猟団:Gulden-Draak
肖像F2

オンラインゲームMHFのギルドです。

【サーバー】
【猟団名】 Gulden-Draak
【団長】 アリサさん
【設立日】 2008年9月14日
【活動時間帯】 深夜
【現在団員数】 13名
【猟団ランク】 8

猟団掲示板はこちら
猟団『Gulden-Draak』 掲示板


【猟団の歩み】
 ☆2008年9月14日
  猟団設立
 ☆2008年9月15日
  Duvelさん入団
  ・・・団ランク1になる。
 ☆2008年9月16日
  アリサさん、ユリさん入団
  ・・・団員4名になる。
 ☆2008年9月24日
  第7回狩人祭り参加
  ・・・蒼組に組分け。
 ☆2008年9月29日
  ユリさん〜ランク40試験終了〜
 ☆2008年10月8日
  第7回狩人祭り褒賞祭り開始
  ・・・蒼組〜勝利〜
 ☆2008年10月28日
  アリサさん〜ランク40試験終了〜
 ☆2008年11月17日
  レナさん入団
 ☆2008年11月20日
  レナさん〜ランク50試験終了〜
 ☆2008年12月3日
  団ランク2になる〜団部屋獲得〜
 ☆2008年12月20日
  ツバサさん入団
 ☆2009年1月7日
  団ランク3に〜変な猫が住みつく〜
 ☆2009年1月8日
  マサ君入団
 ☆2009年2月12日
  鬼羅さん入団
 ☆2009年2月25日
  団ランク5に〜プーギーを飼う〜
 ☆2009年2月27日
  マタリさん入団
 ☆2009年3月13日
  Cusinartさん入団
 ☆2009年3月?日
  大人の裏事情さん入団
  (某Dさん)
 ☆2009年3月?日
  団ランク6に〜プーギー服追加〜
 ☆2009年4月8日
  ESPEONさん入団

BGM
QRコード
QRコード

月光夜話

2008年03月10日

「ライブ動画」続き

エロフェロモン

「前回の続き」という事で、引き続きライブの動画を公開させて頂きます。

TOPは師匠のエロフェロモン放出シーン。
動画では無く、gifアニメで作成してみました。

霊感のある方であれば、紫のエロフェロモンの中に、
不気味な悪魔の姿を見る事が出来るでしょう。



では、以下は動画の続き。
ライブシーンの残り動画と・・・
そして、その後のバトルシーンです。


「続きを読む」をクリックするとBGMが流れますのでご注意下さい。

続きを読む

2008年03月05日

月下ライブ〜動画テスト〜



今日の記事は動画テスト。

動画用に使用していたサーバーを変更したので、テストを兼ねて、
動画UPしてみようかと思う所存。

テストに使用したのは、先日まで連載していたライブよりの1シーン。
エクトプラズム放出シーンとして利用させてもらったHellとTonaの「腹減りシーン」です。

首の傾げ具合がダウナー系で良い味出してます。


ところで、
自分のPCでは問題なく再生出来てますが、皆様はどうなんだろうか…
あまりに不具合が多いようなら、「YOU TUBE」にしますかね^^;

尚、再生ボタンを押しても、すぐに再生されない場合があります。
その場合は、少し間を置いてから、再度、再生ボタンを押してみて下さい。


続きを読む

2008年03月01日

最終話:〜月の夢の終わりに〜

月の夢の終わりに





静寂に包まれた砂の大地。




私はその地に、一人立つ。




見上げた空には、青白い月。




それは、暗闇の空を照らす、一筋の光明であろうか。




あの空の向こうに、MasAは旅立った。




彼は、伝説となった。




しかし・・・




その伝説を語り継いでゆく者は、




もう、居ないのだ…





続きを読む

2008年02月27日

第四話:そして伝説へ

0.そして伝説へ


「MasAさんは、どうして名前の最後が大文字なのですか?」

かつて、「ROCKIN'ON FRONTIER」誌のライターであった私は、
インタビューの席で、「MasA」にそのような質問をした。

彼の名前は、なぜか最後のスペルが大文字。
なにか理由があっての事であろうが、その理由は明らかにされてはおらず、
ファンの間では大いなる謎であった。
そこで私は、その質問を彼にぶつけてみたのだった。

だが、彼は質問には答えてくれなかった。

そこには、己のアイディンティティに纏わる、深い理由があったのだろう。
名も知らぬライターに、おいそれと語れるようなものではなかったのだ。
私は、そのように解釈し、その後、この話に触れる事は無かった。

