猟団:Gulden-Draak
肖像F2

オンラインゲームMHFのギルドです。

【サーバー】
【猟団名】 Gulden-Draak
【団長】 アリサさん
【設立日】 2008年9月14日
【活動時間帯】 深夜
【現在団員数】 13名
【猟団ランク】 8

猟団掲示板はこちら
猟団『Gulden-Draak』 掲示板


【猟団の歩み】
 ☆2008年9月14日
  猟団設立
 ☆2008年9月15日
  Duvelさん入団
  ・・・団ランク1になる。
 ☆2008年9月16日
  アリサさん、ユリさん入団
  ・・・団員4名になる。
 ☆2008年9月24日
  第7回狩人祭り参加
  ・・・蒼組に組分け。
 ☆2008年9月29日
  ユリさん〜ランク40試験終了〜
 ☆2008年10月8日
  第7回狩人祭り褒賞祭り開始
  ・・・蒼組〜勝利〜
 ☆2008年10月28日
  アリサさん〜ランク40試験終了〜
 ☆2008年11月17日
  レナさん入団
 ☆2008年11月20日
  レナさん〜ランク50試験終了〜
 ☆2008年12月3日
  団ランク2になる〜団部屋獲得〜
 ☆2008年12月20日
  ツバサさん入団
 ☆2009年1月7日
  団ランク3に〜変な猫が住みつく〜
 ☆2009年1月8日
  マサ君入団
 ☆2009年2月12日
  鬼羅さん入団
 ☆2009年2月25日
  団ランク5に〜プーギーを飼う〜
 ☆2009年2月27日
  マタリさん入団
 ☆2009年3月13日
  Cusinartさん入団
 ☆2009年3月?日
  大人の裏事情さん入団
  (某Dさん)
 ☆2009年3月?日
  団ランク6に〜プーギー服追加〜
 ☆2009年4月8日
  ESPEONさん入団

BGM
QRコード
QRコード

2008年02月27日

第四話:そして伝説へ

0.そして伝説へ


「MasAさんは、どうして名前の最後が大文字なのですか?」

かつて、「ROCKIN'ON FRONTIER」誌のライターであった私は、
インタビューの席で、「MasA」にそのような質問をした。

彼の名前は、なぜか最後のスペルが大文字。
なにか理由があっての事であろうが、その理由は明らかにされてはおらず、
ファンの間では大いなる謎であった。
そこで私は、その質問を彼にぶつけてみたのだった。

だが、彼は質問には答えてくれなかった。

そこには、己のアイディンティティに纏わる、深い理由があったのだろう。
名も知らぬライターに、おいそれと語れるようなものではなかったのだ。
私は、そのように解釈し、その後、この話に触れる事は無かった。

今は昔のエピソードである。

それ以来、私はずっと大文字の意味について考え続けた。
だが、判らなかった。

しかし、今。
激しい戦闘により、極度の緊張、そして、それに伴う重度の脅迫観念が
植え付けられていた私には、ニュータイプとしての能力が開花していた。

覚醒した私に、MasAの意識が流れ込んでくる。
そして、私は理解した。

「MasA」の名前の最期の文字。
アルファベット「A」
そこには、
「人生の最後は、大物ロックスターとして最期を遂げたい。」
という彼の意思が、込められているのだ。
(※著者の勝手な妄想。実際のところ、大文字である理由は謎に包まれている。)

今が、最期の時。

彼に相応しい最後を。

「ロックスターとして相応しい最期」を遂げさせてやるのだ。





だが、「ロックスターとして相応しい最期」とは如何なるものであろうか?

MasAとの決戦を前にした今、
少し、その事について考察してみたい。





【ロックスターの最期】


ロック史には、数多くのスターが存在する。
彼らは、多くの人々の理想を体現する存在である。
従がって、音楽面のみならず、人生スタイルそのものにも格好良さが求められるのが
ロックスターの宿命だ。

だが、そのロックスターも、いつかは死を迎える。
それは避けられない。
故に、如何に「ロックスターらしい最期を迎えるか。」というのは、
そのスタイルを貫徹させる上で、大きな問題となる。

