RrZCw



    長野県南部に住んでいる23歳の看護師さんと、出張のついでに会う事になりました。
    仕事のストレスが多いみたいで

    『誰かに凄く甘えたい』

    とよくメールで言っていました。
    嫌がってましたが、白衣と白いパンストも持ってきてもらう約束でした。

    ちなみにこの看護師と出会ったのはここです⇒リンク先に移動 
     
    だいぶメールで話をしてたので、15分ほどドライブで緊張を解してから当然のような顔をしてスッとホテルに入りました。
    少し緊張がほぐれた状態でお互いシャワーに入り、渋るのを宥めて白衣に着替えて貰ってベッドイン!
    嬉しかったのは、ベッドでは外されちゃったけど、普段はあまりしないというナースキャップも持ってきてて、着けて見せてくれた事でした。

    「ギュってして」

    という約束でしたので、彼女を強く抱き締めて丁寧にキス。
    両方の耳を丁寧にツツッーと舐め、息をかけてあげたら彼女は色っぽい吐息を吐き始めました。
    僕は頑張って病院でドクターがナースを誘惑してる気分になるよう一所懸命にイメージしましたw
    耳の穴の中まで舌を入れて舐めてあげます。


    白衣の上から、乳房を誉めながら手の平で強くならないように何度も撫でてあげます。

    「今日は僕がドクターだから、診察してあげるよ」

    と言いながらボタンを外すと、

    「エッチなドクター」

    と言うので、僕は笑いながら

    「じゃ、やめようか?」

    と言うと

    「いじわるっ!」

    と言います。

    「あれー、何でこんなに乳首が立ってるのかなぁ?」

    と言いながら、むしゃぶりつきたい気持ちを抑えて乳房の周り、肩を丁寧に小刻みに舐めてあげます。
    そして、円を描くように乳首に近づいていくと、彼女は声を出しながら乳首を僕の口から避けるように体をよじります。
    まず、鼻の頭で乳首をツンツンすると声が一段と大きくなり、

    「あっ、あっ、んっ、んっ」

    と、我慢しきないようで漏れてきます。
    乳首を中心にして円を描くように舌で小刻みに舐め回し、舌先で触れるか触れないかでチロチロと先っちょを舐めるともう乳首は充血してビンビンに固くなっています。
    上下に舐めたり左右に舐めたりして散々舌で乳首を転がしながら、吸ったりペロペロしたりプルンプルンしてやると、

    「あぁぁ気持ちいいぃぃぃ!!」

    と大声で喘ぎました。
    彼女は白いパンストにパンツも穿いています。
    パンスト越しに見える、薄いピンクのレース付の可愛いパンツを見ると、我がチンコもズキンズキンときて、我慢汁が出てるのが自分でも分かります。
    白衣を捲り上げ、しばしパンスト姿を眺めながら

    「あ~これからコレを脱がせて舐められる」

    と思っただけで嬉しくなります。
    パンストの上から微かに局部を鼻の頭で何度も軽く擦り、息をかけながらエッチな話をします。
    患者さんにセクハラされた事、新人の頃にドクターに犯されそうになった事など聞きながら撫で撫でを繰り返します。
    パンストをゆっくり脱がせ、パンツを穿かせたまま足を開かせてみました。

    「あー、やっぱり凄いなぁ」
    「何が?」
    「べトべトやで」
    「いやぁ・・・」

    彼女は足を閉じようとしますが、もう僕の肩にしっかりと両足は抱えられています。
    僕の目の前に薄い小さな布1枚を残し、あそこの部分が来るようにしてあるので閉じられません。
    パンツのマチの部分は二重になって愛液が染み出しにくくなってますが、その周辺部分がベットリ湿っています。
    鼻の頭と舌でツンツン突っついたり、大事な部分に鼻から顔を全部埋めるようにして首をブルブルと左右に振ってみたりして、余計にグチョグチョにしてあげました。
    彼女は

    「いやっ、やめてぇ・・やめてぇぇぇ、あっ、ああぁぁぁ!恥ずかしいぃ・・・!」

    なんて言いながら、めちゃくちゃ感じています。


     
    いよいよ、白衣はお腹に残してパンツを脱がします。
    まんぐり返しの形でお尻からすっぽりパンツを剥がすと、そこではもうベトベトのおまんこが露わになりました。
    パンツの裏側を確かめると、マチの部分にタップリと愛液が溢れています。
    彼女に見えるようにペロペロ舐め、ズルズルとわざと音を立て全部吸いました。

    「やだぁやめてよー、恥ずかしい・・」

    と叫んでますが、無視です。
    パンツは片足に残し、まず陰毛の生え際くらいを舐め回しますが、陰毛は濡れて皮膚にへばりついて凄く卑猥です。
    太ももの内側をチロチロと舐めながら、割れ目の状態を見ると光る液体にまみれてる様がとてもエロくて堪りません。
    クリトリスに向かうフリをしては片方のビラビラの横を舐め、また反対側を舐めたりしてると、もう堪らないようでお尻を振ってクリトリスを僕の鼻に擦りつけてきます。
    少し興奮して捲れているクリトリスに鼻を近づけると、陰毛に付いた愛液が僕の顔中を濡らします。

