                            Tさんから話しを切り出しにくかったようで、サトミさんが
                                            「いきなりごめんねA君。実は私達お金に困っていて・・・。できたら少しでもお金を貸してもらいたくて・・・」
                                            僕は
                                            「いくらです?」
                                            と聞くとサトミさんは
                                            「・・・400万・・・」
                                            僕はびっくりして
                                            「400万!?どうしたのそんなお金?」
                                            といきなり聞いてしまいました。
                                            サトミさんの話によると、借金はTさんのギャンブル。
                                            パチスロ、競輪、競馬だそうで、1年くらい前から借金が始まり、今ではサラ金にまで借りているそうだ。
                                            僕はTさんに
                                            「なんで僕なんですか?他の人じゃダメなんですか?」
                                            と聞くとTさんは
                                            「会社の同僚や友達はほとんど所帯持ちでそんな余裕ないって言うし、1人もんのヤツは貯金なんてしてるわけないし、両方の実家には頼めるわけないだろ。あとはAお前だけなんだ。頼む」
                                            とサトミさんと2人で頭を下げました。
                                            僕はTさんはどうでもよかったのですが、さっきまでAVを観ていたせいでサトミさんを見ていたらムラムラしてきました。
                                            そして僕は、サトミさんと出来るかも!と思い切って
                                            「分かりました、お金を貸しましょう。まず200万貸します。残りの200万はサトミさん、あなた次第です」
                                            僕は駆け引きに出ました。サトミさんは
                                            「私次第?どうすればいいの?」
                                            と聞いてきました。
                                            「僕が納得して残りの200万貸したくなるまで僕のアパートに毎日通ってください。サトミさん僕のアパートに来るっていうことはどういうことか分かります?別に嫌ならいいんだけど・・・僕だって400万っていう大金貸す訳なんだし。条件を飲むなら明日現金で200万渡します。400万も無利子でいいです。200万あればとりあえずすぐにサラ金分は返せるでしょう?無理にとは言いません。サトミさんがよかったら」
                                            Tさんは黙ったままでした。
                                            それはそうです、自分の作った借金のせいだし、目の前に400万がぶら下がっているのですから何も言える訳ありません。
                                            するとサトミさんは
                                            「分かりました。それで400万貸してもらえるなら・・・」
                                            僕は心の中でヨッシャー!と叫びました。
                                            僕は平静を装い、
                                            「じゃあ早速ですがTさん、出て行ってください。迎えの時は連絡します」
                                            と言うとT先輩は
                                            「サトミ、すまん」
                                            とボソッと言って出ていきました。
                                            僕は
                                            「サトミさん、まずはシャワーでも浴びてきて。バスタオル置いとくから出たらバスタオルだけできて」
                                            サトミさんは
                                            「うん・・・」
                                            と風呂へ行きました。
                                            10分くらいすると、サトミさんがバスタオル1枚で出てきました。
                                            僕は
                                            「サトミさん、これ飲んで、ソファーに座ってオナニーしてよ」
                                            と言うと、サトミさんは
                                            「えっ!?これなにが入ってるの・・・しかもオナニーって・・・そんなこと・・・恥ずかしいし・・・・」
                                            と言ったので僕は
                                            「サトミさんが嫌ならもういいや。Tさんに連絡するね」
                                            と言いました。サトミさんは
                                            「ごめん!するから!飲むから!ちょっと待って・・・」
                                            と言いながらバスタオルを取って、ソファーに座り、これ⇒http://lovetoy.jp/ の入った水を飲み、脚をM字に開いてオナニーを始めました。
                                            僕が思っていた以上の体でした。
                                            大きすぎない胸とお尻、くびれのあるウエスト、濃い目のアソコの毛、そして綺麗なマンコ。
                                            しばらくするとサトミさんは
                                            「アッ・・・ッ」
                                            と声を漏らし始め、感じ始めました。
                                            僕はさらに感じるようにさっきまで観ていたAVをつけると、サトミさんは
                                            「イヤッ・・・恥ずかしい・・・」
                                            と言いながらもクリトリスを刺激する指が激しくなりました。
                                            僕は
                                            「そう、そういう風に僕がいいって言うまでずっとしててよ」
                                            と言うと
                                            「ハイッ・・・アッ・・ダメ・・イキそう・・イクッ・・」
                                            とイッてしまいました。僕は
                                            「止めちゃダメだよ、いいって言うまでずっとしてて」
                                            2~30分はさせただろうか、イッてもイッてもオナニーさせました。
                                            その頃にはサトミさんは自ら腰をくねらせ
                                            「アァ~・・・気持ちイイ・・・またイキそう」
                                            と自分の指まで入れ出しました。僕は
                                            「サトミさん、凄くエッチになってきたね」
                                            と脚をM字に開いたまま、右手の中指と薬指をマンコに入れて、Gスポットを刺激しながら激しく手マンをしました。
                                            するとすぐに
                                            「アァ~気持ちイイ!ダメダメ!何か出そう!イク~!」
                                            体をエビ反りにさせながらピュピューッと潮を吹きました。
                                            サトミさんは恥ずかしそうに
                                            「汚しちゃった・・・ごめんなさい・・」
                                            と言ったので、
                                            「全然大丈夫だから」
                                            とサトミさんが使ったバスタオルを下に敷いてさらに手マンをすると
                                            「アァ~また出そう!」
                                            と言いました。僕は
                                            「サトミさん、お漏らしするの初めてでしょ?もっと出したいでしょ?」
                                            サトミさんは
                                            「初めてよ!出させて!イイ~!イク、イクッ・・・」
                                            今度はさっきより大量の潮をジャバジャバ・・・と吹き出しました。
                                            僕はそれでも手マンをやめずに何度も潮を吹かせました。
                                            僕は「そろそろかな?」と思い、
                                            「サトミさんオナニーは止めちゃダメだよ」
                                            と言いながら、パンツを脱ぎ捨てました。
                                            僕のチンチンを見たサトミさんは
                                            「えっ?」
                                            という顔をしました。


                                            新薬開発したら、開発した本人が乱れだす・・・
                                            ca48c48c44c1a350a8ff661ccc6c7f08




