BALLAD 名もなき恋のうた.jpg映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を観てきました!!

この映画の元は「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズというこの映画、時代劇ものは少々苦手でもあるので、最初知ったときには、ほとんど観る気がなかったんですよ。

でもなかなか評判もいいようなので、せっかくだからと思って観にいったわけです。

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの監督が作ったこんな映画です。
↓↓↓
『ひょんなことから戦国時代にタイムスリップした小学生・真一は、春日という小国の廉姫と、姫を命がけで守ってきた侍・又兵衛と出会う。真一の面倒を見ることになった又兵衛は、最初は嫌がっていたものの、素直な心を持つ真一に徐々に気を許し、奇妙な絆を育んでいく。そんなある日、北関東の大名・大倉井高虎が美人の誉れ高い廉姫に婚儀を申し込む。国のことを思い、縁談を了承する廉姫と又兵衛。しかし幼なじみの二人は、この時代には決して叶わぬ身分違いの恋を、互いの胸深くにしまい込んでいるのだった…。』

評判どおり、いや評判以上にいい映画でしたよ。
新垣結衣演じる廉姫の、凛としつつも又兵衛の身を案じる心の動きや、タイムスリップした小学生・真一の成長…

戦国時代の描写も見事で、合戦の場面などは迫力満点に作られていました。

友情や勇気、大切な人を守るということ、大切なメッセージがたくさんつまっている、まさに大人から子どもまで楽しめる感動作です☆☆☆