BuzzGirls 女性のためのニュースやエッチな体験談 | 媚薬感想

最新トレンド情報からゴシップニュース、エッチな体験談まで。 オンナゴコロを刺激するガールズライフスタイルブログ(バズガールズ)。官能小説や出会い系、媚薬の体験話、無料動画、感想もあり




201502213





私 千葉、♀、28、160、独身彼無し、芦名星 

相手 神奈川、33、168、独身彼女無、写メは芸人のホリをかっこよくした感じ 

何ヶ月か前のお話。週末にリア友と飲みに行く約束をしていたが、飲み後が暇になるので場所を指定して募集。 

柏で、と募集をかけたのに釣れたのは神奈川県民。結構遠いのに、精子脳には恐れ入ります。 

ちなみに出会ったのはここ⇒http://www.pc-max.jp/
 
週頭に募集をかけたのでgdgdメールで仲良くなる。メール段階で面白い話をいっぱいしてくるので期待大。 

セックスする、というのを前提にだったので話も早く、電話したりメールしたり。私のドMぶり暴露したり。

低スペックと念押ししたらあっさり写メ交換。芸人のホリをかっこよくした感じで全然可食です。

私の写メを送ってもひるまない勇者のようで可食判定をいただく。 
写メ交換後になぜかチン○写メもいただく。結構dkmrらしい。 

写メじゃはっきりわからんがナイスチン○ぽいです。ますます期待大。いざ面接へ
夜の柏、リア友と飲む。普段酒に強いリア友がぐでぐでになってしまい介抱。

終電がなくなるの前提なのでネカフェに泊まるからと場所を教えてもらうはずが満足に教えてもらえず…orz 

ぐでんぐでんな友人をタクシーに押し込んで適当に探す。深夜の柏でうろうろするのは非常に怖かった。 

何とかネカフェを見つけて就寝。翌朝目覚めるとメール受信、ホリからだった。「着いたよー」え?今何時?10時?道路が空いてて予想より早く着いちゃったらしい。 

慌てて準備をしてネカフェを出る。ホリが待っていた方と逆の出口にいたのでこちらまで誘導。程なくして到着メール。

あ、あの車か…写メ交換してるとは言え緊張しながら車のドアを開ける。

「初めましてー」と覗き込むと写メ通りのかっこいいホリが。てか写メよりかっこいいぞ。イケメンに緊張しつつ助手席に乗り込む。

ホリは白いシャツにスキニーちっくなデニムパンツ。
シンプルお洒落さんな感じ。会う前より緊張するわ…ちょっと帰りたい。 

ここまで来て引くわけにもいかないし、何よりdkmrに興味津々だったのでそのまま車発進。 

メールの通り話がうまくて車中和やかに会話。ネタ話などをしてくれるおかげで緊張もほぐれてきた。 

時間はまだお昼前。いきなりLHもねー、とホリ。ナビで調べたら近くに公園があるとのことで少し散歩しようと提案される、快諾。 

公園に到着してぐるっと一周。日曜午前の公園にいるのは散歩する夫婦や家族連れ。実に爽やかです。私たちこれからセックスするのに…

YOLjo8mJ


皆眩しいよ、眩しすぎるよ… しばらく散歩した後、公園のベンチに座ってしばし雑談。ここでもホリのネタ話で盛り上がる。

話の間に隣のベンチに座ったお兄さんが連れてるパグがかわいすぎて(*´д`*)ハァハァ   話が途切れた時に急にホリが私の耳元に顔を寄せる。

「そこのトイレでフェラしてくれない?」 …( ゚д゚)ハッ!そうだ、メールでホリが野外プレイの話題に食いついてたの忘れてた! 

公園に誘われた時点で気づけ私!話の流れと全く関係ない所でお願いされたので動揺しつつも承諾。

ベンチ近くにあった身障者用トイレに時間差で入る。あー緊張する。 
早速フェラ開始。ホリ仁王立ち、私がしゃがんでホリチンコ○とご対面。 

言われてた通りdkmrktkr!でかすぎないナイスチンコ○(*^ー゚)b グッジョブ!! w フェラする前からビンビンです、(*´д`*)ハァハァいただきます。 

最初は舌で全体を舐めていって濡らすように、濡れてきた所でくわえてじゅぽじゅぽ。( ゚Д゚)ウマー 

トイレフェラでいたく興奮されてる様子のホリ。時々苦しそうな声が漏れる(・∀・)萌

すると、横に、普通にトイレにきたおじさん。
ばれるのはさすがにまずいので、ホリに制されて時間差でトイレを出る。 
お互い興奮しまくった所でホリが調べてくれたLHへGO! 

キレイなホテルみたいなんだよねぇとの言葉に期待しつつLH到着。 
何か…西洋風を意識しすぎた感じで、しかも古そう。シャンデリアとかあるw 

一昔前の豪華西洋風味なインテリアに2人で苦笑い。入室後しばし雑談。やっぱり話がおもしろい。お風呂溜まるまで話してたらホリから再度のフェラ要求。 

ソファに座るホリの前に跪いてフェラ。私の拙いフェラをいたく気に入ってもらえた様子。きっとトイレ効果だと思うよw お風呂が溜まった所で2人で入る。

事前にホリには伝えてあったけど、私が生理だった為、嫌ならしないからと紳士なホリ。素敵です。 

お風呂でいちゃいちゃしてたらお互いに入れたくなってきた…入れてほしいとおねだり。あ、でもゴムは?と思ってたらちゃっかりお風呂に持ってきてる、

更に素敵ですw ゴムつけてもらって、私が浴槽に手をついた形でバックから挿入。 
バックからガンガン突かれて超気持ちイイ…。 

「生理で血が出てる状態でバックから、なんて、まるでレイプしてるみたいだね」 

とホリ…「そゆこと…言っちゃいや…(*´д`*)ハァハァ」なんて会話してる内に程なくしてホリが逝って終了。 

しばらくLHでまったりした後、LHを出て車で途中まで送ってもらい解散。 

2回ほど再面したが、向こうに好きな人が出来たっぽく放流された。と思ってたらナゼか恋愛相談をされたり…今後もメールのみで会うことはないでしょう。 

もうちょっとめんどくさくない♀を好きになった方が良いと思います。 
早く彼女とラブラブになれると良いですね。応援してます。 

私もセフレではなく、次はここで⇒http://www.pc-max.jp/ 彼氏を探そうかな・・・考えさせられましたw

y20XyFJt






     



      3dc19028f5024467b2320452224692c9



      みなさんも“男友達”というくくりの中に、カレシにしてもいいかなゾーンに入っている男性がいると思います。

      今まできっかけはなかったものの、そういう雰囲気になったら、いってもいいかな……。いや、むしろそういう雰囲気になったらな、なりたいな、したいな!

      などと、悶々としてしまうこともあるのではないでしょうか。

      そこで今回は、恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんに、異性として見られていない男友達から、女として意識される方法をお聞きしました。

       

      ■1:まず確認すべきこと

      「まず確認していただきたいのは、あなたとそのお相手は、本当に“友達”関係なのかどうかって、ことです。

      実は相手からしてみたら、別に全然そうは思っていなくて、普通にあなたのことを“女”として意識しまくっていて、ふたりで食事に行ったら手とかつないでくるかもしれませんよ?

      なのでまずは、その関係が、本当に崩し難い友達関係になっているかどうか、確かめてみましょう。

      上記のように、食事に誘ってみるという方法もありますが、LINEなどを活用し、“恋愛話”をもちかけてみるのもいいでしょう。

      恋愛話をしていると、相手のこちらへの想いは熱いか冷たいか、よくわかるものですよ」

       

      ■2:ガラッと変える

      「もし、どうやら友達として見られているようでしたら、まずはカレと会うときに、服装やメイクなどをガラッと変えてみましょう。

      カジュアル系だったらセクシー系に、セクシー系だったら清楚系に、と女性っぽさは崩さず、セクシーor男好きな感じがいいですね。

      そして、それに伴いキャラや性格もチェンジです。いつも明るくポジティブだったら、少し弱っている自分を見せるなど、ギャップが効果ありですね」

       

      ■3:嫉妬させる

      「男性の弱点は、“負けず嫌い”な精神です。どんな男性でも、ライバルのような相手がいるもの。

      特定の誰かではなく、キャラかもしれません。たとえば、元ヤンのような男性だったら、オタクっぽい草食男子に女を取られたくないと思うものです。

      この性質を利用し、カレのライバルになりそうな男友達と仲良くして、そのことをカレに“友達”として、屈託のない笑顔で具体的に、ライバル役への“褒め”をまじえつつ伝えるのです。

      強い刺激のショック療法ですが、一気にあなたを奪い去ろうとする可能性もある技ですよ」


      ■4:最終手段(100%) 
      「これだけしても、超鈍感男だと全く効果がありません。なので、これは、最後の奥の手です。
      有名なので、もう既に持ってる方も多いとは思いますが、コレ⇒http://love-potion.jp/ を、彼の飲み物にこっそり垂らしましょう。効果は言わずもがなです。勝負下着着用での作戦実行をお勧めします!」


      いかがでしたか。

      友達や知り合いにもう一度目を向けてみると、意外と持ち駒は多いものです。

      一度きりの人生なので、ちょっとタイプかも……な人がいたら、積極的に動いてみてくださいね。

      引用元:http://www.men-joy.jp/archives/214682 








         

        物価が高いのは問題ですが、何処に行くにも凄く便利!
        そしてケツの軽いギャルが多い。
         
        その為出会い系サイトでは何人ものギャルと出会いヤリまくりました。
        ちなみに私がいつも使うのがここ⇒リンク先に移動 
        エロいくせに意外とピュアなので可愛いんですよね~^^
         
        都心のショップ店員ってみんな凄くスタイルが良いんですよね~
        可愛いかどうかは別としても。。
         
        特に夏はヤバイ!
        レディースフロアに行くだけでエロイ気持ちにさせられてしまいます。
        露出がハンパないですからね、お尻なんか半分見えているようなショートパンツを履いているのでいつも凝視しちゃいます(汗)
         
         
        そんなショートパンツが似合いそうなギャルを今回もここ⇒リンク先に移動 で見つけたので、
        うまい事会う約束+セックスする約束を取り付けました!
         
        ショップ店員は立ちっぱなしの仕事なので意外と大変・・・
        1日終わると足もパンパンになってしまうそうです。
        さらには9:00~20:00という激務のようです!!
        正直そこら辺のサラリーマンよりも肉体的にはよっぽど大変だと思います。
         
        そんな肉体的にゆとりのあるサラリーマンである私と出会ったので、
        ショップの仕事が終わっても休む暇なんて与えませんでしたよ(笑)
         
        20:00にお店が閉店するので実際に会うのは21:00頃でした。
        会ってからお腹がすいたというので軽く食事してからラブホテルに向かいました!
        エネルギー入れたのでビンビンで元気いっぱいの私は
        お風呂上りにそのままレイプするかのごとく襲い掛かりました^^
         
        ヤリマンのくせに綺麗なマンコしていたので舐めまわし、
        良い感じに濡れてきたので指を入れてみました。
        とてもゆるそうなマンコでした・・・
        締まりは微妙そう・・・
         
         
        それでも感度は抜群だったので濡れまくりでした。
        ギャルも我慢できなさそうだったので挿入しました。
         
        もちろん案の定といった具合のマンコです。
        締まりがないわけではないですがユルユルのマンコ・・・
        締まりがなければ激しく腰を振り擦りまくるしかないと思ったので思い切り腰を振りまくりました!
         
        どうやらマンコはユルユルのクセにマンコ自体は小さいようで奥に当たりまくっていたそうで、
        狂ったように喘ぎ声をあげながら感じまくっていました。
        あん!あん!喘ぎながら何回もイキまくりでした。
        わたしも我慢できなくなったので顔面に精子を大量にかけてやりました。
         
        精子を拭いている隙に再び挿入!
        ユルマンを堪能するべく腰を振りまくったのですぐに疲れてしまいましたが、
        連続で顔射をしてあげました^^
        今度は拭かずにゴックンさせましたけどね~。
         


        つり革につかまっていたのですが、隣に立っていたきったなーい感じのおじさんがずっと私の胸元を見ていました。

        胸はそんなに大きくない方なのですが、気になって見てみると、タンクトップの襟ぐりが伸びちゃってかなり胸元がはだけてました。

        自分も一緒に飲んでいた友達もかなり酔っていたので、誰かが引っ張ったりして伸びちゃったんだと思います。

         

        おじさんは私の顔と胸を交互に見てきて、かなり酔っ払っていた私は少し二の腕で寄せて谷間をつくっちゃいました。

        そしたらおじさんは胸に釘付けです。

         

        何個かめの駅で一気に混んできて、つり革につかまりながらもおじさんに密着する形になってしまいました。

        そしたらおしりのあたりがさわさわして、そのままおじさんにくっついていると、その手がスカートの中に入ってショーツの上からお尻をやんわりと揉み出しました。

        おじさんの手が私の腰にまわっていたので、おじさんの手でhttp://otona-to-ku.net/す。


        ★☆★痴女多数な無料アプリ⇒http://otona-to-ku.net/


        かなり酔っ払っていて、女だけで飲んでいたために、すごくいたずらされたくなってしまい、おじさんに体を擦り付けてしまいました。

        そうするとおじさんも遠慮なくなって、ショーツの中に手を入れて、アナルの周りを指でクリクリ。

        あそこには手が届かなくて、駅についたところで人の流れでつり革のない真ん中に連れてかれて後ろから抱きつかれる感じで、スカートを前から思い切りめくられ、パンツに手を入れられてあそこを弄られました。

         

        濡れすぎちゃって、指が入ってくると思わず息がはあはあと上がってきてしまい、私の前にいたサラリーマンに振り向いて顔を見られてしまいました。

        ところがそのサラリーマンも私が触られてることに気づくと私と向き合うようにして、私のふとももに触れてきました。

         

