ワインの会(東京ワイン会) ワイン会・飲んだワインの感想

どなたでも参加自由のワイン会を東京で開催しています。ご関心がありましたら是非ご一緒いたしませんか。知識は問いません。 このページではワイン会と日々飲んだワインの感想を書き込んでいます(*は750ml換算で一つ2500円。A(90点台):素晴らしいワイン。コストパフォーマンスが高いワイン。B(80点台):美味しいワイン。再購入の検討充分価値あり。C(70点台):平均的なワイン。D(60点台):苦手なワイン。旧点数は15/20で90点相当です)

>>ワインの会(東京ワイン会)はこちら 

フランス:ローヌ・南フランス

2014 Cotes du Roussillon Villages,Domaine de l'Edre

** B+
シラー60%、グルナッシュ30%、カリニャン10%。エレガントさと力強さが調和している良質なワイン、ただラングドック・ルーションでで同様なワインが増えているなか、シラー率が高い、新樽を使用しないなど特徴はあるはものの、際立った印象はありません。ワイナリーリリース価格が25E、日本での価格が凄く割高なわけではありませんが、この価格では積極的に購入したいとまでとは思いません。WA92点(ジェブ・ダブナック氏)

2013 Chateau Gilbert & Gaillard Roc Blanc, St. Chinian

** B+
ワインガイドを発行しているギルバート&ガイヤールが作るワイン。樹齢25年以上の、シラー55%、グルナッシュ35%、ムールヴェードル10%。表記はないが自然派のような特徴を持ちます。良質なワインではありますが、近年この地域でも同様なワインが増えています。公式サイトでの販売価格50ユーロは割高ですが、日本での流通価格なら価格相応の品質だと思います。

2013 Cote Vermeille La Luna, Bruno Duchene

** B+
グルナッシュ・ノワール45%、グルナッシュ・グリ36%、カリニャン10%、グルナッシュ・ブラン9%。アルコール度数13.5%。ピュアな果実味、適度な酸味により、グルナッシュの特徴を爽やかに感じさせる自然派ワイン。

2014 Crozess Hermitage Blanc, Dard et Ribo

** B
自然派の作り手。口に含むと甘みが広がります。残糖もあるかもしれませんが、これはルーサンヌ主体のワインですね。クローズ・エルミタージュということでマルサンヌを予想していたので少し不意を突かれました。トロピカルフルーツのニュアンスを持ったピュアな果実味。レベル高いですが、価格はクローズ・エルミタージュとしては微妙。

2013 VdF La Pythie Rose, Les Deux Terres

* B
グルナッシュ95%、サンソー5%。アルコール度数12.5%。不快ではないものの還元香はしっかりあり、時間経過とともに弱くなりましたが、最後まで残りました。薄いピンク、かなり辛口でストイックなワインで、ロゼながら昼下がりに飲むには少しマッチしないような印象。シャトーヌフドパプの白(グルナッシュ・ブラン)よりもコクは感じないかも。

2009 Hermitage, Guigal

*** A--
エクス・ヴォトやシャプティエのErmitageラインには及ばないにしても、8,000〜10,000円クラスと遜色ない水準。パワフルで筋肉質なワインです。ラベルデザインがが同社のコート・ド・ローヌ等と共通なので、マーケティング的に損しているのではないかと思ってしまいます(買う方としては助かりますが)。また、WAも93+点(ジェブ・ダナック氏、2015年)でも飲み頃が2019年からとされているよう8年経過しても硬いスタイルは時代に合っていないようにも思います。同じシラーながら前日のアモン・ラとは開き方が大きく違います。

1997 Cornas Paul Jaboulet Aine

** B++
きれいに熟成しており、滑らかな舌触り、ブラックラズベリー・ブラックカラントの果実味と酸味が調和しています。スケールの大きさはミディアムながらCPは高いです。WA90-92点(ロバート・パーカー氏、2011年)

2014 Chateauneuf du Pape Cuvee des Antiques, Leon Perdigal

** B
ハイエンドやトップの作り手のシャトーヌフドパプと比較すると薄くて酸味も感じますが、これが本来のシャトーヌフドパプの姿にも思います。昔のような粗さはないです。

2011 Jerome Jouret En Avant Doute

** B
グレナッシュ100%のキュベ。アルコール度数12.5%。自然派の特徴はそんなに強くない、ボトル差もある開けてみないと程度が分からないのが悩ましい。

2010 Domaine YOYO Akoibon VdF

** B
ムールヴェードル80%、グルナッシュ20%。新しい作り手ですが、同地のブルーノ・デュシェン氏と親交があるようで、ワインの作りも似ています。
Archives
記事検索
Profile
QRコード
QRコード
shinobi
  • ライブドアブログ