皆さんご機嫌よ~

〇〇(店舗名)の回し者か と言われた蛇ルマで~す。
今日はみどり商会様の回し者になりまーすwwww

我が家でも複数個愛用しているケースバイケース
中でもボールパイソンには645Mというサイズを使用しています。DSC_0029
繁殖ラインにいれている、4歳の♀です。
トグロを巻いた3倍以上は余裕をもってあります。

そしてケースバイケースのメリット
その1 周辺機器が豊富
専用パネルヒーターナイーブを挿入するポケットがあります。
DSC_0032

DSC_0034

上部メッシュは上部ヒーターやライトスタンド、火傷防止ネットなどが
取付可能

つまり、蛇だけではなく紫外線が必要な生体にも別置きライトスタンドなどを買わずに
対応できるわけですね。

さらに、初期付属品で側面がメッシュとガラスで選べる!
DSC_0035
背面メッシュは別売りオプションとして存在します。
これで通気性を必要とする生体にも対応できますね。

その2 軽い
先ほどボールパイソンに645Mを使用しているとお話しましたが、
これは横60cm 奥行き45cm 高さ33cmの物ですが、
骨組みがABSプラスチックなので細身の私でも
2階からお風呂場へ運べるほどです。
女性でも持てるかと思います。
また、ガラスを上から差し込む様式なので、
ガラスを抜いて分けて運べばより軽く、持ちやすくなります。

その3 部品単品での購入が可能
鍵、背側面のメッシュ、全面のガラス全て購入可能です。
割れたといった場合もあせらず電話一本代金引換で注文できてしまいます。
私は予備で3セット常備しています。 

その4 見た目がよい。
これはケースバイケースというよりもガラスケージのメリットとなりますね。

その5 メンテナンス性
前面、上面からもアクセスでき、作業性が高いのがポイントです。

でも、扱いに気をつけなければいけないこともあります。
DSC_0031
全面ガラスの左右が入れ替わったような配置になった場合、
鍵部品にぶつけて、相手のガラスを欠けさせてしまうことがあります。
また、鍵をガラスに取り付ける際、締め付けすぎると割れてしまいます。
手で動かしながら動かなくなったところで締付をストップしてください。

そんなケースバイケースシリーズ
サイズ(横cmx奥行きcmx高さcm)はこちら
60M 60x30.5x33
60L 60x30.5x45
645M 60x45x33    ボールパイソン・ラットスネークに最適
645L 60x45x45   大型の壁チョロヤモリに最適
90M 90x45x33     カーペットパイソンに最適
90L 90x45x45    運動量が多く、バスキングが必要な生体に最適

地表性の中型ボア・パイソンやトカゲ、大型ヤモリ、樹上性動物
に十分に対応できていると思います。
地表性生体もレイアウトに凝りたい人は
高さがあるほうが飾り甲斐があります。


個人的には奥行きは広くなってもあまり、場所をとっているように感じないので
60シリーズよりも645シリーズですね。

樹上性のヘビに対しては、

このあたりがよいのではないかと思います。