    「何でこんなに濡れてるんだろう?おかしいから診察しようね」

    って言うと

    「そんなに見ないで~恥ずかしい」

    と叫んでいます。
    割れ目から湧き出るぬるっとしたその液体を口の中で少し味わいながら、まずはクリトリスの回りをツンツンと舌先でつつくと

    「ああぁー、もうダメ~早く舐めて~!」

    と、彼女はついに恥ずかしい本音を発しました。



    クリトリスを舌の先で軽く小刻みにチロチロって舐めては止め、またペロペロって舐めては止めを繰り返す度に

    「はぁぁ、ああぁぁー、気持ちいいっ」

    と言ってビクンビクンと体が波打ちます。
    舐めるのを止める度に不満そうな声を出していますが、クリトリスは舐め続けるより少し休ませながら舐めると感じるんです。
    ちょっと強めにコリコリっとクリトリスを舐めたりビラビラを唇で挟んだり引っ張ったりしてまたクリトリスに戻り・・・割れ目に沿って下から上に強めに舐めた時、狙い通り口の中にトロリと愛液が入り、思わず口の中でぐるぐると回して味わいゴクリと飲んでしまいました。
    独特の塩味の液体と膣の中の酸味が大好きです。
    味わってる間は彼女の声は止まり、息だけが弾んでいます。
    また鼻でツンツン、舌先でチロチロ、舌で上下にペロペロ、左右にレロレロ、舌でクリトリスを引っ掛けるようにプルンプルン、舌に少し力入れて回すようにグリグリ、クリトリスをコリコリッ、舌全体で膣の辺りから割れ目に沿ってクリトリスまでの間を大きくベロンベローンと舐め上げた時に声が一段と大きくなりました。

    この舐め方は、ひと舐めで鼻の頭と舌先でクリトリスに2回刺激が伝わりますが、これが相当気持ちいいみたいで

    「いやん、あっ、ああああっ、あっ、あうっ、それっ、あっ」

    と大声を出しています。
    今度はクリトリスを剥き出すために優しく吸い付き、その唇の間から出した。
    舌でクリトリスを直撃しました。
    そしてクリトリスにアクセントつけて縦にコリコリッ、左右にレロレロ、今度は舌全体で強めに下から上へ舐めあげるのを繰り返してた時、先ほどより大きな声で

    「やぁぁ、ああああああぁぁぁぁ!!」

    と叫んで、体がガクガクと痙攣し、彼女が暴れ始めました。
    足を閉じようとして僕の顔が挟まります。
    あまり顔がキツく締まるので、お仕置きで舐めるのをストップします。
    彼女は

    「はぁはぁ・・・」

    と息をしながら、足の力を緩め

    「何で舐めてくれないの?」

    という目で僕を見ます。
    今度はしっかり両足を抱えて間に入り、イケるように舐めるスピードを速めてあげました。

    「…あっ…はぁ、はぁ…やっ…いぃっ…あんっ、いいよぉ…、っくぅ…やぁん…ダメぇ…あぁん、ぁあ、あぁぁ…ああぁぁぁん、イクっ、イクっ、い。っちゃう、いやぁぁ…」

    と泣きそうな声を出したかと思うと一瞬息が止まったような感じで、低い呻き声とともに彼女は静かになりました。
    彼女のおまんこは僕の唾液と彼女の愛液でまみれグチョグチョです。
    その時点で僕のチン○ンは充分な大きさと固さに達していて、もう我慢汁でベットリです。
    人形のように動かない彼女の割れ目に僕のチン○ンをあてがい、ゆっくり浅く埋めてあげると微かに甘い声が小さくしましたが、彼女は反応がイマイチです。
    微かに

    「もうダメ・・・」

    と呟くので、仕方ないので深く埋めてその状態が気持ちいいのでそのまま動かない事にしました。
    僕のチンチンは彼女の中に根元までスッポリと入っています。
    深く埋めた時に、彼女は深いため息のような声で

    「はぁぁぁぁ・・・!」

    と気持ちよさそうな声を出しましたが僕は動きません。
    彼女の下腹が小刻みに震えているので、それだけで気持ちがいい。
    しばらくその感触を味わい、ゆっくりと深く突き、基本は浅く出し入れし、また深く突くというのをリズミカルにゆっくり根気良く繰り返して楽しんでいると、ほとんど反応の鈍かった彼女の息が急に荒くなってきました。

    浅く4回、深く1回、浅く3回、深く2回と優しく突いていると

    「あっ、またっ、またっ・・・!」

    と瀕死の声を出し始めました。

    「あっ、またイッちゃうぅぅ!!」

    と言い出したんで、少し早めにピストン運動をし

    「やっ、やっ、何で、あっ、ああああああぁぁぅぅぅぅぅーーー!!」

    という、彼女の感じる声に僕が感じてしまい、不覚にも先にゴムの中に大量放出してしまいました。
    彼女がイケる寸前のようなので、そのままやめたいのを我慢して下腹を突き出して擦ってあげると、数秒後に遅れて彼女はその日の2回目の絶頂を迎えました。
    同時にイク事はできませんでしたが、何とか2回目イカせてあげる事ができました。
    女の子の体はデリケートだから、あのゆっくりの動きが案外よかったようです。
    小さくなりかけのチンチンから精液が漏れないようにゴムの付け根を指で押さえて抜きました。
    彼女を抱き寄せ、ギュってしてあげて何度もキスして髪を撫でてあげました。
    しばらくして、彼女から

    「すっごく気持ちよかった・・・。久しぶりに深くイケたよ、それもイッたのにまたすぐに・・・。それにあの舐められ方は初めての感覚だけど、あんなに気持ちいいと思わなかった、意外だった。ほんとに上手いね」

    とお褒めにあずかりました。
    そして帰りに

    「お腹空いたね」

    と言うので一緒に鍋を食べに行き、仕事の悩みなどを聞いてあげながら充実した一日を過ごしました。

    「また長野に来た時はイカせてね」

    と次の約束まで取り付けましたが、女の子がこれだけ感じて喜んでくれたら、男としては本当に幸せですよね。
    僕は女の子の外見よりも、イク時のあの気持ちよさそうな表情や声がとても好きでその可愛さで満足してしまいます。

    この話に出てくるサイト⇒リンク先に移動 


    56

    06

    02