2018/03/26

【モルフ紹介シリーズ】レッサー(バター)

皆さんご機嫌よ~

髪切ってるとき美容師が話題ふってくるじゃないですか。
隣の客には「最近の芸能人は〜〜」みたいな話してたのに俺と話すときは
大抵、「ケンタッキーの加工工場ってどうやって
処理しているか気になってYoutubeでみたんですよ」
俺「あー、あれでしょ?羽と胴をバンドで縛って吊るして首落としていくんでしょ」
とかこんな感じ

どうも、蛇るまです。

今回もモルフ紹介シリーズ、
レッサー(バター)です。

018
レッサー

004
スーパーレッサー

ブルーアイリューシコンプレックスの一種で
モハベ、ファントムミスティック、ルッソなどと対立遺伝します。

レッサーとバターは同モルフで黄色の発色が強いものをバターと呼ぶようですが、
最近は区別しないことが多いようです。

カラーは薄茶もしくは緑がかった薄茶や赤茶の模様がついている。
模様には、ほとんど黒の色素がない。頭頂部は茶色で、腹部は白、側面下部にも白がある。

・今回のベストパートナーズ
この項目では、紹介するモルフに対してコンボにする際に相性の良いモルフを
軽く紹介、解説したいと思います。
(とりあえずパステル、スパイダーをかけておけばOKみたいにはしたくないので、
少しひねりを加えています。)

レッサーのハイポ作用をうまく活かし、黄色の発色をあげられるモルフは・・・
019
エンチ

002
レッサーエンチ

なんていかがでしょうか。
成長と共にイエローカラーが全身を占めていくエンチ、
その作用がレッサーの薄い体色が手助けしているような表現。
まさに黄金のヘビとなります。
ここにさらにイエローベリーなんかをいれてもパターンの変化が
楽しめそうです。

ちなみに我が家にレッサーを有する個体は
C1XWP1OUQAEdCvw
レッサーイエローベリーがいます。

エンチピンもいるので上記のようにエンチレッサーイエローベリーを
狙ってもいいかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018/03/25

【モルフ解説シリーズ】GHIボール

皆さんご機嫌よ~

「調子が悪かったら17km自転車で通勤なんて出来ていないよ」と皮肉を言われた、
蛇るまです。

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

元々、300km/Day 走れていた人物とご自分を一緒にしないでほしいですねw
というか、インフルエンザで発熱しても、捻挫しても
自転車で病院には行っていますからねwww
ちなみに、ステロイドの副作用で筋肉も骨も痩せてしまって、
膝を痛めています・・・。

ぁ、でも出張終えてからなのか、ステロイドの量を3倍に増やしてからなのか、
ほぼ同時期で分かりませんが、聞こえの調子はいいです!
医者からもステロイドを減らしていきましょうといわれており、
飲む薬は減りそうです!

ってなわけで本日は、ボールパイソンのモルフ解説シリーズの続き、
GHIとなります。

002
GHI

001
スーパーGHI


一時は3桁万円の超高額モルフとしてバナナを双璧を成していた、
カラー&パターンミューテーションで共優性のモルフとなります。

ベビーのころはブラック&イエローが特徴的で特に綺麗で、
成長と共にイエローは失いますが渋いカラーになります。
コンボにすると際立って、モハベとのコンボは今までにない超渋系モルフとなります。
単モルフでは渋いといっても、やはりブラウンアウトが激しいモルフの代表であり、
ほぼノーマルのようになってしまうことも珍しくありません。
美しさを保つためにコンボでの運用が前提のモルフだと考えます。
また、その特徴的なパターンからスパイダーやピンストライプとのコンボは
微妙だと考えています。

ダークモルフとかけられがちですが、ベビーの時の黄色のイエローを残す方向で、
パステルやイエローベリー、エンチとのコンビネーションも非常に相性がよく、
ダークorライトどちらへも進めるモルフとなります。

遺伝的に成長障害があるのかエサ食いが悪く、成長が遅いという報告が多数あります。
最終的には繁殖には十分なサイズになるものの、♀を成熟させるのに根気が
必要なため、ベビーからお迎えし繁殖を視野に入れている方は♂をお勧めします。

