中華とワインの会201612_w

中華とワインの会201612a


シャンパン
1)N.V. Laurent-Perrier LP Champagne Brut <フランス・シャンパン> ** B+

シャルドネ50%、ピノ・ノワール35%、ピノ・ムニエ15%。平均クリュ率94%、このクラスとしては高めか(どれだけ意味を持つかは別にして)。バランス良くエレガントでスターター向き。お店側の冷却能力がやや弱いので、これぐらいのボディのシャンパンが良いです。


2)2007 Castillo de Maetierra Grand Libalis, V.D.T. Valles de Sadacia <スペイン> * B+

モスカテル・グラーノ・メヌード95%、ビウラ&マルヴァジア5%。アルコール度数12.5%のやや甘口、後半は少し辛さも上がってきます。マーマレード、白桃。ピュアな果実味。2000円台でコストパフォーマンス高。中華に合うワインだと思います。

中華とワインの会201612b

中華とワインの会201612c



3)2013 Calera Pinot Noir Josh Jensen Selection, Central Coast <カリフォルニア> ** B

JALUX専用のキュベ。2013年はカリフォルニアはセントラルコースとのピノを含めて恵まれていたためか、非常に甘い。中華にはブルゴーニュが難しく、またアメリカ系の中華のため選んだワインですが、再考の余地あり。ワインとしては、普通のセントラルコーストやキュヴェV(ヴィノラム)より凝縮度は高いようにも感じますが、同年比較できていないためヴィンテージキャラクターかもしれません。全体スケールは同程度。


4)2011 Amarone della Valpolicella Valpantena Villa Arvedi, Bertani <イタリア> ** B+

酢豚に合わせたワイン。狙いは○。アマローネとしては割と無難なスタイルですが、お料理に合わせるならこれぐらいが調度いいと思います。品質としては低価格アマローネよりは上、トップクラスには及ばない、という価格相応。


5)2006 La Gravette de Certan, Pomerol <フランス・ボルドー> *** B++

単独でも美味しく飲めるワインとして選択。しなやかでシルキー、適度なテクスチャーもあります。甘みが残る果実味と熟成感が加わった酸味が調和されています。スケール感は程々、もう少し価格がリーズナブルならA--をつけたいところです。

中華とワインの会201612d

中華とワインの会201612e

中華とワインの会201612f




・旬の味覚入り本日のおすすめ前菜 4種盛り合わせ

・特製 蟹肉入り小籠包&豚肉小籠包(各1個)

・フカヒレと蟹肉の淡雪スープ

・香港式 海老とアボカドのマヨネーズ和え

・鎮江香醋の黒酢豚 ミルフィーユ仕立て

・海鮮あんかけ炒飯

・シェフおすすめ 本日のデザート2種