ボルドーワイン会172画像


シャンパン
1)N.V. Laurent-Perrier Champagne Brut LP ** B+

シャルドネ主体のバランスよいシャンパン。ローラン・ペリエらしいしっかりとした酸味と


2)2013 Les Arums de Lagrange, Bordeaux ** B+

ソービニヨン・ブラン60%。ソービニヨン・グリ20%、セミヨン20%。ソービニヨン系のクリスピー、フレッシュハーブ。樽香もきいています。ライチ、洋梨、白桃等の白いフルーツ。以前より価格も上がっていますが、確かにスタイルは洗練され品質も向上しています(長期熟成能力は未知数です)。個人的には少しくどく感じないでもないですが、ワイン会向き、あるいはこれからの季節にはいいと思います。



3)2009 Chateau Cantenac Brown, Margaux **** A--
4)2008 Chateau Kirwan, Margaux, Margaux **** B++
5)2007 Chateau d'Issan, Margaux *** B+

3)1万円前後、4)8000円前後、5)6000円台。シャトーの現在の評価はほとんど同格で、ヴィンテージ評価による差だと思います。3)2009年は甘味に酸が過不足なく伴っています。黒いベリー、チョコレート。ただ、少し前のボルドー偉大なヴィンテージのような、圧倒的なパワーを前面に出すのではなく、透明感あり、バランスよく若くしてから美味しく飲めます。といっても価格を考えると、まだ開けるには少しもったいなくも思います。4)スケールは程々ながら(決して小さくありません)、インキー、樹木、ブラックチェリー、ロースト、しっかりとした骨格とクラシカルなスタイル。キルヴァンらしい筋肉質さも加わります。それでも以前よりはスタイリッシュで、すいすいと飲めてしまいます。5)は3)4)と比べると酸味が強く線は細めですが、しなやかでエレガント。いま飲むのなら最もお勧め。


甘口
6)2007 Chateau Filhot, Sauternes ** B+

中堅に位置付けされるシャトー。強い特徴は感じないものの、各要素うまくまとまっておりコストパフォーマンスは高いです。




・夏野菜と海老のソテーのサラダ ガスパチョソース ライム風味

・エスカルゴとポルチーニのフリカッセのパイケース

・フォアグラのソテーとズッキーニのロースト 新玉ねぎのコンフィのソース

・イベリコ豚ロースのロースト プルーンと赤ワインのソース

・新ショウガとクルミのケーキ ココナッツのアイスクリームとメレンゲ添え

・コーヒー