名前由来は、確かアメリカのブリーダーの GHIレプタイルズがFHの中から見つけて、
屋号であるGHIを付けたようです。

・今回のベストパートナーズ
この項目では、紹介するモルフに対してコンボにする際に相性の良いモルフを
軽く紹介、解説したいと思います。
(とりあえずパステル、スパイダーをかけておけばOKみたいにはしたくないので、
少しひねりを加えています。)
先ほどモハベとのコンボが超絶渋いといいましたが、個人的なお勧めは

020
レッサー

002
GHIレッサー

モハベとのコンビネーションと比べ、淡いなんともいえないダークさを
表現します。

ちなみに我が家にもGHIがいます。
C2DZ5cDVQAEoToL
GHIレッサーとGHIイエローベリー作出計画中ですwww





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018/03/24

デザートボール♀の妊娠の可能性について

皆さんご機嫌よ~

デリヘルに電話したら好みの女の子を聞かれたから
「おっぱい小さい子がいいです。」
っていうと乾いた笑いで返すスタッフやめろw

どうも蛇るまです。

本日は有名なボールパイソンのデザート♀の不妊について
海外の実例を紹介したいと思います。

原文は最後に載せていきなり翻訳から行かせていただきます。
かなり長いので時間がない方は下部に要点だけを列記しております。



あなたがボールパイソンのベテランであれば、
Desert遺伝子の悪名高い話を聞いたことがあります。
デザートのように早く流行したモルフはほとんどありません。
この驚くべきモルフを多くの可能性を秘めています。
パターンシフトとクリーンアップの強力な組み合わせで、
ほぼすべてのコンボにゴールデンタッチを加えています。

初期の噂
噂が始まったとき、誰もそれが真実であることを望んでいなかった。
"♀が小さい"
"♀はラットスネークのように細い"
 "未だにスーパーデザートが存在していないのはおかしい"
このような噂で人々の意見は分裂した為、この論争の量は今でも忘れることはありません。
私は個人的にこの論争が本格的化する前に大きな最先端の
デザートボールのコンボモルフを2匹購入しました。


初例
その後、♀のデザートボールのトラブルの噂は、ほとんど正確であることが判明した。
多くの♀が繁殖可能サイズまで苦労していましたが、ある♀は繁殖可能サイズまでに成長しました。
最善の情報はBLBCフォーラムのこのスレッドで見つけることができます。
この問題を実験する最前線の人たちの説明を掘り下げて、
興味深い詳細をたくさん集めることができます。

明らかなことは、人々が問題の答えを探し求め、否定的な結果が濃厚であっても
希望を抱いていることです。

この時発見できる優秀な回答を行った、Albeyの「Too Cool Reptiles」でした。
彼は2000gの♀のデザートボールに対して非常に詳細なレポートを出します。
彼の経験はここで読むことができます。
♀のデザートボールを育てることを発表するブリーダーもいたが、
結果を報告しなかった。

これらの初期の試みのほぼすべてがスラグ(無精卵)を産みました。
ほとんどのスラグ
(無精卵)は温度管理が原因であるため、
温度に関連する可能性があるという初期の理論がありました。
♀が優性卵卵をもっているとき、彼らはそれらをうまく寝かせることができず、
死ぬか外科的介入が必要になるでしょう。

♀のデザートボールをフルサイズの卵をうまく通すのに十分な大きさにするために、
異常に大きなサイズ/年齢まで成長させる必要があるかもしれないという
別のアイデアが立てられました。


私はこの間に
♀のデザートボールを育てなかった。
本当の問題が明らかになったので、私はペットの用として
♀のデザートボールを販売しました
私はいつか私が彼女のサイズが問題の要因であるかどうかを確認するのに
十分に成長することを望んで、
一匹のパステルタイガー(パステルデザートEnchi)♀を飼いました。