今は昔のエピソードである。

それ以来、私はずっと大文字の意味について考え続けた。
だが、判らなかった。

しかし、今。
激しい戦闘により、極度の緊張、そして、それに伴う重度の脅迫観念が
植え付けられていた私には、ニュータイプとしての能力が開花していた。

覚醒した私に、MasAの意識が流れ込んでくる。
そして、私は理解した。

「MasA」の名前の最期の文字。
アルファベット「A」
そこには、
「人生の最後は、大物ロックスターとして最期を遂げたい。」
という彼の意思が、込められているのだ。
(※著者の勝手な妄想。実際のところ、大文字である理由は謎に包まれている。)

今が、最期の時。

彼に相応しい最後を。

「ロックスターとして相応しい最期」を遂げさせてやるのだ。

続きを読む

2008年02月21日

第三話:月光修羅

0.月光修羅


【これまでのあらすじ】

月下の砂漠で開催されたシークレットライブ。
それは、Tona,Hel,,MasAの3名からなるバンドのシークレットライブであった。
「若き音楽ライター」として活動をする「私」は、その取材として会場の砂漠を訪れる。

冷たい月光に包まれる夜の砂漠。
幻想的な雰囲気に包まれる中、ライブは幕を開けた。
往年の名曲が演奏され、冷たい月光とは対象的な熱気に包まれるライブ会場。
その最中、私は飛び入りでバンドの「ボーカル」を担当する事となる。
憧れのメンバーに囲まれて歌う私。

だが、その至福の時は、突如終わりを告げる。
演奏中に、メンバーのHellが暴走。
ギターを振り上げ、目の前にいた私を叩き飛ばしたのであった。
そして、その暴走を皮切に、ライブの様相は一転。
禁じられたはずであった、数々の過激なライブパフォーマンスが会場で演じられる事となる。
妖しき月の魔力により、バンドメンバーは理性を失ったのだ。
その狂乱の様は、かつての彼らのライブスタイル。
メジャーデビューして以来、久しく失われていたものであったが、
それこそが、私が望んでいた彼らの姿
月の魔力により、ついにそれが復活したのである。
歓喜に打ち震える私。

しかし、その時・・・
自身に、危険が迫っている事に気が付かずにいた。

背後で感じる、微かな風。
その瞬間、頭に衝撃が走る。

そして・・・

私の視界は暗闇に包まれた。


続きを読む

2008年02月08日

第二話:月下狂人

月下狂人



それは、まるで白鳥が大空に飛び立つ一瞬の感動に酷似していた。

バンドの連中は身体中で歓喜を表現し、音は舞うように躍動感の塊となって
空気に溶け込んでいった。
そして、離れてステージを見つめる私は、彼らの想像を絶する演奏技術の虜となり、
撮影する事も忘れてただひたすらに、彼らの演奏に聴き入った。

狂人揃いのバンドメンバー。
だが、彼らの技術は本物だった。
彼らは、その驚異的なギターテクニックで、私を圧倒したのである。



この瞬間を待っていたのだ。
言葉では表現出来ない感動が、身体中を駆け巡っていく…

待ち望んでいたライブが、ついに幕を開けた。





 今回記事では、BGMにライブ生演奏を使用しています。
 【続きを読む】をクリックしますと、PC環境によってはBGMが自動再生されますので、
 仕事中等、音声が再生してはマズい状況で閲覧の方は、ミュート状態であるのを確認の上、
 閲覧下さる様、お願い致します。(てか、仕事せぃ)






続きを読む

2008年02月06日

第一話:月夜の演奏会

月夜の演奏会


今、2008年。
再びヘヴィ・メタルの新しい波が起こっている。

全ドルマのアルバムチャートの上位をヘヴィ・メタル勢が占め、
ヒット曲中心ラジオ局までも、ヘヴィ・メタル系のレコードを
プレイリストにのせ始めている。

その火付け役とも言えるのが、このバンドだ。

Tona

Hell

MasA


この3名で結成された、名も無きバンド。
彼らこそが、現在のドルマにおけるミュージックシーンの大きなハイライトなのだ。



音楽ライターとして活動する私(今回は、そういう設定で…)は、
このバンドが、「シークレットライブを行う」との情報を入手する。
その情報を聞いた時、私は飛び上がらんばかりに喜んだ。
なにせ、彼らは曲を発表すれど、ライブを滅多に行わない事で有名である。
長年に渡ってそのライブを待ち望んでいた私にとっては、
このバンドに対するフラストレーションは爆発寸前だったのだ。
だが、その思いも、ようやく晴らされる。
すぐに、私はこのシークレットライブの情報収集を開始した。



しかし、その開演場所を知り、唖然とする。
ライブの殿堂である「アリーナ」では無い。

演奏会場は…「夜の砂漠」。
そこは、近代的なスタジオ技術など全く存在しない。
荒涼とした自然しか存在しない場所である。
そこでのライブとは、一体如何なる意図であろうか?
大いに悩まされはしたが、逆に興味を掻き立てられた。

迷う事は無かった。
すぐに私は録画器材を準備し、夜の砂漠へと出発する。

続きを読む