        おじさんに後ろからパンツを下ろされると、サラリーマンが私のクリを指でいじりだし、おじさんは私のお汁でぐちょぐちょになった指でまたアナルをいじりだしました。

         

        サラリーマンの指があそこにゆっくり入ってくると思わず小さく声が出てしまい、サラリーマンにしがみついてしまいました。

        するとおじさんは、タンクトップの裾から手を入れてブラを押し上げられて両胸を直に揉み始めました。

        乳首をつままれると体がビクビクししまい、そうするとサラリーマンの指が更に奥に入れようと下から持ち上げるみたいにして、指が奥へ奥へ入ってきました。

         

        サラリーマンの肩に顔をうずめしがみつきながらビクビクしてると、おじさんのもう片方の手が後ろからあそこをいじりだしすぐにアナルの中に指が入ってきました。

         

        私もたまらなくなって、サラリーマンのあそこをズボンの上から手でまさぐると、カチカチになっていました。

         

        何度かイキそうになったのですが、自分降りる駅の一個前で車内は空いてしまい、サラリーマンも降りてしまいました。

        私はおじさんに手を引かれてドアの横のバーにつかまるようにされて、背中にそっと手をおいていたのですが、私が電車を降りると一緒に降りてきてしまいました。

         

        これは困るなと思い、私の腰から手を離さないおじさんに、お手洗いに行くので…とやんわりと逃げようとするのですが、その足じゃ危ないからと言われて、酔って思考の止まってる私はいい人なんだと思ってしまいました。

         

        おじさんは個室にまで入ってきてしまい、便器に私を座らせるとショーツを下げられてしまいました。

        私もおじさんがこれから私に何をするのか楽しみになってきてしまったのです。

        ★☆★痴女多数な無料アプリ⇒http://otona-to-ku.net/ 

        おじさんは汚れるといけないからね、と言って私のショーツと靴を足から抜いてしまいました。

        たくさんお酒を飲んだので、本当におしっこがしたくなってしまい、おしっこ出ちゃうとおじさんに行ったら、していいよと言われておじさんに両足を開かされてしまいました。

         

        おじさんにあそこが丸見えで、流石に恥ずかしくておしっこがでないといったら、おじさんに指をあそこに入れられて膀胱を中から刺激するように突かれて、勢いよく断続的におしっこが出てしまいました。

         

        おじさんの顔におしっこがかかってしまったのですが、おじさんは避ける様子もなく口を開けておしっこを入れようとしてるようでした。

        おじさんは綺麗にしようね、といってあそこに指を入れたまま、おしっこが出るところに吸い付いてきたのですが、指で中をグニグニされながら吸われたり舐められたりしてると、気持ちいいし凄く興奮して、残ってたおしっこも出してしまいました。

         

        おじさんはそのまま尿道に吸い付いて、お嬢ちゃんのおしっこ美味しいよと言いながら、おしっこを口の中に入れて飲んだり、出るところを舐めたりして、おしっこが止まると強く吸いつかれ絞り出すようにされて、それでイキそうになってしまい、おじさんの頭を掴んで私のあそこに押し付けるようにして、クリをベロベロと舐められて、便器の上でイってしまいました。

         

        私がイキ終わるとおじさんは私の服を全て脱がして、自分もズボンと私は裸にされておじさんも下半身だけ裸になって、今度は自分が便座に座ってその上に私を座らせて、後ろから抱きつくようにしておっぱいを揉み始めました。

        こうされたくて、俺におっぱい見せてくれたんだよねぇ?って言われて、そうでもないと答えると、乳首をつねられて思わず声が出てしまいました。

         

        私もだんだんおかしくなってきてしまい、おじさんを更に興奮させるために体をくねらせておじさんのカチコチになったおちんぽにあそこを擦り付けたりしてました。

        ホテルに行こうか?と言われたけど、それでは冷めてしまいそうだったから、首を振って、じゃあここでおちんぽ入れてあげるよ、と言われたのですが、これも態度だけでイヤイヤしました。

        ちょっと怖い感じで、それはないでしょ?と言われて今度は強引に向き合うようにされて、おちんぽをあそこにあてがわれて私の腰をゆっくり自分の方へ引きながら、おじさんのおちんぽがずるずるずるっとあそこに入ってきてしまいました。

         

        気持ちよすぎて、あーー…って声を出しておじさんにしがみついて自分で腰を振ってしまいました。

        けどおじさんに立たされて、壁に手をつかされてバックから挿入されて、思い切りピストンされました。

        ものすごく気持ちよくて、声が出てしまうとおじさんの手で塞がれてしまい、イキそうになって体をしならせると一層激しく突かれておじさんも小さな声で、イクよお嬢ちゃんの中でイクよ、と言って、う、ふぐっっていって私の中で果ててしまったようでした。

         

        おじさんが私の体から抜かれると、太ももにいっぱいなにかたれてきたので、中出しされたのが分かりました。

        これでおじさんも帰るだろうと思ったのですが、おじさんはまた便器に座ると私を向かい合う形で座らせておっぱいに吸い付いてきました。

         

        おじさんの柔くなったおちんぽがあそこにあたっていて、そのままキスもされていまいおじさんの舌が私の口の中を舐めまわすと、おちんぽがだんだん硬くなってきて、少し腰を浮かされてまた向き合ったままあそこに入れられてしまいました。

        下からゆっくり突かれてたのですが、アナルを指でいじられて、あまりにも気持ちよく体をよじるとアナルに指が入ってきて、指を出し入れされるとたまらなくなって頭を振りながらおじさんにしがみついてしまいました。

         

        おじさんに、アナルが気持ちいいなんて変態だね、と言われるとたまらなくなって自分で腰を振って私はまたイッテしまい、おじさんも出る、出る!と言うと、私の中でおじさんのおちんぽがビクビクしてまた出されました。

         

        しばらくおじさんはそのままの体制で、抜かずにわたしのおっぱいにキスしたり私とキスしたりしながら、離したくないなぁ、お嬢ちゃんのこと好きになっちゃったよ、と言いながら、また私の中で硬くなっては突き、抜いていろんな体制で抱きしめられたりまたあそこをいじられたり、またおちんぽをいれたり…を終電までしていました。

         

        おじさんにホテルに行かないか?と何度も言われたけど、それは嫌と断り続けました。

        おじさんは終電がなくなってしまったし、私と別れるのを凄く名残惜しそうにしていたので、かわいそうになって駅をでたところでキスをしてあげました。

        軽くしたつもりが、しばらくおじさんにきつく抱きしめられて唇を吸われてしまい、キスを遮るように帰らなきゃ、というと、タクシーに乗せてくれました。

         

        また会いたいなぁ、これで会えなくなるのは嫌だなぁと言われたけど、酔ってるしいっぱいエッチされて体はくたくたでなにもできず、またね、また会えるよと適当なことを言って別れてしまいました。

         

        一晩空けて酔が覚めると生理直前だったとは言え、二回も中出しされたことが怖くなり、寒気が止まりませんでした。

        けど、昨日無事生理がきました。

        あれからおじさんにあってないけど、おじさんにおしっこをかけた感触が忘れられなくて、おじさんにケータイの番号を教えなかったことを悔やんでなりません。


        qAp2uEW0


        c24646d1

        30d5a235

        8b7c88b5







          友達の結婚式で久しぶりに会って、携番聞いて放っておいたのだが・・・

          ある日、仕事中に「メールが送れなくなったからPC見て欲しい」と電話もらって、とりあえず直してあげることにしました。
          IT系に勤めてることは結婚式の時に話したので覚えてたんでしょう。

          後日。

          ノートパソコンだったので借り受けて、極力中身を見ないように処置終了。
          ウイルス駆除とレジストリの整頓をしただけで済んだので楽チンでした。

          お礼に、ということでそのまま2人で飲みに行きました。
          彼女のおごりで、しかも彼女の運転。w

          久しぶりに会った割には結構話もはずんでいい感じ。
          よく温泉に一人で行くというので「もったいねーなー、一緒に行こうよ」といったら軽くOK。おいおい、ラッキー!

          それからメールと電話でやり取りしながら温泉旅館確保。
          栃木に行くことにしました。

          僕には彼女がいるのですが、期待で胸も股間も膨らんでいましたw

          なので、あわよくばと思い、サイトで初めて媚薬というものを買ってみました!

          ちなみにこれです⇒商品詳細

          んで、旅館についた訳ですが・・。

          あの辺(鬼怒川・川治)のあたりは貸切温泉も多く、その旅館も比較的安い値段で貸切ができるところでした。
          とはいえ、もちろん貸切を借りようなどいうことは言い出せるはずもなく、着くなり別々に温泉に入っていい気分。
          ご飯までは時間もあるのでマターリゴロゴロと睡眠をむさぼりました。

          ほんでもってご飯の時間。

          お酒も飲んで、ご飯よそってもらったりしていい感じ。

          もちろん彼女のお酒には、先日購入した媚薬を数滴垂らしていますw
           
          まったりした時間が流れ、なんか彼女と2人で来てるような気分になってきて、

          「なんか付き合ってるみたいだよね~」と言ったら、彼女もまんざらでもない様子。

          「この後、一緒に貸切でも入ろっか?w」と、あくまで冗談ぽさを装いつつ言ってみたら「うん、そうだねーw」との返事!

          (媚薬が効いている!!www)

          気が変わらないうちにフロントに電話してみたら夜の12時から空いているという。
          普通そんな時間の貸切はすぐ埋まるのだが、こんなチャンスが立て続けに!

          そして12時ちょっと前。
          2人とも「ついにこの時が来てしまった」と思いつつドキドキしながらお風呂へ。

          フロントで鍵を借りて、無言のまま貸切風呂に到着。
          さすがにちと恥ずかしいので、僕がトイレに入る間に彼女が先にお風呂場に入ることにしました。





           

          彼女がお風呂場の扉を閉める音を確認してから再度脱衣所へ。
          おパンツはさすがに袋の中にしまってあったので見れませんでしたが、脱いだ浴衣を見ただけで軽く半勃起・・・。

          俺もスッポンポンになりましたが、この息子を隠すか隠すまいか、ちと悩む。
          「どうせ隠しても勃ってるのバレバレだしな・・・」と思い、思い切って堂々とお風呂の扉を開けました。

          彼女は洗い場で体を流している最中。扉の開く音を聞いて振り返った瞬間、「やだぁ~♪」と言いつつニコニコしながら俺の股間を凝視してます。

          僕もシャワーを浴びようと横に行き、照れ隠しに「あー、半立ちしちゃったよ~」と言うと、
          不思議そうな目をしながら「へー・・、これが半立ちっていうの~?」
          そう言いつつゆっくりと、やさしく、包み込むようにナニを左手で触ってくれた・・・。

          もう、それだけで完全覚醒状態。

          彼女「うわ・・おっきくなったー」
          俺 「そりゃそんなことされたらなるって・・・」

          と、目が合った瞬間、どちらからともなくキス。
          手にボディーシャンプーをつけて体を洗いながらお互いに全身を愛撫。 

          もう我慢汁ダラダラ状態。
          さんざんもったいぶってから彼女のアソコに手を滑らせたら、これでもかというくらいヌルヌル・・。

          もう、石鹸がついてるとか、ゴムつけてないとか、そんなことを考える余裕もないくらいに洗い場でむさぼりあいまくり、彼女の方から無言でナニの上にまたがってくるではありませんか!

          「あ、石鹸ついてるから流すね」
          というと、彼女が速攻でナニにシャワーをかけて流したかと思った瞬間にはナニをつかんで自分の股に擦りつけている。

          「え・・?生でいいの・・?」
          彼女はそれに答えず、ゆっくり、深く僕のナニを包み込んでくれた・・。

          彼女は上下に動くのではなくて、こねくり回すように腰を動かす。

          「積極的だね・・」というと
          「だって・・欲しかったんだもん・・・・」と切ない声で答える。

          胸の感触を楽しめるように、座位のまま体と体をピッタリくっつけ、顔はお互いの肩の上。

          右手中指でお尻の穴をなでたら「お尻はいやぁ・・・」

          俺 「ん?でも気持ちいいでしょ・・?」
          彼女「・・・・・」
          俺 「気持ちいいでしょ?」
          彼女「・・・うん」
          俺 「じゃあいいじゃん・・・」

          これで一気にヒートアップ。
          こねくりとお尻の穴を触られてる快感で彼女が弾けてしまった様子。

          自分からちょっと腰をずらしたかと思ったら、
          彼女「あ、ここ・・・ここイイ・・」と言ったまま無言で腰を振る。聞こえるのは息遣いだけ。

          彼女のアソコがすごく熱くなり、キューっと締まってきた。
          彼女「イイ・・すごくイイ・・・イきそうよ・・・」
          俺 「イきそう?いいよ、イッて・・」
          と同時に、2~3回突き上げるような感じで腰を動かしたら、

          彼女「あ~っ!・・・・」
          と言ったと同時にアソコの中がドバーッと濡れてグッタリ・・。

          もたれかかる彼女の頭を撫でながら、軽くホッペにキス。

          俺 「気持ちよかった?」
          彼女「ごめんね・・・私ばっかり。。。。」
          俺 「いいよ、あとでお返ししてもらうからw」

          しばし一体感を楽しんだ後、もう一回お互いの体を洗って露天を楽しむ。

          貸切風呂から出るときも軽くチュ。これが一番恋人っぽかったな。
          部屋に戻ってからは、当たり前のようにしまくりました。

          購入したこの⇒媚薬の効果は抜群で、すれば必ずイク。
          彼女:俺=3:1の割合でお互いに絶頂を迎えて、寝たのは正味1時間くらいでした。

          その後もセフレとして関係が続いていますwww


          c24646d1
          30d5a235
          8b7c88b5




             



            261-1024x576


            【話題沸騰】★☆★ナンパ師がついに暴露!!女を落とすのに、媚薬を使っていた件!!!


