猟団:Gulden-Draak
肖像F2

オンラインゲームMHFのギルドです。

【サーバー】
【猟団名】 Gulden-Draak
【団長】 アリサさん
【設立日】 2008年9月14日
【活動時間帯】 深夜
【現在団員数】 13名
【猟団ランク】 8

猟団掲示板はこちら
猟団『Gulden-Draak』 掲示板


【猟団の歩み】
 ☆2008年9月14日
  猟団設立
 ☆2008年9月15日
  Duvelさん入団
  ・・・団ランク1になる。
 ☆2008年9月16日
  アリサさん、ユリさん入団
  ・・・団員4名になる。
 ☆2008年9月24日
  第7回狩人祭り参加
  ・・・蒼組に組分け。
 ☆2008年9月29日
  ユリさん〜ランク40試験終了〜
 ☆2008年10月8日
  第7回狩人祭り褒賞祭り開始
  ・・・蒼組〜勝利〜
 ☆2008年10月28日
  アリサさん〜ランク40試験終了〜
 ☆2008年11月17日
  レナさん入団
 ☆2008年11月20日
  レナさん〜ランク50試験終了〜
 ☆2008年12月3日
  団ランク2になる〜団部屋獲得〜
 ☆2008年12月20日
  ツバサさん入団
 ☆2009年1月7日
  団ランク3に〜変な猫が住みつく〜
 ☆2009年1月8日
  マサ君入団
 ☆2009年2月12日
  鬼羅さん入団
 ☆2009年2月25日
  団ランク5に〜プーギーを飼う〜
 ☆2009年2月27日
  マタリさん入団
 ☆2009年3月13日
  Cusinartさん入団
 ☆2009年3月?日
  大人の裏事情さん入団
  (某Dさん)
 ☆2009年3月?日
  団ランク6に〜プーギー服追加〜
 ☆2009年4月8日
  ESPEONさん入団

BGM
QRコード
QRコード

2008年02月08日

第二話:月下狂人

月下狂人



それは、まるで白鳥が大空に飛び立つ一瞬の感動に酷似していた。

バンドの連中は身体中で歓喜を表現し、音は舞うように躍動感の塊となって
空気に溶け込んでいった。
そして、離れてステージを見つめる私は、彼らの想像を絶する演奏技術の虜となり、
撮影する事も忘れてただひたすらに、彼らの演奏に聴き入った。

狂人揃いのバンドメンバー。
だが、彼らの技術は本物だった。
彼らは、その驚異的なギターテクニックで、私を圧倒したのである。



この瞬間を待っていたのだ。
言葉では表現出来ない感動が、身体中を駆け巡っていく…

待ち望んでいたライブが、ついに幕を開けた。





 今回記事では、BGMにライブ生演奏を使用しています。
 【続きを読む】をクリックしますと、PC環境によってはBGMが自動再生されますので、
 仕事中等、音声が再生してはマズい状況で閲覧の方は、ミュート状態であるのを確認の上、
 閲覧下さる様、お願い致します。(てか、仕事せぃ)







*ライブ開演*


ライブ開始


月の輝きは、尚一層輝きを増していた。

ライブが始まってからというもの、私は呆けたように彼らの演奏を聴き入る。
熱に浮かされたような時間がしばらく続いた。
その後、私はようやく己の仕事を思い出す。

私は、このライブの取材に来たのだ。
このライブの記録を残さねばならない。
冷静さを取り戻した私は、再び機材をセッティングし、ライブの撮影に取り掛かった。
スピード感に富んだスリリングな演奏が続き、会場のボルテージは上昇を続ける。




MasAとHellのセッション。
MasAの視線が怪しい…
(カメラ目線も怪しいものだが…)

セッション





ギターを蹴り上げるTona。
血の気の多い彼女らしい演奏。

Tona2





ギターを振り回す、等荒々しい演奏が多い。
ギター、壊れないんだろか…

脇の下フェチ





再び、Hell。
ライブ前に撮影していた時は、ギターで襲撃を受けたが、今はライブ中。
演奏に気を取られており、私の視線に気がつかない。
ん〜眼福〜(某氏のパクリ)

Hell2





一応、MasAも撮影。
うーん、やはり正面姿ではインパクトが弱い。
尻を見せんと・・・な。

MasA2




次々と展開される彼らの名曲、そして滅多に見れない彼らのライブでの生き生きとした姿。
私は、それらを一寸たりとも見逃すまいと、取材のカメラを走らせる。
(音楽面よりも、ヴィジュアル面に関心が移っている気もするが・・・)