私の研究事例
時は流れ2016年になります。
私の
パステルタイガー(パステルデザートEnchi)♀は3000gの♂を
(私が試みられてこれまでに聞いたより大きい)押し倒していました。
私は他の♀とデザートボール♀に非常に期待をしており、
デザートボール♀が交尾をする前にさえ、非常に大きな小胞があるとわかりました。
それは、彼女を育て、
デザートボール♀に対して私が何を期待していたのか
公表することを決めた時です。

私への大きな挫折の1つのものは、
デザートボール♀に対処した多くの人々が
率先して起こったことの彼らの報告をしなかったということです。
多くの出来事は断片的にしか公表されませんでした。
それで、
デザートボール♀がたぶん妊娠していそうであるということを発見したとき、
正確に露見することに関してページを更新していることを、私はすぐに共有しました。


私は3000gの女性を育てることで独特の何かをしていると感じました。
それは問題の角度が違うかもしれませんし、異なる結果をもたらすかもしれません。

最初から、関心とサポートがかなり重いだけでなく、批判もありました。
何人かは、「この問題は鎮静されている」ため非常に無責任であるように感じていました。
私のことを「生き物を危険にさらしたいだけだ」という人、
「私が動物の健康を気にしてはいけない」と感じる人もいました。
私にとって、デザートボールの♀は非常に特別なヘビであるので、
私は何年も育っていて、
デザートボールの♀を育てていて、金銭的利益がないときでさえ、
この仕打ちは馬鹿げていると感じました。

ヘビの健康は最初から最優先であり、すべての介入者が♀のデザートボールが
生きていることを証明する為に公表した。
この趣味は、実験を考えている動物愛好家や、デザートボールの問題を含めて、
これらの動物の知識を伸ばすことを信じています。
私が理解しようとするのを止める日は、この趣味と私の動物へ情熱失うときです。

排卵までの過程は、期待どおり行われた。
♀のデザートボールは排卵をして、私はすぐに熱望した。
彼女の排卵後排泄は、排卵後わずか20日であった。

♀のデザートボールは予定された産卵日(最終脱皮の30日後)に近づき始めたので、
♀のデザートボールの内部が、有精卵でいっぱいになっているのか、
それとも苦しいのかを知るために
♀のデザートボールを触診した。
卵のほとんどはフルサイズの卵のように感じましたが、
非常に固定されて一緒に押し付けられました。

私は簡単に典型的な妊婦のように
♀のデザートボールの環境を切り替えることは
しませんでした


♀のデザートボールの最終脱皮の28日後、私は彼女のトグロの外側に横たわっている
スラグ(無精卵)を見つけた。
♀のデザートボールがスラッグを押し出すことができれば、
♀のデザートボールはクラッチの残りの部分を安全に通過することが
わかったので、私は安堵した。

残念ながら、それは非常に長い待ち時間の始まりでした。
時間が経つにつれ、私はこの実験が彼女のためにうまくいかないと
本当に絶望しました。
♀のデザートボールの健康状態を守ることが私の第1位の優先事項となりました。

♀のデザートボールの問題は解決せずに産卵予定日の30日を過ぎてで、
私は卵を外科的に取り除くように手配しました。

私は、このプロセスを通してOTB
Reptilesのカルロスが
♀のデザートボールを助けて
くださったことに、
この点で大きな感謝を捧げたいと思います。

彼は砂漠の女性との経験について私と貴重な情報を共有しただけでなく、
卵に恵まれたデザートボールにうまく処置をした素晴らしい獣医と連絡を取りました。

必要な仲間を助ける彼の努力は、同業者としての最高の資質を示しています!