                                             
                                            そのはずです、僕はチンチンだけにはかなりの自信があります。
                                            長さは20cmくらいで、太さもかなりあります。
                                            僕がチンチンをサトミさんの顔の前に突き出すと、何も言わずに口に入れ、フェラチオを始めました。
                                            今まで経験したことのない連続潮吹きでサトミさんは完全に堕ちていました。
                                            サトミさんは頬を凹ますほどのバキュームフェラを
                                            「ジュバ・・・ジュバ・・・」
                                            と始めました。
                                            僕はサトミさんがフェラしているのを見ていたら、
                                            「この綺麗な顔を、サトミさんをめちゃくちゃにしてやりたい」
                                            という感情が湧いてきて
                                            「サトミさん、犯すくらい激しくするからね」
                                            と言うとサトミさんの頭を両手で掴み、チンチンを喉の奥まで突き刺しました。
                                            サトミさんは
                                            「ゴフォ・・・ング・・・」
                                            と苦しみましたが喉奥を突き続けると、
                                            「ウォッ・・・ウォエ・・・」
                                            と涙を流しながら大量のえづき汁を出しました。
                                            えづき汁がフェラの潤滑液となり、喉奥がチンチンの先を締め付けるため、あまりの気持ち良さにイキそうになりました。
                                            僕は
                                            「サトミさん放しちゃダメだよ!イキそうだ。そのまま喉奥で出すぞ!」
                                            とサトミさんの頭を激しく振りました。
                                            サトミさんは
                                            「ゴフォ・・・ジュバジュバ・・・ウェッ」
                                            と目を閉じながらイラマチオに必死に耐えていました。
                                            「サトミさんイクよ!」
                                            と頭を掴んだまま喉奥に射精しました。
                                            チンチンを口から出すとサトミさんは
                                            「ゴホ、ゴホ・・・」
                                            と咳こみながらエズキ汁と一緒に大量のザーメンを吐き出しました。
                                            僕はサトミさんの前に立ち
                                            「サトミさん、ちゃんと綺麗にしてくれなくちゃ」
                                            とチンチンを突き出すと
                                            「ハァ、ハァ・・・はい・・・」
                                            と苦しかったのか、息使いが荒いままチンチンを口に含みました。
                                            「ちゃんと残りのザーメンも吸いとって、竿も綺麗に掃除するんだ」
                                            とフェラをさせました。
                                            サトミさんは亀頭から残りのザーメンを吸いとり、カリの裏側から根元まで丁寧に舌で舐めてくれました。
                                            ザーメンとエズキ汁でべったりの口元とオッパイ、糸を引きながらチンチンを舐めまわしている舌使いを見ていたらチンチンがすぐに大きくなりました。
                                            「サトミさん、また大きくなっちゃた。ちょっと四つん這いになって」
                                            とサトミさんを四つん這いにすると、後ろから中指と人差し指をマンコに入れてGスポットを刺激しながら手マンをしました。
                                            だんだん激しくするとサトミさんは
                                            「あ~ダメ、ダメ!また出ちゃう!イク~!」
                                            僕は
                                            「出していいよ!オモラシしてもいいよ!」
                                            すると
                                            「ビュビュー・・・」
                                            と勢い良く潮を吹きました。
                                            僕はそれでも手マンをやめず、さらに数回連続して潮を吹かせました。
                                            サトミさんを四つん這いにさせたまま、僕はサトミさんの前にひざまづきチンチンを口元に突き出して
                                            「チンチン欲しいでしょ?シャブって!」
                                            と言うと凄い勢いで
                                            「ジュボ、ジュボ・・・ブボボ・・・」
                                            と大きな音をたてながらバキュームフェラを始めました。
                                            「サトミさん、それも気持ちいいけど口だけでしてよ。それともっと舌を使って自分から喉奥の限界まで入れなくちゃ。サトミさんセルフイラマって知ってる?さっき観てたAVで女優の人がやってたでしょ?できるでしょ」
                                            と言うとサトミさんは
                                            「こんな大きいの、全部口に入るかわかんないけど・・・」
                                            ゆっくりチンチンをくわえて喉奥まで入れました。
                                            僕は
                                            「もっと入るでしょ、もっと!」
                                            と言うとサトミさんは僕の腰を両手でつかんで勢い良くチンチンの根元までくわえました。
                                            サトミさんは
                                            「ウゥ~ン・・・ング・・・ウォエ・・・」
                                            とえづきながら、今にも吐き出しそうになりながらもチンチンのカリから根元まで激しいセルフイラマをしてくれました。
                                            僕は両手でサトミさんの頭を掴み、サトミさんの顔が下腹に埋もれるぐらいチンチンを喉奥に突き刺したままにしました。
                                            少ししてサトミさんの口からチンチンを引き抜くと
                                            「ゴフォ、ゴフォ・・・ウォェ・・・」
                                            大量のえづき汁を出しました。
                                            「Tさんのチンチンと僕のチンチンどっちが大きい?」
                                            と聞くとサトミさんは
                                            「A君のチンチンの方が凄く大きい」
                                            と言いました。
                                            実はTさんが粗チンである事は、社員旅行で一緒に風呂に入った時から気づいていました。
                                            サトミさんが四つん這いの状態のまま、後ろに回り
                                            「サトミさんもう入れたいよ。入れてもいい?」
                                            と言うとサトミさんは
                                            「いいよ、きて」
                                            と言いました。
                                            バックの状態でゆっくりチンチンを奥まで挿入してストロークすると、サトミさんのマンコは凄い膣圧で締め付けてきました。
                                            僕の様な大きいチンチンを受け入れたのは初めてだったようで、サトミさんは
                                            「いいよ!凄くいいよ!こんな大きいの初めてよ!」
                                            と言いましたが、チンチンの3分の2ぐらいしかまだはいってはいません。
                                            僕は子宮を持ち上げるように、無理やりチンチンをゆっくりと根元まで挿入しました。
                                            サトミさんは
                                            「あ~何これ!?凄すぎ!ダメもうイッちゃう!突いて、もっと突いて!」
                                            僕はサトミさんの腰を掴んで思い切り子宮を突き刺すと
                                            「イク、イク~!」
                                            と体をビクビクさせチンチンが入っている状態で潮を吹きました。
                                            体位を正常位にしてサトミさんの脚を開いてチンチンを根元まで挿入し、激しくピストンしました。
                                            僕も我慢出来なくなり
