地下鉄に乗って.jpg中野サンプラザで行われた、映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の試写会に行ってきました!!

「鉄道員(ぽっぽや)」などでお馴染みの、浅田次郎さんの小説を映画化した作品です。

こんなお話です・・・
↓↓↓
『いつもと同じ会社からの帰り道。地下鉄を降りて駅の階段を上がると、そこはオリンピック開催に沸く昭和39年の東京だった―。真次に突如訪れた、現実とも夢とも信じがたいタイムスリップ。真次は恋人みち子とともに過去へ戻り、そこで若き日の父と出会う。時空を超える旅を続けるうちに明らかになる、父の真実の姿。そして真次とみち子との間に隠された、驚くべき秘密。それは、二人の愛に過酷な選択肢を突きつける、あまりにも切ない運命だった・・・。』

結婚できない・・・いや、していない男のぼくとしては、親のほうの気持ちってのはよく分かりませんが、子ども側から親の愛情というものを再認識させてもらえる作品でしたね。

まさか、過去に戻ったラストにあんな結末が待ってるとは・・・すごく切なくなりました(;θ;)

いい話でしたよ。