しかし、ロックスターに相応しい最期を迎えた者は・・・意外に少ない。



生前の輝かしい姿をぶち壊してしまうような最期を迎えてしまったロックスターもいる。
その筆頭が、ロックスターの祖、「エルビス・プレスリー」だ。
彼の往年は悲惨極まる。
ドーナッツの食べすぎでブクブクと太り、輝いていた頃の面影は全く無い。
そして、睡眠薬の誤った使い方をし、心臓発作で死亡した。
トイレで心臓発作を起こした彼は、便座に座ったまま、ズボンを下ろした状態で死んでいたそうだ。

他にも、
泥酔して吐いたゲロを喉に詰まらせて死んだ、レッドツェッペリンの「ジョン・ボーナム」
恋人を殺して仮釈放中に、ヘロイン摂取により死亡したセックスピストルズの「シド・ヴィシャス」
・・・etc

ロクでも無い死に方をしたロックスターは、数多く居る。

ロックスターは、一般人では無い。
先にも述べたように、人々の理想を体現する存在なのだ。
その人生とは、ドラマの如きであるべきであるが、
かような死に方をしたのでは・・・ドラマとして成立しない。
(シドの死に方は、ある意味ドラマっぽいかも知れないが・・・)
その生を、ドラマとして成立させるには、最後に「インパクト」が必要なのだ。

もちろん、インパクトある死に方をしたロックスターも存在する。
例えば、猟銃自殺したニルバーナの「カート・コバーン」
私が始めてこのバンドのCDを買った約1週間後に、このニュースが伝えられたので、
非常に驚いたものだった。
海外アーティストながらも、国内新聞にも載るくらいで、当時は大きな事件として扱われた。
この事実が示すように、インパクトは、確かにあった。
だが、自殺、という手段は・・・「ロック的」ではない。

如何なる理由で、自らの頭に弾丸を撃ち込もうと思ったのかはわからない。
だが、己が転がることに疑問を持ち、自らの意志で転がる事を辞めた彼の死は、
ロックスターの最期としては相応しくない、と私は考える。

「Like a rolling stone.」
転がる石のように、抗う無かれ。
思うが侭に、身を任せよ。
・・・それがロックの信条だと、堅く信ずる私にとって、
カートの死は、ロックスターの最後としては到底受け入れられるものでは無かった。


では、ロックスターに相応しい最期とは、如何なるものであろうか?


それは、ビートルズの「ジョン・レノン」をおいて、他ならない。
彼は、「狂信的なファンによって射殺された。」
これ程ロックスターに相応しい最期は無いように私は思う。
事件としてのインパクトもさることながら、その最期は、彼のカリスマ性を永遠に証明し続ける。
なにせ、人を殺人者へと駆り立てる程のカリスマ性があった、という事を顕著に示している最期なのだから。

死を美化する事は出来ない。
だが、ジョン・レノンは、この最後によって「伝説」となった。
それは紛れもない事実だ。











【そして伝説へ】


そして、今。

私は、一人のロックスターを前にしている。

1.vs MasA


月の魔力により理性を失った「MasA」
このままでは、彼は「狂人」として最期を迎えてしまうだろう。
そのような無様な最期等、断じて認めらるものでは無い。




ならばいっそ、この手で・・・


もう、彼を倒す事に躊躇いは無かった。



「今宵、彼は狂信的なファンである私の手により、最期を迎える。」



そして・・・

ジョン・レノンと同じく、ロック界の伝説となる。

私の手により、彼は伝説へと昇華するのだ。

(著者自身も月の魔力により狂っているらしい。。。)






************************************







かくして、最期の戦いの火蓋が切って落とされた。

2.ラストバトル





私の武器はランス。
マサの武器はギター(狩猟笛)
狭く、回避スペースが限られている楽屋では、ガード可能な私が有利なはず。
バンドメンバー達にフルボッコにされた私の体力は残り僅かであったが、地の利は有る。
今の状況であれば、私は勝てる。

3.ワシが有利




しかし、私の期待は常に裏切られる。



狭い空間、という状況は、マサにとって不利には働かなかった。
体術において、MasAは私を遥かに凌駕していた。
繰り出すランスを、リンボーダンスのような動きで巧みに回避する。
それは、「マトリックス」と呼ばれるサイバースペースの救世主であるMasAだからこそ可能な技であった。

4.救世主マサ





彼との戦闘力差は歴然としていた。
月の魔力が加勢していたのかもしれない。
彼は、私と同年(?)とは思えぬ身体能力を発揮した。
その彼に攻撃を命中させるのは、
羽ばたくランゴスタに命中させるよりも困難な事であった。