                                            「サトミさんもうイキそうだ、顔に出すぞ!」
                                            と言うとサトミさんは
                                            「いいよ!出して!顔にかけて!」
                                            サトミさんのマンコからチンチンを引き抜くとサトミさんの顔に思い切り射精し、
                                            「ほら、まだあるからちゃんと吸いとって」
                                            残りのザーメンを口で吸い取ってもらいました。僕は
                                            「サトミさん凄く良かったよ。ザーメン洗い流してあげるから一緒にお風呂に行こうよ」
                                            サトミさんは
                                            「ありがと・・・目にかかってよく分からないから・・・」
                                            と一緒に風呂にいきました。
                                            風呂でサトミさんに付いたザーメンを洗い流し、エズキ汁まみれの体を洗ってあげると僕は
                                            「サトミさん今度はサトミさんが僕のチンチンを洗ってよ」
                                            と言うと
                                            「分かったわ・・」
                                            と僕を立たせ正面に跪きました。
                                            サトミさんの潮と愛液でベタベタになっている僕の股間を丁寧に洗うと、僕は気持ちよくなってきてチンチンがだんだんと大きくなってきました。
                                            サトミさんは恥ずかしそうに
                                            「A君、また大きくなって・・・」
                                            僕はたまらず
                                            「サトミさん、シャブって」
                                            サトミさんは自分からチンチンの根元を持ってフェラチオを始めました。
                                            「ジュバ、ジュバ・・・」
                                            と音を立てたバキュームフェラや玉袋から亀頭まで
                                            「チュパ、チュパ・・・」
                                            と吸い付くようなフェラ、そして自ら喉奥までチンチンを入れるセルフイラマ。
                                            しかもサトミさんは喉奥のさらに奥まで自分から押し込み
                                            「ガフッ、ガフッ・・・」
                                            と苦しみながらも僕のチンチンの根本まで飲み込みました。僕は
                                            「サトミさん僕のチンチンってどうです?Tさんのより大きいてす?」
                                            分かりきったことを聞くと恥ずかしそうに
                                            「A君のチンチンの方が全然立派よ・・・」
                                            と答えました。
                                            僕はサトミさんを立たせ壁に両手をつかせました。
                                            「サトミさん入れるよ」
                                            立バックの状態でゆっくり挿入すると
                                            「アァ~・・・凄い!太すぎ・・・」
                                            と声をあげました。
                                            子宮に当たりましたがさらにチンチンを押し込み腰を振りました。
                                            サトミさんは
                                            「イィ~!奥、奥!最高・・・イキそう!また出ちゃう!」
                                            「イクゥ~!」
                                            サトミさんがイッた瞬間チンチンをマンコから引き抜くと脚をガクガクさせながら
                                            「ジョロ、ジョロ・・・」
                                            と潮を吹きました。
                                            僕は潮を吹いている途中にも関わらず、再び子宮の奥深くチンチンの根元まで挿入し腰を振りました。
                                            サトミさんは
                                            「アァ~凄くいい・・・またすぐにイキそう!」
                                            僕は腰を振るのをやめて
                                            「Tさんより僕のセックスの方がいいでしょ?」
                                            と聞きましたがサトミさんは
                                            「・・・そんなの・・恥ずかしい・・・」
                                            と答えません。
                                            すごくゆっくり、焦らすようにチンチンの先だけでマンコの入り口を出し入れすると、サトミさんは我慢できずに
                                            「A君!あなたのセックス最高よ!Tさんよりチンチンも大きいし!・・・だからお願い、突いて!奥まで突いて!イかせて!」
                                            と言いました。僕は
                                            「じゃあサトミさん、もっとお尻を突き出して。今まで以上に奥にブチ込んであげる」
                                            突きだしたお尻を両手で抱え、思い切り奥までブチ込み激しくピストンしました。
                                            サトミさんは
                                            「ング!アッ・・・アッ・・イイ!子宮が押し上げられて・・こんな感覚初めてよ!アッ・・イク、イク!」
                                            とチンチンがマンコに入っているにも関わらず
                                            「ジョロジョロ・・・」
                                            と潮を吹きました。
                                            しばらくピストンを続けると僕もイキそうになり、
                                            「サトミさんイキそう!このまま中で出すから!いいよね!」
                                            サトミさんは
                                            「中はダメ、ダメ!赤ちゃん出来ちゃう!」
                                            と言いましたが僕は
                                            「大丈夫、出来たら僕が責任取るから!じゃあもう止めてフェラチオで抜く?」
                                            と聞くとサトミさんは
                                            「イヤ!止めないで!中に・・中に出していいから!もっと突いて!」
                                            と言いました。
                                            僕は今まで以上に荒々しく
                                            「パン、パン、パン・・・!」
                                            と音を立てるくらい子宮を突き上げ
                                            「サトミさんイクよ!奥にいっぱい出すから!僕のザーメンちゃんと子宮で受けてよ!イク!」
                                            サトミさんは
                                            「もうダメ!イク!イク!早く出して!中にいっぱい出していいよ!」
                                            と同時に僕はサトミさんの子宮奥で射精しました。
                                            凄く気持ちよかったです。
                                            サトミさんは
                                            「チンチン凄いドクドクしてる」
                                            としばらくチンチンが入ったまま固まっていました。
                                            僕がチンチンをゆっくりマンコから引き抜き、少しするとドロドロと大量のザーメンが溢れ出てきました。
                                            サトミさんは何も言わなくても自分からチンチンに残ったザーメンを
                                            「ジュバ、ジュバ、・・・」
                                            と吸い取り、フェラチオで掃除してくれました。
                                            僕とサトミさんはそのままシャワーで体を洗って風呂から出ました。
                                            風呂から出ると僕はTさんにサトミさんを迎えにくるように連絡しました。
                                            Tさんを待っている間僕が
                                            「サトミさん明日も来るんだよ」
                                            と言うとサトミさんは
                                            「はい・・・分かりました・・・」
                                            と言い、Tさんの迎えが来たため帰っていきました。