            がっちりこういうの⇒http://www.pc-max.jp/をやる方はよくご存じだと思いますが、
            最近の出会い系は90%が援デリと言われる業者か個人で援目的で活動しているプロです。
            で、そのほとんどがブスかデブです。
            ブスとデブのWパンチの場合もあります。そして強引に抜いて、30分もしないうちに帰ってしまいます。
            それでも私(40歳)が出会い系をやってしまうのは、残りの10%の本物の援目的の素人に出会うためなんです(笑)

            この残り10%を探すのは、経験値がモノを言います。自分の中では何十ものチェックポイントがあるのですが、簡単に言うと、「すぐに会おう」「場所は○○で」と言ってくる女性は、100%援デリです。
            先日も、10%の本物の素人を求め、出会い系を彷徨っていました。画像がエロイ系や綺麗系は全部プロです。素人はほとんど、顔が判別できない画像しか載せません。
            約1時間位探して、ようやく素人っぽい子を見つけました。職業欄には大学生と書いています。早速メールを送って、返事を待ちました。
            程なくして、返信がありました。
            女性「条件教えてもらえますか?」
            私「○○でどうですか?」
            女性「もう少しお願いできませんか?」
            私「では○○で。そのかわり、めっちゃエッチになってね」
            女性「あまり経験ないので、では教えてください」
            これで、会う約束が成立しました。会うのは3日後。あまりホテルがないA駅を、待ち合わせ場所にしました。
            待ち合わせがA駅でOKなのと、メールのやりとりで素人であることは確信できましたが、どんな容姿かは、会ってからでないとわかりません。
            私は、相手が素人であって、デブでなければ、だいたいイケますので、デブが来ない事だけを願ってました。
            当日、お互いの服装を事前に教え合って、待ち合わせ場所に行きました。既に、待ち合わせ場所で待っている女性がいます。
            遠目からでも美人そうな雰囲気があります。決して、出会い系をやるような女性に見えません。
            私もこの人ではないだろうなと思いましたが、事前に交換した服装が、ばっちりビンゴなんです。
            胸を高鳴らせて、傍まで行きました。石原さとみを大きくしたような超絶美人(以下さとみとします)です。勇気を振り絞って、声を掛けました。
            「さとみさんですか」
            「はい。○○さんですか」
            「そうです」
            こんな感じで挨拶を交わし、ラブホテルまで雑談しながら歩きました。175cmある私とほぼ身長も変わらず、何より超美人なので、すれ違う男性がほとんどさとみに気を取られています。
            部屋に入り、色々と話しました。要約すると以下の通りです。
            ・現在21歳
            ・経験人数2人
            ・ここ1年は彼氏がいないので、ご無沙汰
            ・出会い系で会うのは初めてで、緊張している
            ・大学が週3日なので、暇を持て余している
            ・同年代から全く言い寄られない
            こんな感じでした。同年代から言い寄られないのは、あまりにも美人過ぎるからだと容易に想像できました。
            こんな感じで雑談をし、緊張をほぐしてから、さとみに先にシャワーを浴びるように指示しました。
            部屋が明るいと恥ずかしいと言うので、電気を暗くし、彼女を待ちました。
            その間、こんな美人なので、どんな下着をはいてるか興味がわき、シャワー音を確認しながら、彼女の薄いピンクのパンティとブラジャーの匂いを嗅ぎ、パンティーのあそこの部分を舐めました。
            次に私がシャワーに入り、シャワーから出ると、さとみはベッドの中に入っていました。
            私もベッドに入り、さとみを腕枕しました。少しずつエッチな話題に持っていき、目と目が合ったとき、唇を奪いました。
            最初は私の舌が入るのを軽く拒否していましたが、徐々にその警戒も解かれ、激しいディープキスになりました。
            ディープキスをしながら、さとみに巻かれてたバスタオルを取り払い、さとみのおっぱいを優しく包むように揉みました。さとみのおっぱいは、やや小ぶりで、Cカップくらいでしょうか。
            ディープキスから、耳元、うなじと舌を這わせ、乳首を舐めはじめました。同時にさとみから
            「アン」
            と、カワイイ喘ぎ声が出始めました。乳首はかなり敏感みたいで、コロコロ舐め回す度に、喘ぎ声を上げます。
            さとみの乳首を味わいながら、右手はフェザータッチで太ももの内側を愛撫します。クリには絶対に触れないように、オマ○コの周りを優しく撫で上げました。
            舌も乳首から、徐々に舌の方に移動させ、ウエスト、背中、つま先からふくらはぎまで舐めまわしました。
            その後、オマ○コを片手ですっぽり包んだら、手のひらビッショリ。さとみのオマ○コは、洪水状態になってました。
            ここから本番。オマ○コの外側をねっとり舐め、クリをむき出して、優しく舌で触ってみます。
            「アアアアアアンンッ」
            さとみの喘ぎ声は一気に大きくなりました。そこから、ずっとクリを強弱つけて舐め続けると
            「イクッ、イクッ、イクッ」
            と言って、イッてしまいました。間髪をおかずに、さとみをすぐに四つん這いにさせ、さとみの肛門を舐めました。同時に、さとみのオマ○コに指を入れ、Gスポットに軽く刺激をいれました。
            「アン、アン」
            さとみはお尻をクネクネさせ、よがり始めました。Gスポットが膨らんで来たので、力を少し入れて、指の出し入れをしました。

             
            「アン、アン、またいっちゃう。アン、イイイイッツーアン」
            こんな感じでさとみは、挿入前に2回程イッてしまいました。
            お互い仰向けになり、
            「今度は俺のを舐めてくれる?」
            と言うと、彼女は素直に従い、チ○ポを舐めようとしました。
            「ちょっと待った」
            と、私は彼女のプレイを止め、
            「すぐに舐めたら、歓びは半減するんだよ。俺もさとみのオマ○コを舐めるまえに、色々舐めたから、さとみは感じたんだよ」
            「最初は、乳首から舐めて、その際、右手は俺の股間を弄って」
            「その後、いきなり竿を舐めずに、金玉をすくいあげるように舐め、時には口に含んで」
            「それでもまだ、竿は攻めずに、肛門をベロベロ舐めて」
            ここまで指示し、さとみに攻めさせました。さとみは完全にエロモードに入っており、いきなり私に唇を重ね、ディープキスをし始めました。
            その後、指示どおり、乳首から金玉、肛門と丁寧に舐めてくれました。もう、その時の征服感と言ったら、過去最高のものでした。
            肛門まで舐め終わると、次の指示が欲しそうな感じだったので、
            「竿を舐める時は、唾を垂らして、大きな音を立てて、咥えてごらん。その後は、今まで通り咥えてごらん。何かあったら言うから」
            そう言うと、さとみは指示通り唾を垂らして、ジュルジュル音を立てながら、俺のチ○ポを咥え始めました。
            実際、さとみのフェラは上手で何も指導が必要なく、
            私「気持ちいいよ。いままでのオチンチンと比べてどう?」
            さとみ「大きい」
            私「前の彼氏よりも大きい」
            さとみ「うん、全然大きい」
            私「もうすぐ、このオチンチンがさとみのどこに入るの?」
            さとみ「いやん」
            私「いやん、じゃわかんないよ」
            さとみ「オマ○コ」
            こんなエロイ会話をして、さとみを俺のチ○ポから離しました。
            私「ちゃんとゴムするから安心してね」
            と言って、さとみの前でゴムを着け、ようやく、この超絶美人にぶち込める時がやってきました。
            最初はゆっくり優しく挿入しました。
            「お、おおきい。アン」
            根元を奥まで突っ込み、さとみのオマ○コの中で、チ○ポをグリグリ回しました。
            「アアアン。キモチイイ」
            そこからコンスタントに「アン、アン」喘ぐさとみ。私も余りの美人さに、早くイキそうになってしまったので、体位を変え、騎乗位にさせました。
            騎乗位になったら、さとみは一段とギアが入り、喘ぎ声も大きく、感じまくるようになりました。私はさとみの手を、さとみのおっぱいに誘導し、自分でおっぱいを揉むように指示しました。
            さとみは指示通り、私のチ○ポにまたがりながら、腰を振り、自分のおっぱいを揉んで、よがり声を張り上げていました。下から見る私は、最高の光景でした。
            その後、バックの体勢にし、お尻をパンパン叩き、突きまくりました。
            「奥まで入ってる?」
            「うん、奥まで入ってキモチイイ」
            「チ○ポ固い?」
            「うん、固くて大きくてキモチイイ」
            部屋中にパンパン音が響き渡りました。私もそろそろイキそうになってきたので、さとみを仰向けに戻し、正常位で激しく突きました。
            「イク、イク、ダメッーーーー」
            そんな感じで一発目のセックスは終わりました。しばらくピロートークをしました。彼女は何かのスイッチが入ったようで、やたらと甘えてきます。私の指を舐めたり、胸に顔を埋めたりしてきました。
            こうなったら行けるとこまでいこうと思った私は、彼女をお風呂に誘いました。
            あんなに恥ずかしがっていたさとみは、すぐに快諾し、一緒にお風呂に入りました。
            「今、彼氏いないんだよね?」
            「うん」
            「なら、マン毛剃っていい?」
            「えー、なんで(笑)?」
            「そういうプレイ(笑)。あと夏に向けて、ムダ毛の処理するでしょ?」
            「するけど・・・。いいよ」
            さとみの許可をもらったので、さとみをパイパンにしました。オマ○コ丸見えです。
            パイパンにしてから、風呂場の床で向き合って座り、私の竿と彼女のパイパンを擦りあわせました。
            「どう?」
            「なんかエッチ」
            「濡れてるよ。ヌルヌルしてる」
            「いやーん」
            「こんなに濡れてると、間違って生のままで入っちゃうよ」
            「生はダメ」
            「でも、さとみのオマ○コが濡れすぎているから悪いんだよ」
            と言って、確信犯的に生のまま挿入しました。いわゆる対面座位みたいな形です。奥まで一気にぶち込みました。
            「あああん。生は・・・・」
            さとみが言いかけた時に、ストロークスピードを上げました。
            「アン、アン、気持ちいい」
            そのままガンガン突き、そのまま背面座位の形にしました。さとみは、自分でパイパンを私のチ○ポに出し入れさせ、よがっています。
            「生のチンチンどう?」
            「生、気持ちいい」
            「生にしてよかった?」
            「良かったけど、中には出さないでね」
            ダチョウ倶楽部的なフリかなとも思ったのですが、今回は中出ししないでおこうと、この時決めました。
            その後立ちバックで、さとみをイカせ、浴室の床で正常位になった時に、私もイキそうになってきました。
            「中に出さないから、お口に出させて」
            「うん、お口にちょうだい」
            さとみが口を開けた瞬間に、私の精子が元気よく飛び出しました。ほとんどが口に入らず、目や鼻や頬に飛び散りました。
            その後、何も言わず、さとみの口に私のチ○ポを近づけると、さとみは黙ってお掃除フェラをしてくれました。
            入室してから、退室まで合計4時間。延長料金も払いました(笑)それでも十分に楽しめる出会いで、この先も、さとみと飽きるまでエッチをしまくりたいと思います。
            いやー、これだからhttp://www.pc-max.jp/はやめられない。
            ちなみに私の経験上ですが、サクラが他のとこよりは少ないところ⇒http://www.pc-max.jp/
            みなさんも、きちんと出会い系ので遊ぶときは、攻略して楽しんでくださいね!










              援助を求めての書き込みであったので、最初の1回は援助であったため、これは普通サポートで終わった。
              しかし、携帯番号を交換してあったため、それから数日してからまた携帯が鳴る。
              今度は普通に会いたいということであった。
               
              夜9時頃に恵子と待ち合わせをする。
              恵子は小柄でわりとすらっとした体型である。
              着ている服はやや野暮ったい感じもするが、まだ女子高生でも通るような幼さも持ち合わせた、いわゆるかわいい系である。
              おれは36で、まず、お世辞にもハンサムとは言えないダサイ感じがするのであるが、優しさだけは持ち合わせていると自負しており、そのおかげか、会った子たちのリピーター度は非常に高い。




              一緒に焼き肉やで食事をして、そのあとはおきまりの通りホテルへ。
              郊外のこざっぱりしたホテルに入ると、TVをつける。
              恵子はお風呂にお湯を張る。
              TVでいろいろとやっている番組を見ながら、ちょっといちゃいちゃ。
              ベッドの上でキスをして、服の下に手を入れて胸をもむ。
              巨乳のバスト、弾力もよく、感度もいいため、すぐにうっとりとしてくる。

              恵子「お風呂に入ろう」
              おれ「そうだね。」
               
              二人で服を脱いでお風呂へと直行。
              バスタブの中でいちゃついたあと、ベッドへ。
              恵子を腕枕の中で引き寄せると、彼女はそのままおれの胸へ舌をはわせ、下の方へ。
              おれのやや大きくなったものをしゃぶり始める。
              強く・弱く、裏筋を舐め、さきっちょを舐め、もう俺のものもすっかりと固くなっている。
              おれは恵子の胸を軽くもみ、吸う。
              彼女の切ない息づかいが聞こえる。
              おなかから下へとおれの下をはわせると、もう恵子はあえぎ声をあげている。
              前回と同じようにゴムをつけずに生で挿入
              体位を入れ替えながら彼女を攻める。
              正常位、上にのせて、後ろから・・・。と攻めまくる。
              やがて正常位へもどし、ピストン運動を繰り返す。
              恵子の絶頂がやってきそうである。

              「恵子、どこに出して欲しい?」
              「おなかの上に・・・」
              「中に出しちゃだめかい」
               
              あえぎながらの会話。

              「だめ、それはだめ。」
              「いいだろう。」
               
              ちょっと恵子は黙る。

              「中でいいだろう。」
              「うん。いいよ。」
               
              おれは「しめた」と思った。

              「恵子、どこに出して欲しい。」
               
              「中に出して。」

              「中に出していいんだね。」

              「うん。奥の方に出して。」

              「いいね。子供できちゃうかも・・・」

              「大丈夫。大丈夫だから・・・。奥の方にいっぱい出して・・・」

              その声と共に射精。
              どくどくと出る感覚、
              中に出したその瞬間、恵子の軽い悲鳴。
              軽いピストンで絞り出す。
              どくどくという感覚。
              そのたびに恵子はぴくぴく動く。

              おれはそっと抜く。すると、恵子は
              「中から出ちゃう」
              と言って、ティッシュを取ると、自分のあそこに栓をするように軽くティッシュをつめる。
              そのあと、しばらくおれの腕の中で猫のようにじゃれる。


              【お役立ち】★☆★【衝撃】AVなんかでシコるより、生マンコが良いぞ!!


