猟団:Gulden-Draak
肖像F2

オンラインゲームMHFのギルドです。

【サーバー】
【猟団名】 Gulden-Draak
【団長】 アリサさん
【設立日】 2008年9月14日
【活動時間帯】 深夜
【現在団員数】 13名
【猟団ランク】 8

猟団掲示板はこちら
猟団『Gulden-Draak』 掲示板


【猟団の歩み】
 ☆2008年9月14日
  猟団設立
 ☆2008年9月15日
  Duvelさん入団
  ・・・団ランク1になる。
 ☆2008年9月16日
  アリサさん、ユリさん入団
  ・・・団員4名になる。
 ☆2008年9月24日
  第7回狩人祭り参加
  ・・・蒼組に組分け。
 ☆2008年9月29日
  ユリさん〜ランク40試験終了〜
 ☆2008年10月8日
  第7回狩人祭り褒賞祭り開始
  ・・・蒼組〜勝利〜
 ☆2008年10月28日
  アリサさん〜ランク40試験終了〜
 ☆2008年11月17日
  レナさん入団
 ☆2008年11月20日
  レナさん〜ランク50試験終了〜
 ☆2008年12月3日
  団ランク2になる〜団部屋獲得〜
 ☆2008年12月20日
  ツバサさん入団
 ☆2009年1月7日
  団ランク3に〜変な猫が住みつく〜
 ☆2009年1月8日
  マサ君入団
 ☆2009年2月12日
  鬼羅さん入団
 ☆2009年2月25日
  団ランク5に〜プーギーを飼う〜
 ☆2009年2月27日
  マタリさん入団
 ☆2009年3月13日
  Cusinartさん入団
 ☆2009年3月?日
  大人の裏事情さん入団
  (某Dさん)
 ☆2009年3月?日
  団ランク6に〜プーギー服追加〜
 ☆2009年4月8日
  ESPEONさん入団

BGM
QRコード
QRコード

2008年02月21日

第三話:月光修羅

0.月光修羅


【これまでのあらすじ】

月下の砂漠で開催されたシークレットライブ。
それは、Tona,Hel,,MasAの3名からなるバンドのシークレットライブであった。
「若き音楽ライター」として活動をする「私」は、その取材として会場の砂漠を訪れる。

冷たい月光に包まれる夜の砂漠。
幻想的な雰囲気に包まれる中、ライブは幕を開けた。
往年の名曲が演奏され、冷たい月光とは対象的な熱気に包まれるライブ会場。
その最中、私は飛び入りでバンドの「ボーカル」を担当する事となる。
憧れのメンバーに囲まれて歌う私。

だが、その至福の時は、突如終わりを告げる。
演奏中に、メンバーのHellが暴走。
ギターを振り上げ、目の前にいた私を叩き飛ばしたのであった。
そして、その暴走を皮切に、ライブの様相は一転。
禁じられたはずであった、数々の過激なライブパフォーマンスが会場で演じられる事となる。
妖しき月の魔力により、バンドメンバーは理性を失ったのだ。
その狂乱の様は、かつての彼らのライブスタイル。
メジャーデビューして以来、久しく失われていたものであったが、
それこそが、私が望んでいた彼らの姿
月の魔力により、ついにそれが復活したのである。
歓喜に打ち震える私。

しかし、その時・・・
自身に、危険が迫っている事に気が付かずにいた。

背後で感じる、微かな風。
その瞬間、頭に衝撃が走る。

そして・・・

私の視界は暗闇に包まれた。
























何者かに頭部を攻撃され、しばしの間、私はスタン状態に陥っていたらしい。
そして、再び意識を取り戻した時・・・
私はバンドメンバーの激しい攻撃を受けていた。

1.






もはや、彼らは正気ではなかった。
月光の魔力。
そしてライブ演奏の激しいビート。

2.更に狂人性強化






それらの相乗効果により、彼らは狂人化したのである。

これはまずい。
このままでは、私の身が危険だ。
もはや、ライブ取材どころでは無い。
ようやく私は危機を察知した。

「戦い」が始まるのだ。











*月光修羅*


3.Eyes of Hell


その瞳に満るは狂気。
在るのは目に映りし者への攻撃衝動のみ。
もはや・・・彼らは人間では無い。
六道輪廻にて、果て無き闘いを永遠に繰り広げる、と言われる「修羅」そのものであった。

