2007年01月15日

ワクシング

500miles先日ウッドコアボードをチューニングしてみた。

年末からのドタバタ劇で、とりあえず自分たちのモトを組んだけれど、滑走面はほったらかし状態だった。ということで、試乗会を行っている栂池ゴンドラ中間駅にある「500マイル」にウッドコアボードのチューニングをお願いして基本中の基本、ワクシングをしてもらった。07011501

こいつはメニューにある「研磨チューンナップ」を施したもので、ソールエッジ、サイドエッジの研磨と滑走面のサンディング&ワックス。エッジがピカピカでしょ?滑走性能は、塗ってないものとは比較にならないほど滑る(当たり前ですが)。僕達は急斜面をガンガンとばす乗り方はほとんどしなくて、コース脇のうねり(いい感じのデコボコ)のあるところでスローに遊ぶのが基本。だからゆる〜い林間コースとかで、止まらないために最高の滑走性能を求めるわけ。つまり、滑走性能は高速域で滑る上級者のためだけにあるものじゃないってこと。実際乗る時に、高速域での滑走性能の差よりも、中低速での差の方が確実にでかいと思うし。
ということで、プロに施してもらったチューンナップ、気分も性能もサイコー、みなさんもお試しアレ。
ちなみにこの500マイルでは、研磨チューンナップは6000円。遠方からだと送料別で約1週間。
もしもし:0261-83-2691
※ウッドコアボードのみとなります。



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