              小1時間くらいする。
              また、恵子はおれの唇を求めてくる。
              今度はおれのをしゃぶったあとにそく挿入
              中にはおれの精液が・・・。
              その中にさらに追加する。
              そして、お風呂へ入り、バスタブの中で3回戦。
              これもまた中へ。

              「あなたの精液が体の中にいる。感じる」
               
              と言うと、膣内を特に洗浄するわけでもなく、表面だけシャワーでながし、室内へ。

              「また会ってくれるでしょう? 絶対ね。」

              そのあと、彼女とは何回か会っている。
              その関係はまだ続いている。
              ちょっぴり妊娠が怖い36、独身の俺・・・。
              いざとなったら結婚か?と考えつつも中出しの誘惑に負けてしまう。
              今回お世話になったアプリ
              http://gyal-get.2ch.net/tad.cgi/liveus/1442483



              56

              06

              02














                12



                私 女26 161cm/47kg 常盤貴子とか石黒彩とか言われる 都内在住 OL

                相手 男24 彼女有 178cmくらい 建築関係の仕事 誰に似てるわけではないが普通で範囲内

                夕方、仕事終わってから待ち合わせ。会った時に、写メより全然キレイでいいですね!と絶賛。今思えば、いい気分にさせようとしてた。

                とりあえず、お互い仕事帰りだったので飲みに。

                いい感じで酔ってきたところに、今日はこのままもう少し一緒にいたいな~と。

                いい感じだったのでOKしてホテルへGO
                シャワーを浴びて、キスされて、おっぱい舐められ、万個を舐められ69へ。

                そこへ、彼の携帯に電話。
                「あ、ちょっと待って」と火照った体を放置され、電話に出る彼。

                電話では「えー、まいったなー。」と、困った様子。
                そして私に「今から友達が来たいって言ってるんだけどいい?」と...

                結構お酒も入ってたし、このまま放置されてもこの火照った体をどうしようと思い 「いいけど...」と私。(もしやこのまま3Pに!?とドキドキと不安で複雑な私)

                そしてまた彼と私でイチャイチャしながら、彼の友人を待つ。
                数分して、彼の友達が来る。これまたイケメン!

                これならいいかな、と思い断るつもりはなかったんだけど、彼の友人は見てるだけ。

                何か、見られてるって事に興奮した私は濡れ濡れになってしまって、彼に「見てるだけなんてかわいそうじゃない?」と言うと、参加してきた。

                そして3P開始。生まれて初めての3Pに興奮と戸惑いを隠せない私がいた。

                どうせ一夜限りだと思いMな私は「縛って...」と言うと、二人はニヤニヤしながらタオルで私を縛り、もう一つのタオルで目隠し。

                彼のが私の中に、彼の友人のが私の口に....色んなプレイをして、交互に別々のちんちんが出たり入ったりで、濡れ濡れな夜でした。

                今後の展開予想(面接後)一夜限りかと思いきや、メールは頻繁に。
                もう一度、あんな事したいな。楽しみにしてる。


                3P大好き女が多いとこ⇒http://www.pc-max.jp/








                    2692444i



                    みなさんも最初はラブラブだった彼氏との“マンネリ”って経験したことありますか?

                    もうデートで行く場所がない。もうその自慢話は聞き飽きた。もうそれが嫌いだということは何度も聞いた……。

                    いろいろあると思いますが、一番マンネリしてしまうとキツイのが、エッチな営み。

                    「しなくてもいいや」状態になると、なんでカップルでいるのかわからなくなってきます。

                    もちろんエッチをしなくても、“安定”という幸福を味わう瞬間もありますが、たとえば、“結婚”という大きな壁が残っているのに、この一番強い欲望がマンネリしてしまうと、なかなか決断をくだせなくなってしまうもの。

                    そこで今回は、官能小説家で恋愛コラムニストの小川沙耶さんに、“長続きカップル”は実践している飽きないエッチの方法についてお聞きしました。

                     

                    ■1:恥じらい

                    「どんなに長年一緒にいても、どんなに仲良くても、男女の間で恥じらいをなくしてしまってはいけません。

                    胸も、下半身も、ちゃんと隠す。その隠すしぐさが、ムラムラ~をいつまでも沸騰させるのです。

                    そして、見ようとしてきたら、“ダメっ”とちゃんと軽く拒みましょう。

                    隠されるから、見たくなる。拒まれるから、触りたくなる。

                    この魔法の公式を、しっかりと頭にインプットしてください。いつまでも使える公式です」

                     

                    ■2:切り替え

                    「ソファーでふたりでテレビを見て、ケラケラ笑っている状態から、セクシーなムードに切り替えるのは、なかなか難しいです。

                    つき合いはじめならば、その状態からでもいちゃいちゃして、エッチに突入なんてよくありますが、長続きカップルではなかなかムリ。

                    そこで、切り替えをするために、儀式的に一回離れ、セクシーな衣装や雰囲気を身に纏い、証明も暗めにし、ベッドに座って待っていましょう。

                    寝ている状態よりも、座っている状態がベターです。そして、“他人行儀”に、エッチな接触をはじめてみましょう。彼はしっかりと大興奮するはず」

                     

                    ■3:エロコンテンツ

                    「これはドーピングみたいな、ちょっと反則なのですが、エロコンテンツを観たり、日頃使わないこういうのを⇒http://lovetoy.jp/ 使うことで、お互いに発情状態をつくってしまうという方法もあります。

                    一緒に観てもいいし、個別に観てもいいですが、お互い性的に興奮する状態をつくるのです。

                    その状態で接触すれば、興奮を相手にぶつけることができます。

                    これも対象がそもそも相手ではないので、“長続き”のカップルでも使える手ですね」

                     

                    いかがでしたか。

                    何十年も長続きしている夫婦でも、しっかりと夜の営みをしている先輩たちもたくさんいます。

                    見習いたいですね。











                      私には強い寝取られ願望があり、4年ほど前になんとか妻を言いくるめて2度ほど単独さんとの3P経験がありました。

                      しかし2度目の相手が実に無礼な男で、妻はいろいろと嫌な思いをしてしまい妻はそれを最後に、もう2度と他人とはしたくないと、頑なに他人とのセックスや3Pを拒絶してきました。

                      ですが昨年の暮れに、私はどうしてもまた妻が他人棒を受け入れている姿が見たくなりある計画を立てました。

                      まずネットで媚薬⇒商品詳細を購入し、そのあと単独さんを募集し、計画を伝えました。

                      その方は40歳でごく普通の方でした。

                      その方を選んだ理由は、点検業者を演じてもらうのに若い人よりリアリティーがあると思ったことと、その方は以前実際に電気関係の仕事をしていたことがあり、専門的な事や用語なども良く知っていたことです。

                      その計画を簡単に書きます。

                      私には仕事用のセカンドルームがあるのですが、そこへ単独さんを電気の点検業者のフリをして来てもらうというものでした。

                      細かな説明はやめて、その日の出来事を書きます。

                      まず、単独さん(以後Aさん)と日時を決め、私が仕事で利用しているアパートの近くで待機してもらいました。

                      歩いて2分ほどのところにパチンコ屋があり、その駐車場で私からの連絡を待ってもらいました。

                      私がワン切りをしたら、すぐにうちに来てもらう計画です。

                      私はいつものとおり、妻と買い物を済ませ、仕事用の部屋にも生活用品を置くからと、妻を連れて部屋に向かいました。

                      寝泊まりも出来るように布団もあるので、たまにその部屋でも妻とセックスをしていました。

                      部屋に入り少し休んだ後、カップのインスタントコーヒーを入れ、

                      そのコーヒーにこっそりと液体の媚薬⇒商品詳細を入れました。

                      そして遮光カーテンを閉め、薄暗い照明にして、雰囲気のあるBGMをかけました。

                      20分くらいしてからでしょうか、妻の顔が紅潮しだし、少しずつそわそわしだしました。

                      私は心の中で(ほんとに効果あるんだな)と感心しながら、妻の肩を抱きキスをしました。

                      妻はなされるままでした。

                      そしてキスをしながら、妻の胸を揉みしだき、だんだんと妻の服を脱がせていきました。

                      妻は33歳ですし、美人なわけでもありません。

                      ですが私は、この可愛らしい顔がたまらなく好きなんです。

                      薄明かりの中で全裸にされ、私の愛撫にいつも以上に反応し、クネクネと乱れ始めました。

                      私もいつも以上に興奮し、だんだんと激しく妻の身体をむさぼるように舐めまわし、私の全裸になり69の体制でお互いの性器をむしゃぶり合いました。

                      私は、ここだと思い、妻にバレないように近くで待機しているAさんにワン切りをしました。

                      そして妻の性器を舐め続けました。

                      妻もやらしく私のちんぽをしゃぶり、明かにかなり興奮しているのが分かりました。

                      妻が「もう欲しい…入れて…」

                      と言ったその時です。

                      玄関のチャイムがなりました。

                      Aさんです。

                      妻は少しビクッとして、布団に潜り込みじっとしていました。

                      私は妻に「ちょっと待ってて」

                      と言い、玄関に向かいました。


                       



                      玄関と言っても1Kのアパートなので、布団に潜った妻から5メートルほどしか離れてません。

                      私はパンツとTシャツだけ着て、玄関のドア越しにAさんと会話をしました。

                      私「どちらさまですか?」

                      Aさん「お待たせして申し訳ありません。電気設備の点検にお伺いしました」

                      私はわざと大げさに「あぁ!今日でしたっけ?」

                      と言いました。

                      Aさん「はい、管理会社からお知らせ済みだと思うのですが…」

                      妻を見ると、布団から顔だけ出してキョトンとした表情でこちらを見ています。

                      私は妻に手招きをして、玄関の私の傍に来させました。

                      妻は全裸で毛布にくるまったまま私の傍に来ました。

                      Aさん「ご都合いかがですか?15分ほどで済むのですが…」

                      私はドア越しにAさんと会話しながら、妻から毛布をはぎとり全裸にして、妻のオマンコに指を入れ、妻にキスをしたり乳首を舐め回しました。

                      妻は声を押し殺しながら、ダメだよぉと言いたげに首を振ります。

                      私「そうですかぁ…今日じゃないとまた面倒ですよね?」

                      そう言いながら妻を膝まづかせ、私のちんぽをしゃぶらせます。

                      妻はすっかり興奮しているようで、やらしくしゃぶり続けています。

                      私「分かりました。じゃあすみませんけど、2~3分そのまま待ってもらえます?」

                      Aさん「分かりました。」

                      私は妻に事情を説明し、妻に全裸のままスカートとセーターだけ着させて、私もズボンとパーカーを着て、Aさんを部屋に招きました。

                      私「待たせちゃってすみません。妻と部屋を片していたもんで」

                      Aさん「いえいえ、お忙しいのに申し訳ありません。すぐ済みますから」

                      妻はついさっきまで行われていたやらしい行為で、まだ顔は紅潮したままでAさんに「こんにちは。お願いします」

                      と頭を下げました。

                      Aさんも妻に頭を下げ「すみません」

                      と部屋に入りました。

                      ここまでは打ち合わせ通りにうまく進んでいます。

                      私は妻の興奮を冷ませてはいけないと思い、Aさんがエアコンや照明などを点検しているふりの演技をしている間も、キッチンの片隅で妻にキスをしたり、スカートをたくし上げてオマンコを舐めたり、妻を半裸状態にして、じらすように妻のオマンコにちんぽを入れたり出したりを繰り返していました。