綿密なサウンドの構造美、
鋭い光を放つ、一つ一つの音。
まさに、優れた個人の才能の賜物と言えよう。

これらで構成されるこのライブ映像は、まるでドキュメント映画の描写のように、
多くの人々の記憶に残る伝説のライブとなるに違いない。
まだライブは始まって中場を経過しただけだったが、私は既にそう確信していた。



だが、そこには欠けているものもある。

ここは、なんの音響設備も無い砂漠。
スタジオ技術による、重厚な立体感が伝わってこないのだ。
何故、彼らはライブ会場にアリーナでは無く、ここを選んだのだろう?
私の頭に、再びその疑問が浮かび上がってきた。

そして、もう一つ欠けているもの。
それはボーカリストの存在だ。
本来であれば、このバンドには、「歌姫ヤブー」
というメインボーカルが存在する。
彼女は、一体どうしたのだ???



浮かんでくる、いくつかの疑問。
そんな疑問に私が悩まされていた時、それまで演奏していた曲が終了した。

そして、次の曲へ・・・

だが、次の曲へ行くまで、彼らは少し時間を開けた。
先に演奏した曲のエンディングは、かなり荒っぽく弦を掻き鳴らす為、
チューニングが狂うのだ。

ギターをチューニングする彼らの姿を、私は静かに見守る。
それまで続いていた激しいサウンドが止み、会場の砂漠は静寂に包まれる。


その時、Hellが私の方へ近づいてくるのが見えた。
彼女は私の前まで来ると、そこで歩みを止める。
またも私がパンチラを狙っていたと勘違いして、殴りかかってくるか?
と、私は警戒した・・・

だが、違った。

そっと、一本のマイクを私に差し出す。

そして、私に言う。

「そこの出歯亀。ボーカルやりなさい。」










*月下狂人*


一介のライターに過ぎない私が、このバンドのボーカルを務める。
そんな信じられないような提案をされて、私は頭が真っ白になった。

一体、如何なる理由があって、Hellは私にボーカルを託したのだろう?
(他に誰も居ないから、に過ぎないのだが…)
その意図はわからない。
だが、こんなチャンスは滅多にあるものでは無い。
憧れのバンドのボーカルとして同じステージに立てるのだ。
しかし、私にそのような大役が務まるのだろうか?



しばしの逡巡の後、私は差し出されたマイクを受け取る。
そして、私は彼らに囲まれてステージに立つ。
チューニングを終えた彼らは、もうすでにスタンバイしていた。



再び演奏を開始するバンドメンバー達。
単調なベース音のイントロが始まり、そこにディストーションを
効かせた弾きっぱなしのギターが入ってくる。
ボーカルの入るタイミングは、もうすぐだ。

だが、私は極度の緊張の中にいた。

この曲のボーカルは、もがくようなシャウトから始まるのだが、
緊張により、その後の歌詞が思い浮かんで来ない。



・・・こうなったら自棄だ。
私は、思い浮かんだ歌詞を叩きつけるように吐き出した。



11.Lunatics with F



ooh babe yeah!

立ち上がれ***、
立ち上がって****と叫べ

俺には***が、
お前には*****がある。
さぁ、みんなに教えてやろう
誰も聞いた事が無い話を
激しい***に関する話さ
***は力だという事を覚えておけ。

**は炎のように燃え上がり
全てが変わってしまった
身も***も自分の言う事を聞いてくれないんだ
俺は悪魔に魂を売ってしまったんだ

***** DEATH

oh year!




なぜか・・・
私が思いついた歌詞にはフィルターが入ってしまった・・・
緊張のあまり、禁止用語でも口走ってしまったのだろうか?
私の使用している録音機材は、カプコン製である為、規制にはうるさいらしい。。。


だが、そんな事を気にしてはいけない。
かつて、ローリングストーンズのミック・ジャガーはこう言った。

「音楽というものは、歌詞を聞いてはいけない。
何故ならば、音楽は言語で理解するのでは無く、
心で感じ取る為のものだからだ。」


・・・そのとおり。

歌詞を気にしてはいけない。
熱いハートが伝われば、それでいいのだ。

ロックの大御所の言葉に勇気づけられた私は、更に調子に乗る。






***する***、
*****は****となり

**した***は***のように**となる

与えてやろう、**を、***を
***を*に重ねて、
お前は永遠に*****するのだ!

