ブルゴーニュワイン会333_w

1)2006 Hure Freres Champagne Brut Blanc de Blancs L'Inattendue ** B+
2)1998 Krug Champagne Brut **** **** ** A+

1)ブラン・ド・ブランとしては酸味は控えめですが、その分ボディを感じることができます。熟成感も少しあるところも○。
2)ほぼ完璧のシャンパン。2000年もこのようになるか。ただ、今後の熟成のスピードは速いかもしれません。



3)2012 Chassagne Montrachet les Embrazees, Thomas Morey **** A--
4)2009 Puligny Montrachet les Chalumeaux, Sylvain Cholet <差し入れ> B++

3)酸味とミネラル感がしっかりと感じられます。クリーンで優等生なスタイル。
3)熟した白いフルーツ、トロピカルフルーツ。滑らかな舌触り、酸味があるフルーツ系のキャンディー。一般的には評価高いと思いますが、個人的にはやはり2009年は甘く感じてしまいます。



5)2007 Chambolle Musigny, Lou Dumont *** B
6)2004 Chambolle Musigny les Amoureuses, Roche de Bellene Collection Bellenum **** **** *** A--
7)2001 Chambolle Musigny les Amoureuses, Roche de Bellene Collection Bellenum **** **** **** B+

5)オレンジラベルのルー・デュモン。ヴィンテージを重ねるにつれ仲田氏の目指している方向性が徐々にワインに反映されてきているように感じます。2007年だと道半ばか。薄旨までには達しています。長期熟成タイプではないとは思っていましたが、予想以上に熟成が早い。

6)7)レ・ザムルーズという名がつくだけで作り手問わず高価。いまや3万円〜ではという会話もありました。今回の2本も3万円近い価格です(もう少し安く購入できたのでこの会費で実施できましたが)。確かに特級に匹敵する畑で十分美味しいものの、3万円ならブルゴーニュでも他のワインも候補にしてしまいます。


ブルゴーニュワイン会333a

・焼き茄子のピューレとフォアグラのソテー 


ブルゴーニュワイン会333b

・海老のフリカッセとズッキーニのソテー


ブルゴーニュワイン会333c

・穴子と茸のソテー コリアンダーとシェリーヴィネガーのソース


ブルゴーニュワイン会333d

・イベリコ豚ベジョータのロース肉のロースト 赤ワインソース


ブルゴーニュワイン会333e

・ピスタチオとレーズンのタルト ギネスビールのアイスクリーム

・コーヒー