私は、この修羅達を相手に戦わねばならない。





熱狂のライブから一転。
ライブ会場は、戦慄のバトルアリーナへと変貌を遂げる。
私は予想だにしなかった展開へ遭遇する事となる。
(いつもの展開のような気もするが・・・)

4.月下の戦い






振り回されるギター。
飛び込んでくる谷間。
本来であれば、伝説のライブ映像となるべきはずであったフィルムは、
エロスとバイオレンス溢れる三流ハリウッド映画へと転落してゆく。

5.Tonaの胸元






理性を失った彼らは、目に付くものを手当たり次第に攻撃する。
仲間であろうと、お構いなし。
だが、本能がそう告げるのであろうか。
視界に入った者の中で、最もドMオーラを出している者(=私)を嗅ぎ付け、
その者をターゲットに、集中攻撃を始めた。

6.壁際






彼らの激しい攻撃に晒され、私は壁際へと追い詰められる。
逃げ場を失い、ガードでしのごうとするも、複数のギターによる連続攻撃の前では
無駄な足掻きに過ぎなかった。
たちまち、スタミナを失い、盾を掲げる力も奪われる。
ガードが出来ない私に、身を守る術は無い。
一方的に攻撃を受け続け、私は窮地へと立たされる。

7.






機動力のある彼らに対し、私は重装のランス。
広い空間での戦いは不利であるのは明らか。
このままでは、やられてしまうのは時間の問題だ。

その不利な状況を打破するべく、狭い楽屋(テント内)へと逃げ込んだ。




**************************************************





8.






楽屋へと逃げ込んだ私。
だが、その判断は間違いだった。
逃げ場の少ない楽屋内は、袋小路のようなもの。
多勢を相手する私にとっては、更に不利な場所である事に、飛び込んだ後に気が付いた。
再び、私は集中攻撃を受ける。
状況は更に悪化してきた。

9.






薄れ行く意識。
その中で私は、「Tonaのバストサイズはいくつなのだろう・・・」
と、どうでもいいような事を考える。
人は死を前にすると、その苦痛から逃れる為にあらぬ事を考えるらしい。

10.Tonaの谷間






その過酷な状況は、私に死を予感させた。

もはやこれまでか・・・

諦め掛けた。



しかし。

まだ、活路は残っている。

私には、隠されたスキルがあるのだ。





**************************************************






音楽ライターとして活動する私ではあるが、
それとは別に、もう一つの顔も持っている。
今だからこそ独白するが、私は裏世界では、エクソシストとしての退魔業を行っているのである。

中でも、人を堕落させ、エロ魔道に貶める淫魔トナとは、ドス時代により長きに渡って戦いを繰り広げており、
この悪魔に対抗する為、私は密かに「悪魔祓いの通信教育」を受けていたのだった。
「ビリーズブートキャンプ」と呼ばれるエクソシスト養成プログラムを受けた私であれば、彼らの魔を祓う事は可能。
今こそ、その培った技を用いる時だ。

講師のビリー・ブランクス牧師の言葉を思い出す。
「ゆっくりでいい、とにかく続けるんだ。そうすれば必ず勝てる!」
・・・そうだ、必ず勝てる。





激しい攻撃を掻い潜り、TonaとHellの背後に廻る。
そして、手をかざす。
その瞬間、激しい水属性エフェクトが周囲に飛散。
彼女達はその衝撃により、楽屋の奥まで吹き飛ばされた。
聖なる水属性を用いた悪魔祓いの術である。

11.悪魔払い






楽屋の対面まで吹き飛んだ彼女達は、やがてゆっくりと立ち上がり周囲を徘徊する。
そして、入口まで歩みを進めた後、体内より靄のような物質が立ち上った。
狂気の源となっていたエクトプラズムが放出されたのだ。
(Tonaからは別のモノが出ているようだが…)

12.ェくとぷらずむ


術は成功した。
私の悪魔祓いにより、彼女たちの魔は祓われたのである。





狂気の源が振り払われ、虚脱状態のTonaとHell
放心しているが、しばらくすれば意識を取り戻す。
もう、彼女達は大丈夫だろう。

13.脱力系













*ラストバトル*


そして、残る敵は「MasA」、唯一人。
彼の魔を沈めれば、戦いは終わる。

だが…

先の術で、私のMP(※)は尽きていた。
(※著者の妄想の産物です。MHにマジックポイントは存在しません。)

