SN総合車両所です。
IMG_0601
当車両所で少し前にTOMIX製品から製造したJR貨物 愛知機関区のDE10-1562ですが、広島更新色のプレートを流用していたためキャブのプレートの色が実際と異なる「タイプ」状態でした。しかし今回側面のプレートを準備できたので正規の状態にするべく加工しましたのでご紹介します。

以前の記事はこちら!

IMG_0686
用意したのは、朱色の無地のプレート(DE15用?)とトレジャータウンの機関車用ナンバーインレタです。プレートにメタルインレタを貼り付け、側面のナンバーを製作することにしました。

メタルインレタだったのでナイフ先でシートから剥がして直接貼り付ける方法も使えました。写真では「5」が浮き上がっていますが、これはシートから剥離した文字を仮置きしたものです。これを手作業で正しい位置に貼り付けて・・・という作業を何度も繰り返しました。
IMG_0692
側面の白帯がナンバーで途切れるのが大宮更新色の特徴です。これでようやく、現在も活躍中の1562号機の完成です。
IMG_0694
今同機は岡山機関区に貸し出され、水島臨海鉄道に乗り入れる貨物列車の牽引を担っているようです。若干注目されている上にTOMIXのDE10を小加工して製作するのにはうってつけの車両なので、完成品から少し背伸びしたい方は製作されてみては如何でしょうか?

(当車両所は皆様方における加工時の事故等につきましては一切の責任を負いません)

読者登録・下のバナーのクリック(外部サイトのトップページにジャンプ)、お願いします。
それでは〜
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村