ど田舎の棲み家

この家何とかしなければ!!!   カネない・センスない・やる気ない、の三重苦に加え アメリカのど田舎棲まいのハンディをどこまで乗り越えられるのか!?! オサレなインテリアブログ界に新風を吹き込む(爆) 自虐的なスナグルの日記

ウェルカムな植木

お天気もいいし、何かせんとな、と
重い腰を上げて庭仕事してみる。

いやインテリアじゃないけどいいじゃないですか。
ガーデニングとか含めちゃいますよ。


今日のターゲットはこちら。

DSC_0011


ちょうど道から我が家のドライブウェイに入る部分。
手前の芝生(てか雑草)のところ、駄犬が座っている辺り。

「Welcome!」的な何かを植えたいと常々思っておった。


一昨年植木市でつつじを2鉢と
ハイビスカスを2鉢、買ったんだが、
どこに植えようか迷ったまま、放置されていたのもあり。


ハイビスカスひとつは枯らしてしもた・・・(汗)


それを植えることにしました。

そんなことしてると絶対寄ってくるのが好奇心旺盛なご近所さん。

こちらはお隣の母子。

DSC_0012

『何したはんの~~~?』
『何か美味しいもん頂戴んか~』


こちらはお向かいの。

DSC_0014
『遊びましょ~♪』

モサ男は律儀なので、ちゃんとご挨拶に行く。
ご近所さんガン無視だが。


そんなご近所さんたちに見張られながら、
ショベルとポールディガー(杭を立てる穴を掘るやつ)で
粘土と砂利まみれの地面と格闘すること約1時間半。

いい汗かきましたよぉ。

DSC_0016


ここまでやったところでふとつつじのタグに目がいく。

Shade or Partial Shade

(日陰、または部分日陰用)


ここは一日中こうこうと日が当たる場所ではございませんか。

せっかく穴掘ったのに・・・

DSC_0018_crop

『開いた口がふさがらんわ・・・』



穴?

まだそのままです・・・


とりあえずイースターだったし

最近募金活動の関係で知り合いになった日本人の方。
彼女は日本ではフラワーアレンジメントの先生をしていたそうで、
こっちでもポツポツとお花を教えているとのこと。

イースター用のアレンジメントを作るクラスを開催すると言うので
ワタシも早速参加してきた。

ワタシは切花はあまり買わないタイプ。
買うときはプレゼントか人が集まるときくらいかな。

どちらかと言えば鉢植えに目が行ってしまいます。
切花は枯れちゃったら終わりだし・・・

センチメンタルで言っているのではなく、
コストパフォーマンスでもったいないだけなんだが。

すいません、ケチです。


使ったお花は
  • チューリップ
  • バラ
  • ポンポン菊(ヨーコ・オノと言う種類)
  • オーニソガラム
  • アスター
  • 丸葉ユーカリ
  • アイビーグリーン
  • ハス
まずは花器から。
ここから手作りなのよ。

ベースは牛乳の紙パック。
約2リットルサイズの下の部分を使ってね。

その周りを小枝で飾って垣根のように仕立てる。
すごいねこの想像力・・・

DSC_0987


ノリでつけたりすると面倒だし、使い捨てなので
3本の輪ゴムで編むようにとめてあるだけ。

それが終わったら水に浸したオアシスを
パックに入る大きさに切って入れる。

オアシスとは花を刺してゆく土台。
包丁で豆腐のように切れるんです!

その後コケを垣根の周りに飾り、雰囲気を出してみたり。

そして先生の指示通りの位置にお花を順番に刺していくのだ。

ちゃんと指す場所は決まっているのだけど、
バランスとか向きとか考えると結構難しい。
いろいろ悩んでしまった。

そして最後にイースターチックな色(パステルカラー)のリボンで飾る。
ワタシはクールにブルー。

備品(笑)の鳥の卵もブルーで揃えてみました。

結構キレイに出来たよ~~~。
見てちょ!