*! *! *!
沢山の*達

oh c'mon





・・・もはや、伏字だらけで、何が何やらさっぱり判らない。。。




まぁ、確かに歌詞は最低レベル。
しかし、最高の技術を持った彼らの演奏がそれを見事なまでにカバーしていた。
そして、その一員としてステージに立つ私は素晴らしい一体感を味わっていた。

至福の時が過ぎてゆく。

この時は、永遠に続くかと思われた。



だが…

突如、その時は終わりを迎える。

Tona、逃げんな…

(↑Tonaが回避行動に移っている点に注目)


。。。




ふが><


気が付くと・・・
私の体は宙を舞っていた。



・・・(-"-;)
Hellが暴走したのだった。
彼女はライブでテンションが最高潮に達すると、暴走する。
一部ファンの間では有名な話だ。

今回のステージではボーカルのヤブーが不在であるが、その理由はここにある。
ヤブーはライブリハーサル中にHellの奇襲を受けて、療護施設に搬送されていたのであった。
私は、その事実を後になって知らされる事となる。。。
不幸にも、ボーカルのポジションはHellの正面。
理性を失ったHellのヘイトが、真っ先に向けられるのは、もちろん正面に立つボーカリストである。




尚もHellのテンションはヒートアップし続ける。
ギターを振り回して暴れまわる姿は、狂人そのものだ。

暴走Hell


バンドメンバーは、そんな彼女の性質をよく知っている。
利口なTonaは、Hellの変貌を察知するやいなや、ステージから避難。
離れた位置で演奏する。

一方、MasA。
彼は、強靭な意志を持つが故、Hellの暴走にも、たじろぐ事は無い。
演奏中スーパーアーマー化する彼は、Hellの攻撃をものともせずに耐え続け、
一心不乱にギターを奏でていた。

だが・・・
いくらスーパーアーマー化するとは言えど、
さすがに、急所への攻撃を耐える事は出来ない。
その為、彼は特殊仕様のジーンズを穿くのである。

前記事のメンバーレビューの際、私はMasAのジーンズに関する疑問を取り上げた。
“なぜ、音楽を演奏するのに防備が必要なのか?”
その答えがこれだ。










*ライブパフォーマンス*



尚も続く暴走。
その狂気は留まる所を知らず、ついにはHell以外のメンバーにも伝染する。
TonaがHellに向かって勢いよくギターを振り上げた。
その瞬間、爆発が起こり、盛大な炎がHellの体を覆う。

13.ファイヤーパフォーマンス


ギターの火属性を利用したライブパフォーマンス。
それを目にした時、私は驚きを隠せなかった。


このパフォーマンスは禁じられたはずである。




私がこれを目にするのは、今回のライブが初めてでは無い。
このバンドのインディーズ時代。
当時無名だった彼らのライブを、私は一観客として見た事があったのだ。
始めてこのパフォーマンスを見たのは、その時である。

それは、凄惨なライブだった。
Hellの体より発火した炎は、みるみるうちに燃え広がり、遂にはライブハウスを全焼に至らしめた。
これまで私は、数多くのバンドのライブを見てきたが、
「ライブで死人が出る!」と思ったのはあれが始めてだった。

バンドメンバー達は当時未成年であった為、実名報道こそされなかったが、
その事件は、マスコミにとりあげられる事となり、「フロンティア タイムズ紙」の3面記事を飾る、
という事態にまで発展した。

良識ある大人たちは、このライブパフォーマンスを「狂人達の凶行」、と非難した。
だが、若者達の反応は違った。



当時の若者達は、閉塞感の中に生きていた。
物に溢れて平穏な日常を生きるも、そこに物足りなさを感じる若者達は、
彼らの狂気の虜となった。

その狂気よりもたらされる破壊衝動は、「変化」を予感させた。
今生きる管理社会には決定的に欠けている、「変化」を感じさせる魅力的なもの思えたのだ。
かくして、若者達に絶大なる支持を得た彼らは、次第にメジャー化していき、
それに目を付けた音楽レーベルより、ついには音楽業界の表舞台に登場する事となる。



だが、その代償は大きかった。
メジャーデビューした以上、スキャンダルは避けねばならない。
彼らの過激なライブパフォーマンスは、アンダーグラウンドでならば許されようが、
表舞台に出てしまった以上、嫌がおうにもマスコミの視線に晒される。
そのスキャンダルを恐れた事務所サイドは、彼らにライブパフォーマンスを禁じたのである。