7月4日、彼女は卵を取り除く手続きに成功しました。バーミンガムのアトラス博士は、
♀のデザートボールともに頑張ってくれました。
彼は私に、
♀のデザートボールの残りの7卵はフルサイズだったと報告したが、
子宮内膜に付着して、ほとんど癒着していて、産卵には至らなかった。
彼は処置として卵子と子宮を取り除いた。

ここに彼女の手術の日からの写真があります。

獣医によると、♀のデザートボールの卵は受精して「正常」に見えたが、正しい時間に寝かされていないから変色して腐っていた。

獣医師と話す際の別の非常に興味深い点は、彼が取り組んでいた
別のデザートボール♀が、子宮と薄膜の間のつながりを完全に欠いていたことです。
その卵の自然な寝床は、その場面での大きさや状況にかかわらず、
完全に不可能であったであろう。

これはまた、
♀のデザートボールの生殖システムに関する潜在的に
複数の異なる問題が存在することを指摘しており、
そのいずれも成功への障害となる可能性がある。


私の
♀のデザートボールは、非常にうまく治癒しており、
活動的で、完全に正常に行動しています。

これが成功と健康な卵に終わらなかったにもかかわらず、
私は
♀のデザートボールが無事でとても満足していて、
残りの人生は私のペットとして大切に育てていく。

結論
私は、これが非常にユニークなモルフを理解しようとしている人々、
そしてそれが抱える課題について、教育的かつ注意深い実例であることを願っています。

適切に卵を肥やすことができないことから、
卵/スラグを複数の理由で通過できないことに至るまで、
砂漠の女性の繁殖力の問題には複数のバリエーションがあるようです。
私にとって、これらの課題は、これらの♀を繁殖のリスクとストレスにさらし
続けることを推奨するものではありません。

適切な時期に卵を取り除くことが可能であると思うかどうか、
妊娠可能かどうかを聞いた人もいます。
これは可能ですが、
ボールパイソンから取り除かれた卵は、私の経験ではさらに理想的なタイミングや
条件であっても、(不明の理由で)うまく孵化していません。

たとえこれが本当の可能性であったとしても、私はそれを主張しないでしょう。
私たちは、この実例と同じことをすることも主張しません。
この問題を再検討するにはデザートの♀に対してさらなる大きな見込みがなければ
ありえません。




はい、以上となります。
長い・・・
要点だけ抜き出します。
1.

"♀が小さい"
"♀はラットスネークのように細い"
 "未だにスーパーデザートが存在していないのはおかしい"
という問題はデザートが一般市場で出回り始めたころから
言われていた。

2.
ブリーダーたちはその問題について公表をしなかった。

3.
そこで上記文章を作成した方が「俺が実験をして全て公表してやるよ!」

4.
どうやら腹部が受精卵でいっぱいになるところまではうまくいった。

5.
しかし、予定日になっても産まない。

6.
予定日から遅れてスラグが転がっていた。

7.
これが詰まっていたのか。これさえ出てくればもうすぐ産むかな。

8.
やっぱ産まない。

9.
卵詰まりだ。他のファームに連絡して獣医を紹介してもらおう。

10.
子宮と共に卵を摘出

11.
卵と子宮内膜で不自然な癒着があるね。これが産卵の邪魔をしていたんだよ。

12.
その医者も♀のデザートボールの繁殖に挑戦していた。

13.
医者のところの症例では逆に
卵と子宮内膜の着床が不自然に弱かった。

14.
卵の成長過程から考えるとまず、ありえないことだ。

15.
♀のデザートボールの不妊の理由は体型の問題だけではなく、
卵と子宮内膜の着床の問題(子宮の機能的な問題)にあったんだね。

16.
結局、摘出した卵は孵りませんでした。
私の経験上、例えベストなタイミングで外科的に卵を摘出しても、
孵ることは稀です。

17.
子宮を摘出した♀のデザートボールは今も、私のペットとして元気にしていますよ。

18.♀のデザートボールを孕ませるなんてろくなことないから諦めてね。

ということでしょうか
今ではメジャーとなったデザートボール♀の不妊
こういった理由があったのですね。
まだ、適切なタイミング子宮ごと卵を取り出し、絶妙な環境で卵を管理すれば
スーパーデザートボールの可能性はありますが、
愛玩動物において不自然な形での産卵はやめておいたほうが良いと考えます。
将来、品種改良の中で不妊を回避したデザートボールの♀が出ると、
面白そうですね。

今回はここまでとなります。
下記に原文と使用されていた画像を用意しております。
少しグロテスクなものもあるため、苦手な方はここでお別れとなります。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック