ゆるりとブログ

気ままな管理人の気ままな日記

マスターズ復活

「マスターズ」って恰好良いタイトルですが、 
通っているスポーツクラブのスイミングメニューです。

実は「夏休みキッズスイミング短期教室」のため、時間やメニューが変更になりました。

先週、勘違い得意の私は間違って 「メニューマスターズ」に参加してしまった?

ところが何とかこなしてしまって喜んでいるのです。


簡単日記を開いてみたら2012年6月でマスターズから遠ざかっていました。
5年ぶりにやることできてアドレナリン全開です。

今日のメニュー


2017 7 31 メニュー表
ひどい写真です(ひどすぎ)   メニュー表がプールサイドにあるので(と言い訳)

今日は背泳とクロールの泳ぎで1250mでした 私たちのコースはマスターズビギナークラス

100m×3もありましたが、何とかこなせました。
仲間がいるので(今日は全コースで15~6人)わいわいしているのでおかげさまです。

でもマスターズなどやったあとは翌日まで疲れが残ります。
又、ゴーグルのあともしばらく残ります


食事会 続く

昨日はランチ いつもの4人組

最近は「ラ・ロゼッタ」のイタリアンにはまってます

なす・おくら・ミョウガ 冷製パスタ
 なす・おくら・ミョウガの冷製パスタ   

「チョー おいしい!」 4人とも絶賛! 生パスタがアルデンテで好みでした

ラ・ロゼッタ 2人

はい! ポーズ!



ホテル ニューカリーナ2人

そして2次会は ニューカリーナ 喫茶室   

4人で会いますが、写真OKな二人がモデル


ケーキセット

   ケーキセット


お喋りは止まりません。元気が出ます

K子ちゃんの姪御さん、久しぶりにアップしましたよ。
みてくれてありがとうございます。
「伯母さん 元気で若いですよね」
「あなたがいつも頑張っている様子ほめていますよ」


4時半前に別れて川徳で買い物し、外に出たら大雨!
大変でした。

食事会

〜〜7/15アップロードの内容変更しましたのでご容赦下さい〜〜


姉のところから帰宅  その夜 すぐ仲間との会食

三寿司
仲間の持ち寄った 山菜、新鮮な野菜に夢中になった

「世界遺産の会」  仲間は「スリランカ」から帰ってきたばかりでその話で盛り上がった。

ジャングルの中にそびえる岩山「シギリヤ・ロック」岩で出来た大きなライオンの前足。
この前足の間の階段1300段のぼる。やっとの思いで登ったと。 高所恐怖症には大変。


敬虔な仏教国で 「お寺の敷地に入ると靴を脱いで帽子をかぶっちゃいけない、」と
もちろん日傘もNG」で砂利道を暑い!痛いで歩いて、歩いて大変だったと。




そして7/15    中華レストラン にて ドリンキングパーテイ

東日本レストラン 豪華にて 

豪華のメニュー


ダン仲間
ビール?杯  ワイン2本だけか。
英語と日本語 ちゃんぽんで ビールとワイン ちゃんぽんでした。

旅行の話
仲間の一人は年4回海外へ行ったので しかも マチュピチュ・南アフリカ・スリランカetc,
話題は尽きなかったです

お料理はエビチリ・チャーハン・小籠包が美味でした

姉からの特別なプレゼント

「姉の見舞いに行くよ」と連絡したら 東京在住の娘家族・息子も「行く、行く」と。

みんな姉の具合を気にしていたので家族集合になった。


昼食時間になり、姉の病院近くの 「ロイホ」で 7人で会食。

私が注文したのが “10種の国産野菜”とポークのスープカレー・十八穀米
かぼちゃやおくら、トマトなどなどゴロンゴロン入っていて 美味しかった。 


スープカレー

二人
孫たちは食後のデザートに夢中。
ここで孫たちと結構ゆっくりすることできてうれしかった。そして バイバイ!