そのライブに、彼らは不満を覚えたに違いない。
次第にライブへの情熱を失ってゆき、「ライブを滅多に行わないバンド」
という現状に至ったのだ。



このバンドは、確かに社会的には成功した。
だが、かつての狂気は失われた。



・・・彼らは、牙を抜かれたのだった。



しかし、それに甘んずる彼らでは無かった。
その事実を、今回のライブは証明している。




再び繰り広げられる狂乱の光景。
目の前で紫の煙が放出された。

14.エロフェロモン


Tonaのエロフェロモン放出である。
常人を遥かに超えるエロフェロモンを持つTona。
そのTonaを叩けば、まるで埃が舞い上がるかのように、
高濃度のエロフェロモンが拡散されるのだ。

これも封印されていたパフォーマンスの一つだ。
彼らのライブには、10代のファンも大勢訪れる。
その行為が、「ドンドルマ市青少年保護条例」に抵触する、と判断した事務所は、
このパフォーマンスも彼らに禁じていたのである。



それらの制限をことごとく無視する彼ら。
まるで、理性の箍が外れてしまったかのようだ。

目の前で展開されるインディーズ時代のライブパフォーマンス。
その狂乱の様を前にして、ようやく私は今回のライブの意図を理解した。










*Lunatic*



古来より、「月には魔力が備わる」、と伝えられている。
「Lunatic」という単語があるが、これは「精神異常者,狂人」を意味する。
月の光を浴び続けると、気が狂う。
古代の人々は、そう信じていたらしい。

その狂気の象徴、とも言える月光の下でライブを行う事により、
彼らはかつての狂気を取り戻さん、試みたのであろう。
そして、その試みは成功した。



これこそが、私の望んだ彼らの姿である。
彼らは、月の魔力により、
再び牙を取り戻したのだ。





ところで・・・
先程から、MasAの姿が見当たらない。
彼は何処に行ったのだろう?
ふと、疑問に思った。




その時、背後で風を切るような音が・・・



かすかな風






















ガツッ!




































to be continue




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by MasA   2008年02月09日 17:12
ワクドキな展開w

今回も妄想モード全快ですなw
いっそ小説なんて書いてみたらいかがでしょw?
いやぁしかし、書かれている側としては、嬉しきことこの上なし。といった感じです
第3部に激しく期待(軽くハードルあげときます)
2. Posted by HellWish   2008年02月09日 17:52
TOP絵はスポットライトが当たっててきれいです!!
しっかりマイクも握っているしw
ャバイ展開に笑いが止まりませんでした。
本当に月の魔力とは恐ろしいですねぇ。
ライヴハイになった狂気…ガクガク。
BGMもいいですね。ヘヴィメタ全快w
毎度思うのですが、やはりフーさんは小説書く才能があると思います。
さて、後頭部にMasAの一撃を喰らったボーカリストはどうなったのでしょうw
3. Posted by 鬼羅   2008年02月10日 13:23
今回の記事もいいですね〜♪

展開に笑ったw
月の魔力・・・本当に怖いものですねw

後頭部を鈍器のような物で殴られた
出っ歯亀は一体どうなったのか!?w

次回も期待してます^^b
4. Posted by よれん   2008年02月10日 13:37
火属性を利用したライブパフォーマンスに
笑わせてもらいました!
さて、後頭部に一撃を受けたボーカルの運命は……
5. Posted by GALM   2008年02月10日 18:55
どうもこんばんは^^


さてほんとさすがの想像力?ですねww

こちらも読んでいてかなり楽しいです^ー^

そして俺もボーカルのその後が気になりますww

6. Posted by Tona   2008年02月11日 13:53
「ウチには解ったんよ。
 むせび泣くようなESPINASのsoundがさ、
 歓喜と狂気に打ち震える、棘竜のWarcryに変わった瞬間が。
  『ヤッヴェ、姐御ひさびさキレたわコレ』
 思うや否や、速攻トンズラかましたわ。
 丁度いいトコにVocalいたからさ、ソイツの陰に入るように。
 一撃でブッ飛んでったケド、いい盾だったわ、うん。
 なんつーんだっけ、こういうのって。
 イージスの亀、だっけ?
 ぎゃははははっ!                   」

          メンバーTonaの後日談
           取材・記事 トオナ
7. Posted by にゅけ   2008年02月12日 14:49
なんて恐ろしい集団でしょぅw
こういう狂気性は確かにカリスマ性を帯びますね。
バンドメンからボッコボコにされるのゎ
熱狂的なファンからすると羨ましぃコトこの上ないのです。
きっとこのアト、嫉妬にかられたファン達から
さらにフルボッコな目にあう出歯亀ちゃんw
8. Posted by 乱丸   2008年02月12日 21:28
うひゃっ!今回も全快やね〜
なんつーか・・・フーさん!
貴殿の文才はすごいよ!
職誤ったんじゃない?(まぁ現職も大体しかわからんが・・・)
毎度の事ながら楽しませてもらってますw
最終回に期待する!