                                             
                                            媚薬⇒http://lovetoy.jp/ でのSEX効果か、単に俺の息子を気に入っただけなのかは謎ですが、
                                            それから2か月が経ちましたが、今はサトミさんと一緒に幸せに暮らしています。
                                            その後、何があったかは機会があれば報告します。















                                              私がよく利用しているこの⇒http://www.pc-max.jp/ で、たまに「パイパン人妻募集」と書き込んでいるが反応は当然少ない。
                                              人妻でパイパンだとリスクがあるのか、まぁ、少ない・・・
                                              しかしパイパンにしている位だから当然スケベが多い、楽しめる。

                                              そして今回はロリ系というか危ない位幼い19歳、ルイからメールがあった。

                                              不倫SNSになんで19??wwってなったが、パイパンの魅力には勝てず返信www 

                                              Dカップ、細身と返事してきた彼女。
                                              会ってみると、ヤバイ位に幼い。
                                              ルックスも服装も。免許証で年齢確認したくらいだ。

                                              近くのホテルに入る。
                                              スカート捲り上げてパンティずらし見せてくれて、完全なパイパンと確認。

                                              即股間を触りながらキスして抱き締めて押し倒す。
                                              適当にこちらも脱ぎながら2人全裸になる。

                                              Dカップの幼い胸を愛撫したらアンバランスに悶える彼女。
                                              白い肌、幼い体形、それに似つかわしくない胸、しかししっかりと膣は濡れている。

                                              私「今日は思いきり可愛がるからね
                                              ルイ「優しくして下さいね

                                              ソファに座って股を開いた私の股間に顔を埋めてフェラする幼女。
                                              幼女にしてはテクが有る。根元や肛門まで舐めてくれる。

                                              小さな幼女の身体をベッドに横にしてパイパンを舐める触る指入れる。
                                              ルイ「もっと、そこ、舐めて、吸って、行く、行く、行っちゃう」で昇天。

                                              昇天したところで一気に生で挿入した。





                                              幼女はマンコも締まっている。
                                              ルイから抵抗は無かった。
                                              動くとマンコの内壁が手に取るように伝わって来る。

                                              ルイ「生で入れられちゃった、気持ち良いよー
                                              私「ルイちゃん、本当に気持ち良いよ、最高だよ

                                              奥まで幼女を突いてやる。
                                              脚を持ち上げて入り口から一気に奥までの運動を繰り返す。
                                              最高に締め付けられるし、ルイの敏感な反応も気持ち良い。

                                              ルイ「行く、行っちゃう、もっとして、もっと、行く、行ってるー
                                              私「どこに出して欲しい
                                              ルイ「中に出されたくて会いに来たの、中に、中にお願い、出してー

                                              膣内射精。
                                              出してる最中も

                                              出される、出してー
                                              チンポを手で絞りながら昇天する幼女。
                                              絞られると最高に気持ち良かった。

                                              抜くと生理の出血が混じってピンク色の精液が流れ出て来た。
                                              生理始まったから遠慮は無用だ。
                                              中出しするぞって。

                                              フェラで回復させてもらう。

                                              私「こんなに可愛いルイに出して、また綺麗に舐めてもらうって嬉しいよ
                                              ルイ「だって、出して貰ったんだもん、お礼しないと
                                              ルイ「大きくなってきた、また入って来て」で騎乗位。

                                              自分から激しく前後に腰を動かす幼女。スケベだ。
                                              腰から下だけが別の人格で動き続け、幼女顔と幼女胸がアンバランスだ。

                                              ルイ「さっき出されたのがベチャベチャって音、いやらしいー
                                              ルイ「また中に出してね、お願い、中に出してー
                                              ルイ「行く、行くけど、また動いて良い
                                              ルイ「こんなに動くけど好き者って思う? スケベ女って思う? 言ってスケベ女って
                                              私「スケベ、スケベ、この好き者の淫乱女!!!
                                              ルイ「あー、行く、スケベです。ルイ、淫乱ですー行くー、出してー

                                              言葉を発しながら行く。
                                              ルイの中に再度多量に放出した。

                                              またルイが手を伸ばしてチンポを絞りながら出させてくれる。
                                              立ち上がって割れ目から垂れ流れるピンクの精液が直接シーツに落ちる。

                                              当分は中出し女として遊んでやることにした。
                                              他の男と「生」でする事を禁止。
                                              オナニーも禁止して私と会う安全日に出させる約束をした。 

                                              でも、やっぱ人妻のパイパンに巡り合いたいので、また、ここで⇒http://www.pc-max.jp/  募集をかけてみようと思いますw














                                                pb_p_siro-2503




                                                掲示板というとこは、やり取りがリアルタイムだから話が進んで楽しいんです。

                                                最初から個人でのやり取りもいいですが、警戒心を解くという意味では、掲示板から仲良くなった方が良い気がしています。もちろん自論でなんの確証もないのですがw

                                                そしていつものように、掲示板で女の子の警戒心を解く作業をしていると、そのうち一人の女性と仲良くなり、ユミという子とメールを交換。

                                                あ、ちなみに使ってるのはここ⇒http://www.pc-max.jp/

                                                メールをしているうちに、

                                                「実は・・・私は21歳なんですけどまだ男の人と付き合ったこととかないんです。

                                                そういう女の子ってキライですか?」

                                                とメール来た。

                                                「キライじゃないよ。純粋な感じでいいと思うよ」 

                                                「本当ですかぁ!?よかったぁ!周りの友達は、みんな彼氏居るし、正直焦ってたんです。。。

                                                しかも、いきなりそんな事言って嫌われたらどうしようかと思った~!」 

                                                「せっかく仲良くなった子を嫌ったりしないよ~」 

                                                「うれしい!ユウゾウさんと仲良くなれてよかったぁ。

                                                なんかお兄ちゃんみたいで安心しちゃう」

                                                すっかりユミは気を許してくれたみたいである。

                                                お兄ちゃんみたいとユミは言うけれど、それはそれで親近感がわいていいかな?