そもそも、彼は攻撃を避ける必要など無かった。
彼には強固なスーパーアーマーの能力がある。
その能力を前では、私の突きは全くの無力と化した。
生半可な突きでは、その鋼の鎧を貫く事は不可能なのだ。

5.スーパーアーマー





眩い会心エフェクトの光。
私は、確かな手ごたえを感じる。
しかし、その攻撃を受けてもなお、彼の牙城は揺らぐ事は無かった。
会心攻撃ですら、効果は無い。

クリット






通常攻撃では効を成さない。
私は、対人用爆弾を持参しなかった事を後悔した。
戦闘になるとは全く予想していなかった。

もはや、今の私にとって、彼を倒せる攻撃手段は…
「ランスの突進」のみである。

6.突進






しかし、対人戦において、ランスの突進を命中させる事は難しい。
攻撃に入るまでの間が大きく、そして単純な直線攻撃である突進は、
モーションを見切られ横へと動かれたならば、容易に回避されてしまう。

だが、彼を倒せるのはその攻撃のみ。
回避される事はわかっていても、突進を続けるしか、他に手は無い。




ランスの突進に私は勝機をかける。
だが、予想通り・・・攻撃は容易く回避される。

単に突進を繰り返すだけでは、当たるとは到底思えなかった。
このまま、突進を繰り返しても勝ち目は無い。
私は、当たる望みのない突進を中止し、彼の動向を探る事にした。
チャンスを待たなければならない。
その間、彼の激しい攻撃に晒され、私は逆境に立たされる。

7.バーバリアンレイジ





全く死角の無いMasAの前に、次第に私の敗色は濃くなってゆく。
だが、私は諦めない。
ロックスターである彼にも、弱点はあるはず。
必ず、付け入る隙はある。
そう信じ、私は懸命に彼の攻撃に耐え続ける。

8.耐える;;





・・・そして、それは存在した。




MasAの帽子。
それは、彼の最大の弱点であった。
戦闘中の激しい動きにより、その帽子にズレが生じていたのだ。
それは、常人には判別つかない程の、僅かなズレであったが、MasAはそれを良しとしなかった。
己の演出に命を賭ける彼にとっては、僅かな服装の乱れも見逃せるものではなかったのである。

戦闘中にも関わらず、帽子の乱れに気が付いた彼は、攻撃の手を止めた。
そして、楽屋入り口に設置されていたカメラレンズを鏡代わりに、帽子の位置を整え始める。

9.身嗜み


この時、MasAに大きな隙が生まれた。




このチャンスを逃す私では無かった。
彼は、私に対して背中を向けてしまっている。
そして、その注意は帽子一点にのみ注がれている。

今ならば、突進を当てられる。
今が、彼を倒す最大にして、最後のチャンス。
言うなれば、今こそが、過去4回に渡って長々と引っ張った記事の、最大の山場だ。




この大舞台を前にし、「演出家」でもある私は考えた。
“巷に溢れるアクションマンガのような、派手なフィニッシュで終わらせたい…”



やはり最後は、派手な必殺技でキメるのが、アクション物の常識。
(ライブ記事のはずだったが・・・)

そこで私が、真っ先に思い浮かべたのは、
「某有名マンガ」のラストシーンであった。

「よし、あれをパクろう。」

MHFの世界を逸脱してしまうが、
ここまでストーリーがカオス状態となった今となっては、もはや世界観等どうでも良い。
(どーせ、個人ブログだし…)

ラストシーンのシナリオは、それで確定した。











【ド*ゴンボールF〜 魔人マサ編〜



「みんな、オラに元気を分けてくれ!」

オラは、手にしたランスを天に掲げた。
(人称が、私→オラ に変化しているが、気にしてはダメだ。)

オラの呼びかけに、フロンティアのみんなは応えてくれた。

工房の親方
酒場の姉さん
調合屋の爺さん
食材屋のおばさん
道具屋の酔っ払い
レゲエのオヤジ
大老殿のデカブツ

・・・その他、大勢。

みんながくれた「元気」が、オラのランスに注ぎ込まれる。

そして、その元気は、オラのランスに満ち溢れ、巨大な物理エネルギーが込められた「元気槍」になった。
(…ネタ元ばれるよなぁ、この名称使ったら。。。)