悪魔祓い初心者の私にとって、この術の消費MPは多すぎたのである。
【推定消費MP:3】

もう、術は使えない。
今の私では、MasAの魔を振り払う事は不可能だった。

かくなる上は・・・
「討伐」しかない。

しかし、狂気に陥ったとは言え、彼は私にとっての憧れのロックスター。
その彼を討伐せねばならないのだ。

・・・迷いはあった。

しばしの逡巡。

だが、私は決意を固めた。
エメラルドスピアを握る手に、力が篭る。


「今宵、私はMasAを討伐する。」


かくして、月下のライブはクライマックスを迎える。
(てか、もうライブじゃないぞ・・・)

そして次回。

ラスボス「MasA」との・・・最後の戦い。

ラスボス「MasA」












・・・
「このネタ、まだ続ける気かよ・・・」
と、呆れた読者の声が聞こえてきそうだ。。。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by MasA   2008年02月21日 03:29
いやはや・・・
4話にも及ぶはなしになろ〜とはw

トップのヘルさんカコイー!
トナさんとヘルさんのエクトプラズムツーショット・・・よくあんなものが撮れましたね
ラストショットには自分が・・・
カコイイ・・・
ハイ、頂いて帰りますねw
マイブログのプロフ画に。。。

いや〜それにしても嬉しいっす

いよいよ大詰めな展開となってまいりましたが!
次号にウキウキ
2. Posted by HellWish   2008年02月21日 10:24
ぁわわw狂気に満ちた目がっwww
…カッコィィ(ノ∀`*)ポソッ
各所に笑いのツボがちりばめられてて読みながら終始笑いっぱなしでしたw
演奏効果の名称とか、トナさんの口から出ているいつもの顔文字と台詞とかとか、
細か居場所まで凝っていてステキです。
退魔術のエフェクトかこい〜ですなぁ〜。さすがですね〜♪
さてラストの終わりがまたまたかっこよく続きがめっさきになります。
リーダー討伐の行方楽しみにまっています★
3. Posted by ♂    2008年02月21日 12:41
最後の絵カコイィ(((゜д゜;)))

こういうのどうやって作るんですか?
4. Posted by GALM   2008年02月21日 15:56
TOP絵の威圧感すごいですねw

しかも今回のSSはかっこいいものばかり、ですが途中の悪魔祓いの「通信教育」などに吹いてしまいましたよww

それにしても今回もかなり凝ってますね、記事を仕上げるの大変だったでしょうね^^;

しかも続きがあるようで・・・次回も楽しみに待ってますw
5. Posted by 乱丸   2008年02月21日 18:25
いぁ〜
TOPのヘルたん、かっこええわ ^ ^b
今回も良い仕事してますねぇ〜♪

「悪魔祓いの通信教育」?
これって「受講」したんじゃなくて、
売ってたんでしょ!?それが仕事なんでしょ!!
やっぱ怪しい仕事だったのね( ̄ー ̄)

エクトプラズム放出シーンも良い味出てるねぇ〜
あの動きをソコに使うところがニクイね ^ ^b

しかし・・・まぁ書いてて楽しいんでしょ ^ ^
4話にまたがる記事ってのも、滅多にないからね!
次回も楽しみにしとるよぉ〜ヽ(´ー`)ノ
6. Posted by ヘイゼル   2008年02月21日 22:04
まさかの4話目に続くなんてww
TOPのヘルさんとMasAがカッコいい!

悪魔祓いの術・・・・ねぇ〜wしかも通信教育wどこまで笑わせてくれるのかしらこの人ゎww

4話目も期待してるからね〜♪
7. Posted by 鬼羅   2008年02月21日 22:51
TOP画、格好いいですね〜
エクソシストの通信教育に笑わせてもらいましたw

しかもMP使うんだね〜w
ってか所持MPはどんだけよ!?