DSC_0971


持って帰ってダンナに見せたら、
最初はワタシがやったって信じてもらえなかった・・・
なかなかの出来!!!
と言うか、ダンナの美意識、ちょっとずれてたりするけどね。


イースター、我が家はクリスチャンでもなんでもないのだけど、
うちのダンナ、なんかそういうイベントが好きで・・・

日本人がクリスマスぱーっとやるのと同じノリで
イースターやっている。

(ダンナの3大行事:クリスマス、ハロウィーン、イースター)

イースターと言えばキリストの復活祭。
クリスマスより重要視されていたりする。

そんな大切な日をイベント化してしまって
夜明けのミサに行くクリスチャンの皆様に
申し訳ないと思わないのだろうかね、このオヤジは。



我が家では朝起きたら前日にイースターバニーが隠しておいた
プラスチックの卵に入ったお菓子やなんかを探す競技。

これはちゃんと平等に物が渡るように各自エリアが決まっている。
大ボケ兄ももちろん参加。
チョコレートはいつ貰っても嬉しいらしい。

そして朝食の後庭でエッグハント。
これは争奪戦。
現金の入った卵もあるのでみんな必死。

DSC_0977

こんなさらけ出てるやつが結構見つかりにくい。
みんなとりあえず地面を探すのよね。

始まる前にモサ男がフライングして、
なんと$5入りの卵を持ってきてしまったので
隠し直し・・・

そういうのを見て喜ぶダンナ。
アンタが一番コドモっぽいかも。

『俺ってなんていいイースターバニー』(ダンナ談)

DSC_0980

イースター用ドレスと言うよりはサマードレスなプー。
後ろの紐結べてないし靴もズックだし。
おしゃれ好きな割には詰めが甘いのである。


(そんなワタシは一日パジャマだった・・・)

もう夏?と言う暑いイースターでした。


やっと春っぽくなってきた

すみません放置しまくってます。

いやぁなかなか進まないんですよねどのプロジェクトも。
根がグータラに出来てるもので。

で、ひさびさに何か・・・と考えていたのですが、
ちょうど3月の声を聞いてこんなの出してきました。


DSC_0951

ちょっとなによこの画像、ボケボケしちゃってるじゃない。
曲がってるし~~~。
ほんと写真下手よねぇ。


オカンが今年8歳になる娘のプーが生まれたあとに
送ってくれたものです。

小さい小さい親王セット、ガラスケース無し。
手乗りサイズです。

オカンからプーへのプレゼントは後にも先にもこれひとつ。

ワタシとオカンの仲は子供の頃からあまり言いといえず、
日本とアメリカと言う距離がちょうどよかった。

最後に決裂したのがワタシがプーを妊娠中のとき。
それ以来日本には帰っていない。

ああなんかお雛様にそんな話って暗いわね・・・

これは前の家にいたとき、箱にしまっておくのがもったいなくて、
本棚に1年中飾っていました。

殿様が手に持つはずのヘラみたいの(なんやねん!)がなくなっちゃって、
彼いかにも手持ち無沙汰ですが。

出しっぱなしだったもんだから、赤い毛氈が少し色褪せてる。

こっちに引っ越してから3度目の春ですが、
今回初めて出してきました。

だって飾るところがないんだもん。

こういうのってチェストの上とかに飾るでしょう普通?
リビングに置いてないんですそれを飾れるような家具が。

今回何とか置いたのは、リビング一番奥。
DSC_0954

薪ストーブの上のステレオの上。
バランス悪いねぇなんとも。
ステレオの上に時下置きじゃなんかなと思って、
赤い布敷いてみましたが・・・(実は枕カバーだったり)

思いっきり落ち着かないです(爆)。

どういうところにどう置けば様になるんでしょうね???


(ちなみに薪ストーブ、使えません(汗)。
これもプロジェクトのひとつですが、
業者に頼まないといけないので予算が・・・
早く冬をぬくぬくすごしたいのにな。)

ソファと格闘する

やたらネットが遅い中での更新です。
昨日のことですが。


ええ、はい、例のスリップカバーですね。


え~~~とですね。






ミシン壊れてました・・・・゚・(ノД`;)・゚・

ボビンケースの周りをグリングリンと振り子のように動くあの部分。
振り幅がなぜか小さすぎて、上糸がぐるっと引っかかってくれないのです。

ミシンしばらく使ってなかったので忘れてたよ。

修理に出した方がいいのかな?
でも修理代$50はするだろうな。
ベーシックな新品なら$60くらいで買えちゃうんだよね。

ダンナに言ったらバレンタインデーに買ってくれるって。


・・・あんまり嬉しくないが・・・



てなわけで昨日は別物に挑戦。

このあたりではフォーマルリビング(応接間だな)、
フォーマルダイニングと分かれた造りが多く、
さらにファミリールームと呼ばれる茶の間(大抵はキッチンと隣接)
が別にあるところが多いです。