この「元気槍」なら、魔人ブウを、

じゃなかった。。。

「MasA」を倒せる。

オラは確信した。



しかし、「元気槍」を使えるのは一度のみ。
絶対に外す事は出来ない。




オラは、MasAの様子を慎重に伺う。
背後では、とんでもない事態となっている事に気が付かず、
彼は未だに帽子の角度を調整中だった。

今なら、元気槍を外す事は無い。
今なら、MasAを倒せる。

その期待に勇気付けられたオラは、渾身の力を込めて突進した。
この一撃に、全てを賭けた。

10.元気槍





手に伝わる激しい衝撃。
それは、手ごたえ、と呼ぶには度を越えていた。
MasAの背中に命中した元気槍は、オラの手を伝わり、全身に激しい衝撃をもたらす。
しかし、その力はほんの一部に過ぎない。
力の大部分は、MasAに対して向けられ、彼はその衝撃で弾けるように吹き飛んだ。

11.HIT



そして、次の瞬間、槍に込められた、全ての力が解放される。



凄まじい熱と衝撃。
そして、光。
槍に蓄えられた膨大なエネルギーが、幾つもの形をとって、一気に放出された。

12.hikaru MasA


あらゆる攻撃を無効化するスーパーアーマーに守られたMasA。
しかし、その彼を以てしても、オラの元気槍に耐える事は出来なかった。
槍より放たれた光は、更に輝きを増していく。




そして、その光に包まれながら…
MasAは、
この世界から、消滅した。




オラは、消え行くMasAの意識を感じた。
そして、最後に、別れの言葉をつぶやいた。
「おめぇ、すげえ奴だったな。今度生まれ変わってくる時も、ロックスターで生まれてこいよ。」
(ラストはこんなセリフだった気が…)

それに対して、MasAが何か応えたような気がした…
しかし、周囲に溢れる力の奔流にかき消されて、それを聞く事は出来なかった。








戦いは終わった。

…勝った。

とうとう、オラは、
「魔人マサ」を倒したのだ。
(名前が変わっているけど、気にしたら負けだ。)

長かった戦いが、ついに終わった。








そして、MasAは伝説となった。



*フロンティア暦0002年2月XX日*                       〜MasAは狂信的なファンのフリスにより、元気槍で討伐された。〜



…ロック史に、新たな歴史が刻まれた瞬間であった。








勝利の余韻に浸るオラ。

だが…

次の瞬間、オラは異常事態に気が付いた。











【臨界突破】


MasAが消滅したにも関わらず、元気槍の力は尚も留まる事無く、膨張を続ける。

なにかがおかしい・・・

その時、ようやく私は間違いに気が付いた。
本来であれば、「気のエネルギー」を集めるところを、
誤まって、「核エネルギー」を集めてしまっていたのだ。

よくよく考えれば、私は界王様の元で修行をしていない。
その私が、元気槍を使えるはずが無いのだ。

しかし、その代わりと言っては何だが、
幼少時代、私は政府の研究施設で、超能力の訓練を受けており、その際、「力」に覚醒していた。
手の平に刻まれた「28」の数字が、それを証明している。
(※ネタ元のマンガが、ドラゴンボール→AK○RAに推移しております。)
過去に、少しムシャクシャしてたので、「トーキョー」と呼ばれる都市を、2度ほど破壊した事があったが、
今回、うっかり間違って、その力を再び使ってしまったのだ。

力は、更に強さを増してゆく。
核分裂の連鎖反応は急増しており、超臨界状態に到達する。
もはや、制御不能だった。

「あ、やっべぇ〜、暴走すr

私の言葉は、途中で止まった。

そして・・・




13.フロンティア滅亡





















































14.続く。。。












かくして、著者の元気槍によって崩壊したフロンティア。
その後の世界はどうなったのか?
バンドメンバーの命運は?
つーか、ここまでグジャグジャになった記事に、どうオチを付けるのか?
妄想100%となってしまった展開に悩む著者。

まだこのネタを続けるのか?
読者の冷たい視線を物ともせず、彼は薔薇のベッドで眠り続ける。
その目覚めの日は近いのか?

次回、最終話。
そこで、全ての謎は明かされる。

渇目して待て!


(今回記事は、パクリ多いなぁ…タイトル自体も、某RPGのパクリだし。。。)

snowshows at 19:42│Comments(9)TrackBack(0)MHF | 月光夜話

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by MasA   2008年02月28日 17:44
またまた一番乗り!