                      妻は自分の手で口を押さえて、顔をゆがませながら声が出ないように我慢していましたが、時々かすかに喘ぎ声がもれました。

                      妻が、まったくの他人、しかも電気点検業者の人がすぐ近くにいるのに、こんな行為に応じてくれたのは媚薬の助けが大きかったのだと思います。

                      ですが、ここからが問題です。

                      このあと妻がAさんに抱かれるにはどうしたらよいか。

                      あとは勢いでいくしかないと腹をくくり、計画通りに進めることにしました。

                      私「もう終わりますか?」

                      Aさん「はい、もう終わります」

                      私「じゃあ、すぐそこの自販機でコーヒーでも買ってきますから」

                      妻は「えっ?」

                      って顔で私を見ましたが、私は何も言わず部屋を出て、妻とAさんを2人きりにしました。

                      そしてわざと15分ほど時間をかけてコーヒーを手に部屋に戻りました。

                      打ち合わせでは、この間にAさんには妻と会話をしながら距離を縮めてもらう計画でした。

                      部屋に戻ると私は少しビックリしました。

                      エアコンの前で、妻は少し背伸びをしながらエアコンのフィルターに手を伸ばし、Aさんは妻を両手で支えていました。

                      かなりの密着度です。

                      Aさん「あ、いま奥様にフィルターの説明をしていたところです」

                      私「そうですか」

                      妻は相変わらず顔を赤らめながら少し困った顔をしています。

                      ここで私の我慢が限界に達して、Aさんに目で合図したあと2人に近寄り、私も妻の身体を支えるフリをして、Aさんと2人で妻の身体を触り始めました。

                      妻の顔が真顔になり身体を硬くしてうつむきました。

                      きっとこの時にはもう、妻もあとには戻れないほど興奮していたのでしょう。

                      それからの3人は、ほとんど無言でした。

                      私とAさんは、妻の身体中をなで回し、私は妻にキスをしてセーターを脱がし、Aさんは胸にしゃぶりつきました。

                      妻はまだ硬くなっていましたが、私が妻の口に舌を差し込み、妻の舌を誘い出すと、妻は自ら舌を出して私の舌に絡め始めました。

                      私は妻の顔を押さえ、Aさんの顔に近づけました。

                      妻もAさんも一瞬ビックリしたようでしたが、Aさんが妻の顔の目の前で妻の目を見つめ妻の胸を鷲掴みにすると、なんと妻から舌を出してAさんの口を吸いだしました。

                      この時の妻のやらしさは最高でした。

                      妻はAさんと激しくやらしく舌を絡めています。

                      私も妻の耳や顔中を舐め回しました。

                      Aさんもキスをやめ、私と一緒に妻の顔を舐め回します。

                      身体中を4本の手でなで回され、この頃にはもう妻もおかしくなりすっかり淫乱になっていました。

                      私とAさんも全裸になり、3人で性器を舐め合いました。

                      妻を寝かせAさんがオマンコにむしゃぶりつき、私は妻の顔を舐め回し、妻は二人のちんぽをしごいています。

                      私はたまらなくなり、妻にちんぽをしゃぶらせ、妻の頭を押さえて喉奥にちんぽを押し込みます。

                      そして妻の頭を押さえたまま、今度はアナルを妻の口に押し付け、妻の舌にアナルをこすりつけます。

                      妻は私のちんぽをしごきながら、舌を伸ばして私のアナルを舐め回します。

                      Aさんは妻のオマンコを舐め回しながら、その様子を見ています。

                      私はAさんに目で合図して、私と位置を入れ換えさせ、今度は私がオマンコを舐め回します。

                      Aさんは私の顔を見て、そのあと妻の顔を見て、少しためらいながら妻の頭を押さえました。

                      そしてゆっくり、妻の口にちんぽを押し込み始めました。

                      妻は苦しそうに喉奥にちんぽを受け入れました。

                      Aさんは再び私の顔を見ました。

                      私はokの意味を込めうなづきました。

                      そしてAさんは両手で妻の髪をつかみ、ゆっくりと妻の口にアナルを近づけ、妻の口にアナルをこすりつけ始めました。

                      3人ともシャワーは浴びていません。

                      きっとそれなりの匂いや味がしたはずです。

                      ですが妻はAさんのアナルに舌を這わせ、鼻を鳴らして舐め回しています。

                      初めて会った自分より10も上のおじさんの、洗ってもいない汚れたアナルを、私の目の前で妻はやらしく舐めたり吸ったりしている…この時の衝撃と興奮は忘れられません。

                      普段の妻からは絶対に想像もつかない光景…そのあとはもう、3人とも狂ったようにやりまくりました。

                      順番に妻に入れ、同時に順番にちんぽをしゃぶらせる…妻は以前の3Pの時に、2穴同時挿入も経験していたので、私が下になり妻を騎上位で突き上げている後ろから、Aさんには妻のアナルを犯してもらいました。

                      アパートなので声が隣近所に聞こえる可能性もあり、それまではほとんど無言でしたが、私とAさんに2穴を同時に攻められた頃には、妻は絶叫に近い声を上げていました。

                      その声を聞いて私の興奮は限界に達して、オマンコからちんぽを引き抜き、妻の下で激しく射精しました。

                      その精液はAさんの足にも飛び散ります。

                      Aさんの腰の動きも早くなり、バックから妻のアナルをガンガン打ち付けます。

                      媚薬の影響か、妻の目は焦点が合っておらず、口からはヨダレが私の胸に垂れ落ちます。

                      妻「いく…いくぅぅぅ!!」

                      妻が初めて発した言葉。

                      それと同時にAさんも妻のアナルの奥に精液を注ぎ込み、Aさんもまたうつろな表情で、身体を小刻みに震わせます。

                      そのあとAさんはなんと、妻のアナルから抜いたちんぽを、妻の口に近づけました。

                      私は、さすがにそれは妻は拒絶するだろうと思いましたが、妻は目を強くつぶったまま、自分のアナルに入っていた、便と精液まみれのAさんのちんぽを、苦しそうではありながら、しゃぶりあげ綺麗にしました。

                      そのあとは、私はシャワーを浴び部屋に戻ると、妻とAさんは再び正上位でつながっていました。

                      この媚薬⇒商品詳細 のお陰で、無事に作戦成功しました!!

                      これで、また嫁も、3Pの気持ちよさに目覚めたはずです!

                      昨年末の最高に興奮する出来事でした。












                          be9f052e





                          裕美、身長149cm、43、バストもC。

                          出合い系で人妻探していたら、知り合った、童顔でかわいい20歳の女の子。
                          人妻じゃないんだ。。。なんて思ったが、まぁ、結果オーライ!

                          さっそく待ち合わせ後、ホテルへ行く。
                          感度も良好。一気に中へ・・・。

                          彼女もすごく燃えてしまい、行きそうになる。
                          何処へ出す?という問いに、中へ・・・と・・・。
                          思い切って中へ出してしまった。

                          そこまではまあ、ないことはない話であるが・・・


                          彼女がおれの携帯をのぞき込んで、「あっ」と小さいな声を立てる。

                          「どうしたの?」
                          この子・・・。俺の携帯画面を見て言う。

                          「同じ、大学の子。なんで?」
                          「俺の彼女・・・・。」
                          そうなんだ・・・。

                          「真奈美、私とエッチしたことあるよ・・・。」
                          「レズ?」
                          「うん。」
                          すごい偶然でした。
                          そこで、二人で話して、今度、3Pしようって。

                          c24646d1

                          30d5a235

                          8b7c88b5

                           

                          綿密に計画を立てます。

                          まず、俺が出現してもおかしくなさそうな場所で、彼女2人でデートしてもらう。
                          携帯でチェックして、いちゃついたら、俺が現れる・・・。

                          ちょっともめた後、静かなところで話そうって、ホテルへ行くことに(3人OKのホテルが近くにある)

                          その通りになりました。
                          ホテルに入ったら、すぐに裕美が真奈美にキスをする。
                          俺は、二人をそのままベッドに倒すと真奈美を責め始める。

                          勝手がわからない真奈美は抵抗するが、2人で攻めると、もうだめ。
                          そのうち、興奮してきているのか、状態もわからなくなる 。

                          2人がおれのをなめる。
                          おれは、裕美を、裕美は真奈美を攻める。

                          真奈美のあそこへおもちゃをいれて、虐める裕美。
                          おれは、裕美の中へ入れる。

                          そのとき、真奈美が泣き出す。
                          先に裕美に入れたのが悪いらしい。
                          そこで、今度は裕美へ。

                          いつもと違う状態なので、あっという間に行った。
                          もちろん中で・・・。
                          裕美は気づくが、おかまいなし。

                          ザーメンのついたおれのを真奈美が舐める。
                          今度は真奈美だ。
                          バックで真奈美へ入れると、裕美がおれにしがみついてくる。
                          真奈美は裕美を押さえて、愛撫する・・・。

                          そんなこんなで、やっと終わると、今度は3人でお風呂へ。
                          結局、お風呂でもマットを引き、3Pが・・・。

                          おれは何回行っただろうか・・・。
                          すくなくとも6回は2人の中に出す。

                          しかし、悪いことはできないもの・・・。
                          裕美から妊娠の告白があった1週間後、真奈美からも・・・。
                          いっぺんに二人の子を妊娠させてしまった。

                          おろすように言っているのだが、二人とも首をたてに振らない。
                          2人とも俺の家に住み着いてしまい、そのまま奥さんのようなことをしている。

                          だんだんとお腹が大きくなるのがわかるのだが、どうしたらよいのだろうか・・・。
                          2はそろって「3人で子供育てよう。3人でよい家族つくろう・・・」と。。。
                          どこかに逃げ出したい今日このごろ・・・
                          やはり、当初の予定通り、普通に人妻と遊ぶべきでした。。。
                          って、後の祭りですね、トホホ・・・・







                              DSC_4277_convert_20140530015715


                              自分のセックスが普通かどうか、疑問に思ったことはありませんか? あるいは、普段のセックスライフに不安を感じたことはないですか? このような場合、第一、誰に聞いたらいいのかがそもそも疑問ですよね。

                              そこで今回は、セックスと人間関係の専門家ら(イアン・カーナー博士、ギルダ・カール博士)の研究報告から、セックスにまつわる平均値をまとめてみました。

                              ■1:勃起しない状態の男性器の平均サイズは3.5インチ

                              ちなみに、未勃起状態で平均3.5インチ(8.89センチ)の男性器は、勃起時だと平均5インチ(12.7センチ)になるそうです。

                              女性器の神経のほとんどは、外陰の表面と膣管の入り口2インチ(5.08センチ)に位置するため、平均サイズの男性器で十分にオーガズムに達することが可能なのだとか。

                              ところで、雑誌やネットをみていても、どうも男性の多くは、自分の男性器のサイズを気にする人が多いと思いませんか?

                              実は専門家もこの点をとりあげていて、「大半の女性は男性器のサイズよりも、その清潔感に重点を置いています」と述べています。

                              ■2:30分のセックスで消費するカロリーは200kcal

                              これはかなりの消費カロリーです! なんなら、ジムを休んでセックスしたほうがいいのかもしれないですよね。

                              しかし、たしかにセックスも運動にはなるものの、太ももの脂肪を燃焼するには十分ではないのだとか。どうやら、日々の運動に加えてセックスをするのがベストのようです。

                               

                              ■3:早漏と呼べるのは射精までの時間が2分以内

                              早漏(PE)は勃起不全(ED)よりも一般的です。専門家によると、3人に1人が早漏を経験しているとも。最近の研究によると、遺伝という説もあります。

                              早漏に悩まされる男性の多くは、挿入まで達しない事もあります。前戯の段階で射精してしまうのです。

                              行動療養や、射精を遅らせる薬はあるようですが、今のところ特効薬はありません……。しかし、女性がオーガズムに達するまでの道のりはいろいろあるもの。あきらめちゃいけません。

                              ■4:平均的なカップルが前戯にかける時間は20分

                              前戯はカップルの親密度を高め、また女性が使われた感や満たされない感を感じさせない効果もあるのだとか。

                              ただし、女性は感じ始めるまでに男性よりも時間がかかるようです。10分の前偽と20分の前偽では、満足感のある関係かそうでない関係かというほどの違いが生まれるそう。

                              みなさんの中にも、前戯が雑なパートナーに悩まされている人も多いと思います。

                              そんな人に朗報! 実は、脳こそ最高の性感帯なのだそうです。性の話をしたり考えを共有する事でも、前戯となり得るというわけです。ぜひ試してみてください。

                              ■5:平均的な人がセックスをする時間は103分

                              セックスの平均時間1時間43分。なるほど、ショートタイムを2時間に設定しているホテルが多いのも納得ですね。

                              しかし、時間より頻度で悩む人、気にする人のほうが多いと思いませんか。雑誌のセックス特集などでも、よくとり上げられていますよね。

                              実は、これについての答えはないのだそうです。というのも、興奮は興奮を生み、セックスはセックスを生むからだとか。

                              つまり、週1ペースのセックスだったとしたら、そのセックスに集中することで結局はそれ(週1ペース)よりも頻度が多くなるのだそうです。

                              また、ある程度の頻繁でセックスをする女性は、テストステロン(男性ホルモンの一種)の上昇を経験し、結果的に健康的でより興奮するセックスをするそうです。

                              ということで、今晩パートナーを誘おうと考えているなら、一期一会の気持ちで集中してみましょう!