姉のところに戻り、見舞った後、姉の手術の説明書など見せてもらった。
夜は夫と息子と3人で居酒屋さん


居酒屋

姉が皆を引き合わせてくれたのだ。
子供たちや孫たちと交流できて有難かった。
姉もみんながきてくれたことに感謝していた。


ホテル宿泊後、翌朝 また、姉を見舞って、足をマッサージしたりして帰った。
駅から病院まで10分以内だったが「暑い!」 
 家に閉じこもりの私にとって暑いよー


このブログを15日アップしたあと編集し、タイトルも変更しました
                                                                                                                    7/16

姉見舞い

がん姉妹?の姉が救急車で運ばれたって聞いて慌てて 上京した。
姉は腹水を抜いた後に高熱を出したらしい。
先月、会いに行ったときは足が腫れ、リンパ液が足から出ていてパンパンに腫れていて
歩くのがつらそうで、近くだったら毎日手伝いに行くのにと思っていました。

今回は寝たままだったので、心配だったけど、今日、腸と膀胱をふさいでいた
腫瘍のところにお通じできる通路をつくる手術がうまくいき
楽になったとのことで安心した。

始終、電話しあって情報を得ていたのでその様子は私たちのエンデイングの準備についての
アドバイスになりました。
姉はまだ動けるうちに自分で「緩和ケア」病棟への予約をしていたのです。

救急車で「どこに行くか」といつもの病院に連絡しても受け入れてもらえず
結局は登録していた緩和ケア病院に受け入れてもらい、他の科での治療ができたようです。

私がなにか起きたら診察してもらっている東京まで行くこともできないですよね。
(まだ、先とは思っていますが)  近くの家庭医をきちんと作っておかねばと思った次第。

盛岡も34℃などと毎日暑いが東京は夜も暑くて一泊して帰ってきて、
盛岡の東京と変わりない暑さにがっかりした。

姉が元気になってとりあえずでも退院してくれれば良いな。

1年ぶりのミニクラス会

森の風 全体

     ホテル森の風    部屋からの眺望
丸いドームの手前はお花畑, 向こうは 宿泊者以外は入館料ありで
     渓谷と称している部分。

森の風 花1-1

お花畑のズーム。夜はイルミネーションが綺麗   いつも手入れをする人たちがいます

森の風 花1
森の風 花 二人

花よりうつくしい友人たち!

森の風 花 一人

森の風 花2

     

ドームの奥には 「フラワーガーデンチャンピオンシップ」があって
全国からの出品がありました


造園3
↑ 金賞は 長崎の業者さんのようです  

造園1

造園2
造園4

それぞれ個性があって素晴らしかったです
友人の息子さんの仙北造園さん出展もありました


デイナー

お料理はバイキングだったが食べつくせなかった?のが悔しい
(食いしん坊だよね)


デイナー 4人 

新潟の友人は去年より10坩幣紂〜蕕擦討い董,咾辰り。

彼女曰く「別にダイエットしたわけじゃないけど 食事と食事の間隔を
長くすると健康的というので夕方までに食事を終えて、翌日 朝食まで
何も食さない」と言うのです。

それは「8時間ダイエット」じゃないかと思いました。
私は無理! でも「12時間ダイエットはできるかな」



han-zenin1
2003年に再会した仲間たち (若い) 
体調悪くて集まらない仲間もいて今回は4人だけ、寂しい限り


聖徳(せいとく)記念絵画館

この記事を書くか迷いましたが、歴史好きの方にはお知らせした方が良いかなと。

聖徳太子とは無縁です。

明治天皇・昭憲皇后 の業績を後世に伝えるべく その当時の一流画家が心血を
注いで描いた壁画80枚が飾られた絵画館。  知る人ぞ知る 絵画館かと思います。

壁画の大きさは高さ3m 横2.5m で 見て迫力を感じます。

ウィッキペデアの紹介

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E8%A8%98%E5%BF%B5%E7%B5%B5%E7%94%BB%E9%A4%A8

8-1

7-2

通りを隔てた青山方面をみる。

夫と2人の友人たちは壁画をみて説明文を読み、なかなか進まない。
かなり面白かったって。
夫は迎賓館とは大違いで私と逆。

この場所は明治神宮外苑にある。秋にこのあたりに来たいと常々思いながらなかなか(黄葉の美しいこと!)