                                                と思って何日かしてユミを誘うことにした。

                                                「ユミちゃん、今度、この前話した映画でも見にいこっか?」 

                                                「え~っ ちょっと緊張するけど・・・でもその映画見たいし・・・」 

                                                「映画見て、ご飯でも食べようよ。」 

                                                「うん・・・ユウゾウさんなら大丈夫かなぁ?考えておくね?」

                                                それから・・・・ようやくユミとのデート!

                                                出会い系の女の子ってノリがいいわりにはけっこう警戒心が強いから

                                                実際に会う約束を取り付けるまでちょっと時間がかかったけど、

                                                映画の話で盛り上がってたからその映画を見に行くという事と、

                                                車では来ないという約束で会うことになった。

                                                ・・・車じゃないとホテルに連れ込めないなんてことはない。

                                                映画館があって食事ができるところがあるような繁華街に行けば

                                                歩いていけるところにラブホあるからね。笑

                                                待ち合わせ場所に現れたユミは、

                                                メールでは自分ではぽっちゃりめで自分の体型がキライと言っていたが、

                                                俺からすれば胸が大きくてさわったらやわらかそうでかわいいよと言ってあげていたから、

                                                今日のユミのファッションは胸を強調していた。

                                                かがんだら白くてやわらかそうな胸の谷間が見えるから興奮する。

                                                映画を見たあとにお互いに感想を言いながら雰囲気のいい居酒屋に入って

                                                酒を飲みながらさらに盛り上がる盛り上がる。

                                                アルコールが入ってちょっと赤くなったほっぺたがかわいいユミ。

                                                俺が大げさな話をして笑わせてたら

                                                「もぉ、やだぁ!」なんて言いながら軽くボディタッチしてきた。

                                                これはイケるぞ!なんて思いながら

                                                ユミに甘くて美味しいカクテルをどんどん勧める。

                                                それをまた美味しそうに上目遣いでグングン飲み干していくから

                                                やたらかわいい。笑

                                                なんかフェラでもされている気になるよ。





                                                 

                                                「大丈夫?ユミちゃん?」

                                                って聞いたら

                                                「だいじょーぶだいじょーぶ!」

                                                なんて真っ赤な顔をして笑ってる。笑 

                                                俺が意地悪く

                                                「ユミちゃんがそんなに酔っ払ったらお家知らないし連れて帰れないからね~?」

                                                って言ったら 

                                                「えぇ~そんなこと言わないでくださいよぉ、今日はせっかくユウゾウさんに会えたのに~」

                                                なんてスネてる。

                                                おいおい、だいぶ俺のことを気に入ってるみたい。

                                                女の子の話をなんでも聞いてやったりするのってけっこう大事みたいだね。

                                                あと褒めてあげるとか。 

                                                さりげなく褒めると女の子って口では

                                                「またまたそんなこと言って!」

                                                とか言うけど内心ではけっこう喜んでるみたい。

                                                酒を飲みながらふとユミの手を見てたら、

                                                ピンクのかわいいマニキュアをしてる。 

                                                なにげなく「かわいいマニキュアだね」と言うと

                                                ユミはうれしそうに

                                                「ほんと?かわいく見える?けっこう気に入ってるんだぁ、うれしい」

                                                とニコニコ。

                                                俺が「ちょっと見せて」と言って手を出すと

                                                「うん」と言って手を乗せてきた。 

                                                「へぇ~!きれいだねぇ」と言いながらもう片方の手でユミの指と爪をそっとなでる。 

                                                チラッとユミの方を見ると、はにかんだ顔で下を向いてる。 

                                                「ユミちゃんってほんとかわいいね。待ち合わせ場所で初めて会った時から思ってたんだよ」

                                                とそっと言ってみると 

                                                「えぇ~、そんなぁ~ ウソばっかり」と憎まれ口。 

                                                「ウソじゃないってば」と笑いながらユミの手を離した。

                                                ほどよくユミも酔い、料理がなくなったところでユミに

                                                「そろそろ出よっか?」と聞くと「うん」と返事が返ってきた。

                                                まだ人通りの多い繁華街を歩いてたらユミがすれ違う人にぶつかりよろめく。 

                                                「大丈夫?ユミちゃん。はぐれないように腕につかまったら?」

                                                と言うと素直に俺の腕にしがみつく。 

                                                なんだ意外と簡単だなぁと思いながら、角を曲がり路地へ。

                                                「ユミちゃん、キスしたい。」と言ってみると

                                                「えっ・・・」と言いながら固まってるので肩をそっと抱き寄せてキスをしてみる。 

                                                反応は悪くない。 

                                                そっとユミのくちびるを俺の舌で開いて、舌を入れてみるとユミの舌が絡んでくる。 

                                                ユミは完全にソノ気だ!

                                                キスをし終えてからユミに「・・・ホテル行く?」

                                                と聞いてみたら恥ずかしそうにうなずく。 

                                                近くのホテルまでユミと手をつないで歩き、ホテルに入った。

                                                「ユウゾウさん、して・・・」ってユミが求めてくるまま何回もキスをして

                                                それからすぐにベッドイン。 

                                                ユミはとっくに濡れててスムーズだった。

                                                楽しかったなぁ!

                                                結局お泊りして体力が続く限りセックスしたよ。

                                                今時の女の子って早く経験したくて積極的なんだって初めて知った。

                                                今でも月に何回か会ってユミとしてるよ。 

                                                まぁ他にもこの⇒http://www.pc-max.jp/ で女の子会ったりしてけっこう忙しいけど。

                                                こういう女の子が好きそうなつくりのサイトは、いろんな女の子が集まるからありがたいw


                                                【ピンチ】イチャイチャして、全裸で、私が上に乗って・・・ってとこで玄関から「ガチャン」って音が・・・


                                                【衝撃】寝取られた・・・みんなで雑魚寝していたら彼女の喘ぎ声が・・・ 














                                                    _DSC7266s


                                                    先日、中学のクラス会が有り、久しぶりに出席した。
                                                    バツ1の私は何も気にするものがいないので、まずいまだに独身で銀行勤めの智子に声を掛ける。
                                                    家が近所だったせいか、今でも実家に行った帰りに時々見かけていたので前からひそかにねらっていた女の1人だった。
                                                    私は中学の頃からパンストタイツフェチだった。
                                                    その智子は中学時代、冬になると毎日、必ず黒のタイツをはいてきたので、当時私のオナニーのおかずにしていた。
                                                    その智子がクラス会の日、ミニスカートに黒のタイツ姿だったので、これはなんとかものにしなければと思い、色々と話し掛け、今度、改めて食事でもしようという事で約束を取り付けた。
                                                    そして、クラス会が終わり、2次会に行く事になった。
                                                    智子は用事が有るとの事で2次会には来なかった。
                                                    智子とはその後、食事のあと、しっかり頂き、もちろん中出ししてきた。



