ワインの会(東京ワイン会) ワイン会・飲んだワインの感想

どなたでも参加自由のワイン会を東京で開催しています。ご関心がありましたら是非ご一緒いたしませんか。知識は問いません。 このページではワイン会と日々飲んだワインの感想を書き込んでいます(*は750ml換算で一つ2500円。A(90点台):素晴らしいワイン。コストパフォーマンスが高いワイン。B(80点台):美味しいワイン。再購入の検討充分価値あり。C(70点台):平均的なワイン。D(60点台):苦手なワイン。旧点数は15/20で90点相当です)

>>ワインの会(東京ワイン会)はこちら 

2015 Pouilly Fuisse La Roche, Verget

** B++
熟したトロピカルフルーツ。蜂蜜というより砂糖の甘さが後味の残ります、アルコール度数は14度。完熟した葡萄が使われ、酸味も過不足なくあり、ピュイ・フュイッセとしてはレベルは高いと思いますが、個人的な好みではありません。WA91点(ニール・マーティン氏、2016年)

2008 Louis Nicaise Champagne Extra Brut

** A--
シャルドネ70%、ピノ・ノワール30%。オレンジ色柑橘系とマンゴー、アプリコット。ドライフルーツやナッツのニュアンスによる適度な熟成感もあります。酸もしっかりあり、スケールはプレステージクラスには及ばないものの、CPの高いシャンパンです。

餃子とワインの会/感想

餃子とワインの会201802_w

餃子とワインの会201802a


ミシュランのビフグルマンを獲得した餃子屋さんを紹介いただいてのワイン会でした。どのようなワインが合うか悩んだため多様な品種を選びました。餃子は予想したよりあっさり繊細の味わい、小菜も味がそんなに強いものではなかったので(自分で調味料をつけて調整するようです)、ワインの相性は深く考えず、幅広く合いそうです。


餃子とワインの会201802b

餃子とワインの会201802c


1)2001 Vouvray Petillant Brut, Huet (シュナン・ブラン) * B++

泡が柔らかいペティアン、さすがユエ17年経過してもまだ元気。適度な熟成感も心地よく、コストパフォーマンスが高いワインです。

2)2012 Catena Zapata Chardonnay Adrianna Vineyard White Stones, Mendoza (シャルドネ) **** A--

新樽を使用しないアルゼンチンのプレミアムシャルドネ。アンオークドより好み。酸味、ミネラルもしっかり感じることができます。

餃子とワインの会201802e

餃子とワインの会201802f



3)2014 Reynald Heaule Contre Courant Rouge (ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ) ** B+

自然派色濃厚なピノ・ブレンドです。いろいろな料理に合いますし(負けない?)、アクセントにもなりますので重宝します。


4)2014 Chateau Camensac, Haut Medoc (カベルネ・ソービニヨン、メルロー) ** B+

「なぜこんな普通のボルドーを」という声もあったようですが(笑)、3)のような個性が強いワインばかりだと疲れますのでカライナップ全体のバランスを考えて。ベルネ・ソービニヨンとメルロー50%ずつというメドックでは珍しいブレンド比率も選択理由の一つ。


5)2003 Gerard Depardieu Lumiere, Maroc Guerrouane (シラー、グレナッシュ) **** * B+

しっかりとした骨格を持ち15年経過してもまだ硬さを残します。ただ、その内側に格納されている果実味は思ったほどの凝縮度ではなく。密が詰まって無愛想なスタイル。熟成させればしなやかさが出てくるのか、それとも骨格だけ残して落ちはじめてしまうのか、判断に悩みます。

餃子とワインの会201802g

餃子とワインの会201802h

餃子とワインの会201802i

餃子とワインの会201802j

2010 Feudo di Santa Croce Celebration LXXIV, Primitivo di Manduria

** B+
重厚なボトルのわりにはワインはミディアムボディ。ラズベリー、アメリカンチェリーの赤いベリーにキャラメル(チョコレートの苦みはない)。7年経過し、しなやかさも出てきています。特筆するワインではないものの、CPはいいと思います。

2010 Beaune Les Prevoles, Laurent & Karen Boussey

** B
村名格。わりとクラシカルなスタイルで密が詰まっており開ききっていない。ボーヌながら色濃いカラント系で獣や生肉のニュアンス、力強さもあります。エレガントさ、複雑味ももうひとつ。抽出が長いか。

2015 Shaw & Smith Pinot Noir, Adelaide Hills

** B-
それなりに評価を得ているワイナリーですが、このワインは薄く、また若いためか複雑味も感じない。アルコール度数は12.5%、酸もオーストラリアワインにしては充分あり、エレガントなワインを目指しているのかもしれませんが、魅力薄い。

2012 Brunello di Montalcino, Pian delle Querci

** B
ブルネロも幅があります。価格相応ではあるもののブルネロとしても魅力は薄い。

Archives
記事検索
Profile
QRコード
QRコード
shinobi
  • ライブドアブログ