いや〜〜〜まさか第4話とはw

しかしよくもまぁイロイロとパクっ・・・フューチャーwしたもんだ

会社で読むこっちの身にもなれってんだ。。w
頬肉がヒクついてるのが自分でもわかるじゃないか・・・Orz

まさか弱点が帽子とは・・・w
今から帽子メイン装備考えんと・・・

なにわともあれありがとうございます!

あ・・この場を借りて。
誠に勝手ながらフリスさんのブログを我がブログにてブックマーク(リンクってのが無いもんでw)させていただきました^^
要請あれば削除しますのであしからず。

それでは!長文失礼でした><

2. Posted by HellWish   2008年02月28日 19:37
ぁはははwwww
色々ミックスされてて笑ってしまいましたw
修行してないとか…思わず「してへんのかい」ってツッコミを入れてしまいましたw
爆発後一体どうなったのでしょう…。
気になる…ここまでくるとオチが非常に気になります!!(プレッシャー付与)
3. Posted by 乱丸   2008年02月28日 22:14
ちょwwwおまwww
なんつー展開だ・・・
フーさんの頭ん中が臨界突破しとるなぁヽ(´ー`)ノ

ってか!最後の画像(爆破シーン)は
デビルマンを思い出してしまったのだが・・・( ̄ー ̄)

さぁこれ以上何が出ても驚かんぞ!
さぁ!次はなんだ!!
最終話を超期待する!(更にプレッシャーを付与)
4. Posted by 孫・腐栗鼠   2008年02月28日 23:20
>魔人マサ
帽子は盲点じゃったろうwww
身嗜みは大切だが、程々にせんと命取りになるぜw

それにしても今回はパク・・・じゃなくてフューチャーしたもんだなぁw

ざっと挙げただけでも、
・機動戦士ガンダム(シャリア・ブルのエピソードを引用)
・マトリックス
・ドラゴンボールZ
・AKIRA

それ以外にも、細々した点で、いろんなサブカル物をフューチャーしておるw



あ、そういえばリンクまだしてなかったなぁ〜〜〜
追加ありがとう!
こっちも、追加させて頂くぞ〜〜〜
5. Posted by 孫・腐栗鼠   2008年02月28日 23:57
>ヘルさん
勢い余って、こんな結末にしてしもたw
次回へのストーリー展開に悩むところでありますが、
もうオチは考えてあります^^b
ですが、それを読んだらどんな反応するやら…
少々、気がかりなので、少し手元で温めておくかな^^;

近々UPしますが、感想を期待してますw

プレッシャー、ありがとう!



>乱
おーー、そういえばデビルマンのラストを思わせるな!
でも、今回インスパイアされたのは別作品。

かなり昔に見たVシネマが起草元となってます。
任侠物の映画なんだけど、なぜか超能力バトルが展開され…
そして、最後は主人公がビッグバンを起こして劇終。
という、とんでもない内容ですw
もう一度見たいんだけど、タイトルが思い出せないんだよなぁ…
竹内力が出演してたような気がするんだけど…
誰か、この映画のタイトル知らないだろか?
6. Posted by MasA   2008年02月29日 01:39
お気に召さなかったようなので・・・ブログの紹介文変更しときました
今後ともよろしくっすw

ちなみにその映画って【デッド・オア・アライブ】じゃないでしょか^^?
竹内力と哀川翔の壮絶血みどろのバトルの末に地球消滅ってやつだったと思いますが^^
7. Posted by 孫・腐栗鼠   2008年02月29日 03:59
>マサ君
そうだ、それだ!!!
たしか、カタカナ名称だった気がする。
教えてくれてありがとう!!!
今度、レンタルして見るわ^^b

てか、哀川翔も出演してたのか。
気がつかなかった^^;
8. Posted by にゅけ   2008年02月29日 15:50
なぜ殺したしww 
元気槍ってw 元気槍・・プププププw
摩訶摩訶並のカオスっぷりでつ。
某MADの、またイチローか・・オチを思い出した。
またフリスか・・・ww
9. Posted by 孫・腐栗鼠   2008年02月29日 20:46
>にゅけ〜
摩訶摩訶・・・
以前話してくれた事があったけど、
一体、どんなゲームなんだろうなぁ???

おバカでカオスな物語って、結構好きなもので、
今度機会があれば、ぜひやってみたいものだ^^b

でも、スーパーファミコンのゲームだっけ?

うーん、今の時代に手に入るのだろか…



んでもって、某MADってのはどんなだろ?
今度教えてくれ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