                                                    前置きが長くなってしまい、申し訳有りませんが、このあと、2次会に行った。
                                                    そして、友人と飲んでいたら、同じクラスだった由佳が私に声を掛けてきた。
                                                    由佳は小学校5年の時、引っ越しして来てから中学卒業まで5年間、私とずっと同じクラスで、由佳と中学卒業まで同じクラスだったのは私1人だけだったせいか、当時もよく話をする仲だった。
                                                    当時、由佳もまた、冬になると、小学校時代は白のタイツをよく履いて来て、中学になると黒のタイツを毎日履いてくる私にとっては智子同様、いいオナニーのおかずだった。
                                                    その由佳が話を掛けてきたので友人から離れて2人きりで色々と話をした。
                                                    成人式以来合っていなかった由佳は少しポッチャリはしていたが、それがまたいい感じになっていた。
                                                    彼女も3年前に離婚をして今は一人暮しをしていて彼氏も今はいないとの事でこれは頂くしかないと思い、飲めないという酒をがんがん飲ませ、最後には1人で立っていられない程だった。
                                                    そして、2次会が終わり、車で行っていた私はノンアルコールビールを飲んでいたのでぜんぜん酔っていないので私が送って行く事になり車に乗せた。
                                                    彼女は助手席にのせるとすやすや眠ってしまったので、私のマンションに連れて行った。


                                                    眠っている由佳は重たくしんどかったが、何とか私の部屋へ連れて行き、まずコートを脱がしてから、べットでスーツを脱がすと、水色のおそろいのキャミソール、ブラ、パンティだった。
                                                    パンティの上には、黒の柄物のタイツをはいていた。
                                                    まだ由佳はすやすやと眠っていた。
                                                    私は全裸になり由佳の上にのると、まず、Dカップの胸をしゃぶらさせて頂き、乳首を少しかんでやると「うーん」と少し声を漏らした。
                                                    私はおかまいなく、今度は耳たぶから脚の先まですべてなめつくし、特にタイツをはかせたまま念入りに舐めてあげた。
                                                    パンティの中に手を入れると、眠っているにもかかわらず、オマンコはぐっしょりとしていた。
                                                    指でクリトリスを刺激してやると遂によがり声をあげだし、わたしの首に手を回してくるとぱっと目を開け
                                                    「眠っているのを良い事にこんな事して、うったえてやる!」と言ったが、明かに冗談ぽく言ってきて目はうっとりしていたのでそのまま続けた。
                                                    そして由佳自ら、私のおちんちんを手で握り今度はしゃぶりたいと言ってきたので69になり由佳のオマンコを味あわせてもらった。
                                                    由佳のフェラにたまらなくなった私は彼女のタイツとパンティを脱がし、入れようとすると、
                                                    「ゴム付けないの?」と聞いてきたので
                                                    「生でしたい」と言うと、
                                                    「今日は危ないから出来たら責任とってよね」と言ってきたので、
                                                    「その時はね」と言うかどうかに由佳のオマンコにぶち込んでやった。
                                                     
                                                    由佳は「あー久しぶり、やっぱおちんちんがいい!」と突然絶叫とまでは言わないが大きな声を上げ、私の腰の動きに合わせて腰を振ってくれた。
                                                    私も久し振りだったので意外に早く射精感が来て、
                                                    「由佳、中に出すよ」と言うと
                                                    「うん、中に出して、いっぱい出して」と言ってきたので、
                                                    「出来てもいいのか」と言うと、
                                                    「いい、出来てもいいからいっぱいだして、赤ちゃん出来るくらいいっぱい私の中に出して!」と言ってきた。
                                                    私もその言葉に興奮して「行く!良く!俺の子産めよ!」と言うのと同時に由佳の中にどくどくと精子を射精した。
                                                    自分でもびっくりする位、中出しした。
                                                    由佳も私の射精と同時にイッてしまったようだった。
                                                    抜くと精子が出てくると思い、しばらく入れたままにしていた。

                                                     
                                                    由佳は私を見つめて
                                                    「あーあ、出来ちゃうよ。こんなにいっぱい出して、出来たら私と赤ちゃんの面倒見てよ!」と言うので
                                                    「よしよし、わかった、出来たら電話して来い」と言ってやったが、今の所、連絡は無い。
                                                    まあ、けっこう美人だし、元々性格の良い子なので出来たらしょうがないかなと思っている今日このごろで有ります。








                                                        141220a_as012tn





                                                        既婚彼女無 単身♂30、175/80、見た目=(赤井英和+藪)÷2のオッサン

                                                        相手 18♀ (事前の情報はこれだけ)
                                                         
                                                        向こうから面接のアポあり。ここ⇒http://www.pc-max.jp/ 経由で4~5日ほどやり取りしたのみで、写メはもちろん、直メも直電もなし。待ち合わせ場所と時間もサイト経由で調整。

                                                        親の目があるので夜は無理とのことで、アポ時刻はなんと日曜の朝7時。
                                                        「学校で勉強する」といって出てくるとか。5時起きですよ、俺。

                                                        寝坊しないよう土曜日なのに11時に就寝しましたよ。
                                                        ドムかザクレロだったら、即放流して仮眠してからソープでも行こうと計画。


