April 19, 2006

徳島ヴォルティスVSコンサドーレ札幌(2006)#1

かなり悪い状態から、少し上がってきていたようですが・・・・悔しいです。

会場:徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場  19:04キックオフ


徳島ヴォルティス 0-0 コンサドーレ札幌



コンサドーレは前節の快勝の勢いで、4連勝を狙ってきている感じでした。
対するヴォルティスはやはり調子が今一つで、選手を少してこ入れしてきました。
実際に試合に入るまでは、やはりかなり不安な所はありました・・・・。

コンサドーレは前半開始直後から、やはり前がかりに得点を狙ってきました。
前節までの勢いで『勝てる』という気持ちだったのでしょう。
前がかりに来る相手に前節はやられたヴォルティスですが、今節は守備がしっかりとしていました。
コンサドーレはやはりシュート数が多かったんですが、昨日は決定的なシーンが少なかったです。
まず、フッキにセンターで仕事をさせなかったのが大きかったのではないでしょうか。
上手くサイドに追い込むようにして、ゴールまでに手数をかけるようにしていました。
そしてたしかにかなり攻め込まれてはいましたが、殆どのシーンでシュートコースを切っていました。
中盤でのプレスも効いていたのでしょう。
ヴォルティスの攻撃も、少しずつ良くなってきていました。
石田とイマン団長の右サイドが、昨日のストロングポイントでした。
この2人のコンビネーションは、TMやキャンプでもかなり良かったので。
普段は左からというのが殆どでしたが、右が良かったです。
特に石田がキレていました。サイドの深い場所からクロスを良く上げていました。
ただ、やはりコンサドーレもゴール前にしっかり『閂』を掛けて守っていました。
クロスだけでなく、中に切り込んでいくバリエーションも必要かなと感じます。

前半、後半通じてずっと一進一退の攻防でした。
中盤でのポゼッションの取り合い、ゴール前への攻め方。
いい意味で鏡合わせのような感じの戦い方だったのではないでしょうか?
そして互いに譲らず、そのままスコアレスドローで終戦。
久しぶりの勝利までもう少しでした。勝利を手繰り寄せる所まで後少しだったのですが・・・。
だからこそ、悔しいです。まあ、引き分けや負けの時はいつも悔しいんですが。。
ジョルジも悪く無かったです。フィットするまでもう少しでしょう。

但し、肝心な事も忘れてはいけません。
ただパスを繋ぐだけではなくゴールから逆算してボールを運ばなければ・・・。
また、苦し紛れにバックパスをしたり、安易に横パスするのも危険です。
クリアはセーフティーに。状況判断でロングフィードをすればいいんです。
例えばSHの前にスペースがあったりした場合とかがそうです。
井出口やジャイアンに望むのは、DFからのビルドアップできるパスです。
インターセプトした後そのパスを何処に出すか・・・これからの課題の一つでしょう。
また、中盤でプレスをもっと掛けなければとも感じました。
前に押し上げる事がなければ、中盤で好き放題にやられてしまいます。



田中監督。きついとは思いますが、頑張って下さい。
共に闘います。私は自分は『客』とは思ってませんので。
私はユニこそ着ていませんが『12番目の選手』だと思っています・・・。

どんなことがあっても、共に闘い、鼓舞し続けます。。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 山形戦  [ ニコニコハイウェイ ]   April 19, 2006 18:37
0-0のスコアレスドローでした。 好調・札幌に引き分けての勝ち点1〜勝ちたかったです。 試合内容からすると「勝ち点1を得、勝ち点3を失わなかった」とも言えますが。 (ジョルジーニョ??????????

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
trackback people

New comments
My Favorite
CNET Japan
heteml Ticker
GB
BlogPeopleガチャガチャブログ