Q10.jpg12月に入って、秋のドラマも続々最終回を迎えていますね。

この土曜日は、毎週楽しみにしていた、日本テレビの「Q10(キュート)」最終話を観ました!!

「愛も勇気も平和も地球上にあると思えばきっとある」と題された最終話は、こんな内容でした。
↓↓↓
『月子(福田麻由子)は平太(佐藤健)に、Q10(前田敦子)は平太に会うために70年後の未来から送り込まれたロボットだと明かす。Q10の目的は、重い病気にかかった平太の妻に、彼女が出会う前の平太を見せることだった。
役目を終えたため、月子は平太にQ10のリセットボタンを押すよう迫る。
月子に柳(薬師丸ひろ子)を人質に取られた平太は、思わずQ10のリセットボタンを押してしまう。平太はQ10のいない生活に戻るが、柳はQ10を取り戻すため、中尾(細田よしひこ)の力を借りる…。』

ロボットという、難しい役だったのに関わらず、そんな感動を与えてくれた前田敦子の演技は良かったですね。

人を大切に想うことの大切さや暖かさ、そして周りの人たちに対する感謝の気持ちを思い出させてくれる、いいドラマでした。