                                                        日曜の5時に起きたのなんて、相当久しぶりだぞ。眠い目をこすりながら高速を1時間飛ばして向こうの最寄り駅へ。

                                                        ドムレロだったらいつでも逃げられるように近くのコンビニに駐車、という定番技を使って駅へ徒歩で向かうも、定時になってもそれらしき人影ナシ。

                                                        つうかこの駅誰もいないじゃん、なローカル線です。日曜の朝だから、俺目立ちすぎ。 釣りだったか?と不安になった7:15に向こうから制服のJKが一人歩いてくる。

                                                        ベッキーを黒髪にして日本人顔にした感じ。カワイイ・・・しかもまじめそう。

                                                        ヤリ目だったが、見かけがまじめそうなので、 とりあえずファミレスで朝飯食いつつ出方を見る。茶髪+化粧とかだったら即ホなところだが。

                                                        出会い系は初めてだそうで、もちろん会うのも初めて。最初が俺でスマソ。学校の話や彼氏など聞きつつ、県内有数の進学校で国立大志望って優等生チャンですか。

                                                        18未満で逮捕はイヤなので「高3ってことは○○生まれ?」とわざと間違って振ってみると、「○○年5月生まれ。」と即答だったので本当と信じる。淫行で逮捕だけはイヤ。




                                                        8時ごろ食い終わって、俺「まだカラオケとかどこも開いてないけどどうする?昼寝でもする?」

                                                        ベッキー「今なら朝寝なんじゃない?」(拒否コネー。OKフラグキター)
                                                        俺「じゃ、行ってみる?」ということで朝っぱらからLHへ。LH初体験だとか。

                                                        ソファでキスすると舌を絡めてきたので、意外と始めからヤリ目だったのかも。制服姿の見た目はペタンコ胸だったのに、上着越しに触るとDはある。

                                                        弾力もすばらしい。さすが10代。時折キスしながら少しずつ脱がせるが、俺の肩に顔をうずめたままで手は俺の上着をつかんでいるのでまさかと思って一応聞いたが、初めてではないらしい。でも相当緊張しているとか。

                                                        胸はたぶんD、乳首は小さめできれいなピンクでした。
                                                        なぜかスカートを脱ぎたがらなかったので、そのままに。

                                                        上半身裸でスカートとソックス着用ってAVですか?まだ開発されていないのか俺がヘタなのか、感じるのはクリのみのようなので、執拗にクリ攻めの後、正常位でゴム挿入。

                                                        1回目はそのまま正常位でゴム中。
                                                        少し休憩して、2回目は騎乗位→対面坐位→横位→バック→正常位でゴム中。

                                                        「朝寝」をしてから3回目は騎乗位でゴム中。中はキツキツではないけど18のハリある壁の弾力と豊富な愛液のヌメヌメを堪能いたしました。

                                                        騎乗位の腰使いがすごかったわりに、フェラは希望せず。JKってこんなもの?
                                                        制服スカートはいたままのセックスは視覚効果も十分でした。

                                                        オッサンに3回戦はきつかったけど制服効果ってやつね。
                                                        限界突破しましたw  彼氏にも負けたくなかったしね。
                                                        昼飯をファミレスで食べた後、友達との待ち合わせ場所まで送ってバイバイ。

                                                        別れるときに「またね」とは言わなかったけど、帰宅後に一応メールはしておいた。受験の邪魔をしても悪いので、こちらからは積極的にはいかない予定。

                                                        でも、JKのピチピチ感が忘れられないのか、ここ⇒http://www.pc-max.jp/ で検索するとき、一応JKも検索している俺がいる現実。。。

                                                        c24646d1

                                                        30d5a235

                                                        8b7c88b5




                                                           



                                                            0285532s






                                                            最初は会う気のなかったメル友とTELで同時オナするようになって、結局会うことに。。。 

                                                            ちなみに出会ったのはここ⇒http://otona-to-ku.net/

                                                            でも、ふつーの話題もTELで色々話ししてたから、ホテル入ってからも、しばらくは雑談。 

                                                            ソファで隣座って雑談しつつも、背中にタッチしたり、膝に手を置いたり、 

                                                            「あ~、私の反応、うかがってるな~」って感じのおさわりがあって、

                                                            がっついてない感じ(まあ、TELオナとかしといてなんなんだけどさw)に好印象を抱いてしまいました。

                                                            しばらく雑談とボディタッチが続いたんだけど、ふと話が途切れ、彼が腕時計を見て、「何時に帰らなきゃいけないの?」と訊いてきました。

                                                            彼の腕時計を覗きながら「2時間後にはココ、出なきゃ」と私が言うと、 
                                                            「そっか。じゃあ、もっとこっちおいで」と、抱き寄せられました。 

                                                            当時、私は付き合っていた彼がいました。 

                                                            なのに、彼の自分勝手なセックスに満足できず、彼とのデートのあと、一人でオナっては悶々とする日々だったのでした。

                                                            そんな愚痴と相談に、このメル友くんは付き合ってくれていたので、抱き寄せられたあと、

                                                            「どんな風にされたいか、俺にはちゃんと言いな。その通りにしてあげる。もっと感じさせてあげるから」と言われ、恥ずかしさや興奮や期待やなんかで泣きそうになってしまいました。

                                                            それまでは、男性が自分の思うようにリードして、というエッチばかりだったので、「こうしてほしい」と言葉にするのは私にとって、ものすごく勇気がいることでした。 

                                                            だけど、思いきって、「キスして」って言ってみると、最初は優しくて、でも、だんだんと舌が激しく動く、とろけそうなキスで。。。

                                                            そこから先はもう夢中でした。 
                                                            ホントはシャワー浴びたかったのに、我慢できなくて、そのまましちゃってw

                                                            クリを舐められているときに、「どうしてほしい?」って訊かれて 
                                                            「中に指入れて」っておねだりして、