先月中旬のことを今頃書いているが、その時 3日間 15000歩前後を歩いたら
疲れ果て、いまだに膝痛、足痛に見舞われている。

迎賓館


夫のクラス会の後、クラスメートが「迎賓館」など案内すると言ってくれたので
「迎賓館」に即、反応した。

迎賓館は行きたいと思っていたが、予約せねばならないので敬遠していた。
今回は行ってみたら、当日入館できる余裕があり 「ラッキー!」  「やったあ」


2


1−1
  パノラマ写真

1−1−2
表玄関

迎賓館庭園1

松がたくさんある迎賓庭園



迎賓館裏側1

裏玄関

迎賓館庭園2
迎賓館裏側噴水
2日前は雨模様の「浜離宮」だったがこの日は晴天で汗ふきふき 見学

迎賓館はもちろん写真禁止。  
この建物は着工から10年の歳月をかけて明治42年(1909年)に完成したそうです。
当時の一流建築家、美術工芸家が総力を挙げて建設した 日本における唯一の
ネオバロック様式の西洋風建築。

以下は内部の一部 パンフレットから取り込み。   



迎賓館内部3


迎賓館内部1

迎賓館内部2

豪華で優雅な数々でした。
大理石がふんだんに使われたり、石膏金箔張りいろいろ、こぶらん織風絨毯、七宝etc,

北欧に行ったとき、スウエーデンの宮殿をみることができましたが(観光税収)
こちらのほうがもしかしたら豪華?  1000円の入場料ならよしとするか。
パリのベルサイユ宮殿を思い出してしまった。  
ガイドさんがところどころにいて説明してくれたが夫はさっさと行ってしまったよ。


http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg13689.html   内閣府のインターネットテレビ(ちょっと長い)

千葉・木更津 竜宮亭

竜宮亭
部屋からの眺め  到着した時はプールで遊んでいるひとたちいました
 部屋もかなり広く 綺麗でした
夜は竜宮城のイルミネーション(写真撮らず残念)


竜宮亭夕食
食事はまあまあ。 お刺身・ぶり 炊き込みごはんが美味しかった

1-1
夫の大学クラス会 (去年は北海道)

アクアライン

アクアライン ( こんな写真しかない )

竜宮亭は元東京都知事 舛添氏が家族で宿泊しいろいろ話題になったホテル。
ホテルは豪華でとにかく広い。 外観も豪華。

ホテルの中に有名な黄金と銀風呂がありましたが、一人用で、11時過ぎに行ったら
もう締め切ってました。  浴場も広すぎで、お天気が良ければ富士山も見えると
パンフレットにはありましたが・・・・
木更津は東京八重洲口から高速バスで行くと結構近い((約1時間)と感じました。
金田BTまで行ってそこからホテルのお迎えを待っている時間がかなりありましたが。

小学生が修学旅行に来ていて、こんなところにとびっくりした。
デイズニーランド・スカイツリーなどに行ってきたと。

夫のクラス会なのに自分のクラス会のように楽しく、2次会は幹事部屋で
11時までお喋りし、夫たちは12時まで。呑める
人は良いなあ。

浜離宮

浜離宮=国の特別名勝及び特別史跡

四代将軍家綱の弟で甲府宰相 の松平綱重。承応3年(1654年)、綱重は将軍から
海を埋め立てて甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てる許しを得ました。

その後、綱重の子供の綱豊(家宣) が六代将軍になったのを契機に、
この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められました(公園へ行こう からコピー)

浜離宮1

浜離宮2

浜離宮11
 三百年の松

浜離宮3
  結婚式の前撮りのようです。 アップするのに許可を得ました

浜離宮4
うっそうとしたところもあり、都会の中なのにと びっくりしました

浜離宮12

潮入りの池(ビル群との対比)


浜離宮5
伝い橋  そして中島のお茶屋

浜離宮6
お伝い橋


浜離宮9
中島のお茶屋でいただきました   510円お饅頭大変おいしかった。
このお茶屋には外国人が多数いましたね


この日は病院3時半の予約だったので その前に
以前から行きたいと思っていた浜離宮を訪れました。
あいにくの雨でしたが涼しいし、人が少ないので楽でした

Recent Comments
Archives
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