あ〜それから・・・
「エロフェロモン」=「エロモン」ね!
覚えといて〜ヽ(´ー`)ノ
9. Posted by フリス   2008年02月13日 03:57
>マサ君
小説なんて柄ではござらん^^;
とてもそんなレベルの代物は書けませんw

この後の展開については、大筋流れは出来ているのですが…
ここ数日は、狩猟大会に勤しんでいた為、
なかなか書く時間が無い><

気長にお待ち下さいw


【P.S】
後頭部への一撃、どうもありがとう。
このお礼は、必ずしてやるわw
次回の汝の扱いに、期待せよΨ(`∀´)Ψケケケ



>ヘルさん
月下のヘルさんは、めっさ怖かったですw
レウスの怒り状態並みに攻撃力UPしてました^^;

みんなで演奏すると、ほんとにヘビメタっぽく聞こえますw
これにドラムあったら、もっと良かったなぁ〜〜〜
自分、唄の才能はないので、ドラムやってみようかとw

次回までに、ウぉーボンゴ作成しておきます!

さて、この後のボーカリストの運命は・・・

それは、ヘルさんがよく御存じのはずですw



>鬼さん
月の魔力は恐ろしいものです。
夜の砂漠、そして森丘。
月下のクエの際は、モンスターだけではなく、
仲間にもお気を付け下さい。。。

では、次回。
御期待にそられるよう、ガンバります^^w



>よれさん
いくら、パフォーマンスとはいえ、
火遊びは危険ですw

実は、このファイヤーパフォーマンス、
実際にあった出来事だったりしますw

かなり昔なのですが、とあるアマチュアバンドがライブ中に
ガソリン巻いて火を付ける、という暴挙にでて、
ライブハウスを全焼させたのだとか^^;
幸い、怪我人は出なかったらしいのですが、
無茶する奴らもいたものですw

今回の記事は、その事件にインスピレーションを得て、書いてみました^^b



>ガルムさん
「想像力があれば、なんでも出来る!」
と、とある御方は仰られましたw
(以前コメントしたあの御方)

その言葉にならい、想像だらけの記事になってしまいました^^;

この記事の中に、事実は如何ほど含まれているのやら・・・



>Tona
Tonaは・・・薬でもやっておるのか(-"-;)
ぶっとんだ取材コメント、御苦労であったw

さすがは、長年行動を共にしたバンドメンバー。
姉御の変貌をいち早く察知していたか・・・

盾にされたのは気に食わんがイージスの亀、とは有難き褒め言葉。
見たものを石にする、という伝説の亀であるな^^b

そのような力が、私にあれば…
貴殿を真っ先に石にしてやるのだが…

その時は、礼のM字ポーズで石化したるぜ!
そして、広場に展示し、万人に恥をさらしてやるわ!



>にゅけ
うむ、恐ろしい集団だっ><b
このバンドのライブにいく時は、
決してカジュアルなロビー装備なんかで行ってはいけないぞ!
モンスターと対峙するつもりで、しっかり装備を整えていくのだ!

バンドメンバーがこの有様なのだから、
きっとファンも、どこか狂った人達なのは間違いない。

只でさえ、敵が多いのに、また更に敵を増やした訳だ…
身が持たぬ…

てか、私は無事ライブから帰れたのか???

どのような運命が待っているのか?

次回を待て!!!
(想像通りの展開ですがの。。。



>乱

本来でしたら、1話で完結されるつもりでしたが、
いつの間にやら2話になり、それでも完結させられなくなって、
3話に持ち越しっす^^;
次回で完結の予定ですが…
どうなるのか、先が読めませぬ…
(まぁ、4話目はさすがに無いと思うけど…)


お褒めの言葉、ありがとうございます!
が、さすがにそれで生活していけるような才能はありませぬ^^;

今回は、けっこー手間をかけて記事を書きましたが、
あちらこちらに、素人っぽさがありますのでw
でも、「物を書く」、という仕事は憧れます。

このブログでお金が入ればなぁ…
って、無理か><

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