                                 


                                出合い系で知り合った一回り年上の男性。

                                直接会ってデートした後

                                「○○ちゃんは経験はあるの?」

                                という話になって、私が処女だと分かるとラブホへ行く事になった。

                                互いにシャワーを浴びてバスローブで対面座位になり、私にとっては初めてのディープキス。

                                正直相手の息が少し臭いましたが、夢中で舌を吸うと

                                「上手だね」

                                と褒めてもらえた。

                                その間に股間を擦り合わされ、まだ柔らかいものがアソコへ当たってくる。

                                ちょっと怖くなって

                                「当たってる…」

                                と言うと、彼はさらに興奮した様子。

                                だんだんはだけてきたバスローブを剥かれ、正常位に。

                                ところが私は極度なくすぐったがりで、ろくに愛撫も受けられない。

                                割とすぐにアソコを触られ始め、クリを摘まれながらベッドに並んで少しイチャイチャする。

                                彼「これ何?」

                                私「わかんない」

                                彼「嘘でし」

                                私「…うん」

                                彼「じゃあ教えて」

                                私「生殖器」

                                彼「クリでしょ(笑)」

                                そんな会話しながらも私のアソコは濡れていき、指が入ってくる。



                                 

                                2本も入るようになれば

                                「舐めるよ」

                                と脚を広げられ、私はクンニがくすぐったくて堪らない。

                                部屋はあらかじめ薄暗くしてあったのであまり恥ずかしくなく、抵抗もあまり無し。

                                すかりアソコはぐちゃぐちゃ。

                                彼もすっかり勃ち上がり、私はそこで彼のものがかなり大きい事に気が付きました。

                                「触ってみて」

                                と言われるままに扱いてみると、思ったよりプニプニしてた。

                                ゴムを着ける際に

                                「初めてなら着けない方がいいかも」

                                と言われるも、頑固拒否しました。

                                そして、いざ挿入。

                                私は自分の体格が良いためアソコも緩いはずと思い込んでいたのですが、彼のものが半分ほど入ると激痛が。

                                堪らず一度抜いてもらい、再度挿入。

                                彼も随分我慢してくれていたので、挿入後は容赦なく突きまくってきた。

                                彼のものでアソコがいっぱいになるのを感じつつ、グッと押されて声を上げる私。

                                私「あっあっあっ…!何だか変!○○さん…」

                                彼「どんなふうに変なの?」

                                私「よく、わからない…!」

                                彼「気持ちいいの?」

                                私「は、い。気持ちいい…」

                                彼「エッチだねえ」

                                いつもは低いはずの声が高くなり、ひっきりなしにいわゆる甘い声が溢れた。

                                自分でも

                                「私ってこんな声出るんだ」

                                と思っていると彼も興奮しきって腰を振る。

                                本当に信じられない勢いで突かれ、痛くて苦しいけど気持ちよくて仕方ない。


                                痛みのせいかイクってのはよくわからなかったけど、とにかく彼がテクニシャンなのは身をもって知った。

                                あとで彼はゴムの中に出した精液を見せてくれ、私はシャワーを今一度浴びながら下半身がぐっちょりで驚いた。

                                ちなみに出血は無しでした。

                                元々エロ本にも興味津々で妄想力も逞しい私でしたが、やはり自分が淫乱だと確信。

                                その後は彼の束縛が激しくなったため私が別れを告げましたが、あの初経験は未だ忘れられません。

                                なので、彼氏に内緒で、再び彼のような、息子の大きなテクニシャンを探そうかな。。。

                                なんて思っています。 やっぱり自分、淫乱なんですね。









                                   
                                  2016-05-16_203753-300x204





                                  金曜夜に彼女(28歳/ひとり暮らし)の部屋に行った。
                                  TV見ながら飯食ってると、彼女の会社の元先輩A子から彼女の携帯にTEL。
                                  どうやら彼女がひとりだと思ってワインを持って部屋に来るという。
                                  「彼氏が来てるけどいい?」と遠回しに断るつもりが、相手がすんなりOK。
                                  約20分後、A子が部屋に到着。
                                  自分はA子とは面識が全くなかった。
                                  ワインを開けて三人で乾杯。ここで悪知恵が働いた・・・










                                      cap_e_1_230orep-050


                                      当時俺はアイリちゃんという巨乳のデリヘル嬢の元へよく通っていた

                                      ただそれほど収入があるわけじゃないので
                                      パチンコに行き勝ったら会えるって程度の頻度だった

                                      ある時駅前のパチンコ屋で3万円分くらい出て
                                      隣にTシャツにホットパンツという超エロイ格好の女が座ってきた

                                      気になってちらりと顔を見るとなんとアイリちゃんだった。

                                      さすがプライベートで声かけられたら嫌だろうと
                                      気がつかない振りしてたら

                                      アイリちゃんが「あれ?○○さん」と逆に声かけてきた
                                       
                                      話し始めてすぐアイリちゃんが当たりそこから大連荘
                                      あっという間に10万円分近く出た
                                      俺はアイリちゃんと話せてるので

                                      止めることも出来ずダラダラ打ち一万くらいの勝ちに収まった
                                       
                                      そして換金し帰ることになったのだが
                                      俺は車でアイリちゃんは電車で来たという話をしてた

                                      俺は「じゃあ適当なとこまで送る?」とダメ元で聞いたら?
                                      「いいの?」と結構ノリノリな反応

                                      車内でアイリちゃんが
                                      「○○さん良ければ今日ちょっとお仕事してもいいよ」と言われた

                                      もちろんお仕事というのはデリヘルのプレイの事
                                      俺は迷ったが

                                      「んーでもアイリちゃんにお金払えるほど勝ててないから・・・」
                                      と正直に言った。そしたら、
                                      「今日のお金は私が隣で勝たせてもらった分ってことでww」って感じ

                                      多分相当気分良かったんだと思う
                                      俺も「じゃあ・・・お願いするかな」とラブホに車を向かわせた
                                       


                                      ラブホに入ると、デリヘルと同じ手順で事が行われると踏んだ俺は、
                                      ラブホ近くのアダルトショップに立ち寄り、彼女にはバレないようにこれを購入⇒http://www.heavens-drop.jp/
                                      彼女には、ゴム買ってくる!と適当に嘘をついた
                                      そしてホテルへ
                                      案の定、デリヘルでするように事が行われた
                                      まずは2人でシャワーを浴びベッドへ
                                      そのベッドで飲み物を二人でのみ、ちょこっと談笑してからプレイに入る
                                      その飲み物に、俺は先程購入したこれを⇒http://www.heavens-drop.jp/ 数滴入れていた
                                      そして何食わぬ顔で、いつもするようにまずアイリちゃんの巨乳を思う存分楽しんだ

                                      ただで揉みしだく巨乳はいつもより揉みがいがあった

                                      アイリちゃんはFカップで体がかなり細く
                                      胸と尻にだけ肉が付いててとにかくいい体

                                      そして巨乳の感度もよく乳首を舐めるだけでマソコが良く濡れた

                                      そしていつものように手マンでアイリちゃんが
                                      巨乳を震わせながらイクまで攻めた
                                       
                                      そして今度はアイリちゃんが俺に乗っかりキスから全身リップをはじめる

                                      アイリちゃんは唇や舌を俺の体に這わせながら
                                      胸も常に俺の体に密着させ全身を気持ちよくしてくれる

                                      そしていつものようにフェラでフィニッシュ・・・
                                      するんだろうなと思ってフェラをされていると

                                      「・・・○○さん 今日しよっか?」と言われた
                                      もちろん本番の事だとわかったけど

                                      実は以前「禁止だから」と断られていたので
                                      「良いの?」と聞くと

                                      「んー今日仕事じゃないし・・・あとやりたいかもw」と言われた
                                      このとき、こいつ⇒http://www.heavens-drop.jp/ の効果だ!!!と確信し、心のなかでニヤッとした

                                      もちろんとばかりに俺は起き上がりアイリちゃんを組み敷いて
                                      ゴムを装着し挿入。

                                      以前やれなかった女に挿入する
                                      この満足感は男性なら絶対わかるはず

                                      全部入った時は本当にそれだけでイキそうになる位の満足感だった

                                      それで腰を振れずアイリちゃんに身体を預けてると
                                      アイリちゃんが「なんか凄い久々な感覚」と口にした

                                      「なんで?」と聞くと、彼氏と別れてからデリはじめたのは聞いてたけど
                                      それから恋人できてなくて挿入は一切してないって話してくれた

                                      そんなこと聞かされた俺の男としての征服欲は非常に高まって
                                      イキそうな感覚も収まったので腰を振りはじめた

                                      俺の目にはまるで別の生き物のようにブルンブルン揺れる巨乳が映り
                                      当然それから目を離せないまま夢中で腰を振った

                                      アイリちゃんは両手でシーツを掴み
                                      俺の激しいピストン運動を受け止めてくれた

                                      その後アイリちゃんに「どんな体位がすき?」と聞いたら
                                      「う~んバックかな」と言ったので

                                      次はバックでアイリちゃんを四つん這いにし後ろから挿入した

                                      さっきも言ったようにアイリちゃんはガリガリなのに
                                      胸と尻にだけ肉が結構付いてるっていう体型

                                      当然肉厚の尻に当たると非常に気持ちいいしやりやすい
                                      今度は最初から激しく腰を振るとアイリちゃんは
                                      シーツに爪を立てるようにして耐えている

                                      時折頭をイヤイヤとするように振り
                                      喘ぎ声というより鳴き声や叫び声のような声を上げる

                                      俺の中のSっ気がどんどん高まり尻を鷲掴みにして
                                      これでもかと言わんばかりに奥までチソコをたたきつけた

                                      それだけでは我慢できなくなり
                                      「これやったら怒られるかな?」とか思いつつ
                                      アイリちゃんの尻を音が大きくなるように叩いた

                                      さっきまでの腰を尻に叩きつけるパンパンという音と
                                      尻を叩く音が部屋に響く

                                      アイリちゃんはというと「いや!ダメ!」と口にはしたけど
                                      身体は全然逃げようとしない

                                      Okなんだなと思って思う存分尻を叩き腰を振った

                                      すると「・・・イッちゃいそう」と口にしたので
                                      「イッていいよ ほらイケって」と言いながら全力で腰を振ったら

                                      「イクイクイク」と言った直後背筋がググッと反った思ったら
                                      尻を突き上げた状態で脱力した

                                      俺は休憩もかねてアイリちゃんのマソコに
                                      チンコを奥まで突き刺したまま頭を撫でた

                                      「イッた?」「うん 凄かったw」
                                      とちょっと照れ笑いをしながら答えてくれた

                                      「お尻叩いちゃってごめん」というと
                                      「あーあれね お尻叩かれるの好きだからいいよ」と言ってくれた
                                       
                                      その状態でちょっと話してたらアイリちゃんが
                                      「次私してあげるよ」と言って騎乗位してくれた

                                      「久々だからやり方忘れたかも」と言ってた通り
                                      あんまり上手くはなかったw

                                      だけど巨乳がブルンブルン揺れる様を再びじっくり鑑賞した
                                       
                                      俺の上で腰と乳を振るアイリちゃんはとても可愛くて
                                      俺は抑えきれず下から突き上げた

                                      あまりに気持ちよかったのかアイリちゃんは
                                      「アン!」と叫びながら俺の頭の横に両手を付いた

                                      すると当然俺の顔は釣鐘上になった巨乳がもたれかかって来た
                                      俺は巨乳の柔らかさを楽しみながらガンガン突き上げた
                                       
                                      最期はまた正常位に戻り射精した

                                      俺的には胸を鷲掴みにしたまま腰振ってイキたかったのだが
                                      アイリちゃんがイク時はキスしていたいというのでキスしながら射精した

                                      恋人のようで気持ちよかった
                                       
                                      それからデリヘルで呼んだときもエッチしてくれるようになったので
                                      それからもなんどもアイリちゃんとはセックスを色々と楽しんだ 
                                      それもこれも、こいつのおかげだと自負した俺は、こいつ⇒http://www.heavens-drop.jp/ が手放せなくなった


                                      c24646d1

                                      30d5a235

                                      8b7c88b5








                                         




                                          cap_e_3_158lol-106




                                          前つき合っていた彼女なんだけど、結構エッチ娘でした。

                                          アダルトグッズが大好きで、何種類か今手元にあります。

                                          これを活用しないのはもったいないなって気持ちになってセフレでも探そうと考えたのです。

                                          前の彼女と別れて1ケ月くらいが経過しています。

                                          アダルトグッズを見るたびに、性欲がムラムラと持ち上がってしまって抑えるのが難しい状態でした。

                                          恋人を作るとなるとやっぱり時間が必要だし、早めにセックスしたい自分としては

                                          相手はセフレが一番いいんじゃないかって思ったんです。

                                          出会い系サイトだったら、肉体関係だけで遊ぶことが可能な女性探しをすることもできるだろうと思いました。

                                          登録して掲示板にアダルトグッズで思いっきり楽しんで見ないかって書き込みをしておいたら、ちゃんと女性から返信を貰うことに成功したのです。

                                          相手は同い年の20歳の女子大生、年齢も近かったから会話も凄くはずんじゃって一気にアポにまで持っていく事が出来ました。

                                          アダルトグッズの写メも見せてあげたのが効果があったのかもしれません。

                                          なかなか淫乱そうな女子大生で、彼女と美味しすぎる媚薬体験談を妄想してしまいました。 





                                          ラブホテル街がある某駅前で待ち合わせ、写メで見るよりも結構可愛い系の女子大生が目の前に現れたときは、心の中で思いっきりガッツポーズ状態でした。

                                          目的はセックスだったし、彼女もアダルトグッズに興味津々の様子だったからそのまますぐラブホテルに入ることになりました。

                                          ホテルに入ってビールで乾杯、その中にはしっかりと媚薬を仕込んでおいたのです。

                                          ちなみにその時使ったのはこの媚薬です⇒http://lovetoy.jp/ 

                                          さらにアダルトグッズを見せてあげると手にとって興味津々といった感じでした。

                                          「これすごそう」
                                          「スイッチ入れてオマンコに当ててみなよ」
                                          「うん」

                                          脚を広げてパンツの上からスイッチを入れると、いきなりエッチな顔つきになってよがり出していました。

                                          「ほんとに凄いよこれ」

                                          マン汁でパンツなんかしみ出しちゃって、それ見てこっちも大興奮状態。

                                          ビンビンになっているペニスを彼女の口に持っていってフェラ、おもちゃでオマンコ責めをしてきました。

                                          快楽が止まらなくなってしまったようで、物凄い勢いでペニスをしゃぶり、そしてマン汁を噴き出さしているのです。

                                          綺麗な身体をたっぷり愛撫、コンドームをつけないでペニスをオマンコの穴に挿入していったのです。

                                          完全に暴走状態の彼女、「いいよ、あんあん、逝くぅダメああん」とよがり続けていました。

                                          オマンコの締め付けも凄く良くて、こっちも気持ちよく射精することに成功。

                                          セフレとの媚薬体験談と言うのも、自分で実際にやることでその素晴らしさを実感できました。 


                                          56

                                          06

                                          02










                                             
                                            18

                                             「A先輩、僕の嫁さんを口説いてくれませんか?」との事です。

                                            A「はぁ?何を言ってるの?お前、マジか?」

                                            B「はい、本気なんです」と真面目な顔。

                                            よくよく聞いてみるとBの嫁さんはHには淡白である。

                                            嫁さんをHにして欲しい

                                            自分(B)のチ○ポに自信が無い。などなど・・・

                                            なので。。。 

                                            5ceb7042








                                                07


                                                マラソンがブームのおかげで人妻を頂きまくっている。

                                                私は34才既婚者で、学生時代の先輩が大手スポーツ用品店に勤めており、マラソン練習会のイベントをボランティアスタッフとして手伝ってほしいと頼まれました。

                                                参加する女性が多く、年齢層は幅広い。

                                                学生ボランティアがどうしても人気になるが、若いOLとかはイケメン探しに夢中でキャッキャッしてるだけだったのでオレはイラついてた。

                                                30代以上の女性は真面目で、オレのアドバイスにしっかり聞いてくれてそれなりにやり甲斐があった。

                                                学生ボランティアは解散すると、参加者さんと合コンするかのように一緒に帰っていく。

                                                羨ましいなと思いつつ、俺が仲良くなった人達は既婚者が多く、出会いより真剣にマラソンをしようと参加してる感じなので何もないだろうと思っていた。

                                                ある時、先輩に言われた。

                                                「お前、いつもマラソン終わった後に質問とかされて真剣にアドバイスしてるだろ。でも個別に質問してくる大半の人はお前と話したくて来てるんだよ。まぁ、お前は奥さんもいるしどうでもいいけどな」