                                                            指が入ってきた瞬間、気持ちよくてきゅうって締まって、潮吹いちゃったから、彼の顔がびしょぬれに。。。 

                                                            ビックリして、申し訳なくて、恥ずかしくて、「ごめんなさい」って言ったら、顔を拭きながら彼、「いや、うれしいよ」って笑ってた。

                                                            そのあと、お礼に彼のを舐めたり、お風呂でしたり、またソファに戻ってしたり。。。 

                                                            「そこ、して」って言うと、「そっか。ここ感じちゃうんだ。。。」ってつぶやいて、いっぱいしてくれるんだけど、私がそれでイッちゃうとナデナデして休憩。 

                                                            私が落ち着いたらまた「ココはどう?」って別のとこ攻められて。。。 

                                                            彼は私の反応を見て楽しんでるみたいで、私が逝っても彼が出そうになると抜いちゃう。

                                                            で、指とか舌とかでまたいかされちゃって、、、
                                                            なんだかもう私の頭カオスにw 

                                                            そのころには彼と一緒にいきたくなっちゃって、ソファに座ってる彼の上に強引にまたがって襲っちゃったw 

                                                            で、騎乗位(っていうのかな、ソファでも…)してたとき、また潮吹いちゃって、深く動くたびに飛び散って、なのに動くのやめられなくて 

                                                            いっちゃったあと、耳が聞こえない(聞こえにくい)感じがしてた。 
                                                            なんか感覚がスパークしきって、回路が切れちゃった感じ。

                                                            意識はあるんだけど、遠くに自分の身体があるみたい。あんなの初めてだった。 

                                                            その後もその人と数回会ったけど、飽きられちゃったみたいで、もう3ヶ月会ってない。さみしいな。 

                                                            いい加減、きっぱり諦めて、またここで⇒http://otona-to-ku.net/ 次の人を探さないとですね・・・











                                                              管理人より
                                                              ヤレる薬、SEXしたくなる媚薬なんて、眉唾ものばかりで本物なんてあるはずないと思っていませんか?
                                                              私もその一人でした・・・。
                                                              子供のころから「媚薬を使って高嶺の花を自分のものにしたい」「媚薬を使って合コンで女の子をお持ち帰りしたい」「生意気な女に媚薬を飲ませてチ○コを欲しがらせたい」などなど
                                                              アホみたいな妄想ばかりをしていましたが、大人になるにつれて勝手にそんな便利なものあるわけないと決めつけてしまっていました。
                                                              しかし、そんな概念を打ち破る出来事があったのです。
                                                              サラリーマン時代に、取引先の社長と博多で飲んでいたときのことです。居酒屋で飲んだ後に、社長行きつけのBARに連れて行ってもらいました。
                                                              そこには社長とも顔見知りの客も数人飲んでいて、社長の顔を見るなり
                                                              「おお!○○ちゃん、こないだもらった媚薬使ったばい!あれ凄かね〜!!ホントに効くね。ねえ、マスター、あの女ん子は媚薬ば入れた酒に全然気づかんでガブガブ飲んだもんね(笑)
                                                              そしたら、しばらくしたらモジモジしだしてからたい、笑うのこらえるのが大変だったばいね(笑)」
                                                              マスターと呼ばれる50前後のダンディーなおじさんも
                                                              「俺も笑いこらえるの大変だったばい(笑)あの女ん子、あんたにクネクネしながらひっついてから。もう店ん中でおっぱじめんか心配したばい(笑)」
                                                              突然の中年おやじ達のエロい会話に、私はついていくことができずポカーンとなってしまいました。
                                                              よくよく聞いてみると、社長がこの店で飲んでいたときに、「SEXしたくなる媚薬はある!スチュワーデスとの合コンのときに使ったら楽勝で持ち帰れた」という体験談をしたら
                                                              BARにいた他の常連客達が、そんなウマい話なかろーもんと言いだしたもんだから
                                                              社長は意地になって「なら店に持ってきてやるけん、自分で使って試してみるたい!」と後日、常連客たちにホントに媚薬をあげたらしい。
                                                              それで、媚薬をもらった常連客達はこぞってこのBARに女を連れてきては媚薬を試していったというのです。
                                                              毎日毎日、常連客達が目の前で女の子を連れて帰っていく姿を見たマスターが「社長、あんたの言うとおりSEXしたくなる媚薬はあったばい。」としみじみ言ったのが印象的でした。
                                                              その後も常連客達の媚薬体験談は次々と飛び出し、キャバクラで生意気なキャバ嬢の酒に媚薬を混ぜて持ち帰った話や、ナンパした子をこの店に連れてきて媚薬を飲ませたらセフレになった話
                                                              セックスレスだった嫁さんに媚薬を飲ませたら3年ぶりに求めてきて大変なことになった笑い話など、どれも凄い話ばかりでした。
                                                              本当にヤレる媚薬が存在していたなんて、ワクワクがとまらなくなり、これは自分でも体験せねばと考えて同じ媚薬を通販で購入して合コンで試してみました。
                                                              一番ムリっぽい子に試してみようと思って、スカしたキャリアウーマンに媚薬を飲ませたら効きすぎて大変なことになったんですけどね(笑)
                                                              その時の体験談はこのサイトのどこかに実体験として投稿してあります(笑)
                                                              これから媚薬にハマった私は液体タイプだけではなく、クリーム状の塗るタイプの媚薬や粉末の漢方媚薬、ドリンクタイプなど色々な媚薬を購入して実際に体験してきました。
                                                              また、SNSでも媚薬仲間を募って媚薬についての情報交換をしてきて、国内だけでなく、個人輸入のジェネリック媚薬があることも知りました。
                                                              色々な媚薬を試した結果、本当に効くものもあれば、偽物、眉唾ものもありました。見た目では効果出ていないのに、アソコはグッチョリ濡れていたり媚薬は本当に奥が深いです。
                                                              皆さんも媚薬の効果や副作用は不安ですよね?せっかく買ったのに効き目がないなら意味がありません。
                                                              自分の目的に合った媚薬を見つけるためにも、くちこみや感想、体験談を読んでから選ぶことが大切です。
                                                              有名なものだと、媚女の雫、ナイトハンターラブリキッド、チョコレートラブ、アドバンテージ、ヨヒンベ、アクティブOTC、オキトシン、フェリモア、紅蜘蛛、などがありますので,
                                                              まずはこのサイトの媚薬体験談や使ってみた感想を読んでみてください。
                                                              すごく生々しいリアルな体験談ばかりなので、参考になるというか使いたくてたまらなくなります(笑)
                                                              それでは当サイトをお楽しみ下さい。