でもフォーマルリビング&ダイニングは年に何回か使うだけ、
っていうところの方が多い。

普段の食事は大抵キッチンにあるダイニングセットで食べ、
家族の団欒はファミリールーム。

うちもフォーマルリビング&ダイニングは使いそうにないので、
メインフロアはLDKのオープンプラン。


でファミリールームの代わりに半地下にもうひとつリビング。
我が家ではDenと呼んでいます。
(熊なんかの動物の巣穴もDenまたはLairと言います)

大ボケブラザーズの寝室の間にあり、
大型TVが置いてあり、映画やスポーツ鑑賞はここで。
お泊り会やゲームなども全部ここで。

(やってもらうはずだったのに下はネットが届かないとかで、
結局LDKで遊ばれている・・・)

DSC_0899

(小ボケ弟xBoxライブ中)


まぁ前置きはこれくらいにして、
今日の挑戦相手はこれです!

CSC_0916

ソファの縫い目がほどけちゃったよ~~~ん。

これも1年近く放置されていましたね。
前の家に引っ越した時に買ったものなので、
もう7年物。

これは中からベッドが出てくるスリーパーソファと呼ばれるタイプ。
でも大ボケブラザーズとその友達に酷使され、
いい加減悲惨な状態です。

またこのカントリーチックな柄がこの家に合わない!!!

買い換えたいんですけどね、今金欠ですしね。


なのでワタシこれを直します!

手縫いです、ちまちまと。
Upholster(布がかぶってる家具)用の丈夫な糸を使います。

破けてるところ約50cm。
返し縫いで(ところどころ半返しOr3分の2返し縫い)。

1時間半くらい格闘したかも知れない。

途中柄あわせが出来てないことが判明して、
ほどいてやり直したし。

そしてこちらが出来あがり。

DSC_0915

DSC_0918

柄も合ってます~~~ワタシにしては上出来!('▽'*)ニパッ♪


でもこのソファ直すの3回目だったの。

今度破れたら買い換えてやる!!!



(しかし我が家って画像で見ると、
インテリア的に突っ込みどころ満載だなぁ・・・)

てことで第一弾は

昨日は初日だというのに
なんとなく暗くなってしまったですね・・・

明るく行きましょう!!!

とにかく何か始めなくっては!
と辺りを見回す。

いややるべきことが多すぎて、どこから手をつけていいやら。

とりあえず一番目に付くものは・・・


これだ!!!

どれだ?


BlogPaint

















(モデル:モサ男さん)

オットマン(夫男?)、足載せ台。
日本だとスツールかね?

モサ男さんもなんとかしないといけないんだけどね。
マジでどうなのよ、そのモサモサ度は???

これは2年半ほど前にIKEAで買った物。
クリアランスセールに出ていて確か$35くらいだった。

でもスリップカバーがついていなかったのです。
まぁお買い得だしそれくらいは自分で作ればいいかと、

思い続けて早3年目!!!

DSC_0899
(モデル:小ボケ弟)

普段からこんな風にこき使われているので、
不繊布が破れてますって。

おまけにリビングでは飲み食いするな!っつってるのに
うちの子ら聞きませんからこんなことに。

BlogPaint

ダンナ母のメキシコ土産のショール(青いヤツ)をかけて
ごまかそうとはするものの、
ずっとそこに大人しくしているわけもなく。


はい、スリップカバー作りますっっ!


サイズ測って~~~、布出して裁断して~~~、
アイロンかけて~~~

順調順調♪( ̄ー ̄)ニヤリッ

と思ったらミシン糸がなかった・・・


続きは完成後に!



(完成?する?するのか???)


◆◆◆今日の英単語コーナー◆◆◆
なんてコーナーまで!
まぁ今日のスナグルやる気満々!

Eyesore【名】---目障りなもの、醜いもの

That ottoman is such an eyesore.
(あのオットマン超見苦しいのよね。)
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