                                                そう言われて思い返してみると、確かに休憩時間は男女満遍なく声をかけてたのに、終わった後の質問は女性ばかりだった。

                                                そして

                                                「奥さんも一緒に走ったりするの?」

                                                「今日はこれから奥様とお買い物?」

                                                とか走る事以外の質問とかもされていた。

                                                冷やかしだと思っていたのだが、先輩から言われてからはプライベートな質問に対して対応を

                                                「妻は休日も仕事で休みが合わない。○○さんはどうなんです?」

                                                と少し変えてみた。

                                                すると面白いように解散後の食事に誘われるようになり、ほとんどそのままエッチまでいってます。

                                                囲まれてる時に質問をせず、個別になった時に質問をしてくる既婚者は、間違いなくできます。

                                                フルマラソン完走目指してる女性ばかりなので既婚者でも身体の綺麗な事。

                                                そして、旦那より趣味を優先する女性の積極的なセックスは激しくエロすぎ。
                                                最近は、これ⇒http://lovetoy.jp/
                                                なんか使っちゃって、過激なセックスを楽しんじゃってます! 

                                                毎週新たな身体を求めてボランティア続けてます。






                                                   

                                                  仕事帰りにいつもの出合い系で良い子を探索。
                                                  すると「Mなのでたくさん突いて欲しい」と書き込みを行っていた美保という子からメールが返ってきました。
                                                  わずか1時間位のやりとりでアド&写メ交換をして逢う約束をしました。
                                                  美保は29歳の人妻でした。

                                                  平日の昼間に待ち合わせて合流。おとなしそうなタイプだけど少しだけ豊満な体つきがそそります。
                                                  車に乗り込み1時間位ドライブをし「これからどうしよっか?ホテルでも行く?」と聞くと小さく頷きました。
                                                  ホテルに移動中にムラっとしてしまい、車を運転しながら美保の胸を軽く触ってみると、拒否反応もなく好感触。
                                                  美保の服を捲くりあげてブラをずらし胸を露出させると、Cカップ位の美乳でした。
                                                  運転しながら手探りで乳首を探して軽く摘むと「はぁぁ」と気持ち良さそうな声を出しました。
                                                  しばらく胸を堪能したあと、ワレメの方に手をやりました。足を開かせてゆっくりワレメを指でなぞると、既にお湿り状態。
                                                  パンティーの横からすっと指を滑り込ませ、軽くクリトリスを刺激すると「あっ、あっ……」と何とも可愛い声をあげました。
                                                  「もっと触ってあげるから、下着脱いでみて」と言うと美保は腰を上げてパンティーを脱ぎました。
                                                  軽く指を舐めてあらわになったオ○ンコに人差し指をゆっくり挿入しました。
                                                  中は既に熱く、指を動かすとクチャクチャと何とも卑猥な音がしました。
                                                  「美保ちゃん、いやらしい音がしてるよ」と言うと赤い顔をしてうつむいてしまいました。
                                                  更に「このいやらしい音はどこからしてる?」と言うと「あそこ……」と小さな声で言うので、 クリトリスを思いっきり摘み上げてやると、「あぁぁぁ!おま、オ○ンコォ」と言い直しました。
                                                  ご褒美にまた優しくクリトリスを撫でてあげると、「気持ち良い~」と言い、感じる様子でした。
                                                  俺も悶々としてきたので、近くにあったスーパーの立体駐車場に車を止め、二人で後部座席に移動しました。
                                                  「どうして欲しい?」と聞くと、美保は「入れて欲しい……」と言いました。
                                                  「入れて欲しいなら、どうすればいいかわかるよね?」と言って、俺のズボンを下ろしはじめました。
                                                  カチカチになった俺の愚息を見ると「大きいね~、舐めてもいい?」と嬉しそうに聞いてきました。
                                                  俺が答える前に美保は既に喉の奥深くまで咥え込んでいました。
                                                  しばらく美保のフェラを観察しているとたまに目が合いとても興奮しました。
                                                  美保のフェラはとても上手でかなりの数のチンポを咥えてきたのがうかがえます。
                                                  ちんぽの上から涎をタラッと垂らしたり、玉を舐め口に含みながら竿はしっかり手でしごいたり。気を抜くとすぐに発射してしまいそうです。
                                                  「ジュボ、ジュボ、ジュボ」とリズミカルに激しく咥え始め、イカせようとしてきたので、持ってきたバイブを見せてあげると、 初めて見たのか不思議そうにバイブを見つめていました。
                                                  「舐めてごらん」と言うと俺のチンポを口から出して少し躊躇ながらバイブを舐め始めました。
                                                  俺は美保の後ろに回り既にビショビショに濡れているオ○ンコに指を2本突っ込み思い切り中をかき混ぜてやると、いきなり潮を吹きました。
                                                  かき混ぜ続けると「止まらない、止まらないよ~」と言いながら、潮を吹きまくってます。
                                                  俺の服と車のシートがすっかり汚れてしまいました。「あ~あ、こんなに汚してどうしてくれるんだよ」と言うと 「ご、ごめんなさい。気持ち良過ぎて、つい……」と申し訳なさそうに言いました。
                                                  俺は美保に罰を与えようと思い、さっきまで美保が舐めていたバイブを取り上げると、さっき潮を吹いたばかりのオ○ンコにねじ込みスイッチを最強に入れました。
                                                  すると「いやぁぁぁ、また出ちゃうよ~」と言いながら腰をくねらせてます。
                                                  「そのままバイブを入れたままパンティーを履いて」と言うと「え?何で?」と聞かれました。
                                                  「ちょっと喉が渇いたから飲み物買ってきてよ」と言うと「入れたままじゃ無理だよ~。音が周りに聞こえちゃ……」と拒否してきたので、 バイブを掴んで数回出し入れてしてやると「わ、わかったから、い、行くから……」と必死に俺の手を掴んで止めようとしてます。
                                                  バイブを掴んだ手を離すと、オ○ンコにバイブを咥え込んだまま下着を履こうとしてます。
                                                  履き辛いらしくバイブが邪魔をして下着が上まで上がらなくなっていました。
                                                  俺はどうせならと思いローターも持ってきていたので、丁度車の中にあったガムテープでローターを美保のクリトリス付近に固定してスイッチを入れてやりました。
                                                  美保のパンティーはローターとバイブでゴツゴツしており、モーターが回る音が重なりあってました。
                                                  美保は車を降りようとした時、足に力が入らないのか、いきなり地面に座り込んでしまいました。
                                                  「これじゃ~歩けないよ~」と言うので一緒に行ってあげる事にしました。
                                                  美保は俺の腕にしがみついて、下を向きながら必死に歩いていました。
                                                  周りの目が気になるらしくキョロキョロしています。



                                                   
                                                  なんとか飲み物を買い車に戻ってくると「ねぇ早く抜いて、お願い、お願いだから。もうおかしくなっちゃうよ~」と言ってきました。
                                                  「じゃあ5分以内にフェラでイカせてくれたら抜いてあげる」と言うと「うん、がんばってみる」と美保は言いました。
                                                  さっきより更にねっとり舐め上げては、奥深くまで咥え込みディープスロートでイカせようとしています。
                                                  しばらくして、俺はイキそうになると「そろそろイクからな。ちゃんと全部飲むんだぞ。」と言うと返事にならないような声を出しながら頷きました。
                                                  俺は美保の頭を掴み思い切り腰を突き出すと喉の奥に発射しました。
                                                  ようやく発射がおさまり美保の口からチンポを抜くと涎かザーメンかわからいものが糸を引きました。
                                                  美保はなかなかザーメンを飲み込めず口の中に溜めたままでした。
                                                  時計を見たら5分を切っていたのですが「残念、少し間に合わなかったからバイブはそのまま入れてホテル行こうね」と言うと半べそ状態でコクンと頷きました。
                                                  やっとホテルに着くと美保はグッタリして、パンティーはバイブをつたってきたマン汁でビショビショに濡れていました。 ローターを外し、バイブを引き抜いてやると、バイブには白い白濁したマン汁がびっしり付着していました。
                                                  ベットに倒れ込んだ美保の腕を取り起こしてやり、顔の前にチンポを突き出し仁王立ちしました。
                                                  美保はうつろな目でフェラを始めると再び深く咥え込んでいきました。
                                                  しばらくフェラを楽しんだ後、入れて欲しいかと聞くと「早く入れて欲しい」と言いました。
                                                  俺は「美保のグチョグチョのオ○ンコにチンポをぶち込んで下さいと言え」と言うと、 恥ずかしそうに「美保の……、美保のグチョグチョになったオ○ンコに……、チンポをぶち込んで下さい……」と言いました。
                                                  俺は美保を四つん這いにさせ、立ちバックの状態にし、生のままオ○ンコにチンポを沈めていきました。
                                                  美保は「あぁぁぁ、気持ち良いぃぃよぉぉ」と言うだけで生を気にしてる様子は全くありませんでした。
                                                  ギリギリまで引き抜いて、激しく奥まで突いてを繰り返していると、美保は再び潮を吹いたらしくオ○ンコの中が水っぽくなり、美保の内股を潮がつたっていきました。
                                                  俺はそのまま構わず突きまくっていると気持ち良くなり、美保のオ○ンコにそのまま発射しました。
                                                  美保は俺が中出しした事に気づいていないようでした。
                                                  今度は美保が上になり騎上位の体勢になりました。
                                                  美保の腰使いは激しく、自分が気持ち良くなるポイントを知っているようで、俺のチンポを的確にGスポットへ当てていました。
                                                  さっき出したばかりなのに俺もイキそうになり、下から美保のオ○ンコを突き上げてやると、 予想していない攻撃に「ひゃっ」と変な声を上げて抱きついてきました。
                                                  手で美保の乳首を摘み、舌を絡めキスをしながら激しく突き上げると「イクっ、イキそう~」と言いながら身体を痙攣させてました。
                                                  俺はまだイッてなかったので構わず突き続けそのまま美保のオ○ンコに2度目の中出しをしてやりました。
                                                  二人共しばらくそのままの体勢で休憩した後、今度は正常位でぶち込んでやりました。
                                                  美保のオ○ンコはマン汁と俺のザーメンでグチャグチャになっていて何とも卑猥状態になっていました。
                                                  それを見て俺は興奮し、再び射精感が襲ってきました。今度は美保の顔に掛けてやりました。
                                                  鼻と右目に少し入ったらしく苦しそうでしたが、口を開かせそのままチンポを捻じ込んでやると、美味しそうにお掃除フェラをしていました。
                                                  しばらくから美保が「何か垂れてきたよ~」と言い、起き上がってオ○ンコを見てみると、 コポッ、コポッと言いながら俺のザーメンがアナルまで垂れてきていました。
                                                  それを見て俺は「勿体無いからアナルに入れておこう」と言って、美保の両足を持ち上げ、 垂れてきたザーメンを指ですくってアナルに突っ込んであげました。
                                                  美保は「あ~あ、こんなに中で出して、出来ちゃっても知らないよ~」と、全く警戒する様子がありませんでした。
                                                  その後も美保の旦那が帰ってくる時間まで中出しセックスを楽しみ、計5発程注入してやりました。
                                                  美保とは2週間程してから、もう一度逢って中出しセックスをした後、こちらから連絡を絶ちました。
                                                  なので、またここの出合い系で、別の人妻を日々物色中です。


                                                   





                                                    一人でエロマンガを個室で読んでいた所、
                                                    隣に若い女性2人組みが個室に無理矢理2人で入ってきた。
                                                    俺のよくいく漫喫は、微妙下から隣が覗けるぐらいの隙間があるんだ。
                                                    その隙間からつい出来心で覗いたらさ、いきなり暗いの。
                                                    ん?と思ってみてると、ケツが目の前にあって暗かったわけ。
                                                    やたら興奮してさ。
                                                    すると隣の部屋の女が1人トイレに行くって言い出したから、
                                                    俺も何気なしに顔を見る目的でトイレに行ったんだよ。
                                                    で、顔確認。やべーマジ可愛いって感じでさ。
                                                    それからさらに興奮だよ。部屋に戻った俺はまた下から1人で待っている友達を覗いてた。

                                                    隣にいる一人の子を覗いてたら、さっきトイレに行った子が帰ってきた。
                                                    また俺の目の前に座るもんだから、彼女のお尻が目の前にw 
                                                    壁というかパーティーション?(区切りの壁ね)は約3〜5cmぐらい。
                                                    だからほぼ、目の前にある状態でちょっと息が荒くなった俺ガイル_| ̄|○
                                                    少ししだすと、トイレに行ってないほうの友達が、「なんか本とってくる」と
                                                    いい初めたので、これまたチャンスと思いちょっと顔覗きましたw
                                                    この子は可愛いというよりは、綺麗系な感じの人でした。髪も長くて。
                                                    顔を確認後すぐさま部屋に戻り、また覗きへw

