行ってきました。
誰かと見に行こうかと思ったけども近場の人とはスケジュール合わないし、なんだかんだで1人で見て1人で満足するのも悪くないなと思って1人で行きました。

劇場でびっくりしたのが初日だからかグッズ身につけてる人が多かった。
ラバストつけてるだけの人もいればTシャツ着てる人もいるし、ライブ限定(だった気がする)のバッグ持ってたり、ネットではよく見るラブライバー四天王?武装ラブライバー?みたいな重度の人もいたりで。
武装ラブライバーが中学生の親子に笑われてて釣られて笑いそうになりました。
そんな中でもにこにーのコスプレしてた子は可愛かったです。


劇場でパンフ買って物販はすごい列だし買いたいものもなかったのでスルー。
同日発売のヴァイスのにこサインの方が欲しいわ。

あとはせっかくだしということでミニクリアファイルとかついてくる飲み物とポップコーンのコンボセットは購入。
買ってく人の大半が普通の容器で貧乏人は大変だな・・・なんて思ってたら最近はこういうのは別にしてくれるんですね。
もちろん僕も別にしてもらってお家にあります。

ヤフオク見ると普通にていか超えばっかでオタク怖っつって震えてます。
http://aucfan.com/search1/q-~a5e9a5d6a5e9a5a4a5d6a1a1a5b3a5f3a5dca5bba5c3a5c8/s-mix/?o=t1



続きで映画の感想。もちろんネタバレ有りです









大雑把にまとめると
前半・・・茶番
中盤・・・良かった
後半・・・微妙


〇前半
ニューヨークに行ってライブしてくるお話。
途中でいきなりミュージカルはじまってびびるけど、各キャラが動きに動きまくって可愛い。
特に凛が動きまわってしゃべりまくっていい感じ。
それと本気で怒ってガチ泣きするちゃん海未最大の見せ場。


〇中盤
これからどうしましょうと悩むお話。
3年は卒業するけど皆の期待を背負って活動続けるか決めた通り解散するか。
あの謎のCV高山みなみは穂乃果の未来だとかなんだとか色々諸説はありますが・・・
劇場内で何も解説がなかったからサンシャインで出てくるのかもしれないし分かりませんね。
ちなみに僕は未来の穂乃果説は全く思いつきませんでした。

〇終盤
みんなでライブするお話。
個人的には結構どうでもいい。
というか一番集中できなかった。
サニーデイソングも悪くないんだろうけど、Happy maker!の方が良かったなぁとしか考えてなかった。
EDのみんなの衣装が次々にスクロールされてく演出は良かった。
もう終わりなんだなぁとしんみりするのにはちょうどいい。
自分では気付かなかったけど、落ちてく羽にも意味があったみたい。
2期EDで最後みんな羽を持ってたけど、もう持つ人はいなくて本当に終わりなんだなと。


〇反省会
話全体が重いテーマを扱ってるはずなのにどこかサッパリとしすぎててちょっとね。
話自体は面白くなくて、μ'sの最後の活動記録として余韻やしんみりした空気を味わえたりすると一気に満足度が上がるのかなと思います。
この部分をかなり意識した感受性の高い方々が泣いたとか面白かったという感想をよく言ってるイメージ。
自分的には"良かった""満足感あった"という感想が妥当かなと。

思う傍らで待ちに待った劇場版がこんなに面白くないはずは・・・とか、どこがダメだったのか検証したい気持ちが出てきて2回目見に行くことも考えてます。なんかイマイチ納得いかない。


原因としては2期からずっと思ってたんですけど、1期みたいに頑張ってる姿を前面に押し出してほしかったなと。
最後だからどうこうとか、命を燃やしてるところ?を見たかった。せっかくスクールアイドルにこだわるって決めたのにそれを意識してるところもないし・・・
あと所謂泣き所がなかったのが。お涙頂戴でいいからほしかった。
萌え要素よりもスポ魂要素の方が欲しいんですよ。個人的にはですけどね。


あとここが一番重要なんですけど、EDはそれは僕たちの奇跡が良かったなぁと強く思いました。
スクフェスで映画公開直前のタイトル画面の曲にもなってたし、自分が好きな曲でもあって、特に歌詞がマッチしててこれで終わったら最高だろうなとキモイことをずっと考えてました。

いーまーここーで、でーあえた奇跡、わーすれなーいで僕たちの季節


まぁ要するにデスノート38話ぐらいのLよろしく、自分のあてが外れたからがっかりしてるだけなんですけどね。
もしかしたら現実を受け止めた今もう1回見たら綺麗に手のひらひっくり返す可能性は十分ありますし。
これでμ'sの物語は終わりになりますが、できたらフルメタルパニック ふもっふみたいに本編の間で起こった出来事みたいな感じのアニメが欲しいなぁと。
何度も言ってますけど、ラブライブ本戦で優勝が決定する瞬間を見たい