時期外れの戯言

アニポケに関してとことん書いているブログです。 以前の「のんびり」とは程遠く、ほぼ毎日更新してます。

このブログの感想記事は
全体の感想→最初から一つ一つ
という風になっているので長くなっています。
それに気をつけて見てください。

後、コメント大歓迎です!

プロフィール画像は「SUN WORKER」(URL:http://hibiki.genin.jp/)の響さんに描いて頂きました!

ツイッターアカウントは「@snowdrop0319」
連絡は「skypebeatpika@yahoo.co.jp」へどうぞ。

始めに

初めましての方は初めまして、スノードロップと申します。

このブログでは、アニポケ感想(サン&ムーンやXY,無印など)を主に、アニポケ関連の事に関してとことん書いています。
拙い面もあると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

続きから僕自身のプロフィールとこのブログのカテゴリー説明です。

追記:このブログに載せさせていただいてるリンク様の紹介記事を書きましたので、
こちらから是非見てみてください。

追記2:コメントに関することをまとめたものと、このブログに関する質問コーナーを設けました。こちらからどうぞ。

続きを読む

アニポケの実力主義ゆえの描写の難しさについて少し。

さて、先週はまさかの全体感想のみになってしまって、申し訳なく思っています。
ジャンル的に結構嫌いな部類(かなりの主観ですが)の話でしたが、アニポケは公平に描かなければいけない以上、理不尽な点を徹底的に排除した実力主義的な話の作り方をしているんです。

例えばコンテストではAGではハリーが、DPではウララがお邪魔キャラとしてハルカやヒカリの前に立ちふさがっていましたが、基本的に精神攻撃なので厳しい言い方をしてしまえば「それで潰れてしまったのならばそれだけの人間だった」という観点に収まっているので、ギリギリ実力主義の範疇を超えていないということになります。
更にはアニポケXYではそのお邪魔キャラすら殆どいなかった(強いて言うならフウジョ大会のムサヴィ)ので、完全に自分の実力のみで結果が出されるというシビアな点が見られました。
この事からも、書かなかったものの自明なバトルでの実力主義と同様に、全体の構成は実力主義的がベースになっているというわけです。

とはいうもののこの実力主義、バトルのように勝ち負けがはっきりしているタイプならば経験の差だったりテクニックの差だったりとで勝ち負けの基準を明確にすることに繋がればいいのですが、頭の使い方もまた実力のうち、とその人の資質に関わらないズルをしたり、基準を曖昧にするとどうしても実力という形にならないのがネックなんですよ。
アローラニャースというのはこの前者に限りなく近いものがあるのですが、あまりにも超能力者なのではないかと言えるほどの頭の良さを誇っていたので、悔しいながらも実力主義的な部分は成立することになります。
…まああまり個人的には好きな形ではないですけど。デスノートみたいな感じです。
そして後者の方は初期のコンテストの曖昧さだったりが当てはまりますね。
結構脳筋的なパフォーマンスでも結果が出たりしていた面もあるので…

なのでアニポケでは当たり前のように使われている実力主義的な面も、きっちり視聴者に納得してもらえるように作るのは難しい、という話ですね。
とはいえ上手く作れば最高のドラマになると思っているので、今後もこういう面に注目しながら楽しみたいと思います。
そんな感じでこの記事を終わりたいと思います。

[代替記事]スノードロップの、リクエスト話ざっと感想大会!

さて、昨日の感想記事が1記事だけとなったので、今回はリクエストに出ました3つの話にプラスして昨日岩根さんが話題に出していた「なきむしマリル!」を加えて合計4つの話のざっと感想を書きたいと思います。

それでは続きからどうぞ!

続きを読む

ポケモンSM 第62話「悪のニャースはアローラニャース!?」感想:全体感想のみ

アローラニャースが登場、ロケット団をどう揺らしていくのでしょうか…?

というわけで今回はアローラニャースがニャースの後釜を狙おうとする回となります。
果たして目的とは…?

それでは特別処置ではありますが、続きから全体感想をどうぞ。

続きを読む

ポケモンサン&ムーン OP「未来コネクション」の曲と映像について

キャプチャ_2018_02_14_16_33_41_267


さて、こちらも遅くなりましたが、新しく変わったオープニングの「未来コネクション」について書いていきたいと思います。
見事期待に応えてくれた映像&曲に感謝したいところです。

それでは続きからどうぞ。

続きを読む

アニポケSM 今後について(2月,3月前半分)

さて、遅くなりましたが今月のスタッフバレに行きたいと思います!

今回は新キャラが登場するなど新展開も少しずつ見え始めてきた形になった話群という感じでした。

それでは続きからどうぞ!
ネタバレ注意です!

続きを読む

ブロガーの立ち位置の微妙さを雑記程度に。

さて、時間も時間なので少し普通の記事はお休みしまして、付き合ってくれる方だけでいいのでブロガーの戯言にお付き合いください。

何となくわかる方もいると思うのですが、ブロガーはかなり目立たない位置に立ってきました。
それというのがツイッターの存在でして、ツイッターだと言葉で検索すれば例えば良い考察をいっている人や面白い絵や画像を載せている人はすぐに分かって認知されやすいです。
しかもそのツイートを見るためにはフォローすればすぐにタイムラインに載って放っておくだけで見る事ができるので、認知がされやすいというものです。

ですがブロガーというのは、ブログを作った時点で検索エンジン次第な所があるので、まず最初は全く認知されません。
その初動の遅さもありますし、記事をどんどん更新していかない限り検索エンジンの上にはいかないと、認知されるまでに労力もかかって、それでもコメントが来なければ認知されているかはアクセス数でしか分からない…と、フォロワーなどでどれくらい認知されているかや、認知のされやすいツイッターとはまず情報で伝えるならばツイッターでいいやとなってしまい、ブロガーの人口は減る一方だと思うんですよ。

勿論、ツイッターで呟いた方がリツイートやいいねで分かりやすいのですが、ブロガーの記事を作っていくときの過程の地道ながらも達成感がある形は良いものがあると思うんですよ。
ツイッターですと誰かがtogetterにまとめたりprivatterに記事化しない限りは形にはなりにくいのですが、ブログは形にしない限りは始まりませんからね、その記事にしていくにあたって考えもまとまりますから、敬遠されがちな中でもブロガーになる人は増えて欲しいなぁ…と思いますね。
ブログを開設するとなると続けなければいけない、というプレッシャーもあるかもしれませんが、まずは始めてみたら見えてくるものはあると思いますから…
僕もツイッターではなくてブロガーとして始めたのは、意見を埋もれさせたくなかったのと、自分が所有する空間、というのを作りたかったからですし、敷居が高いとは思いますが一度開設までして欲しいとは思います。

と、途中から願望になりましたがこの記事を終わりたいと思います。
livedoor プロフィール
最新コメント
タグクラウド
記事検索