                                                    すると待ってる方の子がパソコンを触りだしたらしく、個室が少し明るくなる。
                                                    するといきなり、片足をあげて膝に手を乗せるような状態に。
                                                    ご想像の通りパンツ丸見えですw 白のパンツにピンクの模様?を確認。
                                                    その距離約、80cmぐらいかな?思わず顔もさらに床にベタ付けで覗くw
                                                    ※トイレ行った子A 行ってない子Bにするw
                                                    しばらく覗いているとBが帰ってきた。
                                                    「なにみてるの?」とAのパソコン画面を覗いてる様子。
                                                    Bが四つんばいで覗くものだから、これまたバック姿でパンツ丸見えw(黒のレース)
                                                    ここで俺は辛抱がきかなくなり、ズボンのチャックを全開モードにw (;´д`)トホホ
                                                    しばらくするとBは本を読み始めたらしく、俺の目の前にお尻を置き本を読み始める。
                                                    束で本を積み上げてたので1冊抜いてやろうかと思うぐらいの近距離w
                                                    座った時に、スカートがめくれたままで黒レースのパンツが約4cmぐらいの距離に。
                                                    すいません俺クンクンしました_| ̄|○
                                                    Aがパソコンに飽きてきたらしく、両足を開いたまま倒れこむ。
                                                    (女性同士ってパンツ丸見え余裕なの?)
                                                    俗に言うM字開脚のまま倒れこんでるw (*´д`)ハァハァ
                                                    目の前には黒レース。少し離れた場所には白パンツ。これはかなりの絶景w
                                                    時折、Aがパンツを手で食い込みを直す仕草にさらに萌えw
                                                    しばらくすると、Bが「飲み物を取ってくる」と言いだした。
                                                    A「私オレンジね」と言うw


                                                    Bが部屋を出た後、すばらしいハプニングが起こった。
                                                    Aが1人になった瞬間、わずかな時間ではあったがパンツを横にずらしモゾモゾし始めた。
                                                    ここでマンマンとご対面。やべぇ・・俺もフルスロットルw
                                                    どうもAは蒸れ?痒み?が気になったみたいだけらしい。ほんの数秒だがマンマンは最高。
                                                    Bが帰ってきた頃にはAは座り、Bはまたまた俺の顔の前に座り込む。
                                                    するとおもむろに、Aがこっちに顔を向ける状態で横になりだした。
                                                    一瞬「もしかして、顔みられた?・・」と俺はあせりだす。
                                                    (この時チンコは元気を失うw)
                                                    しばらく覗きをやめ。どうしようか悩み始める俺_| ̄|○
                                                    しかし隣からヒソヒソ話は聞こえるものの、店員や電話をしだすようすがないので、
                                                    俺は部屋にとどまる(一瞬怖くて帰ろうかと思ったょ・・・)

                                                    様子を見るため、俺は先ほど覗いていた位置とは若干ずらした位置から覗く。
                                                    すると、AとBがこっちを覗いてた。
                                                    悲鳴があがると思った瞬間、Bが何を言った。(この時聞き取れなかった)
                                                    Aが「あはは」と笑った声だけが一瞬聞こえた。
                                                    俺かなりテンパる。
                                                    状況を理解するのに若干時間はかかったものの、再び俺は覗いた(俺もバカスw)
                                                    するとまたまた暗闇になっていた。俺は?と思い、覗場所を変えつつ光を探すw
                                                    しかし暗いまま。なにかでふさがれたかな?と思った瞬間。
                                                    一瞬光が入ってきた。徐々に明るくなるその場所にあったもの。

                                                    おっぱい

                                                    俺さらにテンパる。状況理解に苦しみだす。
                                                    一瞬顔をあげたが欲情に勝てずさらに覗き込むw
                                                    この時点でおっぱいが2つ確認。服から見てBだと思われ。
                                                    Aのすすり笑いだけが聞こえる。
                                                    Bがオパイをもみ、挑発するような感じになってきた。
                                                    ここで状況把握(からかわれてる・・)
                                                    しかしチンコだけは再び、この状況を考えず元気を取り戻すw
                                                    状況が段々とエスカレートし、Bが座りこみパンツ丸見えの状態で足を開けてきた。
                                                    まさしくM字開脚状態w Aはその都度、すすり笑っている。
                                                    俺もヤバイと思いながらも、もう右手のマッハは止まらずそのまま覗きこむ。
                                                    Aの笑い声が消え、何かをコソコソ言っている。
                                                    Bが「あはは やってみるw」とだけ聞こえた。

                                                    すると、さっきのM字開脚のままいきなり、
                                                    さきほどのAと同様パンツを横にずらした。
                                                    Bのマンマンともご対面。さらにAが声を大きくし笑いだす。(俺笑えねぇ・・)
                                                    AがさらにBに耳打ちしてる様子。
                                                    そこでBが「○○も人事だと思ってw」と笑いながら言った。
                                                    AとBはずっと笑ってる。必死に覗いてる俺をバカにしてるみたい・・・。
                                                    ここで初めてAが俺に話しかけてきた。小さな声で。
                                                    A「なにしてるの?w」若干笑いながらの声だった。
                                                    俺「・・・」無言で何も言えず_| ̄|○


                                                    Bがマンマンをパンツの奥にしまいだした。
                                                    俺はまだイってないのに・・と思った瞬間、次はAのマンマンがきた。
                                                    完全にからかわれてるのはわかっていたが、
                                                    もうどうでもよかった。Bの笑い声が聞こえる。
                                                    Aがマンマンを見せて、Bが笑ってる時にAがまた話しかけてきた(マンマンみせたままw)
                                                    A「もしなにかしてるなら、終わったら言ってねw」ここでB爆笑してた・・_| ̄|○
                                                    俺も思わず「はい・・」と言ってしまった。で、そのままAのマンマンみたまま発射w
                                                    俺「終わりました・・・」 AとBかなり(・∀・)ニヤニヤしてる感じで
                                                    A「わかったw」と言ってきた。
                                                    マンマンをしまいつつ、俺もフキフキ・・。
                                                    ここでBが俺に話しかけてきた「こっちきたら?w」。
                                                    俺「あ・・でも・・」とかなり怖い。
                                                    (脅迫かもしれないと思ったから・・俺ヨワスw)
                                                    Bがまた「いいからおいでよw」と言ってきたので、
                                                    俺「はい・・」とズボンを上げ隣に行きました。
                                                    簡易ドアをノックすると、Aが「きたきたw」といいながらドアを開けた。
                                                    ここでBが「さーどうしよw」とAに話しかけてた。
                                                    俺「すいません・・」と平謝り。
                                                    Aがここで「黙っとくから、ここの料金払ってくれる?w」と冗談交じりで言ってきた。
                                                    Bが「あっそれいいw」と笑いながら言ってきたので、
                                                    俺「そんなぐらいでよければ・・」と承諾。
                                                    そこでAが「カラオケしよ!」といきなり言い出したので、
                                                    Bも「あっいこいこw」と漫喫内のカラオケに移動。
                                                    (他にもダーツとかビリヤードもある大きな漫喫)
                                                    カラオケに移動後、俺の事とか色々聞かれた
                                                    俺の事も色々はなして、AとBの事も色々聞いた。
                                                    都内在住の○○大の女子大生らしい。(ちなみに俺は社会人ねw)
                                                    カラオケを歌った後、さらに喋りだす。ここでAとBとメアド交換w
                                                    ついでに友人のAとBの友人のCも呼ぶ事に。(もちろん料金俺もちね・・)

                                                    Cが漫喫到着。AとBとは違う雰囲気だけど、可愛い感じの人。
                                                    Cが俺をみるなり「誰?」って言い出す。
                                                    AとBが「ここで友達になった人♪ww」って笑いながら紹介・・。
                                                    詳細を書くとAとBには彼氏がいるらしく、Cはフリーらしい。
                                                    Cを呼んだ理由はCには彼氏がいないから・・。
                                                    ここで今後の流れが見えてきたでしょww
                                                    結局はCと俺をくっつけようと思ったらしいです。
                                                    (なんで覗きの俺なんかを・・勧める・・)
                                                    Aが俺に「Cどう?可愛いでしょ?内緒にしといてあげるから、
                                                    1度遊んであげてよw」と言ってきた。
                                                    Bも「Cはこの人どう?Cの写メみせたら会いたいって言ってたんだよw」とCに言う。
                                                    (ちなみに写メなんて見てないし、会いたいとも言ってない・・・)

                                                      biyaku

                                                    その後、少しCとも話し料金を払って、一先ずその場は退散。
                                                    後日、AとBとはメールでやり取りを何度かした。(Cともね)
                                                    AとBが何かにつけて、この事を黙るからといい、
                                                    今でもたまにご飯とか奢らされます・・。
                                                    ちなみにこの話は約1ヶ月前の話しです。(結局Cとも1度遊ぶ事になって、後日遊んだ)
                                                    現在は、この事はCには内緒のまま今はCと付き合ってる状態です。

                                                    管理人より
                                                    ヤレる薬、SEXしたくなる媚薬なんて、眉唾ものばかりで本物なんてあるはずないと思っていませんか?
                                                    私もその一人でした・・・。
                                                    子供のころから「媚薬を使って高嶺の花を自分のものにしたい」「媚薬を使って合コンで女の子をお持ち帰りしたい」「生意気な女に媚薬を飲ませてチ○コを欲しがらせたい」などなど
                                                    アホみたいな妄想ばかりをしていましたが、大人になるにつれて勝手にそんな便利なものあるわけないと決めつけてしまっていました。
                                                    しかし、そんな概念を打ち破る出来事があったのです。
                                                    サラリーマン時代に、取引先の社長と博多で飲んでいたときのことです。居酒屋で飲んだ後に、社長行きつけのBARに連れて行ってもらいました。
                                                    そこには社長とも顔見知りの客も数人飲んでいて、社長の顔を見るなり
                                                    「おお!○○ちゃん、こないだもらった媚薬使ったばい!あれ凄かね〜!!ホントに効くね。ねえ、マスター、あの女ん子は媚薬ば入れた酒に全然気づかんでガブガブ飲んだもんね(笑)
                                                    そしたら、しばらくしたらモジモジしだしてからたい、笑うのこらえるのが大変だったばいね(笑)」
                                                    マスターと呼ばれる50前後のダンディーなおじさんも
                                                    「俺も笑いこらえるの大変だったばい(笑)あの女ん子、あんたにクネクネしながらひっついてから。もう店ん中でおっぱじめんか心配したばい(笑)」
                                                    突然の中年おやじ達のエロい会話に、私はついていくことができずポカーンとなってしまいました。
                                                    よくよく聞いてみると、社長がこの店で飲んでいたときに、「SEXしたくなる媚薬はある!スチュワーデスとの合コンのときに使ったら楽勝で持ち帰れた」という体験談をしたら
                                                    BARにいた他の常連客達が、そんなウマい話なかろーもんと言いだしたもんだから
                                                    社長は意地になって「なら店に持ってきてやるけん、自分で使って試してみるたい!」と後日、常連客たちにホントに媚薬をあげたらしい。
                                                    それで、媚薬をもらった常連客達はこぞってこのBARに女を連れてきては媚薬を試していったというのです。
                                                    毎日毎日、常連客達が目の前で女の子を連れて帰っていく姿を見たマスターが「社長、あんたの言うとおりSEXしたくなる媚薬はあったばい。」としみじみ言ったのが印象的でした。
                                                    その後も常連客達の媚薬体験談は次々と飛び出し、キャバクラで生意気なキャバ嬢の酒に媚薬を混ぜて持ち帰った話や、ナンパした子をこの店に連れてきて媚薬を飲ませたらセフレになった話
                                                    セックスレスだった嫁さんに媚薬を飲ませたら3年ぶりに求めてきて大変なことになった笑い話など、どれも凄い話ばかりでした。
                                                    本当にヤレる媚薬が存在していたなんて、ワクワクがとまらなくなり、これは自分でも体験せねばと考えて同じ媚薬を通販で購入して合コンで試してみました。
                                                    一番ムリっぽい子に試してみようと思って、スカしたキャリアウーマンに媚薬を飲ませたら効きすぎて大変なことになったんですけどね(笑)
                                                    その時の体験談はこのサイトのどこかに実体験として投稿してあります(笑)
                                                    これから媚薬にハマった私は液体タイプだけではなく、クリーム状の塗るタイプの媚薬や粉末の漢方媚薬、ドリンクタイプなど色々な媚薬を購入して実際に体験してきました。
                                                    また、SNSでも媚薬仲間を募って媚薬についての情報交換をしてきて、国内だけでなく、個人輸入のジェネリック媚薬があることも知りました。
                                                    色々な媚薬を試した結果、本当に効くものもあれば、偽物、眉唾ものもありました。見た目では効果出ていないのに、アソコはグッチョリ濡れていたり媚薬は本当に奥が深いです。
                                                    皆さんも媚薬の効果や副作用は不安ですよね?せっかく買ったのに効き目がないなら意味がありません。
                                                    自分の目的に合った媚薬を見つけるためにも、くちこみや感想、体験談を読んでから選ぶことが大切です。
                                                    有名なものだと、媚女の雫、ナイトハンターラブリキッド、チョコレートラブ、アドバンテージ、ヨヒンベ、アクティブOTC、オキトシン、フェリモア、紅蜘蛛、などがありますので,
                                                    まずはこのサイトの媚薬体験談や使ってみた感想を読んでみてください。
                                                    すごく生々しいリアルな体験談ばかりなので、参考になるというか使いたくてたまらなくなります(笑)
                                                    それでは当サイトをお楽しみ下さい。