しかし、まさか4話まであるとは・・・w
あれ?前回のコメでまさか4話目はないと思うって書いてませんでしたか?w

何はともあれ次も期待しております^^b
8. Posted by yaboooo   2008年02月22日 13:50
かっくぃぃぃ〜
MHFとは思えぬね^^
続き方もうまいよぉ!
次回どうなるのか…楽しみじゃ
9. Posted by にゅけ   2008年02月22日 20:31
wwww
連載されてるw
言うコトなしですねぇ、ぬぷぬぷ
妄想グジョグジョ〜w
次回・・ぃょぃょ最終話かドキドキ
10. Posted by トオナ   2008年02月22日 20:58
会社で見てた。

「TOPのヘルさん、カッコいいなぁ」って思ってたら、通信教育でブートキャンプ。

吹いた。

残業中で他に誰も居なかったから、お腹かかえ、膝を叩きながら笑ってやった。

そしたら電話かかってきて、エクトプラズムが抜けるほど驚いた。

必死で笑い抑え、電話応対した。

受話器置いたあと、なんかドッと疲れた。

これが悪魔祓いの力なのか・・・

エクソシストフリス牧師、恐るべし。

次回のMasAリーダーの活躍に期待
11. Posted by フリス牧師   2008年02月28日 23:10
>マサ君
4話…でも終わらんかった。。。
今回で、今度こそ終わらそうと思ったんだけど、
あまりに記事が長くなったので、ここで「続く」にした方が良いかと思ってな^^;

ラストの絵、なかなか良いポーズで写ってくれたな!
出来れば、尻をクローズアップしたかったところだが、これもまた良しw



>ヘルさん
この絵は、テント内で皆にフルボッコにされていた時のものです^^b
画面奥から、手前に駆け込んでくるヘルさんを盗撮したものですが、
少し靄をかけてダークイメージにしてみました。
リーダー討伐については、無事完遂。
彼を伝説へ昇華させましたw

・・・が、その後は。。。
御存じのとおり^^;

次回で、本当に最終話にするつもりですが、
どのようなラストになるやら…


>♂さん
始めまして^-^w
これは、フォトショップというソフトを使用して加工しております。
少々値段の張るソフトですが…
あらゆる画像可能の出来る素晴らしいソフトです。
「フォトショップ エレメンツ」という廉価版も出ておりますので、
興味があれば、購入してみては如何でしょうか。
但し、廉価版は一部機能が制限されおりますので…
残念ながら、ラスト絵のような加工は・・・出来ないかな^^;



>ガルムさん
今回は、結構手間がかかってます^^;
文章はともかく、画像を無駄にいじってましたので…

でも、それはそれで楽しいものです。
フロンティアで狩る時間が減るのが辛いとろこですw
1日の時間が短すぎますよ。。。



>乱
「悪魔払いの通信教育」は、思い付きですw
実際は、やった事ないけど、一時期、流行っていたので興味はありました^^b
メタボ対策に良さそうですが…
まぁ、自分には縁が無いけど、(という事に・・・)
乱は如何かな??w

書いてて、なかなか楽しいですな^^b
でも・・・ネタにされてる当人はどう思っているやらw
(内1名、今回討伐してしまってるし…)



>なっつ
4話に留まらず、5話に突入だ><w
さすがに、これ完結させるともりだが…
よくここまで続いたものだ^^;

次回、最終回。
感動・・・はしないと思うけど、期待を裏切るような展開にしたく思っておりますw



>鬼さん
最大MPは、3〜5、であると推定されますw
レベル1・・・ですな^^;
前回コメントで、4話目は無い・・・と確かに書いてますねぇ〜
その時は、マジでこの3回目で終わらすつもりだったんよ^^;

でも、この有様。。。

それどころか、勢い余って、5話構成になってしまいましたw
この5話目で、今度こそ終わらせます!



>ヤブーさん
続きは、御覧になればわかりますが…
かなりカオスな展開になってしまいました^^;
そのでも、気を持たせるような続き方にしてますが、
その先に待つ展開は・・・
実を言えば、もう最終話のオチは出来ているのです。
記事もあらかたできており、あとは公開するだけなのですが…
もう少し気を持たせてから公開してみるとしますw



>にゅけー
次回・・・いよいよ最終話。
のつもりだったが、4話に留まらず、次回の5話に続くぞw
もはや、妄想グジョグジョで、目も当てられない展開となっているけどな^^;
とりあえず、最終話に期待してくれ!

・・・その期待を、見事に裏切ってやるつもりだがなΨ(`∀´)Ψケケケ


>師匠
・・・
楽しそうに仕事してるではないかw
思わず、ワロテしまったぞw

今回は、師匠の本体であるコイツ

|゜Д゜)
は逃してしまったが、次回は必ずトドメを刺したるので覚悟せぃよ〜〜〜


MasAリーダー・・・奴は強かった…
しっかし、最近はモンスターよか、ハンター討伐の記事が多いのぅ。。。

トオナ原種に続き、魔人マサ。
次に討伐するのは、誰になるかのぅ?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